建国記念日 意味。 建国記念日

憲法記念日の由来と意味※建国記念日との違い

建国記念日 意味

この項目では、各国の建国について説明しています。 の(国民の祝日)については「」をご覧ください。 の「統一記念日」については「」をご覧ください。 建国記念日(けんこくきねんび、:National Foundation Day)とは、文字通り「を記念する日()」である。 何をもって建国の日付とするかは、により異なる。 「 記念日」(どくりつきねんび)とは限らず、「 (けんぽうきねんび)や「 記念日」(かくめいきねんび)や「 記念日」(とういつきねんび)や「 樹立日」(せいふじゅりつび)などの場合もある。 では、実際の建国日が明確でないため、をもとに、建国を祝う日を定めている。 すなわち、の登場人物でやで初代とされるの即位日()より、その即位月日を期にに換算したを「」とした。 で定められた「建国記念日」(祝日)がないとしてはが挙げられるが、伝統的に、の・(ゲオルギオス)を記念した( St. George's Day、)が的なである。 建国記念日。 には中立体制維持を理由に参戦していなかったが、1940年の当日にへの参戦を表明。 を参照。

次の

建国記念日と、辛酉(かのととり)に隠された意味

建国記念日 意味

この2月11日は何処から来ているかと言うと・・・日本書紀の下記の記述に基づきます。 『日本書紀』卷第三、神武紀 辛酉年春正月 庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮 辛酉(かのととり)の年、春正月の庚辰(かのえたつ)の朔(ついたち)に、 天皇、橿原の宮にあまつひつぎしろしめす。 この年代と日付を、実際にエクセルで計算してみると、、、下記のようになります。 そう、、、これが、建国記念日の元になっている訳ですね^^ しかし、なぜ、この年が神武天皇と即位日とされたのでしょうか? 他の日付ではダメだったのでしょうか? 実は、その辺りの疑問は、、、 全て、日本書紀の干支や名前を考慮すれば解けるのです。 辛酉の日柄と冷めた人心 まず、神武天皇の即位の日付は、これは 五行説が凄く密接に絡んでいます。 それを読み説くためには、、、 神武東征の始まった日柄から遡って見ていく必要があります。 彦波瀲武盧鳥茲鳥草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)の第四子。 母は玉依姫(たまよりひめ)といい、海神豊玉彦の娘である。 (中略) さてさて、塩土老翁(しおつちのおじ)に聞くと、『東の方に良い国が有る。 青山が四方にめぐり、その中に天磐船に乗りて飛び降りてきたものがいる』と。 余(わたし)が思うに、その地は必ず大業をひろめ天下を治めるに良い土地である。 思うに、 六合(くに)の中心であろう。 その飛び下ったものは饒速日(にぎはやひ)という者だろう。 そこに行って都を作るにかぎる。 」と もろもろの皇子は応えて言った。 「その通りです。 我らもそう思います。 速やかに実行しましょう」と言った。 この年、太歳甲寅。 その年の冬、十月の丁巳(ひのとみ)の朔 辛酉(かのととりの日=5日)に、 天皇は自らもろもろの皇子や舟軍を率いて、東征を開始した。 上記の通り、神武東征は、 甲寅の十月の丁巳(ひのとみ)の朔 辛酉に始まります。 そして、この「辛酉」の性格を五行説で解けば、その意味が良く分かります。 つまり、陰陽五行では、十干の辛は 陰の金、十二支の酉も 陰の金です。 金属性でも、特に「陰」を示し、さらにそれが二つ重なっていますので、 これは陰の極み、、、 重陰(極陰)と言えます。 したがって、「神武東征スタート時」と「神武測位年」は、 ともに、 極陰が意識されている事に注意しなければなりません。 それで、なぜ、極陰の日付・年にが意識されたかと言うと、、、 以前に当サイトで述べた通り、 辛酉革命の概念があるからです。 <> 辛酉 かのととり の年には社会的変革が起こるとする讖緯 しんい 説の一つ。 7世紀初頭,三革説(甲子革令,戊辰革運,辛酉革命)として日本に伝えられ, 聖徳太子の十七条憲法の発布が甲子 きのえね の年, 《日本書紀》の紀年を定めるに当たって 神武紀元を辛酉の年にするなどの影響があった。 まぁ、簡単に説明すると、、、 辛酉の日柄では、極陰となり、それだけ人心が冷えきってしまっており、 それを改めるために革命が起こり易い・・・というのが、辛酉革命の由来です。 だから、神武天皇の東征開始や即位年に、「辛酉」という日柄が入っているのは、 辛酉革命が意識されているからに他なりません。 神武天皇の名前に隠された「辛酉革命」の正統性 ところで、その一方で、殆どの人が気づいていないでしょうが・・・ 神武天皇の名前にも、この「辛酉革命」の正統性を裏付ける論拠があります。 しかしながら、陰陽五行で考えて、特に問題になってくるのは、 最後の異称です。 つまり、、、日本書紀の神武東征のシーンでも最初に出てくる、下記の名前です。 彦波瀲武盧鳥茲鳥草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)の第四子。 母は玉依姫(たまよりひめ)といい、海神豊玉彦の娘である。 わかりますか? ここに、なぜ、この場面で 彦火火出見(ひこほほでみ)という名前が出てきているのか? それは、 先の辛酉革命とともに、語られるべき性質のものだからです。 五行で解けば、彦火火出見の名前には、「 火」という陽火が二つ入っています。 火が二つあるのがミソで、、、この神武の名前は、辛酉の二つの陰を打ち砕いている訳です。 