東京オリンピック チケット 転売。 チケット転売が6月から違法に!売る時・買う時に気を付けたいこと

東京オリンピックチケットを家族や知人に譲渡する方法は?転売とリセールの違いは?

東京オリンピック チケット 転売

オリンピックチケットの販売スケジュールを徹底解説。 これを見れば大丈夫! オリンピックチケットの販売スケジュールを徹底解説。 まずは2019年5月9日から行われた「第1次抽選販売」。 8月8日から行われた「第1次抽選の追加抽選販売」。 そして11月13日から行われた「第2次抽選販売」だ。 そして、オリンピックチケットの販売は「春季販売」が最後となる。 これまでの抽選販売は、ウェブ上での手続きが必要だったが、春期販売ではインターネットを利用しない方法でも販売が行われる。 <第1次抽選販売(受付終了)>• 申込期間:5月9日〜5月29日• 当選発表:6月20日• 購入手続期限:7月2日 23時59分 2019年5月に行われた初回販売には512万件もの申し込みが殺到した一方、キャンセルも少なくなかった。 <第1次追加抽選販売(受付終了)>• 申込期間:2019年8月8日〜8月19日• 当選発表:2019年9月11日• 購入手続期限:2019年9月24日 23時59分 1次抽選販売で全ての抽選に落選した人を対象にした追加販売。 <第2次抽選販売(受付終了)>• 申込期間:2019年11月13日~11月26日• 当選発表:2019年12月18日• 購入手続期間:2020年1月10日(金)23時59分 第2次の抽選販売では再び全ての人が申し込み可能となり、第1次で販売されていなかったボクシングのチケットも対象となった。 <2020年春季最終販売>• 申込期間:2020年2月20日~ 東京オリンピックのチケットを手に入れる最後のチャンスが春季最終販売。 この期間に限って、オンライン販売だけでなく店頭販売も行われる。 販売対象競技について、東京五輪のチケット販売公式サイトには「開会式、閉会式、各競技のセッション」と記されている。 最も人気のある開会式や閉会式を購入できる可能性がある一方で、「先着順での販売のため、ご希望のセッションを購入いただけない場合があります」とも注意書きされている。 この春季販売は「先行窓口販売」を含めて4つのフェーズで行われる。 詳細は以下で紹介する。 「整理券はがき抽選による先行窓口販売」、そして5月中旬の「公式チケット販売サイト ウェブ販売」と「東京2020チケットセンターでの窓口販売」、5月下旬の「公式リセールサービス」と続く。 1.先行窓口販売 「整理券はがき抽選による先行窓口販売」は文字通り、はがきに必要事項を記入して応募。 当選者本人のみが窓口でチケットを購入できるという仕組みだ。 まずは正しく応募することが重要となるが、窓口でチケットを購入する場合にも注意点があるので、確認しておこう。 はがきによる整理券の申込方法• 申込対象者: 日本国内に在住の方• 申込方法: はがきに申込必要事項を記入の上、送付• 申込記入事項• オリンピック/パラリンピック• 電話番号• 生年月日(西暦)• 送付先: 〒119-0152 東京2020大会観戦チケット整理券事務局 宛• 申込上限はがき枚数: オリンピック、パラリンピック それぞれ1人1枚まで• はがきによる申込受付期間( オリンピック): 2月20日(木)~3月12日(木)必着 まず注意すべきは「はがき」で申し込むということ。 「往復はがき」や「封書」による申し込みは無効になるため、郵便局で販売されている「郵便はがき」を使用することをお勧めする。 申込記入事項の注意点は「オリンピック」か「パラリンピック」か、どちらのチケットを購入するかを明記すること。 申込記入事項に不備がある場合も、申し込みは無効となるため、オリンピックのチケットを希望する場合は必ず「オリンピック」と明記しよう。 また同一人物による複数当選が確認された場合も無効となるため、2通以上を申し込まないこと。 なお、パラリンピックの申込受付期間はオリンピックと異なっているため、後日、あらためて申し込みをする必要がある。 