パンダ tc。 パンダTC|tent

【テンマクデザイン最新事情】PANDA TCがスカート付きにリニューアル!

パンダ tc

今回は テンマクデザイン パンダTCの別売りスタンダードインナーを紹介します。 パンダTCを買うと 標準でついてくるインナーは、メッシュインナーという通気性の良いインナーです。 このメッシュインナーは冬場には向いてないので、パンダTCを冬キャンプで使うのであれば、今回ご紹介する別売りのスタンダードインナーを使うといいと思います。 というのも、ご存知の通りパンダTCのフライシートにはスカートがないので、標準のメッシュインナーだと冬キャンプではフライシートの下から吹きこむ冷たい風がインナーの中へ入ってくるので寒いからです。 実は昨年の冬シーズンは、このスタンダードインナーが品切れのため購入できなかったのですよ。 そのため メッシュインナーでずっと冬シーズン寝ていたのですが、やはり冷たい 風が侵入してくるのが気になりました。 今年は冬シーズン前に待望のスタンダードインナーを購入出来たので細部まで見ていきましょう。 メッシュインナーは夏に適したインナーだけど はじめに、下の写真がパンダTCを買った時に標準でついてくるメッシュインナーです。 メッシュは風通しがよいので、夏場は涼しく快適なインナーであることに違いありません。 後ろのインナー内の様子が透けてメッシュ越しでもわかりますね。 メッシュインナーを拡大したところです。 スケスケだということが良く分かります。 もちろん春から秋にかけてパンダTCでキャンプをするのであれば、これだけで十分ですよ。 スタンダードインナーが冬キャンプに欲しいわけ さて、下の写真が今回紹介するスタンダードインナーを取り付けたところです。 さきほどとは違ってインナーの中が透けていないのがわかりますね。 スタンダードインナーは、外側がメッシュ( ポリエステルメッシュ)、内側がナイロン生地( 20Dリップストップナイロン)の二重壁なっています。 この部分はファスナーの開閉によって風を通すメッシュだけの使い方と、ナイロン生地をプラスした状態に切り替えることが出来ます。 インナー前面の両側と後ろ面の片側(下の写真の右半分)が、さきほど説明した風を通すメッシュ生地だけと、風を通さないナイロン生地をプラスした状態に切り替えることが出来ます。 ちなみに、サイド(短辺)面にはメッシュはついていません。 熱い夏はメッシュインナーを使った方がより快適だと思いますが、 スタンダードインナーなら風をさえぎることも、通すことも自在になるのでもっと広いシーズンに対応できそうですね。 スタンダードインナーの細部をみる スタンダードインナーの中は標準メッシュと同じく、角に収納ポケットがついています。 このポケットは眼鏡を入れるなど、かなり便利に使っています。 インナーの天井部分にもポケットがあります。 ここには下の写真のようにランタンを入れておくと、インナーの中を広範囲に照らすことが出るますよ。 インナー内側のファスナーが多い 外からインナーに入るときは、下の写真のファスナーを開けてやればいいのですが・・・、 インナーに入った状態から、 「さて、外に出るか。 」と思いながらファスナーを上げても、良く間違ったファスナーを開けることが多いです。 (笑) 思い通りにファスナーをつかむことが難しいのが、このスタンダードインナーの唯一の難点といえば難点ですね。 なにせ7本ものファスナーがインナーの真ん中に集まっているので、まるでおみクジをひいている様な感じです。 これは何か目印をつければ解決する程度のことなので、あまり気にしなくていいと思います。 まとめ:冬キャンプの準備は余裕をもって というわけで、パンダTCのスタンダードインナーの紹介でした。 僕はパンダTCを買って初めの冬シーズンは、結局このスタンダードインナーを購入できなかったので、このインナーのありがたさがよく分かります。 それだけに、パンダTCを愛用されている方で冬キャンプを考えられている方にはおススメのオプションです。 ただしテンマクデザインの製品は、パンダTC本体もそうですが人気があるものはすぐに在庫がなくなるので、欲しい時に手に入れることが出来ないこともあります。 (昨シーズンの僕がそうでした。 ) このスタンダードインナーは、きっと冬がやってくる前に需要がドーンと高くなるはずなので、昨年は冬の前に売れ切れて、そのまま春まで入荷が無かったと記憶しています。 僕の印象では今年は昨年よりもスタンダードインナーの在庫があるような気がしますが、無くなってからでは遅いので、欲しいと思われている方は見つけた時がチャンスかもしれませんよ。 パンダTC関連の記事です。 ご参考まで。

