手紙 の 切手 代。 B5サイズの封筒だと切手代はいくら?重さや枚数の目安はコレ!

切手を貼り忘れたり、切手代が足りないとどうなる?迷惑をかけないためには?

手紙 の 切手 代

会社やビジネスでは A4の書類を郵送する機会が多いですが、 書類を折りたたまずに送るときに使う封筒は角A4や角形2号といわれるサイズの封筒です。 封筒に書類も収まったし一件落着と行きたいところですが、次に出てくるのは A4サイズの封筒には何円の切手を貼ればいいのかという疑問です。 普通の手紙なら82円の切手でOKですが、同じというわけにはいきません。 A4の書類を折りたたまずに送るという場合、履歴書や願書など重要な書類ということ多いですよね。 万が一、切手代が不足なんてことになると心象を悪くするぐらいならまだしも期日に届かなかったら大問題です。 そこで、本日は A4封筒に貼る切手代が何円なのか、 書類や封筒の重さの目安を交えて詳しく解説していきますね。 A4封筒の切手代 さて、封筒に入った郵便物のことを封書なんて言い方もしますが、 封書の大きさによって定形郵便物と定形外郵便物に分かれます。 定形郵便物は、手紙を送るときの封筒サイズをイメージしていただければOKですが、こちらの切手代は一般的に82円です。 本日のテーマの A4サイズが入る封筒は定形外郵便物となり、 切手代は通常は120円です。 ただし、 120円切手で送れるのは郵便物の全体の重さが50g以内に収まっているとき。 50gまでの重さの目安については後ほど詳しくお伝えしますが、まずは 50gを超えた場合の切手料金をご覧ください。 普通郵便で大丈夫な場合と、急ぐために速達を使う場合があると思いますので、両方の切手料金の一覧表を用意しました。 A4封筒を普通郵便で送るときの切手代 郵便物の重さ 切手代 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 1kg超 取り扱い不可 A4封筒を速達郵便で送るときの切手代 速達料金は、手紙の重さによって次の金額が普通郵便切手代にプラスされます。 通常のA4サイズの封筒を使っての郵送で、なかなか3cmを超すことはないと思いますが、念のためにご紹介しておきますね。 郵便物の重さ 切手代 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 250g以内 340円 500g以内 500円 1kg以内 700円 2kg以内 1,020円 4kg以内 1,330円 4kg超 取り扱い不可 では、続いて50g以内120円で送れる郵便物の目安を見ていきましょう!.