はがきによる申込受付期間( パラリンピック): 3月13日(金)~4月5日(日)必着 当選した場合のチケット購入方法 当選者には4月上旬以降、順次当選の通知(はがき)が送られる。 当選はがきには集合日時と整理番号が記されており、指定された集合日時に、都内の「東京2020チケットセンター有楽町」の窓口でチケット購入の手続きをすることとなる。 東京オリンピックチケット販売期間: 4月28日(火)~5月7日(木)• 販売店舗: 東京2020チケットセンター有楽町のみ1店舗• 販売対象競技: 開会式、閉会式、各競技のセッションのチケット(先着順)• チケットの種類: 一般チケット/車いすユーザーチケット・同伴者チケット• 購入上限セッション数・枚数: 1人1セッションのみ、4枚まで(開閉会式は2枚まで)• 支払方法: Visa決済/現金決済• 手数料: なし• チケットのタイプ: 紙チケット(サーマルチケット) 当日、窓口でチケットを購入できるのは「当選者本人のみ」(ただし、未成年や障がいのある方は保護者・同伴者可)。 免許証、保険証、パスポートなど、公的な身分証明書による本人確認が行われる。 指定の日時に遅れた場合や、混雑時には購入できない可能性もある。 詳細は当選はがきにて案内される。 また、自身の購入前に希望のセッションのチケットが売り切れる場合もある。 2.公式チケット販売サイトWeb販売 5月中旬以降開始予定。 海外在住者を含む全ての方が対象となる。 公式チケット販売サイトでの手続きとなるため、TOKYO 2020 IDが必要となる。 先着順での販売となる。 TOKYO 2020 IDとは? 東京五輪の公式観戦チケット購入には条件がある。 それが「TOKYO 2020 ID」への登録だ。 TOKYO 2020 IDは、東京2020大会公式チケット販売サイトで、チケットを購入する際に必ず必要となるもの。 TOKYO 2020 ID: TOKYO 2020 ID取得には、メールアドレスや名前、現住所の登録が必要だ。 また、希望者にはチケット情報やイベント情報などを載せたメールマガジンが配信される。 3.東京2020チケットセンターでの窓口販売 月中旬以降開始予定。 全ての方が対象となる。 先行窓口販売とは違い、チケットセンターは都内2カ所となる予定(有楽町ともう1カ所は最終調整中)。 先着順での販売となる。 4.公式リセールサービス 公式の転売サービス。 5月下旬以降開始予定。 国内在住者のみで、TOKYO 2020 IDが必要となる。 そういった場合でも安心なのが、公式サービスを通じてのリセール(転売)制度だ。 チケットが欲しい人と売りたい人が定価でチケットの売買を行えるため、これを利用すれば、開会式やサッカー、野球といった人気競技の決勝戦などのチケットを入手することが可能。 もちろん、購入してから不要になったチケットを誰かに買い取ってもらうこともできる。 その取引が可能になるのは、 2020年春季最終販売開始のタイミング。 公式のリセールサービス以外を利用しての転売は許されていないので注意してほしい。 それぞれの販売期間には支払期限日が設定されているため、その期間中に支払いを完了させなければならない。 5月の第1次販売では 当選発表後から12日後が支払い期限として設定されており、現在行われている第1次追加抽選では当選発表日から 13日間後が支払い期限日となっている。 秋の第2次販売や、春の最終販売でも同様の日数が支払い期間になることが予想されるので、お金の準備をしてチケットを申し込もう。 <支払い方法はVISAか現金のみ!> チケットの支払いに使えるクレジットカードはVISA決済対応カードのみ。 マスターカードやJCBといったブランドのカードはオリンピックチケットの購入には利用できないため注意が必要。 コンビニ店頭での支払いなら現金決済が可能。 ただ、その場合は30万円を超える決済はできない点、支払い手数料432円(税込)がかかる点、店頭でのクレジットカード払いはできない点に注意が必要だ。

