不織布 シーラー。 不織布の口止めはシーラーで │ ラッピング&バッグの森ブログ

シーラーの選定・通販

不織布 シーラー

シーラーとは、袋や箱を密封するための機械です。 シーラーにはいくつか種類があり、熱やシールを使うなど密閉方法によって種類分けされます。 熱を使って開け口を溶着するヒートシーラーは、袋を密封するシーンで使われる機械で、別名「熱シール機」とも呼ばれ、食品の酸化やほこりの進入を防ぎます。 長期保存に優れているのが特徴です。 シーラーの形状としては、狭い作業スペースでも設置できる卓上型、ペダルを踏むことで強力なシーリングが可能な足踏み式などがあります。 卓上型は、シンプルな操作が特徴のレバー式、ファックスのような外観の押し下げ式、袋をクリップするように挟んで仕様するクリップ式に細かく分類されています。 足踏み式は、容量の大きい袋を扱う作業時や包装作業量が多いシーンに適しています。 135• 165• 170• 200• 210• 250• 260• 290• 370• 380• 400• 440• 470• 500• 520• 540• 580• 600• 660• 670• 680• 700• 720• 730• 750• 770• 800• 880• 920• 930• 1000• 1050• 1100• 1130• 1150• 1180• 1200• 1230• 1300• 1350• 1380• 1390• 1400• 1420• 1430• 1450• 1460• 1470• 1500 評価 0. 0 多様な包材をシール可能なシーラー機。 【特長】 ・カッター機能搭載でシールて切ることができます。 ・10mm幅ヒーターを搭載し、高いシール能力があります。 ・高性能ヒーターとトランスを搭載した事により、多様な包材は勿論、滅菌バッグを紙面からシール可能です。 ・視認性のよいヒートタイマー、丈夫なダイキャスト製蝶番採用による高耐久等、使い勝手もよいシーラーです。 ・ハンドル部にカッターを搭載する事で、余ったフィルムをカットできます。 【用途】 ・滅菌バッグの紙面からのシール。 ・包装するワークに対して、フィルムが余る場合に余分な部分をカット。 ・多用途の包装材をシーリングする場合に最適。 評価 4. 0 軽包装が手軽にできる卓上の瞬間通電式シーラー。 【特長】 ・溶着後、内蔵したカッターで袋を切断できる溶着専用タイプの卓上シーラー。 予熱のいらないインパルス式。 ・厚いビニールも数秒で溶着可能な高性能ヒーターとトランス搭載。 ・握りやすく疲れにくい特殊形状グリップを採用。 ・オフィスでの資料や事務用品の保管・発送に。 ・クッキーや焼き菓子などの梱包、ボタンやビーズなど細かい部品の分包、保管に。 評価 0. 8 ・本体寸法 mm 奥行:390 ・本体寸法 mm 高さ:150 ・本体寸法 mm 幅:390 ・冷却時間 秒 :3 ・材質:本体:ステンレス ・フタ、真空槽、把手:ABS樹脂 ・JANコード:4905058411364 ・トラスココード:131-0832 ・質量:8. 4kg 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 2 0. 2 - 0. 5 ~ 0. 6 - - - - - - - - 0. 05 0. 09 0. 6 - - - - - - - - - - - - - 0. 2 0. 4 - - - - 0. 3 0. 3 - - - - - 0. 2 - - - シール幅 mm 2 2 5 2. 5 ~ 3 2 2 10 9 - - - - - 4 5 - - - - 5 - - 5 - 10 2 ~ 6 - - 1. 6 10 - 10 ~ 10(5) 2 ~ 5 - 2.

次の

不織布・フィルム

不織布 シーラー

不織布生産、半世紀の技術ノウハウが生産ラインの各所に散りばめられています。 (写真はスパンレース不織布・製造ライン) 古くより製紙業のさかんな四国中央市において、1921年より祝儀用紙加工品の生産を手がけてきた井上高一商店(シンワの前身)が不織布事業に進出したのは1965年。 まだ不織布の存在が広く知られていない時代に、レジンボンドによる不織布生産を開始しました。 1973年にシンワ株式会社へと社名変更を行った後、1987年にはサーマルボンド、スパンレース不織布の開発・製造も相次いで開始。 1995年にはスパンボンド、2010年にはナノファイバーも加え、計5つの製造技術を持つ不織布の開発・製造メーカーとなりました。 今や、不織布は人の暮らしや社会を支えるさまざまな産業に必要不可欠な存在となっています。 シンワは5つの製造技術の特色を生かし、それぞれに積み重ねてきた技術力による品質を維持・向上させながら、社会のニーズにお応えできる不織布の開発・生産を行っています。 これらの製法による不織布はそれぞれレジンボンド・サーマルボンド・スパンレース不織布と呼ばれ、さらに加えて、ウェブの形成に水を使用しないことから乾式(カード式)と呼ばれています。 また、樹脂から直接紡糸し、熱圧着で結合するスパンボンド不織布や、ポリマー溶液を電界紡糸によって繊維・シート化するナノファイバー不織布などを併せ、計5つの技術および生産設備を持つのがシンワの大きな特徴となっています。 さらに、これら多様な製法と、天然素材、化学繊維(合成繊維)などの原料を組み合わせたり、またその他の素材との複合化を行うなど、不織布の市場ニーズに柔軟かつ細やかに対応できる技術力の高さもシンワならではのものです。 不織布製造の技術力を高める一方で、シンワでは生産体制そのものにも独自の考え方を持っています。 それが、グループ企業を含めた自社一貫体制への強いこだわりです。 開発から製造、加工、そして品質管理に至るプロセスをすべてグループ企業内で完結させることにより、市場ニーズを反映した新製品の開発スピードを上げられ、また、課題改善への対応が迅速・柔軟に行えます。 不織布の開発・製造はシンワを中心に、加工はシンワと中国工場(山東新和制衣有限公司)をメインに据え、技術と情報を共有しながら、質の高い製品づくりを行っています。 他方、ラミネート加工、型抜き、パッケージ加工など、補助的な加工については、専門性の高い協力加工メーカーへアウトソーシング。 不織布加工に精通した地元四国中央市などの各企業と強い信頼関係の下に業務連携を行っています。