このように、 神武天皇の名前でもって、辛酉革命を正統化させているのですね。 ですが、、、 実はここには、さらなる謎が隠されています。 それは何かと言うと、神武天皇東征の日付や即位年は、 後代の暦法によって記述されているという厳然とした事実です。 日本書紀を成立させ、神武即位年を決めた日本のフィクサーとは? 実際、神武天皇が生きてた頃から、その暦法があったわけではありません。 (日本書紀に記述された暦法は、飛鳥時代の元嘉暦や儀鳳暦が使われています) つまり、、、日本書紀の「神武東征の日付」や「神武測位の年」などを含め、 奈良時代の誰かが、日本の正統性を持たせるため、神武天皇の日付を意図的に設定した! ・・・と考えられることです。 では、一体誰が神武の東征や即位日を、設定したのでしょうか? これを解くのは、非常に難題のように思えますが・・・ これについては、実は、既に「辛酉革命」の項で、それが伺えるのです。。。 もう一度よーく見て下さい。 <> 辛酉 かのととり の年には社会的変革が起こるとする讖緯 しんい 説の一つ。 7世紀初頭,三革説(甲子革令,戊辰革運,辛酉革命)として日本に伝えられ, 聖徳太子の十七条憲法の発布が甲子 きのえね の年, 《日本書紀》の紀年を定めるに当たって 神武紀元を辛酉の年にするなどの影響があった。 「あっ!」と思われた方も居るかもしれませんね^^; そうなんです。。。 実は、神武紀元を辛酉の年にすると決めたのは、聖徳太子、その人なのです。 さーて、、、ここからが、本題ですよ。。。 今までのお話は、まだ、序の口なのです。。。 さらに言えば、神武測位年も、 起源前660年元旦からスタートしています。 この日本書紀に書かれた、二つの日柄には、 西暦で換算して、いずれも「6」という数字しか出てきません。 なぜ、これほどまでに、6ばかりなのでしょうか? そして、西暦で換算しないと出てこないはずの「6」ばかりの日柄を、 なぜ、聖徳太子は意図的に設定できたのでしょうか? 一応、念のために申しますが・・・ 西暦の概念は、キリストの生誕を基準としています。 キリストの生誕以前を、起源前「BC」(Before Christの略)とし、 キリストの生誕以後を、紀元後「AD」(Anno Dominiアンノドミニの略 )としています。 しかしながら、、、 日本書紀に隠された、この6の連なりは、西暦で考えないと、説明が付かないものです。 まぁ、「これは単なる偶然だ!」と斬り捨てることは容易いです。 しかしながら、、、明確に、聖徳太子が、6の連なりを意識していたとしたら・・・? 実は、実際に聖徳太子は、この6の連なりを重視していた証拠があります。 その証拠は何処にあるかと言うと、、、 能の始祖である世阿弥の著書、『 』の中にあります。。。 <風姿花伝 第四 神祇云(じんぎいわく)> 上宮太子(聖徳太子)が、天下にすこし乱れがみられた時、神代の時代の 佛在所の吉例に習い、 六十六番の物まねを奉納することを考えられた。 それを秦河勝に命令し、さらに 六十六のお面をお作りになり、河勝に与えられた。 橘の内裏、紫宸殿で、この物まねが奉納された。 それによって天下は治まり、国も平穏になった。 上宮太子(聖徳太子)は、 これを末代のために、 もともとは神楽と呼ばれていた「神」の字の偏を除けて旁(つくり)だけを残された。 これは、日読みの「申」であるため、申楽と名付けられた。 これはまた、楽しみを申すという意味でもあり、 神楽を分けるためにそうされたともいわれている。 上記のように、聖徳太子は、非常に六十六(6の連なり)を重視していのです。 では、なぜ、聖徳太子は、ことさら、この6の連なりを重視したのでしょうか? (いったい、6の連なりに、どんな意味が込められていたのでしょうか?) それは、、、 日本書紀神武東征中の塩土翁の言葉記述中にも出てきているように、、、 余(わたし)が思うに、その地は必ず大業をひろめ天下を治めるに良い土地である。 思うに、 六合(くに)の中心であろう。 わざわざ、日本書紀の神武東征の同一箇所で、 「 国」の事を「 六合(くに)」と書いたことから伺えます。 六合(くに)の意味 そもそも六合(くに)は何を意味すると言うと、、、 東西南北の四方と 天地のニ方を合わせて、 六合(くに)という意味合いがあります。 (国を東西南北と天地の六つの面がある立方体のように考えていたらしい。 六つの面を合わせた世界だから、六合) すなわち、国を治めるためには、 東西南北の四方と天地を合わせた 六方を治めなければ、統治できない! ・・・という考えに基づいた言葉が、この六合(くに)の意味なのです。 (ここにも66の連なりが見えます) キリスト(西暦)を知らなければ出来ない芸当である 以上のように、聖徳太子が、66を強く意識していた事は分かりました。 しかしながら、、、やはりそれでも、神武東征日や即位日を、 6並びの日付や年代に、(しかも辛酉の日で)ピッタリ合わせるのは神業とし変え言えません。 しかも、それらは西暦(キリスト生誕)を知っていないと出来ない芸当なのです。 では、ここで問題です。 まぁ、既にお気づきかと思いますが、 神武天皇と同様に、聖徳太子にも別名があるはずですね。 聖徳太子の別名は何と言う名前でしょうか? それは何かと言うと、、、 厩戸(うまやど・うまやと)皇子ですよね^^; 聖徳太子は、馬小屋で産まれたキリスト同様に、厩戸の前で出生したと言われている人物です。 いや、むしろキリストを知っていないと、日本書紀に、66の呪術を施せる訳が無いのです。 クリスチャンなら知っていると思いますが・・・ 聖書にも、66は深く関わっています。 