フェデックス 集荷。 FedExの料金が高い!安くするコツは?

フェデックス、中国発同日便の集荷締切時間を切り上げ

フェデックス 集荷

フェデックスは、と呼ばれる事業者であり、自社の航空機ネットワークを使い、世界中に最速で貨物を輸送するサービスを提供しています。 フェデックスの速さのコツは…• 自社航空機ネットワークの使用• 集荷から配達までのすべての輸送網の構築 にあります。 そのため、特に緊急レベルが高い貨物を輸送するときに利用されることが多いです。 ただ、実際にフェデックスを利用すると、その料金の高さに驚かれる方も多いです。 そこで、この記事では、フェデックスの料金を安くするポイントをご紹介していきます。 フェデックスの輸送料金を安くするコツ フェデックスの料金は高いといわれています。 この理由は、航空便で輸送していること。 煩わしい輸出入手続きの代行、国内配送などを一貫して提供する点にあります。 これらの結果、他の業者で輸送するよりも圧倒的な速さで物が届くメリットがあります。 国際輸送のポイントは、利便性と速さの追求と深く関係します。 利便性を下げて、貨物の配送スピードを落とせば、輸送料金は下がる。 この点を意識すれば、どこまでの国際輸送費を下げられます。 しかし、実際は、できるだけ安くかつ、早くしたいとの理由から、仕方がなくフェデックスさんを使い続けている方も多いかと思います。 では、一体、どのようにすれば、フェデックスの料金を下げられるのでしょうか? ポイントは輸送量にある。 輸送料金を下げるポイントは「輸送量」にあります。 輸送量とは、継続的な輸送依頼を指します。 例えば、月に1つしか依頼をしない荷主と、月に20個輸送依頼をする荷主との料金が同じはずがありませんね!継続的な輸送依頼をする業者には、より優遇した料金を与える。 これが資本主義の原理・原則です。 つまり、料金の割引を受けたければ、少しでも多くの依頼をフェデックスさんにすれば良いだけです!しかし、これを頭では理解をしていても、実務上で実現するには、なかなかハードルが高いです。 元々の輸送量が少なく、かつ、何とか割引を受けたいときは、どうすればいいのでしょうか? この場合は、フェデックスさんから割引料金を受けている業者に依頼をし、その業者の枠で輸送してもらう方法があります。 例えば、荷主のAさんがいます。 この方は、輸送量の関係からフェデックスから割引を受けるのは難しいです。 他方、Bさんがいます。 この方は、毎月、ある一定の輸送量があり、フェデックスから特別な料金枠を得ています。 この場合、Aさんは、Bさんに依頼をして、Bさんの枠でフェデックスによる輸送サービスを受けるようにします。 しかし、このBさんの上乗せ分を考えたとしても、直接、Aさんからフェデックスに依頼するよりも安い場合が多いです。 ここで重要なことは「何でも直接契約が安い」と考えるのは間違いだということです。 これは、でもお伝えしている通り、直接よりも間に誰かを入れた方が安いケースは往々にしてあります。 「直接契約をすれば、安くなる」この考え方は、国際輸送に関しては全く当てはまらにため、十分に気を付けましょう! フェデックスのネットワークを使うフォワーダーにも注目 もし、継続的にフェデックスを使うときは、フェデックスのネットワークを利用したフォワーダーも検討します。 実は、あまり表の情報にはありませんが、フェデックスのアセットを利用して、自社の輸送サービスを提供するフォワーダーもいます。 このフォワーダーに依頼をすれば、フェデックスの輸送ネットワークを使っているのに、フォワーダーが定める料金で輸送ができます。

次の

FedExの集荷トラップにハマった話 UNITORO

フェデックス 集荷

どのようにすればこのアプリケーションにアクセスできますか。 メインのナビゲーションバーの[出荷]タブの上にマウスポインタを動かして[料金と配達所要時間]オプションをクリックします。 フレイト貨物の料金と配達所要時間の見積りを取得できますか。 アプリケーションで税関申告額の上限が表示されますか。 このアプリケーションは税関申告額の上限は表示しません。 ひとつの出荷でいくつの物品を指定できますか。 物品はひとつだけ指定できます。 FedEx出荷アカウントの契約料金に基づいて見積もられているかどうかを確認できますか。 fedex. comにログインすると、プロファイル中の選択に従って、FedEx出荷アカウントに基づいての契約料金が見積もられます。 無償の書類の出荷に対して、料金の見積りや配達所要時間が取得できないのはなぜですか。 [貨物の内容]の項目に既定の"Letter" 無償 が指定されている場合でも、見積りを取得するためには、税関申告額に1を入力する必要があります。