次の

初日70万人待ちの東京五輪チケット。追加販売は? 転売は? 担当者に聞いた4つの疑問|OCEANS オーシャンズウェブ

東京オリンピック チケット 転売

東京オリンピックチケットの返金方法や払い戻し方法を紹介します。 東京オリンピックチケット返金方法:存在しない 東京オリンピックチケットの抽選申し込みで当選した人や、リセールでチケット購入したけれど、予定がつかなくなった場合に返金をすることができるのでしょうか? 残念ながら、 現時点では東京オリンピックのチケットの返金は行われていません。 当選者やチケットを持っている人が自分自身の判断や都合で観戦できなくなった場合には、で2020年春から行われる公式リセールを利用して自己責任で販売するしかありません。 返金が行われる可能性として考えられるのは、東京オリンピック・パラリンピックが新型肺炎のパンデミックによって開催中止が決定した場合です。 主催者側の決定で観戦が不可能となるため、返金手続きが行われるものと考えられます。 この場合、札幌に開催地が変更となったマラソンなどと同じく、後日、案内が出された上で払い戻し手続きをすることになるでしょう。 東京オリンピックチケット払い戻し方法:振替払出証書で換金 東京オリンピックチケットに関わらず、払い戻しは主催者側によって実施されるかが決められます。 コンサートチケットなどでも、• 実施ができなくなった• 開催日が変更になった などの場合には、チケットの払い戻しが行われています。 東京オリンピックに関してチケットの払い戻しが行われているのは、開催地が東京ではなく札幌へと変更になったマラソン競技の観戦チケットです。 すでに当選者には払い戻しの案内メールが発送されています。 払い戻しは• 差額払い戻し• 全額払い戻し• 手数料払い戻し が行われます。 競技種目やチケットの座席や種類によって差額払い戻しの金額、全額払い戻しの金額に違いがあります。 手数料払い戻しの金額にも紙チケット、モバイルチケットや決済方法によっても違いがあります。 払い戻し方法の流れは以下の通りです。 時期 内容 2020年2月10日 払い戻し対象者に案内メール 2020年4月上旬 対象者に振替払出証書を発送 発行後6ヶ月以内 最寄りのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口にて換金 すでに払い戻しの対象となっている人には案内メールが送信されています。 4月上旬から対象者に振替払出証書が送付されます。 郵便貯金事務センターから緑色の封筒が普通郵便で届きます。 本人確認証 マイナンバーカード、運転免許証、保険証など をもって、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で換金します。 東京オリンピックチケットキャンセルできるのか・転売できるか 東京オリンピックチケットは当選後にキャンセルできるのか? 転売できるのか、転売の抜け道が存在するのか見ていきましょう。 東京オリンピックチケットキャンセルできるのか:実質不可能 東京オリンピックチケットの申し込みをし、当選したけれど行けなくなってしまった場合にキャンセルできるのでしょうか? によると、 第4章<チケットの購入> 第1 総則 第5条(チケットの購入申込み) 5.チケット申込者は、 チケット申込フォームを提出した後は、当法人が認めた場合を除き、その申込みの内容を変更したり、申込みをキャンセルすることはできません。 チケット申し込みフォームを提出した後は、原則として 申し込み内容の変更やキャンセルはできないと明記されています。 支払いを期限までにしないことで自動キャンセル扱いにして、実質的にキャンセルすることは可能です。 