次の

【角形2号】封筒の切手代はいくら?【一覧表でスッキリ解決】

手紙 の 切手 代

手紙の切手の値段2選【定形郵便物編】 まずは定形郵便物の値段について表にまとめました。 定形郵便物とは 縦14〜23. 5cm、横9〜12cm、厚み1cm以内の大きさの郵便物(手紙・封筒など)で、総重量50g以内が対象です。 なお、値段は2019年8月時点のものであり、日本郵便の公式サイトでは 2019年10月1日から消費税改定に伴い値段を上げる発表をしています。 では定形郵便で送れる手紙や封筒は何枚までの用紙を入れることが可能なのでしょうか? 封筒の重さを約5gと仮定した時、20g分の用紙を送ることができますね。 A4用紙だとおよそ5枚まで送れますが、手紙の紙質や封筒のデザインによっては重量を超えてしまいます。 この場合は余裕を見て4枚までとし、5枚以上になる場合は92円切手を貼っておくと安全でしょう。 同様に定形郵便で送れる手紙や封筒では何枚まで用紙を送れるのか計算してみましょう。 大きめの封筒の重さを約15gと仮定した時、35g分の用紙を送ることができますね。 A4用紙なら8枚まで送れますが、手紙の紙質や封筒のデザインによっては重量を超えてしまいます。 この場合は余裕を見て7枚までとし、8枚以上になる場合は92円切手を貼っておくと安全でしょう。 手紙の切手の値段6選【定形外郵便物編】 続いて定形外郵便物の値段について表にまとめました。 定形外郵便物とは 縦14〜34cm、横9〜25cm、厚み3cm以内の大きさの郵便物(手紙・封筒など)で、総重量1kg以内が対象です。 こちらも2019年10月1日から切手の値段が一部で上がります。 定形外郵便物の手紙や封筒のサイズは定形郵便よりも大きくなる事が多いので、自身の重量も大きくなります。 その分を考慮して手紙の重量を考えなければなりません。 しかし50g以内であれば、定形郵便物のサイズでも送れる可能性が高いので、この規格でしか送れない物はあまり無いと思います。 送るものが手紙や軽い小物などの場合は、まずは定形郵便物で送れないか調べてみましょう。 この大きさになってくると、手紙よりもアクセサリーなどの小物を送る場合が多いのではないでしょうか。 100gの目安は卵2個程度の重さです。 100gを超えてしまうと切手の料金は205円(新料金は210円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、切手の料金が不足のまま送ると返送されるので注意が必要です。 この大きさになってくると重さが軽い小物を複数個まとめて送る事ができますね。 150gの目安は卵3個程度の重さです。 150gを超えてしまうと切手の値段は250円(新料金も250円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 この大きさになってくるとある程度の大きさのものを送る事ができますね。 250gの目安はりんご1個程度の重さです。 250gを超えてしまうと切手の値段は380円(新料金は390円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口に入るかも考えておきましょう。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手間が生じます。 この大きさになってくるとある程度の大きさのものを複数個まとめて送る事ができますね。 500gの目安はりんご2個程度の重さです。 500gを超えてしまうと切手の値段は570円(新料金は580円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口に入らない可能性が高くなります。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手間が生じます。 このサイズになってくるとかなり大きい物を送る事ができますね。 1kgの目安は牛乳1Lパック1本の重さです。 1kgを超えてしまうと規格外郵便物扱いとなり、切手の料金体制が変わります。 規格外郵便物の切手料金については次の章をご覧ください。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口に入れるのが難しくなります。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手間が生じます。 手紙の切手の値段8選【規格外郵便編】 続いて規格外郵便物の料金について表にまとめました。 こちらも2019年10月1日から切手の値段が一部で上がります。 