のだめカンタービレ 最終楽章 感想。 のだめカンタービレ 最終楽章 前編/あらすじとネタバレと感想

のだめカンタービレ 最終楽章 後編のレビュー・感想・評価

のだめカンタービレ 最終楽章 感想

野田めぐみ(通称のだめ)は自己管理能力ゼロの音大生。 アパートの隣の部屋に住む千秋真一が酔っぱらってのだめの部屋の前で寝てしまったことから物語は始まります。 翌朝千秋がゴミだらけの部屋で聴いたピアノソナタ「悲愴」は、だらしなくポンコツののだめが弾いているとは思えないほどの天才的な音色でした。 同じピアノ科に属しながらもそれまでは接点のなかった二人ですが、元々「 千秋先輩」に憧れを抱いていたのだめにとって、これは運命の出会い。 そして音楽的な才能を持ち、ピアノ奏者としてではなく指揮者として海外で活躍したいという夢を持ちながらも、「 飛行機恐怖症」であるジレンマを抱えてくすぶっていた千秋にとっても、これは運命の出会いだったのです。 常に予測不可能な行動に出るのだめに翻弄されつつも、音大で出会った様々な変人たちがいるオーケストラで指揮を執ることになり、音楽の素晴らしさや自分が本当にやりたかったことに気付く千秋。 やがて自身の夢やのだめの才能を開花させたいという思いから、二人は日本から飛び出し、ヨーロッパへ向かうのでした。 ヨーロッパでも個性的な人々との出会いがあり、コミュニケーションの難しさや仕事として音楽と向き合うことの苦悩。 個性を殺してピアノに向き合うことで苦しむのだめの姿に、ヨーロッパへ連れてきたのは間違いだったのではないかと悩むなど、千秋の苦労は続きます。 アニメやドラマ、映画にもなったこの物語の最後に待っている結末とは? 以上がのだめのあらすじです! 続いて本題でもある最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。 【漫画】のだめカンタービレの最終回ネタバレ 「のだめカンタービレ」は25巻まで出ていますが、最後の24,25巻は「アンコールオペラ編」という本編とは別の番外編ですので、本編の最終回について書いていきます。 それではここからは、最終回のネタバレを詳しく見ていきます。 〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここから〜 23巻最終話「The Last Lesson」です。 恩師で世界的指揮者のシュトレーゼマンとの共演を大成功に終えたのだめ。 ですが、もうこれ以上の演奏はできないという不安から、千秋の前から姿を消してしまいました。 ただ、のだめを想う千秋の必死の行動により、千秋はのだめを取り戻すことが出来ました。 のだめは留学先のパリの学校に戻り、また勉強とピアノ漬けの日々が始まります。 千秋もオーケストラの指揮者として演奏旅行に出かけるなど、元の忙しい生活に。 けれど今までと違うのは二人が一緒に過ごす時間が増えたこと。 時々のだめの部屋から仕事に出かける千秋を、アパルトマンの住人がからかいます。 その千秋の母親がオーナーのアパルトマンでは留学生の入れ替わりがあり、月日の経過を感じさせます。 一緒に頑張って来た留学生の仲間たちもそれぞれの道に羽ばたいて行き、再会を約束しながらの別れもありました。 世界的指揮者との共演を大成功させたのだめには、密かにファンも増えていて、コンサートに呼ばれるようになります。 ラストシーンは、去年も呼んでもらったブノア家でのサロンコンサート。 