しかし、この場合には 第15条(支払時期・支払方法) 3.チケットの購入手続が当法人の定める期限までに未了の場合、またはチケットの購入手続が完了したにもかかわらず当法人が定める支払期日までに入金手続がなされなかった場合には、当法人が認めた場合を除き、チケット購入申込みは効力を失い、チケット申込者は、割り当てられたチケットを購入することができなくなります。 これにより、チケット申込者や第三者に損害が生じたとしても、当法人は一切の責任を負いません。 また、この場合、当法人は、 チケット申込者のチケット購入に係るサービスの利用資格を停止し、その後のチケット購入に係るサービスの一切の利用をお断りすることができます。 可能性として、今後はチケットをもう一度買いたいと思ったとしても購入する権利を失うリスクがあると明記されています。 申し込みしたチケットの一部購入、一部キャンセルもできません。 それでも、無駄にお金は払いたくないし空席も作りたくない場合にできることは2つです。 名義変更・・・身近な人に代わりに行ってもらう• 転売・・・チケットを売りに出す どちらにしても、一度は当選したチケットをすべて購入してしまう必要があります。 転売の場合は、東京オリンピックの公式リセールに出品することで、出品したチケットが売れれば支払ったお金は戻ってきて、空席も作らないで済みます。 ただし、購入金額がそのまま返ってくる訳ではなく、成約手数料というものが出品者は支払わなければならないため、転売できたとしても購入金額よりは少なくなってしまいます。 2020年春以降に公式リセールサービスが開始予定となっています。 東京オリンピックチケット転売できるか:公式リセールサービス 東京オリンピックのチケットは転売できるかですが、一般的に知られる チケット転売業者やメルカリなどに出品することはできません。 チケット購入規約にやでも無断転売禁止の注意喚起がなされています。 東京2020観戦チケットの転売は禁止されています。 購入いただいた東京2020観戦チケットをオークションサイト等で転売することは、禁止されています (2020年春以降開始予定の公式リセールサービスを除く)。 オークションサイト等に出品されたチケットは、全て無効化され、そのようなチケットでは会場に入場できませんのでご注意ください。 なお、以下のサービスでは、東京2020観戦チケットの出品は運営会社により禁止されています(五十音順)。 東京2020観戦チケットを出品禁止とするサービスは、今後も増える可能性があります。 フリマ・オークションサービス事業者 「メルカリ」(運営会社:株式会社メルカリ) 「ヤフオク! 」(運営会社:ヤフー株式会社) 「ラクマ」(運営会社:楽天株式会社) チケット仲介サービス事業者 「チケジャム」(運営会社:チケットジャム株式会社) 「チケットストリート」(運営会社:チケットストリート株式会社) 「チケット流通センター」(運営会社:株式会社ウェイブダッシュ) 東京オリンピックチケットの転売は原則として禁止されています。 唯一許可されているのは公式リセールサービスです。 公式リセールサービス以外で東京オリンピックチケットを転売した場合には、法律によって裁かれることになります。 チケット不正転売禁止法について 2018年12月に「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」が成立し、2019年6月14日に施行されました。 東京2020大会のチケット不正転売は、 法律によって禁止されています。 (違反者には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金、またはその両方が科されます。 ) コンサートのチケットなどであれば、転売禁止を公式に求めていたとしてもバレずに高く売り払うことができるでしょうが、東京オリンピックに関してはそういった転売を徹底的に排除しようとしていることが伺えます。 特に、法律の施行を受けて東京都や日本政府も関わる東京オリンピックで、転売を見過ごす可能性は極めて低いでしょう。 東京オリンピックチケット転売の抜け道:名義変更 東京オリンピックチケットの転売自体は禁止されていません。 禁止されているのは• 利益を発生させる定価以上の金額での売買• 公式リセールサービス以外での転売 この2点です。 公式リセールサービス以外のフリマ・オークションサイトなどでは、出品自体ができないようになっています。 また、万が一転売で利益を上げることができたとしても、発覚すれば罰金や懲役刑を科せられます。 この意味においては 転売の抜け道を見つけて、東京オリンピックチケットで利益を得ることは不可能と言えます。 ただし、名義変更によって他人に東京オリンピックチケットを譲渡することは競技当日まで可能です。 チケット購入規約によれば 第36条(転売禁止の例外) 1.当法人から直接購入したチケットの第三者への譲渡は、東京2020公式チケットリセールサービスを利用した購入価格での再販売のみが認められます。 ただし、チケット購入者は、 チケット購入者の親族または友人、同僚その他の知人に対する場合に限り、同サービスによらずチケットを譲渡することができます。 この場合でも、譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。 家族を含めた友達や身近な人に対して、名義変更を行ってチケットを譲渡することは転売禁止の例外として許可されています。 もちろん、「譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。 」とあるため、利益を得ることは禁止されています。 しかし、公式リセールサービスとは異なり個人間で行われるものなので、 定価よりも多い金額を支払ったかどうかを突き止めることは不可能です。 親族だけならまだしも、友人・知人も対象とされているため、転売で利益を得ようとしている人が買い手をSNSなどで見つけて売り払ったとしてもOKということになってしまいます。 最終的には良心に委ねられるところなのでしょうが、抜け道のないような方法が作られることを期待します。 まとめ ・東京オリンピックチケット払い戻し方法:振替払出証書で換金 東京オリンピックに関してチケットの払い戻しが行われているのは、開催地が東京ではなく札幌へと変更になったマラソン競技の観戦チケットです。 ・東京オリンピックチケット返金方法:存在しない 残念ながら、 現時点では東京オリンピックのチケットの返金は行われていません。 ・東京オリンピックチケットキャンセルできるのか:実質不可能 チケット申し込みフォームを提出した後は、原則として 申し込み内容の変更やキャンセルはできないと明記されています。 支払いを期限までにしないことで自動キャンセル扱いにして、実質的にキャンセルすることは可能です。 ・東京オリンピックチケット転売できるか:公式リセールサービス 東京オリンピックチケットの転売は原則として禁止されています。 唯一許可されているのは公式リセールサービスです。 ・東京オリンピックチケット転売の抜け道:名義変更 公式リセールサービス以外のフリマ・オークションサイトなどでは、出品自体ができないようになっています。 また、万が一転売で利益を上げることができたとしても、発覚すれば罰金や懲役刑を科せられます。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

