ある日お姫様になってしまった 英語。 読モでセレブ妻になったのに…30代で貧困に落ちた“お姫様”の失敗

ある日、お姫様になってしまった件について 1

ある日お姫様になってしまった 英語

スポンサーリンク 『シンデレラ』というお話がありますよね。 ほとんどの人がご存知だと思います。 有名なのはディズニーのものですが、シンデレラといえば女の子が憧れるようなキラキラしたお姫様、というイメージではないでしょうか。 でも「シンデレラ」の本当の名前は「シンデレラ」ではなく、あだ名の「シンデレラ」にはそんなキラキラしたイメージとはほど遠い意味があるって知っていましたか? 「シンデレラ」の本当の名前は? 意地悪な継母にいじめられるシンデレラが、ある日魔法でキレイになって舞踏会へ行き、そこで王子様と出会いながらも、魔法が解けてしまう夜12時になったので急いで帰ることに。 その途中で脱げてしまったガラスの靴が決め手となって、シンデレラは王子様と再会することができ、結婚して幸せに暮らしました。 …というのが大まかなストーリーですよね。 「主人公の名前は?」と聞かれたら、誰もが「シンデレラ」と答えると思います。 でも、私が持っているディズニーの子供向けの洋書によると、シンデレラの本当の名前は「シンデレラ」ではないんです。 「奥さんに紳士と美しい娘Ella(エラ)が住んでいました」とありますよね。 スポンサーリンク そうなんです、 Ella(エラ)こそがシンデレラの本当の名前なんです。 エラがなぜ「シンデレラ」に? では、なぜElla(エラ)という名前があるのに「シンデレラ」になったのでしょうか? エラが「シンデレラ」と呼ばれるようになったのは、エラのお父さんが亡くなってからなんです。 お父さんが亡くなった後は継母のやりたい放題で、エラを小さな屋根裏部屋に追いやり、家事を全部押し付けました。 その家事の中に暖炉の掃除もあったのですが、これが「シンデレラ」と呼ばれるようになった由来なんです。 Soon everyone called her Cinderella, because she got so covered with cinders from cleaning the fireplaces. それは、シンデレラが舞踏会に行けるようにと魔法使いがシンデレラを変身させたシーンです。 魔法の杖を一振りすると、着ていたボロ布がとっても綺麗なドレスになったのは分かります。 「スリッパ」じゃないです。 実写版『シンデレラ』も面白い 実は「シンデレラ」の本名がElla(エラ)であるというのは、諸説あるうちの1つのようです。 そして、この実写映画もなかなかおすすめなんです。 ストーリーが頭に入っていると、英語で見てもそんなに疲れないので、英語音声(や英語字幕)で見ると面白いと思いますよ。

次の

【彼女が公爵邸に行った理由】一番早く読めるのは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった 英語