そこには18世紀貴族風にコスプレしたのだめが舞台に立ち、それを見つめる千秋の姿が。 「楽しんで弾くので頑張って聞いてくだサイ」 のだめらしい天然の挨拶を聞いて「またそれか」と呆れる千秋のセリフで、長い物語は幕を閉じるのです。 〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここまで〜 以上がのだめの最終回(最終話)ネタバレです。 そこで活用したいサービスが「U-NEXT」です。 U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、31日間の無料お試し期間もあります。 冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全25巻を無料で読むことはできません。 ですが、全巻半額で読むことができます。 恋愛面では奥手の二人がどうなるのか、最後までやきもきしましたが、無事に結ばれて本当に良かったです。 一緒に頑張って来た個性強めの留学生たちや、千秋のオーケストラのメンバーも最後まで引っ掻き回してくれました。 中でものだめの事が大好きな音楽少年のリュカのせりふが印象的でした。 音楽の為に普通の学校へ通わずに家庭教師と勉強をするリュカにのだめが尋ねます 「リュカは普通の学校へ行きたくなかった?音楽の他にやりたいことってなかった?」 リュカは答えます。 「おじいちゃんが僕の才能は神様がくれたんだから、ちゃんと世の為人の為に使いなさいって言ってたよ!それにまぁ、やっぱ音楽が一番好きだし!」 迷いのないリュカの言葉に、才能を持つ者だけが持ち得る覚悟のようなものを感じて、この物語を引っ張ってきた核のようなものがあると すればこれなのかな?と思いました。 漫画では伝えきれない「音楽」をアニメ化・ドラマ化することによって伝えたことが大ヒットに繋がったこの作品。 本を開けばいつでも音楽を感じられる、それがこの作品の最大の魅力なのではないでしょうか。 【漫画】のだめカンタービレの最終回を読んだ人たちの感想 のだめカンタービレ全23巻完読。 全部読むとこの言葉の意味というか深さというか、分かる — ゆうか yuka625naru のだめの23巻たまらない気持ちになった!!!!中学生ぶりくらいに読んだけど当時わからなかった感情とか意味が理解できるのが面白かった。 あ〜のだめ〜 — もす sukoppppu のだめ23巻の中で1番萌えた千秋先輩のシーンはあれ。 九州までのだめに会いに行って後ろからガバっていったやつ。 — な@邪団法人メンタル暴走族 honbak0 高校ぶりにのだめカンタービレ全23巻一気読みしたけど、私の人生に影響与えてるなぁ。 アニメ 第1期 (全23話) 2007年1月〜6月放送 アニメ 第2期 (全11話) 2008年10月〜12月放送 アニメ 第3期 (全11話) 2010年1月〜3月 連続ドラマ (全11話) 2006年10月〜12月 実写映画 (前編・後編) 前編:2009年12月19日公開 後編:2010年4月17日公開 この他にも韓国でもドラマ化され、KBS 2TVにて2014年10月〜12月まで放送されていました。 また、小説やゲームにもなっています。 それほどの人気作品だったことが伺えますね。 ちなみに、連続ドラマや実写映画についてはU-NEXTで視聴することができます。