基本的に50g以内であれば、定形郵便物または定形外郵便物で送れる可能性が高いので、この規格でしか送れない物はあまり無いと思います。 ただし厚みが3cm以上になる場合は規格外郵便物扱いとなるので注意が必要です。 まずは送るものが手紙や軽い小物などの場合は厚みが3cm以内か測ってみて、定形郵便物で送れないか確認しましょう。 この大きさになってくると、手紙よりもアクセサリーなどの小物を送る場合が多いのではないでしょうか。 100gの目安は卵2個程度の重さです。 100gを超えてしまうと切手の値段は290円(新料金は300円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、切手の料金が不足のまま送ると返送されるので注意が必要です。 この大きさになってくると重さが軽い小物を複数個まとめて送る事ができますね。 150gの目安は卵3個程度の重さです。 150gを超えてしまうと切手の値段は340円(新料金も350円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 この大きさになってくるとある程度の大きさのものを送る事ができますね。 250gの目安はりんご1個程度の重さです。 250gを超えてしまうと切手の値段は500円(新料金は510円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口に入るかも考えておきましょう。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手間が生じます。 この大きさになってくるとある程度の大きさのものを複数個まとめて送る事ができますね。 500gの目安はりんご2個程度の重さです。 500gを超えてしまうと切手の値段は700円(新料金は710円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口に入らない可能性が高くなります。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手間が生じます。 このサイズになってくるとかなり大きい物を送る事ができますね。 1kgの目安は牛乳1Lパック1本程度の重さです。 1kgを超えてしまうと切手の値段は1020円(新料金は1040円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口には入らないと考えていいでしょう。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手続きを行います。 このサイズになってくると小さなダンボール程度の物を送る事ができますね。 2kgの目安は牛乳1Lパック2本程度の重さです。 2kgを超えてしまうと切手の値段は1330円(新料金は1350円)に跳ね上がるので、心配であれば秤でしっかりと重量を計測しましょう。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口には入らないと考えていいでしょう。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手続きを行います。 4kgの目安は水2Lペットボトル2本程度の重さです。 なお、送る物のサイズにもよりますが、この規格で送る場合、ポストの投函口には入らないと考えていいでしょう。 投函口に入らない場合は郵便局の窓口まで行って送る手続きを行います。 4kgを超えてしまう場合は「ゆうパック」というサービスを利用します。 手紙の切手の値段7選【その他郵便編】 日本郵便では手紙や封筒以外にも様々な目的に合わせたサービスを提供しています。 ここではあまり知られていない郵便サービスの値段も含めて、いくつかご紹介します。 はがきの切手の値段は1まいあたり62円、新料金は63円となっています。 往復はがきの場合は2倍の料金が掛かります。 また、はがきの大きさや重量は規格で決められており、縦は14〜15. 4cm、横は9〜10. 7cm、重量は2g〜6gとなっています。 年賀はがきなどは自分で作成することができますが、規格内に収まっていない場合は第一郵便物(手紙)扱いとなるため注意が必要です。 さらにレターパックは「レターパックライト」と「レターパックプラス」の2種類があり、 それぞれの値段はレターパックライトが360円、レターパックプラスが360円となっています。 レターパックは現金で購入するため、特に切手を買って貼る必要はありません。 