ダイハツ 軽 suv。 どこでも走れる!SUV・クロカンタイプの軽自動車比較人気ランキング!【2019年版】

〈ダイハツ・タフト〉ダイハツの軽SUVが復活! 車両価格130万円台スタートで機能も充実!【新型車レポート】

ダイハツ 軽 suv

「東京オートサロン2020」では、ダイハツから軽クロスオーバー「タフト(TAFT)コンセプト」が発表された。 コンセプトと名はついているが、実質的に市販を目前に控えた新型車のお披露目だ。 「タフト(TAFT)コンセプト」 ダイハツ「タフト(TAFT)コンセプト」 タフトコンセプトは、2020年央の発売に向けて開発が進められている市販前提のコンセプトモデルだ。 ひと目見てわかるとおり、ライバルはスズキ「ハスラー」。 今までハスラーがほぼ独占してきた軽クロスオーバー市場に、ダイハツが満を持して参入する。 東京モーターショー2019のダイハツブースに展示されていたコンセプトカー「WakuWaku」 「東京モーターショー2019」に足を運んだ人なら、「WakuWaku」という名のコンセプトモデルが展示されていたのを覚えているかもしれない。 WakuWakuは、このタフトを示唆したクルマだったのだ。 余談だがハスラーは、スズキのオフロードバイクの車名だった。 ダイハツ「タフト(TAFT)コンセプト」のフェンダーは、タフさを感じさせるデザインに仕上げられている エクステリアはかなりスクエアで、タイヤをあえて見せる形状のフェンダーが採用されているなど、道具感を感じさせるデザインへと仕上げられている。 東京オートサロン2020の出品車は、あくまでもコンセプトモデルで市販モデルとは一部が異なるとのことだったが、外装から内装までしっかりとチェックしたところコンセプトカー然としたところはなく、市販車と異なるとしてもグリルやホイール(WORK製)程度なのではと思われる。 ちなみに、今回の展示車にはグッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター フォーシーズンズ」が装着されていたが、市販時には果たして? ダイハツ「タフト(TAFT)コンセプト」のインテリア インテリアも、スクエアなデザインが採用されている。 大空間ワゴンの「タント」や「ウェイク」と異なり、センターメーターではなくステアリングの前に、2眼式のアナログメーターが備わる。 パーキングブレーキは電動式だ。 ユニークなのは、運転席・助手席のシートやドアトリムがダークグレーなのに対し、後席と荷室のカラーがライトグレーとなっていたこと。 ダイハツの担当者に、その意図を聞いてみると「運転するゾーンと、荷物などを乗せるゾーンをわけるため」とのこと。 もちろん乗車定員は4名だが、「1〜2名乗車+遊びのための荷物」がこのクルマらしい使い方なのだろう。 ダイハツ「タフト(TAFT)コンセプト」にはパノラマガラスルーフが採用されている 軽自動車では珍しいパノラマガラスルーフが採用されるのは、ライバルにはないアドバンテージだ。 コペンGR SPORT カスタマイズVer. ダイハツ「コペンGR SPORT カスタマイズVer. 」のエクステリア タフトとともに注目したいのが、「コペンGR SPORT カスタマイズVer. 」である。 昨年、GRブランドから発売されたことで話題となった「コペンGR SPORT」に、ダイハツのチューニングブランドである「D-SPORT」のパーツが装着されたモデルだ。 リヤには「GR SPORT」と「D-SPORT」のエンブレムが並ぶ。 ダイハツ「コペンGR SPORT カスタマイズVer. 」のエクステリア フロントコーナースポイラーやエアロボンネット、トランクスポイラー、スポーツマフラー、インテリアではシフトノブやカーペットマットなどが装着されているが、これらはすべて市販化が予定されているもので、「誰でもこのクルマと同じ1台が作れる」と言う。 GRとD-SPORTのダブルネームが実現した、新しいカスタマイズモデルだ。 そのほか、ダイハツブースではロッキーにエアロパーツなどを装着した「ロッキー Sporty Style」、タントをカスタマイズした「タントカスタム Premium Ver. 」「タントCROSS FIELD Ver. 」「タントカスタム MARVEL スパイダーマン Ver. 」や、ハイゼットトラックの使い方を提案する「ハイゼットトラック PEAKS Ver. 」「ハイゼットトラック DJ Ver. 」などが展示されていた。 東京モーターショー2019では、未来の軽自動車像を見せてくれたダイハツ。 今回の東京オートサロン2020では、より身近な軽自動車の楽しみ方を示してくれたと言えそうだ。 2020年央という、タフトの発売を心待ちにしたい。 ロッキーをスポーティーなエクステリアに仕上げた「ロッキー Sporty Style」 精悍なブラックフェイスが特徴的な「タントカスタム Premium Ver. 」 「タント」をアクティブに仕上げた「タント CROSS FIELD Ver. 」 ド派手なスパイダーマンのラッピングが施された「タントカスタム MARVEL スパイダーマン Ver. 」 ボルダリングのホールドが施され、アウトドア志向を高めた「ハイゼットトラック PEAKS Ver. 」 巨大なスピーカーが積まれ、サイバー感を演出した「ハイゼットトラック DJ Ver.

