噛む と 頭 が 痛い。 噛むと顎が痛い。その原因とは!?

愛媛県、松山市の是沢歯科医院 顎関節症は早めの処置が大事です♪

噛む と 頭 が 痛い

この記事の目次• モルモットに噛まれて痛い!噛む癖について モルモットの性格は、比較的穏やかで集団行動も問題なく出来ることが多いです。 しかし人間もそれぞれ性格が違うように、モルモットの性格も個体のよって違います。 中には噛むクセがある子もいます。 モルモットに噛まれた時の反応 突然噛まれると痛いですし、思わず大きな声で叱りたくなります。 ですが、これは逆効果です。 大きな声を出したり、しつけのために叩くようなことをすると、モルモットは飼い主に対して強い警戒心を抱き、信頼関係があっという間に壊れてしまいます。 まずはなぜ噛むのかという原因を見つけてあげましょう。 モルモットが噛む理由• ストレス発散 (餌や水分が足りない・餌が好きなものではない・運動の時間が不足している・発情している・ケージに不満を持っている・体調が良くない)• 歯が伸びてかゆい• 噛むことが楽しくて、遊び感覚 噛むという行動の中には、これだけの可能性が隠れています。 どのようなときに噛むのか、様子を見ることから始めていきましょう。 痛い!モルモットが噛む理由 モルモットは穏やかな性格 それゆえに、警戒心が強く臆病だとも言えます。 体も小さく動物界では弱い生き物なので、ストレスを感じやすい特徴もあります。 とっさに噛んでしまう理由として考えられるものを挙げていきます。 原因になりそうなことは、早めに対処してあげて下さい。 モルモットは大きな音が苦手 人間でも突然の大きな音には驚いてしまいます。 音に敏感な動物は、余計に大きな音が苦手です。 ドアの開け閉めなど、日常生活でも気にしてあげる必要があります。 モルモットは温度差がストレスとなる 温度差が大きいことは、人間同様モルモットにとっても心地良いことではありません。 直射日光が当たる環境や、ドアの近くで風の通り道になっているところにはケージを置かないで下さい。 噛むことが出来るものが必要 モルモットはねずみの一種なので、一生歯が伸び続けます。 歯が伸びてしまうと、食事が出来なくなったり健康状態にも影響を与えます。 なので本能的に、噛むことで歯が伸びすぎることを解消します。 このような習性があるので、噛むものがないと強いストレスを感じます。 かじり木や固い餌を置いて、好きなときに噛むことが出来る環境を作ってあげましょう。 モルモットに噛まれて痛い!飼い主を噛む場合とゲージを噛む場合の対策 モルモットは飼い主を噛むこともあれば、ケージをひたすら噛むこともあります。 それぞれの対処法を紹介していきましょう。 飼い主を噛む場合 モルモットが飼い主を甘噛みする場合は、何かを伝えようとしていることが考えられます。 一緒に遊ぼうとか、お腹が空いたなど言葉にすることが出来ないので、甘噛みや舐める行動で伝えようとします。 このような場合は、気持ちを理解して対処出来ますが、本気で痛いほど噛むときにはどうしたらいいか困ってしまいますよね。 少なからず痛いくらい噛むということは、ストレスや不安を感じている可能性が高いです。 ケージから出して遊ばせてみたり、好きなおやつを与えてみたりして様子を見ましょう。 ケージを噛む場合 ケージを日常的に噛むことは、決して珍しいことではありません。 モルモットは本能として噛むことがあるので、ただそこにケージがあっただけの話です。 場合によっては何かを伝えるための噛むこともあるので、観察する必要はあります。 ケージを掃除したり、餌や飲水を足したり、体に変化がないかを見てあげ、対処しても噛むようなら本能的に噛んでいる可能性が高いので、かじり木などを与えてみましょう。 モルモットは馴れるまでに時間がかかることもある ペットとして家族の一員に加わったモルモットですが、犬や猫のようにすぐには馴れることは難しいと考えておいて下さい。 臆病で警戒心の強い性格の影響でしょう。 一方で好奇心旺盛で感受性が豊かなので、人間が愛情を持って接するうちにだんだん応えてくれるようにもなってきます。 信頼関係を築くことが大切なので、少しずつ関わっていくようにして、モルモットを驚かせないようにしましょう。 特に新しい環境になって、最初の一週間くらいは注意が必要です。 新しい環境になったら、1~2日はそっとしておく• 少し期間が経ったら、新しい環境や家族の存在を認識させていく• 名前を呼んで餌をあげたり、警戒心を解いていく• ケージから出し、危険や恐怖がないことを理解させる• 少しずつですが、抱っこや撫でてコミュニケーションを取る 可愛くて仲良くなるために、ついつい触ってしまいたくなりますが、突然触られると捕獲されたような気持ちになり、恐怖心が大きくなってしまいます。 焦らず時間をかけて、少しずつ仲良くなりましょう。 モルモットになついてもらう方法 一日でも早くモルモットに懐いてもらうためには、少しずつ段階を経て仲良くなりましょう。 優しい声で名前を呼びます。 優しい声で名前を呼び、飼い主の声を覚えてもらいましょう。 一緒に餌やおやつをあげると、だんだん食べ物をくれる優しい人の声だと認識するようになって、自分からも寄ってくるようになります。 ケージを開ける音の反応を見ましょう。 ケージを開ける音に反応するようなら、自分で出てくるのを待ってみましょう。 反応しているからといって、無理矢理ケージから出すようなことは絶対にしないで下さい。 モソモソっと出てきたら、そっと優しく撫でてあげましょう。 触らせてくれるようになったら、手に乗せてみましょう。 撫でても嫌がる様子がなく、逃げる素振りもないようなら、両手で優しくすくうようにして乗せてみましょう。 手に乗るようになれば、かなり信頼関係が築けている証拠です。 手から膝に移動させていきましょう。 嫌がるようなら無理に移動させなくていいです。 そのまま膝に乗るようなら、優しく撫でブラッシングをしてあげましょう。 気持ちよくなってウトウト眠ってくれるかもしれません。 モルモットが馴れるということは、飼い主もモルモットに慣れるということです。 モルモットの習性や、喜ぶことを理解して仲良くなっていきましょう。

