何かあった未来。 「もう何があっても大丈夫」夫の病気と向き合った渡辺満里奈さんが、改めて知ったこと

【すぐわかる】【南海トラフ予言】津波が何回も日本を襲う!世界最高の予言者が見た超未来

何かあった未来

では、どうするか。 不安や心配なときこそ「何とかなる」という言葉を思い出してください。 無責任な言葉ではありません。 将来に明るい希望を生み出す言葉です。 お金のことが心配でも「何とかなる」と考える。 仕事のことが不安であっても「何とかなる」と考える。 将来のことに悩んでいても「何とかなる」と考える。 「何とかなる」と思った瞬間、心に光が差して、軽やかになることが実感できるでしょう。 そうすれば、余計なストレスを感じなくて済みます。 この言葉は、即効性があるのが特徴です。 心の中で数回唱えただけで、すぐ心が元気になります。 思い出してください。 あなたは今までの人生で大変な出来事が何度もあったはずですが、何だかんだで乗り越えられたはずです。 そして、今こうして無事に生きているではありませんか。 実際のところ、自分が大げさに考えているだけです。 今まで何とかなってきたように、これからも何とかなります。 だから今も「何とかなる」と考えましょう。 今思い悩んでいることも、きっと何とかなるでしょう。 どんなときにも希望を持つこと。 何とかなると思えば、将来に夢と希望が出てきます。 あなたは今すぐ、身も心も軽くなって、楽に生きられるようになります。 そしてもっと大切なのは「具体的な行動」です。 「何とかなる」という言葉で終わらせるのでは意味がありません。 元気を出して終わりにするのではなく、実際に行動をすることが大切です。 「何とかなる」という言葉で元気が出れば、そのパワーで行動を始めましょう。

次の

【タイムマシンがあったら】未来と過去どっちに行きたい?人気投票

何かあった未来

私たちの未来予想図 HERS世代のこれからは、自分のからだの衰えや、親の介護など、避けて通れないことが迫ってきます。 でも不安やマイナス面ばかり気にしても仕方ありません。 私たちには今まで積み重ねてきた経験や感覚があるのだから。 10年後、20年後も笑顔で穏やかに暮らせていたらいい。 いろいろな世代や立場の方々の意見を聞きながら、未来について前向きに考えてみました。 前回に引き続き、現在発売中のHERS2月号「私たちの生き方、未来予想図」より、渡辺満里奈さんのお話を一部抜粋してご紹介します。 満里奈さんは、早くから名倉さんの異変に気づき、自ら医師を探してご主人を連れて訪れたといいます。 「最初は『大変なことになった・・・・・』と不安だったけれど、ずっとあの人を見ているのは私なんだから、とつぶさに観察していました。 そうしたら、いつもの彼とは違って、おかしいと思うことが明らかにあって。 だから、『半年だって、1年だって休めばいい。 ずっと休んでいいし、仕事をやめたっていい』と夫にはそう言いました。 仕事も大切だけど、体はもっと大切。 死にたくなるまで仕事なんかする必要がないと思ったんです。 彼の病気と向き合うことで、私自身、本当に大切なもの、壊してはいけないもの、それを改めて知ることとなりました。 実は、一昨年のほうが症状がひどくて、休業の発表をした昨年は、ずいぶんと落ち着いた頃だったんです。 だから、長い時間をかけて二人で話すことができました。 『私が働けば、食べるくらいはできるから』、そう話しながら『ああ、私はそんなふうに思っているんだ』と確認したし、覚悟が決められたんです。 結局夫はそれを受け入れず、再び働き始めることを選びました。 でも、夫が『やりたい』と決めたこと。 『こうしなくちゃ』ではなく、本人が好きなこと、やりたいと思うことなら、それを応援していこうと思います。 人生は、何があるかわかりません。 そして、もう何があっても大丈夫、どうにか生きていけるだろう。 今は、そんなふうに思えます」 子供たちが自立したら、夫婦二人ロスで暮らす生活を 「大人の入口に立つ子供たちは、この先、『夢に向かって頑張れ』と見守り、時に背中を押すことしかできません。 10年後、60歳を目の前にする頃、長男は自立しているでしょうし、娘も成人する年齢になります。 そうやって子供たちが巣立った後に、残されるのは夫婦二人。 夫とは、子供が自立したら、『ロサンゼルスに住みたいね』と話しているんです。 夫が休業に入っていた昨年の夏、友人の住むロスに遊びに行って、『暖かいし、すごくイイね!』と盛り上がって。 そして、私自身については、正直、60歳になってなお、テレビに出ている姿を、今は想像できないんです。 だから、別の仕事をしていたい。 子供や社会に役立つことに関わっていけたらいいな、と漠然と思っています。 思っていることはたくさんあっても、今はまだ怖くて、行動に移したり、声に出して発信することができません。 でも、10年後は、それが形にできたらいい。 49歳の今からそれを探し一生懸命耕して、50代で種をまき、60歳でその実を収穫する、そうできたら・・・・・。 私にとって、また新しい勉強が始まりそうです」 わたなべ まりな 1970年11月、東京生まれ。 1986年CX「夕焼けニャンニャン おニャン子クラブ会員番号36番 」で芸能活動開始。 同年10月8日「深呼吸して」 EPIC・ソニー でソロデビュー。 おニャン子クラブ解散後はテレビ・CM・雑誌などで活躍。 2005年お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤氏と結婚、2007年に長男出産、2010年に長女を出産し現在2児の母。 現在、「ひるおび!」 TBS の等身大のコメントに同世代主婦たちからの支持が集まる。

次の

ワンピース 最新情報 92巻SBS 未来のナミが酷い件

何かあった未来

もちろん、一見いい事ではないアクシデントもあります。 ただその出来事を自分の中でどう対処して、向き合うか?によってその後の展開は大きく変わります。 つまりは、負の連鎖にするのか? 断ち切るのか? 災い転じて福となるか? パターンは様々です。 今私たちは、次のステップに進む時のようだ。 新聞屋は予定通り、先に進むための、いわば通過点でしかない。 手段の1つ。 今はまだ見えない未来。 でもきっと、遠からず何かを手に入れる予感がするんだ。 最近の私は冴えてる。 人にはわからない感覚を持ってる。 かつて無い自信に満ちてる。 でもまだ、足りない。 でも、いまはそれでいい。 自信なんて経験積んでつくものだから。 私は自分のことを愛してる。 あなたはどう? かつては未来になんの希望も持てなくて、 見えない未来に、ほんの少しだけ興味本位で生きてきただけ。 ただ、目の前のことに夢中で、 子供が生まれたことで生きる意味を持ち、 守るために何でもしてやると思った。 決して利口な生き方ではないけれどね。 遠回りばかりして、寄り道もしてさ、 でも、不器用ながら人間らしく生きてきたと思ってる。 だからこそ、人とは違う感覚も身についたんだと思う。 私の勘と、人を見る目を旦那も目の当たりにして、 今では私に聞いてくる。 人生ってやっぱり面白いね! そして、引き寄せ最高!(笑) 今では私、最強のポジティブ(笑) さぁて、これから何が始まるのかな? ラインでの直接メッセージ・コメントも出来るようになりました!.

次の