もみあげ ちゃ ー しゅ ー。 選べるちゃーしゅーのご紹介

カチャーシー

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

中国料理の一つ。 中国ではチャーシャオといい、日本ではという。 大切りの豚肉に大形の子 チャーツ (フォーク状の肉さし)を刺して、特別づくりの炉で焼くのでこの名がある。 一般家庭ではこの方法は困難なので、次の方法でつくるとよい。 豚ロースまたは三枚肉を700グラムくらいの大切りにして、ニンニク、ショウガのおろしたものを肉のところどころに詰め込み、脂身のところはなるべく中にしてローストビーフをつくるときのような形に細い麻紐 あさひも で縛る。 酒を加えたしょうゆの中に30分浸して、金串 かなぐし を通し、天板の底に直接肉が触れないようにしてオーブンで焼く。 2~3回つけ汁をつけながら、十分肉の中に火を通し焼き上げる。 他の作り方は、薬味を詰めた肉を5センチメートル角の棒状に切り、酒入りしょうゆに30分浸し、汁を切って、一切れずつ鉄鍋 なべ に少量の油をひいて、肉全体に焦げ目をつける。 煮込み鍋に全部の肉とつけじょうゆを入れ、ひたひたに水を加えて30分間くらい、汁がなくなるまで蓋 ふた をして煮る。 終わりに少量の砂糖を入れて蓋をとり、つやをつける。 この際、食紅をすこし入れてもよい。 本来食紅は、ハエの付着を防ぐために使ったので、現今は紅を用いなくてもよい。 チャーシューは薄く切って前菜 チエンツァイ としてもっとも多く用いられるが、湯麺 タンミエン 、チャーハンなど他の料理にも利用される。 日本ではできあがったチャーシューを、肉店で売っている。 [野村万千代] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

らぁめん ちゃーしゅー屋 炎 清武店 (焱)

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

基本的な踊り方 [ ] 沖縄民謡や沖縄音楽のライブなどで、初めてカチャーシーに接する聴衆にレクチャーされる踊り方は次の通り。 腕を伸ばして両手を真上にあげて、手のひらを開いて前に向ける。 男性は手を握り、力強く踊る。 女性は指を伸ばして、優雅にひらひらと踊る。 扉を開けるように、両手のひらを右に向けて、腕を右に振る。 手の位置は頭よりも高いほうがきれいに見える。 扉を閉めるように、両手のひらを左に向けて、腕を左に振る。 腕を左右に振るのを繰り返す。 この時、麦踏みの要領で足踏みをする。 変化形や地域差 [ ]• では「」、「」などの曲に合わせて踊られる。 その場で足踏みすることが多いが、足を開いて回転するような動作を加える人もいる。 また、場合によっては聴衆が環形に並んで、練り回る場合もある。 座の多くが輪に加わるが、入らずにその場で踊っていても良い。 たいていは年長者は自分に似合った踊り方を身に着けていて巧く見える。 地方では「モーヤー」(舞い、乱舞の意味)と呼び、一般的には沖縄本島よりもテンポがやや遅い「六調節」を用いる。 踊り方として、手踊り(ティーブドゥル)のスタイルは、カチャーシーとほぼ同様であるが、足や腰を十分に使い、回転する動作を加えることが多い点で異なる。 の内、南部の、では沖縄本島と同じくカチャーシーが踊られる。 但し、カチャーシー、琉球舞踊、あるいはは後に盛んになってきたもので、伝統的な踊りは沖縄本島とは大きく異なる。 このため、沖縄本島の曲「唐船ドーイ」とほぼ同じの「畦し越い(あぶしぐい)」で、カチャーシーではなく沖永良部島伝統のを踊る例も見られる。 以北の、などでは八重山と似たが踊られるが、テンポは八重山よりも速く、リズムを刻むは独特のという絞め太鼓を使う。 なお、六調は九州から奄美を経て八重山まで伝わったものと考えられており、歌詞や音階は大和調のものである。 奄美大島などでは、カチャーシーとは呼ばず、「手舞い」、「手踊り」と呼び、沖縄とは異なり、男性も手を握らずに指を伸ばして踊ることが多い。 曲は六調が使われることがほとんどなので「六調」という言葉が手舞いを指すようにもなっている。 ただし、リズムの早い曲がかかると、他の曲であっても手踊りをする人もいる。 では、祝いの場などのクライマックスの踊りとして、という踊りが行われることが多い。 自由乱舞型のカチャーシーとは異なり、本州ののように全員が同じ動作をしながら輪になって踊りまわるものである。 カチャーシーのために演奏される代表的な曲 [ ]• 豊年音頭• 嘉手久• 天川節• 多幸山• アッチャメー小(ぐゎー)• (六調節、六調子) カチャーシーが登場する作品 [ ]• - 『』で放送された、沖縄出身の音楽グループ「」の4thアルバム『』収録曲。 脚注 [ ].

次の

カチャーシー

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

中国料理の一つ。 中国ではチャーシャオといい、日本ではという。 大切りの豚肉に大形の子 チャーツ (フォーク状の肉さし)を刺して、特別づくりの炉で焼くのでこの名がある。 一般家庭ではこの方法は困難なので、次の方法でつくるとよい。 豚ロースまたは三枚肉を700グラムくらいの大切りにして、ニンニク、ショウガのおろしたものを肉のところどころに詰め込み、脂身のところはなるべく中にしてローストビーフをつくるときのような形に細い麻紐 あさひも で縛る。 酒を加えたしょうゆの中に30分浸して、金串 かなぐし を通し、天板の底に直接肉が触れないようにしてオーブンで焼く。 2~3回つけ汁をつけながら、十分肉の中に火を通し焼き上げる。 他の作り方は、薬味を詰めた肉を5センチメートル角の棒状に切り、酒入りしょうゆに30分浸し、汁を切って、一切れずつ鉄鍋 なべ に少量の油をひいて、肉全体に焦げ目をつける。 煮込み鍋に全部の肉とつけじょうゆを入れ、ひたひたに水を加えて30分間くらい、汁がなくなるまで蓋 ふた をして煮る。 終わりに少量の砂糖を入れて蓋をとり、つやをつける。 この際、食紅をすこし入れてもよい。 本来食紅は、ハエの付着を防ぐために使ったので、現今は紅を用いなくてもよい。 チャーシューは薄く切って前菜 チエンツァイ としてもっとも多く用いられるが、湯麺 タンミエン 、チャーハンなど他の料理にも利用される。 日本ではできあがったチャーシューを、肉店で売っている。 [野村万千代] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の