次の

「続編あり???」のだめカンタービレ 最終楽章 後編 勝手な評論家さんの映画レビュー(感想・評価)

のだめカンタービレ 最終楽章 感想

というわけで 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」フル動画は 「U-NEXT」で見ることが可能です。 U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり 有料対象の映画作品でも お試し期間中に付与される600ポイントを使えば ポイントを使って無料で見ることができます。 「U-NEXT」は 見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。 無料期間内に解約すれば完全無料となり 一切料金がかかりません。 \U-NEXTの特徴/ 月額1,999円を31日間無料で試せる! 登録時に600ポイントもらえる! ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる! 期間内に解約すれば使用料は0円! 動画本数12万本以上! 新作映画の配信が早い! FODで映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を視聴する では映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」はレンタル料無しの 見放題作品となっています! FOD では新規登録すると、 30日間の無料お試し期間 がついてきて、 また、ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ 400ポイントを無料で手に入れることができます。 クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します 無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を視聴する では映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は有料レンタルといった形をとっていますが、 新規登録すると 30日間の無料お試し期間がついてきて、 無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます! TSUTAYA TVでは、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」に必要なポイントは 40 0ポイント なので、ポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。 ヨーロッパ編SPから約2年の時を経て、のだめワールドが帰って来ました! ウィーンの美しい街並みに、歴代の名立たる音楽家たちの銅像。 花束を片手にウキウキと弾むように歩くのだめ。 そして楽友協会での高らかな、ベートーヴェン:交響曲第7番。 映画のオープニングに相応しい、豪華で壮大な幕開けです。 とにかく随所に小ネタが満載で、笑いが絶えない。 あちらこちらに散りばめた細かいギャグが、本当に面白い。 ギャボ茶で笑い、「空気よめって言ってるんデスよ!」に大ウケして、 ボロボレロで爆笑し、のだめカレーでは本当、映画館全体が爆笑の渦でした(笑) 楽しく笑えるシーンもあれば、ニムロッドをバックに、必死で練習をするマルレオケメンバーに涙し、 音楽の宇宙に想いをはせる、あまりにも美しい千秋とのだめのシーンにとても心を打たれました。 そして前編一番の見所の、チャイコフスキー:序曲「1812年」。 凄い、圧巻です。 玉木宏の指揮に圧倒されました。 もう何が驚いたって…連ドラ、ヨーロッパSPとは比べ物にならないくらいに指揮が進化している。 右手だけではなく、左手の動き、アインザッツ、そして何よりも表情が凄く良い。 チェロの優雅な旋律から入り、激しい戦闘が幕を開ける。 やがて戦いが終結し、穏やかな農村の風景が甦る。 ここの表情が最高に良い!客席を見渡すお爺さんが、また涙をそそります。 そして行進曲。 ヤバイです、かっこよすぎです!痺れます!!超ブラボー!! …と、1812年の余韻に浸っていると、今度は続けて哀愁漂うバッハのピアノ協奏曲。 これはナイヨーもう反則だろ!という目が離せない演出。 このピアコンが、これまた色気があって痺れるほど格好良い。 そしてマーラーの名曲をバックに、のだめの悲しみ、迷い、優しさ、焦り等、様々な想いを包み込んで、 後編へ向けて繋がって行くワケです。 本当に見所満載の、最終楽章 前編。 実写のだめチームの、「素晴らしい作品を作ってやるぞ!」という 意気込み、心意気、妥協の無さを心底感じました。 