ポケモン ソード パルシェン。 【ポケモン剣盾】パルシェンの育成論と対策【ソードシールド】

パルシェン

ポケモン ソード パルシェン

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし パルシェンの進化系統.

次の

パルシェンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード パルシェン

もくじ• 【ぼうじん 夢特性 】 天気『あられ』『すなあらし』によるダメージを受けない。 粉系の技の効果を受けない。 5倍」みず 「0. パルシェンは、初代では最高の防御力を持ち、現在では「からをやぶる」後にエースアタッカーとして使われます。 物理技であれば普通に耐えてから、「からをやぶる」で先手を取って一撃で倒していくという事も可能です。 特性「スキルリンク」で連続技の威力も最大になりますし、相手がタスキを持っていても無意味。 ただ、 特殊技であっさりと落ちるので、一撃は確実に耐えるように「きあいのタスキ」を持たせるパターンが多いですね。 とにかく「からをやぶる」をしないと話にならないので、戦い方は工夫していきましょう。 5倍」みず 「0. 初手の対面で相手が物理技しかないならば、防御力が下がった状態でも、十分な耐久力を発揮できるのも強み。 持ち物は「きあいのタスキ」一択で、これは主にスカーフなし特殊ドラパルトを想定しています。 最近では、ドラパルトに「10まんボルト」を持たせる人が増えており、それ以外の持ち物だと簡単に倒されますからね。 このパルシェンの想定敵としては、 ミミッキュと特殊ドラパルトです。 この2匹は常に環境最上位に君臨しており、想定敵にするには最も価値のある相手と言えます。 スキルリンクの効果が乗る「ロックブラスト、つららばり」は、メインウェポンとして活躍します。 2段階上昇「つららばり」は、 耐久に多く振っていない限りは「ばけのかわ」込みでミミッキュを確定1発です。 ドラパルトは3匹くらい倒せる火力です 笑 「こおりのつぶて」は、耐久無振りドラパルトであれば乱数1発で倒せます。 こおりのつぶては、先制持ちに対しては積極的に使っていきましょう。 そして、「からをやぶるパルシェン」の火力を止めるために、 相手のダイマックスを誘発することができるのもメリットです。 ダイマックスされても、物理技であれば耐える可能性は高いですし、大ダメージを与えることも出来るのも魅力ですね。 防御力1段階ダウンでも、「A特化ミミッキュのダイホロウ」、「A特化ドラパルトのドラゴンアロー」は8割のHPで確実に耐えます。 まとめ からをやぶるパルシェンは、今作ではなかなか止めるのが難しく、相手にいたら確実に対策が必要です。 アーマーガア、ナットレイ、ハガネールなどで対策ができます。 これらのポケモンの選出率が高まるので、ウォッシュロトム辺りと組ませるのが有効ですよ!.

次の

パルシェン : 【シングル63】C振りパルシェン

ポケモン ソード パルシェン

もくじ• 【ぼうじん 夢特性 】 天気『あられ』『すなあらし』によるダメージを受けない。 粉系の技の効果を受けない。 5倍」みず 「0. パルシェンは、初代では最高の防御力を持ち、現在では「からをやぶる」後にエースアタッカーとして使われます。 物理技であれば普通に耐えてから、「からをやぶる」で先手を取って一撃で倒していくという事も可能です。 特性「スキルリンク」で連続技の威力も最大になりますし、相手がタスキを持っていても無意味。 ただ、 特殊技であっさりと落ちるので、一撃は確実に耐えるように「きあいのタスキ」を持たせるパターンが多いですね。 とにかく「からをやぶる」をしないと話にならないので、戦い方は工夫していきましょう。 5倍」みず 「0. 初手の対面で相手が物理技しかないならば、防御力が下がった状態でも、十分な耐久力を発揮できるのも強み。 持ち物は「きあいのタスキ」一択で、これは主にスカーフなし特殊ドラパルトを想定しています。 最近では、ドラパルトに「10まんボルト」を持たせる人が増えており、それ以外の持ち物だと簡単に倒されますからね。 このパルシェンの想定敵としては、 ミミッキュと特殊ドラパルトです。 この2匹は常に環境最上位に君臨しており、想定敵にするには最も価値のある相手と言えます。 スキルリンクの効果が乗る「ロックブラスト、つららばり」は、メインウェポンとして活躍します。 2段階上昇「つららばり」は、 耐久に多く振っていない限りは「ばけのかわ」込みでミミッキュを確定1発です。 ドラパルトは3匹くらい倒せる火力です 笑 「こおりのつぶて」は、耐久無振りドラパルトであれば乱数1発で倒せます。 こおりのつぶては、先制持ちに対しては積極的に使っていきましょう。 そして、「からをやぶるパルシェン」の火力を止めるために、 相手のダイマックスを誘発することができるのもメリットです。 ダイマックスされても、物理技であれば耐える可能性は高いですし、大ダメージを与えることも出来るのも魅力ですね。 防御力1段階ダウンでも、「A特化ミミッキュのダイホロウ」、「A特化ドラパルトのドラゴンアロー」は8割のHPで確実に耐えます。 まとめ からをやぶるパルシェンは、今作ではなかなか止めるのが難しく、相手にいたら確実に対策が必要です。 アーマーガア、ナットレイ、ハガネールなどで対策ができます。 これらのポケモンの選出率が高まるので、ウォッシュロトム辺りと組ませるのが有効ですよ!.

次の