次の

固いを物を噛むと痛い...

噛む と 頭 が 痛い

なんで治療したのに痛いの!と歯医者さんを恨む前に確認しておきたいこと(写真:AH86/iStock) 虫歯の治療が終わってやっと銀歯やセラミックの詰め物(インレー )を入れたのに、なぜか歯が痛い! こんな経験をすると、歯医者さんに不信感を持ってしまうかもしれません。 でも、決して「銀歯やセラミックを入れた歯が痛い= 虫歯が治っていない」というわけではないのです。 筆者は歯や口周りの情報を「」というサイトで発信していますが、その中でも紹介していることのひとつが「詰め物を入 れたあとに歯が痛くなる理由」です。 詰め物を入れたあと歯が痛くなるのはなぜ? 詰め物を入れた歯が痛くなるのには、次のような理由が考えられます。 (1) 銀歯は熱を伝えやすいため 銀は非常に熱を伝えやすい材質です。 銀 歯を入れて日が浅いうちは、冷たいものの刺激で特にしみやすい状態 にあります。 通常は日が経つにつれ、だんだんと落ち着 きます。 1週間くらいでいつの間にか何も感じなくなることが多いもの です。 2 歯を削った後は神経が敏感になっているため 虫歯を取るときなどは、高速回転する器具で削って除去します。 そのときに生じる振動や発生する熱の刺激により、内部の神経が多かれ少なかれダメージを受けてしまいます。 こ れはどうしても避けられません。 このような神経のダメー ジも日が経つにつれて、だんだんと回復してくるのが通常です。 し かし、神経のダメージは回復するのにある程度の期間を要することも 多く、その間は神経が過敏になってしみやすい状態にあります。 3 神経がもともと弱っていたため 虫歯の被害が神経に届くまで深刻だと、冷たいものや熱いものなどでしみるようになります。 その刺激を受けているうちに、神経は徐々に弱っていきます。 神経というのは歯の健康にとって非常に大切な存在です。 歯医者さんはなるべく弱っている神経であっても、その後の回復を期 待して神経を簡単には抜きません。 結果、弱っている神経が銀 歯を入れた後もしみることが多いわけです。

次の

噛むと顎が痛い。その原因とは!?

噛む と 頭 が 痛い

「歯が痛い!!!」 歯の痛みはなぜか突然やってくるんですよね。 虫歯菌が口の中でどんな悪さをしているんだか。 (笑) 最初上の歯が痛かったのと、冷たいものがしみる部分をとりあえず治療してもらいました。 その部分は、がっつり銀歯が入っていたのですが、そこを取り外してもらいました。 でもそこは、以前神経までの治療をした部分で痛いはずもなく、原因はわからず、、 妊娠中なので、レントゲンがとれないので、痛みの原因がはっきりしないんです。 そんなに歯医者のレントゲンって赤ちゃんに影響があるの!?と思いますが、なんかあっては困りますしね〜。 1回目の治療で痛みはなんとかおさまって、帰宅したのですが、次の日になるとまた痛みが! 「下の歯が痛い!!」 触れてみると下の奥歯が痛いことが発覚。 治療してもらった上の歯は全然痛くないんです。 なんで〜、、 次は下の歯が痛すぎて夜も眠れません。 保冷剤で冷やしてなんとか眠れるくらい。 もともと虫歯で治療してあった部分なのですが、そこの虫歯がもともと深かったので、そこが痛んでいるのかもと。 神経を取り除いてもらいました。 神経の治療は、麻酔を使うのですが、もう妊娠後期ということで赤ちゃんに影響はさほどないだろうってことで麻酔は使ってもらいました。 「関連痛」と言うみたいです。 行っている歯医者さんが教えてくれました。 だから私も脳が勘違いして、どこが痛いのかわからなくなったのか〜と納得。

次の