次の

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|ダイハツ

ダイハツ 軽 suv

読者のみなさま、おはようございますorこんにちはorこんばんは。 MOBY編集部 宇野でございます。 ついに6月10日から新型軽クロスオーバー、TAFT(タフト)が発売となりました。 その数日前にダイハツがプレス向けに開催したオンライン取材会に参加してきました。 新型コロナの影響ですね。 それがなければ、どこかで発表会を開催、展示車両を撮影しまくり、現地にいる技術者らにあれこれ質問できたのですが。 読者のみなさまが気になるのはライバルのではないでしょうか。 そこでMOBYとしては、ダイハツ新型タフトのプレスリリースと広報資料をベースに、世界にたった2車種しかない軽クロスオーバーSUVの比較対決、7番勝負を企画してみなさまへお届けすることに致しました。 価格、安全装備、動力性能、燃費、デザイン、室内装備、カラーバリエーションの7項目で比較します。 まずは、ざっくりダイハツ タフトの概要から。 車両価格 軽自動車ですから、クルマの見た目以上に気になるのが価格。 新型タフトは、約135万円から173万円の価格帯となっています。 ライバルのハスラーと比較してみましょう。 タフト ハスラー 区分 駆動 方式 エン ジン グレード 価格 グレード 価格 最安価 2WD NA X 135. 3万 HYBRID G 136. 5万 売れ筋 中堅 2WD NA G 148. 5万 HYBRID X 151. 8万 NA 161. 1万 165. 2万 最上級 4WD G 173. 2万 HTBRID Xターボ 174. 6万 グレード構成はタフトもハスラーも2つ。 タフトはターボが上級グレードのみの設定、ハスラーは2つのグレードにターボ、NA(自然吸気)それぞれが設定されています。 駆動方式はタフトもハスラーもそれぞれすべてのグレード、エンジンタイプに2WDと4WDの設定がされています。 売れ筋となる中堅グレードは両車ともに自然吸気エンジン、積雪地域では4WDの購入率が高くなることから、両方の駆動方式で比較してみました。 2019年のクリスマス・イブから発売開始となった新型2代目ハスラーより、後発となったタフトは若干安く設定してきました。 ダイハツが明らかにハスラーをライバルとして捉えた戦略的な価格設定と考えたいところですが、もとよりダイハツは「良品廉価」をモットーに開発するメーカー。 ハスラーに対しての攻撃的な価格設定としたのではなく、結果としてハスラーより少し安くなりました、と解釈しても良いのかも知れません。 販売ディーラーにおいては、スズキとしてはタフトとの差額分を値引きないしはオプション品サービスで対抗してくるのはほぼ確実。 軽SUVのシェアをタフトが奪うのか、ハスラーが奪うのか否が応でも注目されます。 もちろん両車とも装備。 タフトは通称スマアシ「スマートアシスト」の進化版を搭載、対するハスラーは「スズキ セーフティーサポート」を搭載しています。 夜間の歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ、アクセル踏み間違い誤発進抑制、車線逸脱・ふらつき警報、ハイビームアシスト、標識認識などといった予防安全技術は両車ともに採用、互角の勝負です。 また、4WD車では悪路走破性を高める、グリップ制御も両車に採用、前車追従アダプティブ・クルーズ・コントロールも両車に採用(両車とも特定グレードに設定)と走行系先進技術も互角の勝負です。 【安全装備】引き分け 動力性能と燃費 今回の新型タフト発表で、のスペックについて言及はありませんでしたが、オンライン事前取材会では、タフトのパワートレインはタントと基本同じ、NAのだけが、新設計D-CVTではないCVTとなるということでした。 ダイハツの技術者の説明ですと、それでも走行性能に問題はないとのこと。 コスト削減のために従来型CVTを採用した可能性もありそうですが、走りの質は実際どうなのか、ちょっと気になるところです。 試乗の機会を待ちましょう。 エンジンについては、全車マイルド・となるハスラーの方が一枚上手。 