余談ですが、マルレオケの脅威の再現率には脱帽。 楽器が演奏できて演技も出来る役者を、ビジュアルも含めてよくもまあ、 あそこまで集めたものだと頭が下がります。 特にノースリーブが最高です(笑) 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のあらすじ 『 のだめカンタービレ』は、クラシック音楽をテーマとした日本の漫画『のだめカンタービレ』を原作とする日本のテレビドラマです。 2006年10月から12月まで、連続ドラマとしてフジテレビ系で放送され、その特別編として2008年1月に『 のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』が放送され、 テレビドラマの続編として2009年から翌2010年に映画『 のだめカンタービレ 最終楽章』二部作が制作され、公開されました。 以下あらすじです。 あらすじを見ずに映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を楽しみたい方はコチラから プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋(玉木)は、「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者を務めることになる。 しかし、非協力的でやる気の感じられないオーケストラに失望した千秋は、野田恵ことのだめ(上野)に定期公演の「ボレロ」のチェレスタの演奏を依頼するが……。 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のキャスト・スタッフ• 前後編共通 野田 恵:上野樹里 千秋 真一:玉木宏 峰 龍太郎:瑛太 三木 清良:水川あさみ 奥山 真澄:小出恵介 フランク・ラントワーヌ:ウエンツ瑛士 タチヤーナ・ヴィシニョーワ:ベッキー 孫 Rui:山田優 松田 幸久:谷原章介 テオ:なだぎ武 (ザ・プラン9) 黒木 泰則:福士誠治 エリーゼ:吉瀬美智子 峰 龍見:伊武雅刀 フランツ・フォン・シュトレーゼマン:竹中直人 ジャン・ドナデュウ:ジリ・ヴァンソン シャルル・オクレール :マヌエル・ドンセル マジノ:猫背椿 前編のみ 並木 ゆうこ:山口紗弥加 ポール・デュボワ:チャド・マレーン トマ・シモン:マンフレット・ウダーツ ノエミ・クルベ :シンシア・チェストン アレクシ・ソラン :ニコラス・コントス ノースリーブ:ジリ・N・ジェリネク ストライプ :ローラン・リグレ ホルン:ジョナサン・ハミル チェロ首席:ウォルター・ロバーツ ファゴット首席:ニコス・ビィファロ・ビィンチェンゾ シンバル:マーク・トゥリアン 大太鼓:ロイック・ガルニエ ダニエル:ロビン・デュビー ジェイムズ・デプリースト:ジェイムズ・デプリースト いつもの席に座る老人: ルボミール・リプスキー 英 池で船の少年:ギョーム カトリーヌ :ルカ・プラトン マダム・ラントワーズ :ナダ・コヴァリンコヴァ 楽団員 コンセール・パドルー ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団 プラハ交響楽団 プラハ・ラジオ交響楽団ボヴィル(声:蒼井優)• 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のスタッフ 原作 — 二ノ宮知子 脚本 — 衛藤凛 監督 — 武内英樹 製作 — 亀山千広 エグゼクティブプロデューサー — 石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成 プロデュース — 若松央樹 プロデューサー — 前田久閑、和田倉和利 ラインプロデューサー — 森徹 撮影 — 山本英夫 照明 — 小野晃 録音 — 柿澤潔、北村峰晴 美術デザイン — あべ木陽次 編集 — 松尾浩 記録 — 渡辺美恵 VFXプロデューサー — 大屋哲男 ミュージックエディター- 小西善行 美術プロデュース — 柴田慎一郎 美術進行 — 森田誠之 スタイリスト — 西ゆり子 助監督 — 日垣一博、関野宗紀 製作担当 — 嘉藤博、梶川信幸 製作 — フジテレビジョン、講談社、アミューズ、東宝、FNS27社 製作プロダクション — シネバザール 協賛:ミスタードーナツ 配給 — 東宝 最後に:映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ! 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです! U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