その代わり、レターパックには切手の値段が印刷されています。 また、2019年10月1日からの新料金では一律10円値上がりします。 もし現在未使用のレターパックで10月1日以降に送りたい場合は、 10円切手を追加で貼れば送ることが可能です。 値段は180円(新料金も180円)となっています。 スマートレターは現金で購入するため、特に切手を買って貼る必要はありません。 その代わり、スマートレターには切手の値段が印刷されています。 レターパックの半額で送る事がきるので、送るものが手紙などであればスマートレターを活用するといいでしょう。 値段は822円、新料金は834円となっています。 なお、大きさは縦60cm以内かつ縦・横・厚さの合計が90cm以内、重さは4kgまでに制限されます。 取扱い地域は札幌市内、東京都区内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内の同一地域となっています。 このサービスを使用する方は出来るだけ早く手紙などを届けたいと考えていると思います。 そのような方のために、料金別納や料金後納などの支払い方法があります。 これらを利用すれば切手を貼る手間が省け、スムーズに送る事ができます。 値段は送る荷物のサイズや届け先の都道府県によって変わってきます。 大きさは縦・横・厚さの合計が170cm以内、重さは25kgまでの荷物を取り扱っています。 基本的に荷物は郵便局やコンビニに持って行き、配送料は現金で支払うことが多いと思いますが、ゆうパックは切手でも支払いの対応をしています。 ただし コンビニは切手の支払いには対応していないので注意が必要です。 保冷が必要なゆうパックを送り先まで冷蔵状態で届けてくれます。 値段はゆうパックの基本運賃に一定の料金が加算され、サイズが大きくなるほど高くなります。 なお、チルドゆうパックもゆうパックと同様に切手での支払いの対応をしています。 ただし コンビニは切手の支払いには対応していません。 値段はゆうパックの基本運賃と同額となっています。 また、140サイズを超えるものは、ゆうパック160サイズの基本運賃と同額になります。 なお、スキーゆうパックもゆうパックと同様に切手での支払いの対応をしています。 ただし コンビニは切手の支払いには対応していません。 手紙の切手を貼る位置3選• 縦長の場合• 横長の場合• 切手を貼る範囲は縦7cm、横3. 5cm以内に収められるのが理想です。 この範囲内に収まっていれば自動で消印を押す事ができるので、郵便局員による作業の手間も減り効率的に処理ができます。 切手を貼る範囲は横7cm、縦3. 5cm以内に収められるのが理想です。 つい縦長の時と同じように左上に貼ってしまいがちですが、右上に貼るのには理由があります。 郵便局では消印を自動処理で行っていますが、横長の手紙も縦長に揃えて処理を行っています。 このとき、縦長の場合を基準にして、切手が貼られている位置が左上に統一されていないと処理を行うことができなくなるのです。 なお、自動で消印できなかったものは全て郵便局員さんによる手作業となってしまうため、横長の手紙の場合は右上に貼るように心掛けましよう。 手紙が縦長の場合は左上を基準として下向きに、横長の縦長の場合は右上を基準として左向きに順次貼って行きます。 なお、縦7cm、横3. 5cm以内(横長の場合は縦3. 5cm、横7cm以内)に収まるように貼るのが理想ですが、この範囲では3枚までが限界です。 ただし切手の枚数は特に制限は無いため、4枚以上貼る場合は別のところに貼ってもよいとされています。 しかしあまりベタベタと何枚も貼ると見栄えもよくないため、極力3枚以内で収めるようにしましょう。 切手を貼ってはいけない場所2選 手紙には切手を貼ってはいけない場所があります。 下記を参考にして、正しい位置に貼るようにしましょう。 確認しづらい場所はNG• 厳密には切手は手紙のどこに貼っても問題はありませんが、 裏に貼ったり斜め向きに貼ったりすると自動で消印処理ができず、郵便局員の手作業での消印処理を行うことになります。 確認しづらい場所に貼ってしまうと郵便局員が見落としてしまい、返送となる危険もあるため、ルールやマナーに従って貼るようにしましょう。 手紙の表や裏にバラバラに貼ったり、貼り方でデザインのように見せるのはやめましょう。 手紙のあちこちに切手が貼ってあったり数えづらい貼り方をしていると、郵便局員による確認に手間が掛かってしまいます。 切手は1円切手を最小単位として、50円切手や82円切手など全部で19種類あります。 切手が複数枚になる場合はなるべく少ない枚数で確認しやすい場所に貼るようにしましょう。