まず、「旧約が39巻、新訳が27巻」で 合計66巻です。 さらに、ヨハネの黙示録にも、こうありますね。 (新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節より) 「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、 自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。 そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。 この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。 ここに知恵が必要である。 賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。 数字は人間を指している。 そして、 数字は六百六十六である。 」 このように、66という六の連なりは、東洋西洋問わず重視されている数字なのです。 獣の数字と、、、申楽 聖書では、この6の連なり、666は、黙示録で預言されている 獣の数字です。 一方、『日本書紀』には聖徳太子は、 「兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)」と書かれ、 どうやら、預言者でもあったようです。 聖徳太子が預言者であるならば、 キリストを知っていて、終末の「獣の数字の意味」をも知っていたかも知れません。 もしそうなら、恐らく、聡明な彼なら、 末代の事を考え、その獣について具体的に、記述するのではないでしょうか? と言う事で、、、もう一度風姿花伝を見てみましょうか^^; どう書いてますでしょうか? 上宮太子(聖徳太子)は、 これを末代のために、 もともとは神楽と呼ばれていた「神」の字の偏を除けて旁(つくり)だけを残された。 これは、日読みの「申」であるため、 申楽と名付けられた。 これはまた、楽しみを申すという意味でもあり、 神楽を分けるためにそうされたともいわれている。 「風姿花伝 第四 神祇云(じんぎいわく)」には、実に不思議な言葉がありまして、、、 きちんと、 「末代のために」と書かれています。 別の個所でも見てみましょう。 下記は、太平記の中に記された、聖徳太子の未来記の記述です。 この時、東魚来たりて四海を呑む。 日、西天に没する三百七十余日、西鳥来たりて東魚を食う。 こういう共通点を考えますと、、、 管理人は、獣の数字とは、それは、 申(猿)のことではないかと考えます。 百王の流れはついに尽きて、 猿や 犬が英雄を称した。 流星が野外に飛び、(戦いを告げる)鐘や鼓が国中に響いた。 したがって、聖徳太子が末代のために示唆したように、 「申(猿)」で暗示されている天下を掠める獣的人物には気をつけたいものです。 2016年は丙申(ひのえさる) ちなみに、今年2016年は、丙申(ひのえさる)にあたります。 これは、(66の半分の)33番目の干支になります。 陰陽五行では、十干の丙は陽の火、十二支の申は陽の金で、 火剋金です。 また、今年は、奇しくも奈良の樫原神宮で、神武天皇二千六百年大祭も行われるようです。 来る平成28年は、当神宮の御祭神神武天皇様が崩御されてから 2600年という式年の年となります。 当神宮では、明年4月3日に、神武天皇様の御聖徳を偲び、 顕彰するための祭典として「神武天皇二千六百年大祭」を行います。 2016年は、何やら、色々と符号が多い年なのですが、果たして・・・? PS. ちなみに、能楽66番で示されるのが、式三番の「翁」なのですが、、、 この時期、沖縄に、「翁」を名に持つ人物が現れたのは、非常に興味深いです。 無洗米でもあるので、 災害時や飢饉時などの備蓄米として最適です。 国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。 1年分くらいは備蓄しておいてください。 KATADYN カタダイン 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。 カタダイン・ポケットフィルターは フィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。 人が一日に必要な飲料水は、2. 3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。 ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3. 8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです 移動時や携帯用には「 」もオススメ。 また、水の携行ボトルなら、「」もおすすめ。 砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります! 塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。 日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。 それくらいの備蓄は必須です。 なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているの塩です。 昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