パワーも燃費もスペック上はハスラーが勝者となりました。 エンジンスペックと燃費を比較表にまとめてみました。 2 25. 0 4WD 20. 2 23. 4 ターボ 2WD 20. 0 22. 6 4WD 18. 8 20. ハイブリッドであることがその差異の理由となっています。 車両重量に至ってもハスラーの方がわずかながら軽くなっています。 筆者はハスラーに試乗したことがありますが、NAもターボも十分な走りを確認しています。 NAで高速道路に乗っても軽にしては十分でした。 タフトの走り、乗り味がどうなのかは今後の試乗でレポートします。 【動力性能】ハスラーの勝ち 【燃費】ハスラーの勝ち デザイン 購入検討者の重要な決め手の一つ。 エクステリアデザインから見ていきましょう。 タフト 標準 ダークブラックメッキパック メッキパック 標準(オプション装着) ダークブラックメッキパック メッキパック ハスラー スズキ広報画像にリアの画像がなかったのでMOBY編集部撮影画像。 エクステリアデザインはタフトが男性的、対してハスラーが女性的な印象を受けますが、タフトに女性が乗ってもハスラーに男性が乗ってもどちらもおかしくはないでしょう。 インテリア タフト ハスラー 直線基調のタフトに対して、曲線を多用したハスラー。 こちらもエクステリアデザインに共通して、男性的なタフト、女性的なハスラーの印象です。 両車とも個性的なデザインで好みが分かれるところ。 世界に2車種しかない軽クロスオーバーSUV同士の対決ですからここはドローで。 【デザイン対決】引き分け 室内装備 最近デビューした新型軽自動車はホント装備が充実しています。 登録車(普通車)にあって軽自動車にないモノはほぼほぼなくなってきました。 タフト VS ハスラーにおいても互角の勝負ではありますが、タフトには突出した装備がありました。 タフト スカイフィールトップ 文字通り「空を感じられるルーフ」 クローズ状態。 開口部が広いことがお判りいただけるだろう。 ルーフの半分程度がガラスに。 もちろん紫外線&赤外線をカット。 ハスラー もうこれは、タフトの圧勝です。 スカイフィールトップが購入の決め手になる方は少なくないはず。 【室内装備】タフトの勝ち。 カラーバリエーション カラバリはわざわざ大きい見出しにしました。 規格めいっぱいに設計され制約の多い軽自動車はデザインの差別化も登録車(普通車)に比べると大きく広げられません。 さらに、新車販売台数の総計の4割以上が軽自動車が占め、且つ女性が乗ることが多いことから、昨今の軽自動車の新型はカラーバリエーションの豊富さを競うようになってきました。 2019年にフルモデルチェンジした日産デイズの発表会のとき、日産は消費者の軽自動車を選ぶ理由に、ボディカラーを挙げることが多くなり、主要な理由のひとつとなったと語っていました。 そこで、カラーバリエーションの豊富さをタフト対ハスラーの締めとさせていただきました。 タフト タフトは全9色のカラーバリエーション。 3つの顔つきの異なるパッケージングを展開 ハスラー ガンメタリック2トーン3色、ホワイト2トーン3色、モノトーン5色の全11色のカラーバリエーション。 単純な選択肢は、9色X3タイプの27タイプのタフトが多くなりますが、カラーバリエーションにおいてはハスラーの方が選択肢が多い結果です。 【カラーバリエーション】ハスラーの勝ち 7番勝負、軍配はどちらに? それでは、それぞれの勝敗をまとめてみましょう。 価格 タフト 先進安全技術 引き分け 動力性能 ハスラー 燃費 ハスラー デザイン 引き分け 室内装備 タフト カラーバリエーション ハスラー 勝利は、3勝2敗2引き分けで辛くもスズキ ハスラー。 僅差の勝敗を決めたのは、ハイブリッドエンジンか否かといった所感です。 しかし、お財布が痛む程の燃費の差ではないでしょうし、走りの違いも普段使いなら乗り味の違い程度でしょう。 タフトかハスラー、どちらかで悩むなら、気に入ったデザインで選んで問題なし。 あとは、スカイフィールトップが欲しいかどうか、が選択の分かれ道となるでしょう。 以上、机上取材による新型ダイハツ タフト VS スズキ ハスラー7番勝負でした! 次回は、試乗レポートがお届けできるかと思います。 お楽しみに!.