次の

不織布とシーラーで「ものづくり」♪

不織布 シーラー

不織布と同じように衣類になったり、物をつつんだりして使われているものに「布」「紙」「フィルム」などがあります。 使われ方ばかりでなく原材料も見た目もよく似ています。 どこが違うのでしょうか? 布は、繊維を撚って糸をつくり、縦糸と横糸にして織ったり編んだりしてできています。 これに対して不織布は、繊維そのものをふんわりと重ね(ウェブの形成)、それを熱や接着剤を用いて、または繊維同士で絡ませてシート状にしたもので、文字通り織らずにつくります。 紙も織らずに繊維(パルプ)を水を利用して漉いてつくります(湿式不織布の作り方に似ています)が、紙の繊維長1〜5mmに対し、乾式法の不織布では25〜250mm、スパンボンドではエンドレスの長さのものを使います。 フィルムも不織布も原材料として同じ樹脂を使いますが、フィルムは樹脂が一体となって薄く延びている状態であり通気性はほとんどありません。 不織布は、布・紙・フィルムの用途のかなりの部分をカバーし、さまざまな方法でさまざまな機能をどんどん付加することができる発展性の大きな多用途素材ということができます。 不織布ってなんでできてるんですか? 羊毛やコットンなどの天然繊維、レーヨンやアセテートなどの化学繊維、ガラス繊維や炭素繊維などの無機繊維など、繊維と名のつくものはほとんどのものを原材料にできます。 一般的に多く用いられているのはポリプロピレン、ポリエステルなどの合成繊維です。 それぞれの繊維が持つ性質を活かして製品がつくられています。 また、結合するための接着樹脂や、抗菌や難燃などの機能付加のための添加剤が使用されています。 さらに他の素材(フィルムや樹脂)などと組み合わせたり、使い捨てカイロのように内容物の包装材として最終製品化されているものも多くあります。 (ゴミとして出される場合は、少量の不織布単体のものは一般ゴミとして捨てても問題ありません。 他の素材と組み合わせてあったり大量の場合は、分別ゴミとして廃棄してください。 製品に記載してある注意書きや、お住まいの地区の分別ルールをご確認ください。 ) 不織布ってなにがいいの?悪いところも教えてください。 不織布は、繊維をそのままシート状にできるので、布のように紡糸し織る・編むといったプロセスがなく、早く大量に生産することができ、価格的にも安価で安定しています。 原材料や製法、他の素材との組み合わせによって、本来持っている多孔質による通気性・ろ過性・保温性の他さまざまな機能を付加するすることが容易です。 形状的な加工性も高く利用分野を拡げています。 悪いというより向いていない点としては以下のようなことがあげられます。 使い捨ての手術着や帽子として用いられていますが、布製の衣料と比べると洗濯などへの耐久性が弱く繰り返して使用する用途には向きません。 また、紙と比較するとコスト的に高目で印刷適性もやや劣ります。 フィルムのように透明なものをつくることはできません。 不織布って、どうやってつくるんですか? つくり方は、大きく分けると乾式法と湿式法、または長繊維タイプと単繊維タイプにわけられます。 製造法の概要と日本不織布がもつ5つの製造ライン(、、、、)についてはそれぞれの紹介ページで詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。 ここではその他の製造法について、簡単に説明します。 結合は、熱や接着樹脂、紙と同じ繊維間水素結合などにより行います。 厚さが均質で、目付け(単位面積あたりの質量)の変更が自由、紙に近い仕上がりを持ちます。 布のようなソフトな風合い・ドレープ性と紙の均質性を合わせ持った不織布ができます。 ワイピングクロスや電池セパレーターなどに利用されています。 溶出されたエンドレスの長繊維に高温エアを噴出させ繊維をさらに細くしウェブを形成します。 不織布って、将来どうなるの? 不織布が本格的に日本で生産されるようになって50年の歴史しかありませんが、不織布はその特長を活かし生活や産業のさまざまな分野で不可欠の地位を占めるまでになっています。 過去の化学や製造機械の技術革新が不織布の用途を拡げてきたように、将来においても新しい技術により不織布はその可能性をますます拡げていきます。 さらに繊維は超極細になり、繰り返し使用に耐える製品も開発されるでしょう。 プラスチックが金属や木の分野をカバーしてきたように、不織布も、布や紙、プラスチックの分野をカバーし、それらが不可能だった分野まで拡大していくと考えています。 もちろん人体や環境への影響に配慮し、持続可能な循環型社会への適応を忘れてはなりません。 前田工繊は、不織布に大きな夢を持っています。 夢を夢で終わらせないよう技術開発・製品開発を続けてまいります。 前田工繊って、不織布のことだったら何でも受けてくれるの? 前田工繊は現在、二次加工メーカー・最終製品メーカーへの不織布原反供給メーカーとして不織布の生産を行っています。 残念ながら一般の方からのご要望にお応えする体制にはありません。 前田工繊の特色は、1社で5種の不織布製造ラインを持っていること、それらを随意に組み合わせた生産が可能なこと、小ロット要求にも対応できることなどの、小回りの良さにあります。 また40年以上の実績に培われた技術を持つ不織布のプロフェッショナルの集団ということにあります。 このホームページをご覧になって「うちの製品につかえないか?」「こんなものはできないか?」ということがありましたら、ぜひご相談ください。

次の