あなたは何人知ってる?日本昔話のお姫様一覧! 【かぐや姫】 竹から産まれた美しい姫様。 結婚の申し込みが殺到するが、無理な注文をして諦めさせる。 やがて月に帰ってしまう。 【乙姫】 竜宮に住む美しい姫様として、 「浦島太郎」「猿の生き肝」等の色んな昔話に登場。 本来は、兄姫 えひめ を姉の姫、妹の姫を弟姫 おとひめ と意味する言葉でした。 【織姫】 七夕の伝説に登場する仙女。 彦星と夫婦になったが、仲が良すぎて仕事を忘れる。 それに怒った神様が、2人を天の川の東西に別れさせ、 七月七日の夜だけならあっていいとした。 【鉢かつぎ姫(はちかつぎひめ)】 長谷観音のお告げによって、頭に大きな鉢をかぶることになったお姫様。 母の死後、継母に家を追い出されるが、 公家に助けられて、そこで働くことになり、中将の四男の「宰相殿御曹司」に求婚される。 【瓜子姫(うりこひめ)】 瓜から生まれたお姫様。 ある日おじいさんとおばあさんから留守を頼まれるが、 その間に天邪鬼にだまされて、連れ去られる。 結末が生存型と死亡型の両方存在する。 【髪長姫(かみながひめ)】 漁師夫婦念願の子どもだったが、いつまでたっても髪の毛が生えなかった。 海の不思議な光で漁ができなかったが、その原因は海底にあった観音様。 両親は観音様を助けたが、死んでしまう。 ある夜、観音様が娘の夢枕に現れ両親の願いを叶えると言った。 翌朝起きてみると見事な美しい黒い髪が生えていた。 【うぐいす姫(うぐいすひめ)】 人間の姿だったが、本当の姿はうぐいす。 太郎に見てはいけないといったタンスの中を見られてしまい、 もうここにはいられないと言ってうぐいすの姿に。 【あこや姫(あこやひめ)】 千歳山の麓の琴の上手なお姫様。 とある若者と仲良くなるが、実はその若者は千歳山の老松。 橋が洪水で流され、千歳山の老松が切り倒されていしまう。 【はまぐり姫(はまぐりひめ)】 観音様の使いできたお姫様。 男の子が漁をしていると小さなハマグリを釣り上げた。 逃がしてやるが何度もかかるので、船に転がしておくと、 いつのまにかはまぐり姫と名乗る娘が。 家に泊めると織物を始め立派な反物を完成させ去って行った。 姫から言われた通り、反物を売って商売を始めると大繁盛。 【花世の姫(はなよのひめ)】 新しい奥方の嫉妬により、富士の山の向こうに国に一人で長旅させられるお姫様。 山姥と観音様おかげで人食い鬼がいる山を出ることができました。 その後、中納言のお屋敷で働くことになり、数年後中納言の息子と祝言をあげる。 【橋姫(はしひめ)】 橋のたもとに祀られていた美しい女神。 古典、伝承には様々なものがある。 【清姫(きよひめ)】 思いを寄せた僧の安珍に裏切られ、激怒のあまり蛇になってしまったお姫様。 最後は道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺してしまう。 【おちくぼ姫(おちくぼひめ)】 寝殿の隅。 畳の落ち窪んだ陋屋(ろうおく)に住まわされたお姫様。 日々継母からのいじめにあう「日本版シンデレラ」。 【佐保姫(さほひめ)】 春の女神。 狭穂姫(沙本毘売)と混同される事が多いが全くの別人。 【雪姫・紅葉姫(ゆきひめ・もみじひめ)】 戦で両親を殺されて敵に追い詰められ淵に身を投げた言い伝えがある姫。 姉が紅葉姫、妹が雪姫。 百姓が真っ白な鯉を船に引き上げ家路につこうとすると、 どこからともなく「雪姫、雪姫」と呼ぶ若い女の声が。 そして、船はあっというまに転覆。 逃げ出した真っ白な鯉は、大きな緋鯉と淵の奥へと姿を消した。 【琴姫(ことひめ)】 鳴き砂の由来となったお姫様。 流されてきた平家の姫が村人たちが発見。 介抱のおかげで浜で琴を弾くまで元気になった。 だが、姫は再び病に倒れそのまま亡くなってしまった。 それから、浜の砂が鳴くようになり、その浜を琴ヶ浜と呼ぶように。 スポンサーリンク 【黒姫(くろひめ)】 竜と結ばれるお姫様。 花見の宴の最中に白い蛇が現われ、黒姫が酌をした。 その後、その時の白蛇は竜で、黒姫と結婚したいと申し出てきた。 お殿様は、条件をだしできれば黒姫をやる約束した。 しかし、お殿様は竜を殺そうとし、竜は激怒。 村は大嵐に見舞われた。 これを見て黒姫は約束を守ると言って、竜と共に山へ消えた。 【辰子姫(たつこひめ)】 美しさに悩んだ女の子。 いつまでも美しいままでいたいと、毎晩観音堂に通い願掛け。 すると百日目の夜、山の北にある湖の水を飲めとお告げが。 様々なモノが辰子の行く手を阻むが、なんとか湖につき水を飲む。 すると、辰子は龍になってしまった。 しかし、湖面に映る姿は美しい娘の姿。 こうして、永遠の若さを手に入れ湖に住んだ。 【ふき姫】 泉の精に心を奪われた女の子。 ふせってしまった父親に、どんな病でも治す泉の水をくんで来ようとした。 しかし泉の精のとりこになってしまい二度と帰れなくなった。 【紅姫(べにひめ)】 思いやりから紅葉をひと枝折ったことが原因で大変な目に合う。 母が紅葉が好きだからとお土産用に枝を折ると、風が吹き全く知らない場所にとばされる。 すると「いかなる理由でも山を傷つけてはいけない。 」と神様の声がきこえ、 罰として紅葉の繊維を糸とし、百尺の布を織り上げ、その布で絶壁を下りて帰るように言われる。 【白山姫(しらやまひめ)】 「白山さまの淵」に出てくる白山神社の祭神。 【山姫(やまひめ)】 山姫に出会って、山姫が笑うのにつられて笑うと、 二度と山から帰れないと言われた。 【白妙姫(しらたえひめ)】 身を投げ、鯉になったお姫様。 いかがでしたか? あなたは何人知っていたでしょうか? 全員知ってたら、姫マスターですね! もちろん他にも日本のお姫様はいますよ。 あなたのお気に入りのお姫様を見つけてみてください!.

