パチンコ 撤去。 遊技機撤去期限の経過措置延長へ

遊技機撤去期限の経過措置延長へ

パチンコ 撤去

警察庁が5月20日に一部改正した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」を施行し、旧規則パチンコ、パチスロ機の経過措置期間が1年延長となった。 パチンコにおいてもパチスロと同じく計画的な撤去を推進するために段階的な撤去期限を設定しており、検定・認定切れの日やスペックによって対応が異なる。 当初の検定・認定切れ日が2020年12月31日までの機種では、射幸性が低いとされる羽根モノ・甘デジ等は当初の検定・認定切れ日より7カ月以内に順次撤去。 その他のパチンコ機については、2020年12月31日までに順次撤去する。 また、2021年1月以降に検定・認定が切れる機種はスペックを問わず全て2021年11月末までに、毎月15%を目安に順次撤去することとなった。 下記に設置期限リストを掲載するが、実に700機種以上のパチンコ機の設置期限は2021年11月30日となっている。 しかし、一部の機種はリストの期限より前に撤去となる可能性がある。 その理由について少し説明しておきたい。 その原因は「前倒し認定」にある。 2017年9月、警察庁は規則改正に伴う認定申請への対応について、検定の期間内であれば前倒しで認定申請を行うことを認めた。 認定というのは、遊技機の検定期間が切れる前に申請をして、基準を満たせば認定日からさらに3年間の設置が認められるという制度。 通常であれば検定期間が満了となる数週間前に申請を行うが、検定期間切れを待っていれば先に改正規則が施行となり、認定を取得することができなくなる。 それを避けるための措置として、残りの検定期間に関わらず認定申請を行うことが認められたのだ。 これが前倒し認定である。 この時に認定を取得した機種の認定日は規則改正の施行日(2018年2月1日)とし、2021年1月31日まで設置することが可能となった。 旧規則機をより長く使おうと、多くのパチンコ店が旧規則機の認定申請を行った。 パチンコにおいては最終的に当時のパチンコ総設置台数の半分にあたる約135万台について認定申請がなされた。 しかし、旧規則機であっても認定申請が見送られた機種が一部存在する。 2017年後半に検定通過した機種だ。 これらの機種は認定申請したところで2、3カ月しか延長とならないうえ、認定機となれば中古流通(同一地域内のチェーン店間移動は可)ができなくなるというデメリットもある。 そのため、それらの機種において認定申請するかどうかで悩んだホールは多いと聞く。 この条件に当てはまる数十機種あるが、その中で設置台数が最も多いのが「CR大海物語4MTB」。 本機の検定通過日は2017年10月10日(東京都公安委員会)。 リストでは認定取得を前提としているため、本機の設置期限は2021年11月30日としたが、認定を取得していなければ2020年12月31日がリミットとなる。 リストでの設置期限が2021年11月30日になっているにもかかわらず、今年年末までに撤去される場合は、前倒し認定を行わなかった機種である可能性があるということを知っておいていただきたい。 なお、各機種の検定通過日が知りたい場合は、当サイトの「サイト内検索」で機種名を検索すれば調べることができる。 当初の検定・認定切れの日が2020年12月31日までの機種(羽根モノ・ちょいパチ・ 甘デジ(TS100未満)) 当初の検定・認定切れ日が2020年12月31日までの羽根モノ・ちょいパチ・ 甘デジ(TS100未満)は、当初の検定・認定の有効期間満了日から7ヵ月(210日以内)に順次撤去する。