次の

国際貨物受付サービス終了について

フェデックス 集荷

ことの経緯 このたびオランダのMaastricht Universityというところに留学することになりました。 オランダに3ヶ月以上滞在するには居住許可(Residence Permit)が必要になります。 手続き的にはビザをイメージしてくれれば大体合ってます。 そのために書類を揃えて、留学先の担当部署に送ることになりました。 そこでまず考えるのは「国際郵便」。 船便は2ヶ月以上かかるのでナシ、となると残るは次の3つ(2016年7月当時の料金)。 料金 日数 EMS 国際スピード郵便 2,200円 2日 国際書留付き航空便 670円(定形外・国際書留付き) 6日 エコノミー航空(SAL)便 590円 小形包装物・国際書留付き 2週間 ……のはずなのですが。 オランダって 郵便トラブルがしょっちゅう起こるのだそうです。 行方不明になったり、オランダ国内に入ると追跡できなくなったり、税関ひっかかったり。 一番早くて高いEMSすらも10日とか2週間かかることもあるとか。 むしろEMSだと関税通って時間かかるから時間あまり変わらなくて安いエコノミー航空 SAL 推奨とか。 出発まであまり時間もないし、長くても1週間以内で届いてほしい。 ここで郵便使うのはとんでもないギャンブルになりそう。 というわけで、国際宅配便をはじめて使ってみました。 国際宅配便の業者選定 調べてみたのが FedEx、DHL、UPS、ヤマト運輸の4つ。 見積もりと日数をあつめて比較してみることに(2016年7月当時の料金)。 業者名 サービス名 送料 日数 FedEx フェデックス・インターナショナル・プライオリティ 5868円 2日 FedEx フェデックス・インターナショナル・エコノミー 9063円 3日 DHL EXPRESS ENVELOPE 5870円 2日 UPS Worldwide Express 6896円 2日 午前中配達 UPS Express Saver 6465円 2日 クロネコヤマト 国際宅急便 1,500円 8日 ヤマト運輸以外は為替レート次第で変動しますが、だいたいこのくらい。 ヤマト運輸は安いけどやはり所要時間がかかる。 基本的にアジア方面に強いみたいだからヨーロッパは仕方ないか。 FedExとDHLが同じくらい。 UPSは+1000円。 早さと値段でFedExかDHLに絞る。 ここで困ったのが、「 DHLでオンラインアカウント開設できるのは法人だけ」ということ。 個人で作るならカスタマーサービスへ営業時間内に電話連絡しなければいけない。 FedExは個人でもクレジットカードさえあれば24時間オンラインでアカウントを開設できる。 ということで、FedExに決定。 FedExのアカウント・ID登録 FedExのアカウント登録も一苦労。 まず、アカウントといっても 「 FedExアカウント(アカウント・ナンバー)」と「 fedex. comログインユーザーID」の二種類がある。 アカウントナンバーはFedExによって指定される9桁の数字。 支払のクレジットカード情報などはアカウント・ナンバーのほうに紐付されている。 ログインユーザーIDはその名前の通りログインに使う。 通常のWebサービスと同様にIDとパスワードを自分で設定できる。 IDとパスワードで初めてログインしたときに、アカウントナンバーの初期設定を求められる。 ですが、 これが何回やってもエラーが出てきてうまくいかない。 ブラウザを変えても、言語を英語にしても。 」と文字化けしたようなエラー画面が出てくる。 何回も失敗したあげく、なぜかうまくいったのが トップページからのログインのし直し。 ログインと同時に次の動作を選べるプルダウンがあるので、そこで確か「出荷書類作成」など、何かの操作を指定したらなぜ次の動作に移れました。 総税関申告 「貨物の内容」で「書類」を選び、 総税関申告を0円にすればインボイス 通関書類 は不要になります。 「0円」以外にすると、通関書類の作成を求める項目が表示されます。 私は見積りと同様、価格1円と入力してしまったたため、通関書類の入力を求められてしまいました。 通関用語に悪戦苦闘してフォームを埋めたものの、発送の段階になって結局不要と言われてしまいました。 書類以外の荷物を送る場合に備えて補足説明しておくと、 「インボイス」というのは、書類以外の貨物の通関のために税関に提出する書類。 発送に使う「インボイス」は「コマーシャル・インボイス」。 「プロフォーマ・インボイス」は社内用だから無視してOK。 他のチェック欄は個人発送なら基本的にチェックしなくてOK。 印刷 出荷ボタンをクリックすると、ラベル・インボイスの印刷画面に移ります。 ラベルとはいっても別にシール用紙に印刷する必要はなし。 もしインボイスが必要な荷物なら、インボイスに署名する欄があるので署名しておきましょう。 ここでもまた一トラブルありました。 いつもUSBにPDF入れてコンビニでプリントアウトしている私。 PDF保存印刷しようとしたらこれがうまくいかない。 フリーズする。 これはどうにもなりませんでした。 結局有線プリンタの環境で印刷し直しました。 ここで注意したいのか「 再印刷は最初の発行から12時間以内」ということ。 そして、再印刷の場所もちょっとわかりにくい。 「出荷履歴欄から再印刷できます」とあるのに、見つからない。 「FedEx Ship Manager」という発送情報入力画面に移ってから、上のタブのところにあります。 もしくはログインする際に「すべての貨物を表示」を選択してもOK。 こういう細かい言い回しがいちいち食い違うのは微妙に困る。 翻訳元からずれてるっぽいし、どうにかしてほしい。 発送 営業時間の壁。 とにかくこれ。 国際宅配便業者は、基本的に日・祝日休業です。 平日・土曜日に集荷をお願いできるのですが、時間がかなり制約されます。 出荷準備完了時間(この時間からは在宅して対応できる、という時間)は10:30、11:00の二択。 後ろの時間は13:00~24時まで。 つまり、どのパターンにせよ、11:00~13:00には必ず在宅していないといけない。 私はこの時間帯の都合がなかなかつかない。 完全に法人向けの時間設定。 困った。 ということで平日9:00~19:00までやっているフェデックスの店舗へ直接持ち込みに行きました。 店舗は「 ワールドサービスセンター」「営業所」「 オーソライズド・シップセンター」「ドロップボックス」の四種類。 「ドロップボックス」は24時間いつでも差出可能なポストみたいなもの。 私は梱包材もらうのを兼ねて「営業所」に行ってきました。 印刷したラベルとインボイス、送りたい書類を抱えて、受付で「書類を送りたい」「梱包材がほしい」と伝えたら、あとは指示に従うだけ。 梱包材に書類を入れて、ラベルを梱包材の外側ポケットに入れて完了。 書類ならインボイス不要ともいわれました。 請求はそのうちクレジットカードに来ます。

次の