次の

【彼女が公爵邸に行った理由】一番早く読めるのは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった 英語

『白雪姫』のあらすじ むかし、あるお妃さまが黒檀の木枠の窓べりでぬいものをしていると、針で指を刺してしまい、外で舞っていた雪の上に血が3滴おちた。 お妃さまはその様子を見て、雪のように肌が白く、血のようにほほが赤くて、黒檀のように髪の黒い子どもが欲しいと考える。 すると、お妃に願ったままの子どもが生まれ、その女の子は白雪姫とよばれた。 その子が生まれてまもなく、お妃は亡くなった。 しばらくたって王は新しいお妃をむかえたが、このお妃はとても気位が高く自分より美しい人がいることが許せなかった。 お妃は魔法の鏡を持っていて、鏡の前に立っては、「国じゅうで一番美しいのは誰か」とたずね、鏡が「それはお妃さまだ」と答えることで満足していた。 やがて白雪姫は成長すると、お妃よりも美しい娘になった。 あるときお妃が魔法の鏡に一番美しい人をたずねると、鏡が白雪姫だと答えたので、お妃は妬ましさでいっぱいになった。 お妃は白雪姫が自分より美しいことに我慢できず、狩人に「白雪姫を森に連れていって殺し、肺と肝を証拠として持ち帰れ」と命じる。 狩人は白雪姫を森に連れていったが、白雪姫が自分を殺さないよう泣いて頼んだので、狩人はとてもかわいそうになって白雪姫を逃がした。 狩人はかわりに子イノシシを殺して肺と肝を持って帰り、お妃はそれを食べた。 白雪姫は森の中をさまよい歩き、やがて小さな家を見つける。 その小さな家の中はすべてが小さくてかわいらしく、白雪姫はテーブルの上の7つのお皿から少しずつとって食べ、杯から少しずつ飲み、一番体に合うベッドを見つけてそこで眠りこんだ。 日が暮れて、この家の持ち主である7人のこびとたちが帰ってきて、白雪姫がベッドで寝ているのを見つける。 白雪姫がとてもかわいいのでこびとたちはよろこび、そのまま朝まで寝かせておいた。 朝になり、目を覚ました白雪姫はこびとたちを見てびっくりするが、やがて彼らに自分がここに来たいきさつをすべて話した。 こびとたちは、家の世話をしてくれるなら一緒に住んでもいいと言い、白雪姫は喜んでそれを受けいれた。 こうして、白雪姫はこびとたちの家に住むことになった。 こびとたちは昼間に一人でいる白雪姫が心配だったので、誰もうちに入れないよう忠告していた。 あるとき、白雪姫はいなくなったと思ったお妃は、魔法の鏡に一番美しい人は誰かとたずねた。 鏡は、「それは7人のこびとのところにいる白雪姫だ」と答える。 お妃は白雪姫がまだ生きていることにびっくりし、何としてでも白雪姫を殺してしまいたいと思った。 そして、物売りのおばさんに姿を変え、山をこえて7人のこびとの家まで行き、戸をたたいて、素敵な品はいらないかと呼びかけた。 すると、白雪姫はおばさんのことを正直な人だと信じこみ、家に入れておばさんが売っていたひもを買う。 おばさんは、しっかりひもをしめてあげると言って、そのまま胴着のひもをとてもきつくしばったので、白雪姫は息ができなくなって倒れてしまう。 おばさんは満足して立ち去った。 やがてこびとたちが帰ってきて白雪姫をしめつけていたひもを切ると、白雪姫は息を吹きかえした。 こびとたちは、その物売りのおばさんに気をつけるように白雪姫に忠告した。 