次の

「のだめカンタービレ」25巻 シリーズ最終巻 感想♪その1

のだめカンタービレ 最終楽章 感想

野田めぐみ(通称のだめ)は自己管理能力ゼロの音大生。 アパートの隣の部屋に住む千秋真一が酔っぱらってのだめの部屋の前で寝てしまったことから物語は始まります。 翌朝千秋がゴミだらけの部屋で聴いたピアノソナタ「悲愴」は、だらしなくポンコツののだめが弾いているとは思えないほどの天才的な音色でした。 同じピアノ科に属しながらもそれまでは接点のなかった二人ですが、元々「 千秋先輩」に憧れを抱いていたのだめにとって、これは運命の出会い。 そして音楽的な才能を持ち、ピアノ奏者としてではなく指揮者として海外で活躍したいという夢を持ちながらも、「 飛行機恐怖症」であるジレンマを抱えてくすぶっていた千秋にとっても、これは運命の出会いだったのです。 常に予測不可能な行動に出るのだめに翻弄されつつも、音大で出会った様々な変人たちがいるオーケストラで指揮を執ることになり、音楽の素晴らしさや自分が本当にやりたかったことに気付く千秋。 やがて自身の夢やのだめの才能を開花させたいという思いから、二人は日本から飛び出し、ヨーロッパへ向かうのでした。 ヨーロッパでも個性的な人々との出会いがあり、コミュニケーションの難しさや仕事として音楽と向き合うことの苦悩。 個性を殺してピアノに向き合うことで苦しむのだめの姿に、ヨーロッパへ連れてきたのは間違いだったのではないかと悩むなど、千秋の苦労は続きます。 アニメやドラマ、映画にもなったこの物語の最後に待っている結末とは? 以上がのだめのあらすじです! 続いて本題でもある最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。 【漫画】のだめカンタービレの最終回ネタバレ 「のだめカンタービレ」は25巻まで出ていますが、最後の24,25巻は「アンコールオペラ編」という本編とは別の番外編ですので、本編の最終回について書いていきます。 それではここからは、最終回のネタバレを詳しく見ていきます。 〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここから〜 23巻最終話「The Last Lesson」です。 恩師で世界的指揮者のシュトレーゼマンとの共演を大成功に終えたのだめ。 ですが、もうこれ以上の演奏はできないという不安から、千秋の前から姿を消してしまいました。 ただ、のだめを想う千秋の必死の行動により、千秋はのだめを取り戻すことが出来ました。 のだめは留学先のパリの学校に戻り、また勉強とピアノ漬けの日々が始まります。 千秋もオーケストラの指揮者として演奏旅行に出かけるなど、元の忙しい生活に。 けれど今までと違うのは二人が一緒に過ごす時間が増えたこと。 時々のだめの部屋から仕事に出かける千秋を、アパルトマンの住人がからかいます。 その千秋の母親がオーナーのアパルトマンでは留学生の入れ替わりがあり、月日の経過を感じさせます。 一緒に頑張って来た留学生の仲間たちもそれぞれの道に羽ばたいて行き、再会を約束しながらの別れもありました。 世界的指揮者との共演を大成功させたのだめには、密かにファンも増えていて、コンサートに呼ばれるようになります。 ラストシーンは、去年も呼んでもらったブノア家でのサロンコンサート。 そこには18世紀貴族風にコスプレしたのだめが舞台に立ち、それを見つめる千秋の姿が。 「楽しんで弾くので頑張って聞いてくだサイ」 のだめらしい天然の挨拶を聞いて「またそれか」と呆れる千秋のセリフで、長い物語は幕を閉じるのです。 〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここまで〜 以上がのだめの最終回(最終話)ネタバレです。 そこで活用したいサービスが「U-NEXT」です。 U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、31日間の無料お試し期間もあります。 冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全25巻を無料で読むことはできません。 ですが、全巻半額で読むことができます。 恋愛面では奥手の二人がどうなるのか、最後までやきもきしましたが、無事に結ばれて本当に良かったです。 一緒に頑張って来た個性強めの留学生たちや、千秋のオーケストラのメンバーも最後まで引っ掻き回してくれました。 中でものだめの事が大好きな音楽少年のリュカのせりふが印象的でした。 音楽の為に普通の学校へ通わずに家庭教師と勉強をするリュカにのだめが尋ねます 「リュカは普通の学校へ行きたくなかった?音楽の他にやりたいことってなかった?」 リュカは答えます。 「おじいちゃんが僕の才能は神様がくれたんだから、ちゃんと世の為人の為に使いなさいって言ってたよ!それにまぁ、やっぱ音楽が一番好きだし!」 迷いのないリュカの言葉に、才能を持つ者だけが持ち得る覚悟のようなものを感じて、この物語を引っ張ってきた核のようなものがあると すればこれなのかな?と思いました。 漫画では伝えきれない「音楽」をアニメ化・ドラマ化することによって伝えたことが大ヒットに繋がったこの作品。 本を開けばいつでも音楽を感じられる、それがこの作品の最大の魅力なのではないでしょうか。 【漫画】のだめカンタービレの最終回を読んだ人たちの感想 のだめカンタービレ全23巻完読。 全部読むとこの言葉の意味というか深さというか、分かる — ゆうか yuka625naru のだめの23巻たまらない気持ちになった!!!!中学生ぶりくらいに読んだけど当時わからなかった感情とか意味が理解できるのが面白かった。 あ〜のだめ〜 — もす sukoppppu のだめ23巻の中で1番萌えた千秋先輩のシーンはあれ。 九州までのだめに会いに行って後ろからガバっていったやつ。 — な@邪団法人メンタル暴走族 honbak0 高校ぶりにのだめカンタービレ全23巻一気読みしたけど、私の人生に影響与えてるなぁ。 アニメ 第1期 (全23話) 2007年1月〜6月放送 アニメ 第2期 (全11話) 2008年10月〜12月放送 アニメ 第3期 (全11話) 2010年1月〜3月 連続ドラマ (全11話) 2006年10月〜12月 実写映画 (前編・後編) 前編:2009年12月19日公開 後編:2010年4月17日公開 この他にも韓国でもドラマ化され、KBS 2TVにて2014年10月〜12月まで放送されていました。 また、小説やゲームにもなっています。 それほどの人気作品だったことが伺えますね。 ちなみに、連続ドラマや実写映画についてはU-NEXTで視聴することができます。

次の