次の

パチンコ旧規則機撤去期限リストを掲載

パチンコ 撤去

警察庁は5月14日、国家公安委員会規則の一部を改正し、旧規則機における認定、検定の有効期限について1年間の延長を認めた。 これを受け業界14団体で構成するパチンコ・パチスロ産業21世紀会は5月20日、旧規則機の取り扱い内容を決議し、遊技機のタイプ毎に新たな撤去期限を定め、円滑に新規則機への切り替えを推進していくこととした。 本稿では旧規則パチンコ機における「羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ」の新たな撤去期限をまとめた。 天照祗園編SWA ・CRA T. Revolution AC-T ・CRモモキュンソード ~パカパカ8~ GLS ・CRAデジハネハクション大魔王4STK ・CR GOD AND DEATH 99VX ・CRアミーゴ DE そーるW1 ・CRA大海物語3SAP ・CRフィーバーパワフルDX ・CR黄門ちゃま5 9AX ・CRA麻雀物語2 9AS ・CRAシンちゃんにおまかせ~羽根モノの巻~HS-T ・CRフィーバースター・ウォーズYR ・CRA GO! マリンASA ・CRAパッションモンスターASJ ・CR大奥~繚乱の花戦~N-T ・CRフィーバー倖田來未IV YS ・CRフィーバー真花月Y ・CRデビルマン覚醒N-VE1 ・CR大奥~繚乱の花戦~N2-T1 ・CRA夜王 GLA ・CRぱちんこAKB48 バラの儀式SweetまゆゆVer. L2 ・CRA暴れん坊将軍 怪談FPW ・CR009 RE:CYBORG NR-K ・CR猪木5 9AU ・CRAナナシーDX66VV ・CRAナナシーDX DS ・CRAナナシーDX99V ・CRワシズBAA ・CR弾球黙示録カイジ3WAA2 ・CRデジハネ化物語STK ・CRA甦りぱちんこ~花満開~GL ・CRデジハネ7化物語STJ ・CRキカイダー S. マリンDS ・CRロトパチXSA ・CRフィーバー宇宙戦艦ヤマトYR ・CRキャッツアイ9AU ・CR餃子の王将3 7000 ・CRフィーバー機動戦士ガンダム2Y ・CR交響詩篇エウレカセブン~アネモネVer. ~兼続と慶次~N2-V ・CRピカれ!まるまるアイランドFPW ・ちょいパチ アクエリオンEVOL39 ・CR鬼浜STA ・CRダークフォースMMM ・ちょいパチ海物語3R29 ・CRAフィーバー夢福神Y ・CR押忍! ど根性ガエルA01 ・ちょいパチ天才バカボン5KC-S29 ・CRAデジハネガオガオキング2STJ ・CRAモンキーターン 神速の勝利者GLB ・ちょいパチ 甦りぱちんこ~花満開~29 ・CRAテイルズオブデスティニーN-KE ・CRフィーバー機動戦士ガンダム3Y ・CRAデラマイッタ3rd99V ・CRAソルジャーSRT ・CRぱちんこ冬のソナタfinal CP5 ・CRA織田信奈の野望GL66 ・CRA聖闘士星矢3VBB ・ちょいパチ シャカンナーF29 ・CRAさくらももこ劇場 ミラくるずきんちゃんGL ・CRAスーパー海物語SAE5 ・CRAセクシーフォールセカンドシーズン99VM ・CRAバスタード!! ど根性ガエルC01 ・ちょいパチ さくらももこ劇場 ミラくるずきんちゃん39 ・CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットルA1 ・CRA鉄拳2Y ・CRマジョカマジョルナFPWZ ・CR魔法少女リリカルなのはMBA ・CRAスーパーわんわんパラダイスSA ・CR真北斗無双夢幻闘乱SWA ・CRフィーバークィーンII DX ・CR烈火の炎2 9BZ2 ・ちょいパチ モモキュンソード3 39 ・CR天下一閃AC1200 ・CRGoGoピラミッドX ・ちょいパチ AKB48バラの儀式完全盤C2 ・CRA牙狼魔戒ノ花媚空99バージョンK-PP ・ちょいパチ美男ですねVCA39 ・CRゴールデンゲート~BLACKver. ~GL ・CRAデジハネ逃亡者おりん3STKA ・CRAハクション大魔王ASTK ・CRフィーバーサムライブレードY ・CRAデジハネ火曜サスペンス劇場2STKA ・CRぱちんこアベンジャーズA1 ・CRA遠山の金さん 二人の遠山桜FPW ・CR麻王DX SP ・CRAスーパーマン~Limit・Break~KS ・ちょいパチ 麻王DX 39 ・CRルパン三世99BU1 ・CRAスーパーわんわんパラダイスDS ・CRAドラセグ2WBA ・CRAわくわくカーニバルH ・CRGoGoピラミッドZ ・CRシルバーダイヤモンドSBB ・CRAわくわくカーニバルS ・CRアナザー牙狼99バージョンK-PP ・CRAおそ松さん~THE・DRUM~KS ・CRAスーパー海物語IN沖縄4SBB ・CR春夏秋冬~HIGHビスカス~GL ・CRA SUPER電役ドラゴン伝説77VN ・CR銭形平次withでんぱ組.incSAA ・CRカイジ沼3KAA ・CR世界でいちばん強くなりたい!FPW ・CRモエキサイトFPWZ ・CR南国育ち羽根9BU ・ちょいパチスーパーわんわん39 ・CR戦国乙女4 9BU ・CRフィーバー倖田來未VY ・CRフィーバータイガーマスク3YR ・CR TVアニメーション弱虫ペダルM2BZ5 ・CRダーカーザンブラックAA ・CRA大海物語スペシャルSAP13 ・CR花菱AX ・CRロボゲイシャ99V ・ちょいパチ遠山の金さん 二人の遠山桜39 ・CR花満開~天ノ舞~GL ・CRAぱちんこ真田純勇士~Victory~萌N3-K ・CRAヱヴァンゲリヲン11YR ・CRAドラム海物語SBB ・CRシティハンター3 9BS ・CRぱちんこ押忍!

次の

遊技機撤去期限の経過措置延長へ

パチンコ 撤去

パチンコホール内に設置されているATMが順位撤去される見通しを、業界ニュースサイト「遊技日本」が報じた。 記事によると、マルハンや日拓グループなどのホール運営9企業が依存症防止対策に関する取り組みの宣言を行い、「ギャンブル等依存症対策推進基本計画」を適宜進めていく方針を発表したという。 ホールに設置されているATMは一般的なそれとは異なり、引き出し上限額が1日3万円、ローン・クレジット機能がないものになっており、依存防止の対策がなされた特別仕様となっている。 それでもやはり「ユーザーを煽る」「無駄にお金を浪費させるための手段」「ホールは売上のことしか考えていない」といった外部からの批判が存在し、警察からもこの件に関して指摘を受けていた。 ただ、パチンコホールからATMを撤去しなければならない法的根拠はなく、ATM自体は業界とは関係のない第三者の企業との契約で成立している経済活動の一環なので、おいそれとは撤去できない状況にあった。 それが今回、有志企業9社がATMを撤去するに至ったのには「依存問題対策に消極的」と見られないようにパチンコ業界が行動するべきだという判断の元にある。 実は、競馬や競輪、ボートレースといった公営競技場にもATMが設置されていたが、公営競技は一部で撤去をスタートさせており、その流れに遅れまいとアクションを起こした事情もあるようだ。 そもそも、なぜパチンコホールにATMを設置する必要があったのだろうか。 第一の理由はやはり客の利便性で、手持ちの現金がなくなった時にわざわざ離れた金融機関やコンビニに引き出しに行く手間を省くためである。 しかし、これこそまさに前述の批判の対象となる行為に捉えられ、その正当性に疑問符がつくだろう。 ただ、これ以外にも、ATMがあることでホール側が安全に金融機関に入金できるメリットも。 そこには巨額の現金を扱うホールの警備やセキュリティ面での利点が存在する。

次の