お妃はふたたび家に戻って、魔法の鏡に同じことを聞くと、まだ白雪姫が生きていることがわかる。 そして、べつのおばさんの姿に化けて、もういちどこびとの家をたずねる。 はじめは白雪姫も警戒したものの、おばさんの売っていたクシが気にいったので、戸を開けた。 そしておばさんがクシを白雪姫の髪にとおしたとたん、クシに塗ってあった毒がまわって、白雪姫は倒れてしまう。 おばさんが立ち去ったあと、こびとたちが帰ってきて白雪姫の髪にささっていたクシを抜くと、白雪姫はふたたび息を吹きかえす。 お妃は満足して家に戻るが、鏡がまたしても白雪姫がいちばん美しいと言うので、お妃は怒りくるって、一口食べれば誰でも死んでしまう猛毒のリンゴを作った。 そしてお妃は農婦に姿を変えて、7人のこびとの家へ行く。 白雪姫は毒リンゴがあまりにおいしそうだったので、思わず戸を開けてしまう。 そして、リンゴを一口食べたとたん、倒れて死んでしまった。 お妃はこれで白雪姫は死んだのだと確信して、去っていった。 こびとたちは家に帰ると、白雪姫が息をしていないので、いろいろな手を使ってよみがえらせようとするが、今度は何をしても生きかえらない。 こびとたちは白雪姫を棺の上にのせて、3日間悲しんでから葬ることにした。 白雪姫はまだ生きているかのように赤いほおをしていたので、土の中に埋めるのではなく、透き通ったガラスの棺にいれて、山の上に置いた。 あるとき、1人の王子が森の中で迷い、こびとたちの家に泊めてもらおうとやってくる。 その王子は山の上でガラスの棺の中の白雪姫を見つけ、こびとたちにゆずってくれないかと頼む。 こびとたちは断ったが、王子はもう白雪姫を見ていないと生きていけないと言うので、気の毒に思って棺を王子にあげた。 そして王子の召使いが棺をもっていこうとすると、召使いは木に足をとられ、棺がゆさぶられた。 そのはずみで毒リンゴの切れ端が白雪姫ののどから飛び出し、白雪姫は生き返る。 王子はとても喜んで、今までのことを白雪姫に話し、そして結婚を申し込んだ。 2人は結婚をすることになり、祝いの席にはまま母のお妃もまねかれた。 お妃が鏡に一番美しい人をたずねると、鏡は「それは若いお妃さまだ」と答えた。 お妃は心が休まらなくなり、その結婚式で若いお妃を見るとそれが白雪姫だとわかったので、不安で立ちすくんだ。 すると、石炭の火の上に置かれた鉄の靴がお妃を待っていて、この焼けた鉄の靴がお妃の前に置かれた。 こうして、お妃は焼けた靴に足を入れて、死ぬまで踊りつづけなければならなかった。 『白雪姫』の感想・一言コメント 童話といえば『白雪姫』という人も少なくはないだろう。 ディズニー映画や絵本で知った人のほうが多いと思うが、原作は残酷な描写で有名だ。 そのあたりの話は、関連記事を読んでみてほしい。 やはり注目すべきは、嫉妬にまみれたまま母の執着心だろうか。 美しさだけを求め、内面が病的なまでにぐちゃぐちゃになってしまった女の姿を描いている。 現代風な教訓にするなら、「外見だけでなく、内面も磨いていこう」というところか。 『白雪姫』の基本データ 収録ナンバー KHM053 原作タイトル(ドイツ語) Schneewittchen 英語タイトル Little Snow White 日本語の別タイトル• 「雪白姫」 など 収録版 初版から7版までずっとだが、2版から話が少し書き換えられている。

次の