次の

ダイハツタフト2020年6月10日発売|価格135万~173万ハスラー対抗DNGAオフロードも安心4WDターボ

ダイハツ 軽 suv

価格 X 1,353,000円(2WD) 1,479,500円(4WD) G 1,485,000円(2WD) 1,611,500円(4WD) Gターボ 1,606,000円(2WD) 1,732,500円(4WD) ダイハツタフトのエクステリア 外観はオフロードに振ったデザインを採用。 しかし、ハスラー対抗ということでタウンユースを考慮した都会派SUVとなります。 ボディカラー9色• レイクブルーメタリック• フォレストカーキメタリック• サンドベージュメタリック• レモンスカッシュクリスタルメタリック• スプラッシュブルーメタリック• ブラックマイカ• シャイニングホワイトパール• コンバーノレッド• ブラックパック:ブラック樹脂パーツ+ガンメタリックホイール• クロムパック:メッキアウタードアハンドル+シルバーアルミホイール• ホワイトパック:ホワイトドアミラーカバー+ドアアウターハンドル・スチールホイール 【動画】タフト ダイハツタフトの内装インテリア インテリアは開放感のあるグラスルーフを採用。 タフトはインパネシフトを採用。 以下のロッキーシフト位置と差別化が図られます。 インテリア装備• カップホルダー• 大型インパネトレイ• グローブボックス2層• 電動パーキングブレーキ全グレード標準装備 アダプティブクルーズコントロールの停車時、持続ホールドが可能に。 リアシート フルフラットモードでは、リアシートバックを前に倒してフルフラットで広いスペースを確保できます。 リアシートの後ろは汚れにくく拭き取りやすい加工を施したアウトドア仕様になっているようです。 下段モードにするとフレキシブルボードを下げ、背の高いものを安定して乗せることができます。 またこのボードにはフックが2カ所あり、ショッピングバックをかけることも可能です。 さらに 立て掛けモード。 こちらは高さのある荷物を載せることができ、立てかけたフレキシブルボードについたフックも利用することが可能です。 ダイハツタフトのパワートレイン どのタイプも現行タントをベースとしたメカニズム。 ターボとNAの2本立てのエンジン搭載。 トランスミッションにはD-CVTが設定。 走行性能 グリップサポート制御を全車標準採用しており、タイヤの空転を抑制し、グリップしたタイヤに駆動を伝えて悪路走行を支援してくれます。 ダイハツタフトの先進安全装備スマートアシスト ステレオカメラは認識度を上げた改良型を採用しているので、検知性能が向上し、夜間歩行者へも対応します。 予防安全機能は17種類に及びます。 ダイハツコネクト軽初採用.

次の