初日70万人待ちの東京五輪チケット。追加販売は? 転売は? 担当者に聞いた4つの疑問|OCEANS オーシャンズウェブ

東京オリンピック チケット 転売

東京オリンピックチケットの転売方法はあるの? 東京オリンピックチケットを勢い余ってたくさん購入してしまったけれど、よく考えてみたら「全部はいけないかも!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 東京オリンピックチケットの転売方法はあるのでしょうか?チケットの転売方法を詳しく調べてみました。 実は東京オリンピックチケットの転売方法については、 「特定興行入場券の不正転売禁止等にょる興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」という新しい法案により禁止されています。 この新しい法案は2019年6月14日から施行されることになっています。 難しい法律名ですが、簡単に言うと チケットの転売が禁止されているということですね。 org もし転売した場合は「1年以下の懲役か100万円以下の罰金、もしくは両方」を受けることになっています。 せっかくの東京オリンピックのチケットなので、嫌な思いはしたくないですよね。 購入する方も、罪に問われる可能性がありますので、公式な東京オリンピックチケット販売サイト以外からはチケットを購入しないように優位しましょう! 東京オリンピックチケットの転売対策や転売防止策は? 東京オリンピックチケットには、何か 転売対策や転売防止策がされているのでしょうか?もし転売したら、バレてしまうのか気になりますよね。 東京オリンピックチケットの転売対策や転売防止策について、詳しく調べてみました。 東京オリンピックのチケットとなれば、組織的に大量購入して転売しようとする人も出てきそうですよね。 国を挙げて転売対策や転売防止をしているのでしょうか?東京オリンピックの転売対策や転売防止策として、 「メルカリ、ヤフー、楽天のチケット出品禁止」「ネットに出品されたチケットは無効」「SNSを通じて不特定多数の第三者への譲渡禁止」などといった決まりがあるようです。 東京オリンピックのチケットですから、これからの時期はメルカリやヤフー、楽天やSNSなどのサイトは細かく転売されていないかチェックされるに違いありません。 もちろん、転売対策をするにも限界がありますから、あとは個人で気を付けるのが一番ですね! 法の目をかいくぐって転売しようとする人はいるでしょうし、それに乗じた詐欺もあるかもしれません。 そういったものに騙されないよう、東京オリンピックのチケットを転売サイトや違法のルートを使って買うようなことは絶対にやめましょう。 さらに東京オリンピックチケットは、 購入する際に観戦予定の方の氏名と連絡先を登録することになっています。 来場する際には本人確認があり、名義が違う場合は入場できないという厳しいルールがあります。 これである程度の転売防止にはなりそうですね! スポンサーリンク 東京オリンピックチケット、行けなくなった場合は? それでも 「どうしても東京オリンピックに行けなくなった!」という場合は、どうしたらいいのでしょうか?タイミング悪く、仕事の予定が入ってしまったり、どうしても外せない都合ができてしまう可能性もありますよね。 そういった場合も転売できないとなると、チケットを購入するのに躊躇してしまうかもしれません。 東京オリンピックチケット、転売以外に何か方法はあるのでしょうか?東京オリンピックのチケットは、先ほどご紹介したように、氏名と連絡先の登録が必要となっています。 これによって転売対策をしているのですが、実は 「名義変更」をすることも可能です。 しかも観戦予定の競技が開催される 当日まで変更可能となっています。 当日、急な体調不良で行けない!となった場合でも安心ですね。 しかし「転売禁止」となっていますが、名義変更可能、とはどういうことなのでしょうか?実は 親族や友人、同僚やその他知人に限り、チケットを譲渡することが許されています。 ただしこの場合でも、チケットの金額を上回る金銭の授受をした場合は「転売」とみなされてしまうので注意が必要です。 もし予定していた競技を観戦できなくなってしまった場合は、転売ではなく親族や友人にチケットを譲り、 購入者のマイチケット購入履歴から名義変更すればいいということですね!予定の空いている知人を見つけるのは大変かもしれませんが、是非行きたいという方も多いと思いますので、頑張って探し出して定価で譲るのがいいようです。 tokuchan-otoku. net 東京オリンピックチケットのリセールサービスって? もっと事前に予定していた日に行くことができない、と分かった場合には 「リセールサービス」を利用するのもおススメです。 「リセールサービス」というのは公式チケット販売サイト内に設けられるサービスで、 2020年春以降に開始される予定となっています。 これはチケットを買いたいという人がいないと成立しないサービスですので、人気競技ならいいかもしれませんが、人気の低い競技ではなかなかリセールするのが難しくなることが予想されます。 さらに金額は今のところ未定ですが、 リセールの成約手数料は出品者が負担することになっています。 リセールが不成立だった場合でもキャンセルはできないそうですので、リセールをしたいという方は、きちんとリスクを理解した上で早めにリセール手続きをする必要がありそうですね。 またこのサービスは2020年春頃から始まるサービスということで、今のところは詳細が明らかになっていません。 詳しい申し込み方法やリセールの成約手数料など、詳しいことは少しずつ公開されていくに違いありません。 また分かり次第、お伝えできればと思います。 転売対策や転売防止策として、購入時の氏名・連絡先の登録と、入場の際の本人確認が行われることになっています。 また転売がされないように、今後メルカリや楽天、ヤフーなどのインターネットのサイトではかなり厳しい取り締まりがなされるのではないかと思われます。 もしどうしても行けなくなってしまった場合は、知人に譲渡して名義変更をするか、公式サイトでの「リセールサービス」というサービスを利用して、チケットを定価で販売することができるようです。

次の