あん ステ 当日 券。 『あんステフェスティバル』<当日券>|ローチケ[ローソンチケット] 演劇チケット情報・販売・予約

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Night of Blossoming Stars~ 2019年12月~2020年2月福岡・東京・大阪・名古屋にて上演!『あんスタ』『あんステ』

あん ステ 当日 券

MoM、色々と事件はありましたが、作品自体はとても良かったのですがね…。 前回の記事で昨年の振り返りを書いていて、ふと色々思い出しました。 これ、マジで記憶にあること全部書いてる。 てな訳で、一個人から見た上映会。 フェスの横浜、神戸の発表があった時、私は推しへのリアコを少しずつ拗らせ始めていた。 これではいけない。 他現場に足を運び、推し以外の顔の良い男達を見に行く機会でも作れば、少しは気を逸らせるかもしれない。 そう思い、横浜公演はまぁ無理だよな。 と考えながら神戸のチケ取りをした。 横浜と違い、神戸は無事当選。 ホッとしながらその日を待つことにした。 あんスタのゲーム好きだし、ステに関しては二推しが出ているし、個人的に可愛い谷水君もいる。 ステの初現場ということでワクワクしていた。 しかし、ずっと落選続きだったリボステの追加公演が決定。 おまけに一般に勝ってしまい、まさかの現場被りが発生。 ギリギリまで悩んだが、東京公演での悲惨な様子、運営の酷さにフェスを直前に譲渡し、リボステを優先した。 はライビュ等も積極的にやるので、何かしら見られるだろうという気持ちもあった。 さてさて、案の定フェスはが決まり、ゲストも来るということだった。 その頃、私は推しの現場が楽しく、リアコを絶賛拗らせていた時だったので界隈の何もかもが楽しかった。 界隈でのアカウントを作り、自分と同じような境遇のフォロワーさんと仲良くなってみたり、お題箱を見たり。 譲渡の方法も覚え始めていた。 そんな中で、休みが出来たものの推しの現場も予定も無いある日。 あんスタをやってる時にふと、の上映会の事を思い出した。 そこで、上映会のチケットの譲渡を探した。 すると、当日に上げられたツイートが見つかったので、先方に連絡。 見事にその日の予定が埋まり、私はニコニコと日中を過ごした。 お昼ご飯を食べ、そういえばキンブレ!と思い池袋のメイトで調達。 封筒にお金を入れて、2週間前までほぼ毎日通いつめていたへ。 りんかい直通のの中で、ステフェスについてや、よくお世話になっているお題箱さんの様子を流し読みした。 東京公演の物販の酷さ、卒業キャストへの扱い、新しいキャストへの意見や批判…。 その頃一番話題をさらっていたのは、皆様ご存知なめ介だった。 界隈だけではなく、界隈の誰もが1度は目にしたであろう迷言 「俳優古畑恵介なめんな。 」 もしこれを読んでる人の中に、古畑さん推しの人がいたら、ファンの方いましたらごめんなさい。 正直言います。 今回のに足を運んだのは、あんスタを好きな気持ちだけではなく、話題の現場を見ておこうという気持ちもありました。 の様子もネットに上がっていたので、それも踏まえつつ。 その時点では、 「表面的には普通の現場なんじゃね?」 とのんびり構えていた。 ネット上だからこそ、悲痛の叫びを目にしやすいだけなのではと。 そう考えていたのだ。 さて、お馴染み銀河劇場に到着すると、そこにはリボステの時とまた違う人達で溢れていた。 痛バの多さ、界隈の人達の系統の違い、そして何より若い。 ファン層がとても若いのだ。 まぁそれは当たり前の話。 作品の年数や媒体が違えば客層も違う。 リボステはアラサーの私が高校生くらいの頃の作品だ。 