次の

手紙の切手代はいくら?はがきや往復はがきの切手代と新料金!

手紙 の 切手 代

以前、甥っ子にバースデーカードを普通の封筒に入れて郵送したとき、25gを超えて92円のことがありました。 100均で購入したバースデーカードなのですが、メロディーが鳴るタイプです。 カードと手紙1枚を入れただけですが、重かったようです^^; 手紙の重さの目安一覧 切手代は、手紙の重さと封筒のサイズで料金が変わってきます。 封筒のサイズは売っているものを見れば「定形内」や「定形外」と表示されているので違いはわかりやすいのですが、重さはわかりにくいです。 そこで、重さの目安をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。 定形郵便(通常の手紙など)重さの目安 サイズ:長辺23. 5cm以内・短辺12cm以内・厚さ1cm以内および重量50g以内 重量 令和元年10月1日からの料金 50g 120円 100g 140円 150g 210円 250g 250円 500g 390円 1kg 580円 切手が買える場所については「」をご覧ください。 切手は封筒に何枚まで貼れるか?正しい切手の貼り方 切手を貼る枚数ですが、とくに決まりはありませんが、 切手が重ならいように貼りましょう。 料金不足にならないように、何枚もの切手を貼ってもかまわないのですが、相手の方が「余った切手を寄せ集めした」と感じてしまうこともあります。 マナーとしてあまり良い印象は与えませんので、料金に合った切手を貼るようにしましょう。 切手を貼る位置 はがきや封筒を縦長にしたときに、左上に切手がくるように貼ります。 横向きにして出すとしても、郵便番号は枠内に記入し、切手も縦長にしたとき左上にくるようにします。 手紙やはがきは郵便局の機械で自動で仕分けているそうで、縦長にした際に左上に切手があるとトラブルなく仕分けることができます。 封筒の場合も同じです。 速達で送るときの切手代金は? 手紙やはがきを速達で出す場合は、別途料金がかかります。 はがき• 定形郵便物• 定形外郵便物(規格内)• 定形外郵便物(規格外) それぞれ速達で出すことができます。 重量が250g以内なら、速達料は290円です。 普通の手紙(250g以内)を速達で出すと、切手代金は次のようになります。 手紙の切手代84円+速達代金290円=374円 郵便物の重さが、250g以上~1kg以内の速達代金は、390円となります。 速達で出すときは、切手が2枚以上になることもありますので、重ならないように注意して切手を貼って下さい。 もう1つ、注意点があります。 速達で手紙などを出すときは、郵便局ですぐにわかるように目印をつける必要があります。 手紙などを速達で出す方法もご紹介します。 速達で封筒やはがきの出し方 郵便局の仕分けの際に「速達」というのがすぐにわかるように、郵便番号を記入する欄の上部に赤い線をひいておきます。 封筒やはがきが、縦書き横書きどちらでも、赤い線を引く場所は同じです。 さらに、切手の場所から少し下の位置に「速達」と赤い文字で記入するとわかりやすくなります。 速達の文字は無くてもかまいませんが、郵便局の窓口で出したときに速達のハンコを押していたのを見て、私は書くようになりました。 赤い線の太さはだいたいでOKです。 はがきの切手の値段はいくら? はがきの値段もこれまで何度か値上げがあったので、今はいくらなのかすぐ忘れてしまいがちです^^; 長辺 14cm~15. 4cm 短辺 9cm~10. 7cm 重さ 2g~6g 通常はがきは、長方形の紙に限ります。 往復はがきの切手代はいくら? めったに往復はがきを使うことはないのですが、いざ使うときに切手代がわからないと困るので調べておきました。 往復はがきの切手代は令和元年10月1日からは126円となっています。 往復はがきは、2枚のはがきがセットになっている形です。 ですので、通常のはがきの料金2枚分になります。 往復はがきを自作する場合は、出す用と返信用それぞれの場所に切手を貼って投函します。 往復はがきもサイズが決められています。 真ん中で折った際には長方形になって、通常のはがきと同じサイズになるようにしましょう。 郵便料金が不足した場合はどうなるの? 切手の料金が不足した状態で投函をすると、出した手紙は料金不足として戻ってきます。 手紙が戻ってきたら、不足分の切手を追加で貼ってから投函しなおします。 封筒やはがきに、差出人の住所を書いていない場合や、管轄外からの投函した郵便物は相手の受取人へ連絡がいくようになっています。 そうすると、郵便物の料金不足を知らせるハガキが受取人に届きます。 例えば、切手代が10円分たりなかったときは、お知らせのハガキに10円を貼り付けて投函すると配達してくれます。 料金不足の郵便物を受け取りたくないときは、受け取らない旨を記載してはがきを投函すれば、不足分を支払う必要はありません。 切手代が足りない状態はすごく手間がかかり、手紙が届くまで日数がかかってしまいます。 また、相手の方に不足分を出してもらうことほど失礼なことはありません。 切手代に迷った場合は、郵便局の窓口で出すか、多めに切手を貼っておくと安心です。 まとめ 手紙の切手代金は、かなり細かく分類されていて覚えるのは大変です^^; できる限り、見やすくなるようまとめてみたのですが、いかがでしたか? ごくごく普通の便箋で手紙を出すとき、たとえば以前販売されていた80円切手が余っていても、2円の切手を追加して貼れば問題なく使用することが出来ます。 いつもとは違う書類を郵送するとき、重さについて分からなかったり、切手料金を越えてしまうか不安だという場合は、最寄りの郵便局の窓口で聞くのが早くておすすめです! 窓口でそのまま切手を買い、郵便局職員の方で発送手配までしてもらえるので、ポストに投函する手間も省けます。

次の