次の

建国記念の日と建国記念日の違いは何で意味は?紀元節の読み方意味は?

建国記念日 意味

紀元節 歌詞の意味 建国記念の日 日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日を祝う唱歌 『紀元節(きげんせつ)』は、作詞:高崎正風、作曲:伊沢修二により1888年(明治21年)に発表された明治時代の唱歌。 2月11日の祝日「建国記念の日」は、かつて「紀元節」の祝日であり、古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日が、明治政府によって紀元節と定められた。 神武天皇即位紀元は紀元前660年と定められており、そこから起算して、例えば東京オリンピックが開催される2020年は、皇紀2680年となる。 このページでは、唱歌『紀元節』の歌詞の意味について、簡単にまとめてみたい。 写真:高千穂峰(たかちほのみね/出典:Wikipedia) 歌詞(現代表記) 一、 雲に聳(そび)ゆる 高千穂(たかちほ)の 高根おろしに 草も木も なびきふしけん 大御世(おおみよ)を 仰ぐ今日こそ たのしけれ 二、 海原なせる 埴安(はにやす)の 池のおもより 猶ひろき めぐみの波に 浴(あ)みし世を 仰ぐ今日こそ たのしけれ 三、 天(あま)つひつぎの 高みくら 千代よろずよに 動きなき もとい定めし そのかみを 仰ぐ今日こそ たのしけれ 四、 空にかがやく 日のもとの よろずの国に たぐいなき 国のみはしら たてし世を 仰ぐ今日こそ たのしけれ 高千穂峰と神武天皇 「高千穂(たかちほ)」とは、宮崎県と鹿児島県の県境に位置する霧島連峰の火山「高千穂峰(たかちほのみね)」。 標高は1,574メートル。 高千穂峰は、天照大神(あまてらすおおかみ)の孫であるニニギノミコト(瓊瓊杵尊)が降臨(天孫降臨)した山とされる。 天照大神は葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めよという神勅をニニギとその子孫に下し、ニニギの曾孫である磐余彦(いわれびこ)が初代の天皇・神武天皇として即位した。 一番の歌詞の意味 「高根おろし」とは、高い山の上から吹きおろしてくる風のこと。 も同様。 「なびきふしけん」とは、草木が風になびき、地面に臥(ふ)すこと。 最後の「けむ」は過去推量の助動詞。 「大御世(おおみよ)」とは、天皇の治める時代、天皇の治世を意味する。 「仰ぐ(あおぐ)」は、尊敬すべきものとして見ること。 と同じ。 二番の歌詞の意味 「埴安の池(はにやすのいけ)」とは、 奈良県橿原(かしはら)市の天香久山(あまのかぐやま)の西麓にあった池。 天香久山(あまのかぐやま)の南麓には、天照大神(あまてらすおおかみ)の「岩戸隠れ」の伝承地とされる岩穴や巨石を神体とした天岩戸(あまのいわと)神社がある。 写真:天香久山(あまのかぐやま/出典:奈良県橿原市Webサイト) 三番の歌詞の意味 「あまつひつぎ」とは、皇位を継承すること、皇位。 「あまのひつぎ」、「天津日継」「天つ日嗣」、「天乃日嗣」、「天乃日継」とも。 「たかみくら(高御座)」とは、大極殿や紫宸殿などに設けられた天皇の御座。 転じて、天皇の皇位をも指す。 即位・朝賀などの大礼の際、天皇は高御座に着くのを例とした。 「千代よろずよ」とは、「千代・万代(万世)」。 「千代(ちよ)」は、大変長い年月のこと。 「万代(万世/よろずよ)」は、限りなく長く続く世の意味。 「もとい(基)」とは、土台や基礎のこと。 「国のもとい」で、国家を維持していく根本となるものを指す。 国家の基礎。 国基(こっき)。 四番の歌詞の意味 「日のもと」は、「日本」のこと。 「よろずの国に たぐいなき」は、世界に比類ないこと。 「国のみはしら(御柱)」とは、国家の柱となるべき存在のこと。 関連ページ 節分、豆まきのうた、雪祭り、雪の歌、梅の歌、春を待ち望む歌 節分、恵方巻、春節・旧正月、バレンタインデー、さっぽろ雪まつり、グラミー賞、アカデミー賞、東京マラソン、ネコの日 子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングまとめ.

次の