次の

パンダTCタープ【開封・付属品・設営手順】パンダとの連結方法は?徹底レビュー

パンダ tc

【コツ】 テントの四隅がそれぞれ 直角(90度)になるようにすると綺麗に張れます。 (ひし形になってしまうと綺麗に張れません) 【手順3】ポールを立てて、幕を立ち上げる ポールを組み立てます。 (金属のキャップがある方が天井側、黒いキャップが地面側です) テントの内側にある黒いカップ部分(テントの頂点部分)に組み立てたポールを入れます。 そのまま反対側の先端(黒いキャップ側)を真下にして地面に置くと、テントが簡単に立ち上がります。 テントを立ち上げたらボトム四隅のテープを引っぱって、テントにテンションをかけます。 【手順4】グランドシートを敷く インナーテントを設置する場所に グランドシートを敷きます。 (グランドシートは本体に付属していませんが)インナーテントの下にグランドシートを敷くことで、たくさんのメリットがあります。 <グランドシート 4つのメリット>• 地面からの水や湿気の侵入を防ぐ。 地面の凸凹を和らげる。 インナーテントの保護。 設営時や撤収時にテントが汚れない。 グランドシートはアマゾンで防水シートを買って簡単に自作できます。 シートはインナーのサイズよりも少しだけ小さめにカットするのがコツです。 インナーテント奥の2隅にあるバックルの取り付けは、テントの外側から付けた方が簡単です。 このインナーテントの「たるみ」を取るために、天井と四隅のテープ(バックルを取り付けた部分にあります)をしっかりと引っ張ります。 インナーテントにテンションをかけることでインナーテントの「たるみ」が無くなります。 【手順6】テント側面部分に2カ所ベグを打ちます。 上の画像のようにテントの側面部分に、ペグを2カ所うってテント本体にテンションをかけます。 【手順7】張り綱を張る 上の画像のように4カ所に張り綱を張ります。 張り綱を張ることで、強風にも耐性ができ安心できます。 【完成!】 この手順で設営すると(ゆっくりやって) 10分くらいでパンダTCを完成させることができます。 まとめ テンマクデザイン「 パンダTC」の設営の手順とコツについて解説させていただきました。 他のテントと比べても、パンダTCはよく考えられてデザインされている「設営しやすいテント」です。 ちょっとのコツをつかめば、驚くほど簡単に設営できてしまいます。

次の

【レビュー】 テンマクデザイン「パンダTC」購入!魅力をまとめました

パンダ tc

これから購入しようと迷っている皆さんの背中を押せるよう、情報共有していきます tent-Mark DESIGNSの パンダシリーズを紹介 テンマクデザインのパンダシリーズは、フライシートに ナイロン素材を使用したものと人気の TC素材。 さらに新素材の VC素材のものがあり用途や好みで選べます。 サイズはテントとしては、1人で使うのに丁度良い絶妙なサイズのワンポールテントです。 (寝るだけなら2人でも使える) PANDA【パンダ】シリーズの特徴• 標準装備のメッシュインナーは天井高155cm(TC・VC 、(パンダは100cm)• 前室に道具を置いた状態でも出入りが容易で、観音開きのドアは風通しも良好• 天頂部にテント内の換気を促すベンチレーターを配置• インナーテント上部に、ヘッドランプや小物の収納に便利なメッシュポケットを配置 シリーズごとに紹介します。 PANDA TC 【パンダTC】 テンマクデザインが得意とするTC素材を使ったパンダTC。 ナイロンに比べると重くなるが、コットン混紡生地のTC生地の長所を考えるとあまりある価値がある素材です。 ツーリングやソロキャンプに相性ピッタンコです。 フライシート 2,750g• インナー 800g• ポール 440g• 張綱 50g• ペグ 12本 1,140g• 収納ケース 260g 総重量(約):5. 26kg 総重量(約):2. 設営が簡単!10分以内で設営可能 設営は四隅にペグダウンとポールを1本立てるだけと簡単!慣れれば1人でも10分もあれば設営できます。 価格が魅力 1番人気のパンダTCは、29,800円(税別)!しかも、インナー付きです。 最近は10万円以上のテントも珍しくない中、サーカスTC同様。 収納サイズはかなりコンパクト ソロキャンプに使用するのにぴったりの広さです。 中で寝るなら二人までいけます。 雨に降られても自宅のベランダの物干しざおにかけて乾かすことができるサイズです。 外観とテント内の様子 この日が初張りでした。 全面カバーするフルサイズのグランドシートをセットしましたがかなり良かったです。 シートの立ち上がりが10㎝あるのでスカートと地面の 隙間風をかなり抑えてくれました。 さすが純正!フルサイズグランドシート お座敷スタイルをしたい方は必須 - 2019年 8月月16日午前2時05分PDT これは渋い、やってみたい張り方です パンダTC・VCのデメリット いいところばかりを紹介しましたが、やっぱりデメリットもあります。 コットン素材ゆえに乾きづらく、汚れがつきやすい ポリ素材の幕と比べると濡れてしまうと乾きづらいです。 ただ表面に撥水加工と防カビ加工をしているので通常の雨で雨漏りすることはありません。 ただし、濡れたままにしておくと カビが生えてしまいます。 雨天撤収後の乾燥が大変です 我が家はマンションに住まいのため時間に余裕があれば、近場の公園に干しに行きます。 行く時間のない時はベランダに広げて乾かしています。 乾きが悪い時は布団乾燥機を使って乾燥させるユーザーもいます。 有効面積が狭い ワンポールテントワンポールテントゆえに、センターにポールがくるためどうしても邪魔になります。 あと生地の立ち上がり部が斜めになりデッドスペースが生れます。 Amazonの情報を掲載しています サーカス用の大きなサイズのタープ。 上からかぶせても意外とマッチします。 最後に パンダシリーズのテントの紹介及び、パンダTCのメリットとデメリットをまとめてみましたが、メリットの方が大きいのでデメリットさえクリアできればとてもオススメできるテントです。 不満な点も挙げましたが、工夫をすることでほとんど解消できますね!そこがパンダTCのいいところです。 価格も手頃でキャンプスタイルが、かなり広がりました。 ソロでのキャンプで満足できる所有感と安全にキャンプを楽しめる安心感をもたらしてくれたテント、には感謝です! お知らせ キャンプ場レポートやキャンプ飯レシピなど記事を書いてもいいよって方募集しています。 フォームよりお問い合わせお願いします! アウトドア専門店のナチュラムセール中! キャンプ用品をAmazonで購入する機会が多い方は必見! キャンプ用品の購入はAmazonがお得! Amazonでのお買い物をお得にしたい方.

次の