そりゃあ違うよなぁ…と物見遊山で楽しく取引現場へ。 2週間前まで当日券列の基準にしていた2階エレベーター前辺りで、無事にお譲り頂くキレイなお姉さんとお会いしました。 手渡しは一番安心できますね。 チケットを頂き座席を確認すると、そこに書かれていたのは、とは言えゲストが来るのに、値段にしてはあまりにもな良席である4列目上手センブロ。 「え!?」 とお姉さんを思わず見やると、何故かお姉さんは 「地獄なお席で申し訳ないのですが…」 と、本当に申し訳なさそうな表情でお話するではないか。 私はその時はひとまず、 ありがとうございますー大丈夫ですよー! と当たり障りの無い返答を返した。 最早慣れ親しんだ銀劇の赤い階段を昇り、会場に入って一息。 あぁ、リボステでこの席座りたかった… そんな事を考えつつ、後ろの席の恐らく女子大生くらいの女の子達の可愛い会話を聞いていると開演。 キンブレをカチカチ鳴らしながら色を変え、 谷水まー君が今日も可愛いなとか 2推しは今日もイケメンだなとか 荒牧さんが凛月の時は伊野尾感が上がるなぁとか メロダは本当に盛り上がるなぁ… なんて呑気に楽しんでいた。 山本一慶顔が良い。 推しのいない現場ほど、情緒が平和で気楽なものは無い。 ましてや映像である。 普通に第一部を私は楽しんだ。 ……のだが。 紅月、fineの卒業セレモニーはなんだ。 何だこのリスペクトが感じられない激しくダサい映像は。 作った人素人??大丈夫?? まぁ、「ん?」とは思ったものの、顔の良い人達を観てるとそんなことは割と些細な事である。 休憩に入ると、私の後ろの女の子達がキャピキャピと学生時代の教室のようなおしゃべりをしていて、ちょっと懐かしく感じた。 さて、休憩が終わり、キャストさんのの時間である。 小澤さんと樋口さんが軽快に、楽しそうにやステフェスの思い出話に花を咲かせていた。 個人的に小澤さんのお顔が好きなので、前方席でしっかり拝見できて満足していた。 勿論、それは樋口さんもである。 こんな良い席お譲り頂けて感謝だなー…と考えていると、2代目弓弦役の渡邉君が小澤さん達に呼ばれた。 舞台袖で見ていたらしい。 ステフェスや、fineのお話。 正直半年くらい前なので何を話したのかは忘れぎみだけど、彼が途中で泣きそうになっていたのは覚えてる。 渡邉君は本当にめちゃくちゃ良い子そうで、彼が急遽ステフェスに出ることになった事情など考えると本当に頑張ったなぁ…と感じた。 高校生だもん。 これから頑張ってくれ。 渡邉君は、彼なりに真摯に、真剣に弓弦という役と向き合ってる感じがその時点ではした。 渡邉君はね。 彼を舞台袖に戻して、小澤さんと樋口さんもここでお別れ。 お二人の姿が無くなるとすぐ、の司会の男性が高らかに声をあげた。 「さぁ皆様、お待たせ致しました。 新生紅月、fineの登場です!」 なんかこんな感じだったと思う。 不思議なくらい明るめの声をあげたのでびっくりしたのだが、理由は周りが教えてくれた。 司会の方の言葉と前後して、まずお隣さんが下を向いてうつむき出したのだ。 そして、あちこちからため息や、後ろの女の子は舌打ちもしていた。 そら声も明るめにするよね。 客席が不穏なんだもん。 客席の温度が徐々に下がっていく。 その客席を銀劇のライトがクルクル回って照らしていた。 そして、クルクル回っていたライトが止まり、バーーン!!!!!!と新キャストさん達が舞台に登場した。 ………違和感。 果てしない違和感。 これは何も新キャストさんだけではない。 司会者さんの無理した明るい声と、新キャストのぎこちない立ち振舞いと、客席の冷めた重たい空気。 全てがチグハグで違和感しかないのだ。 何より、私は座席が悪かった。 前方席というのは、原作ファンだけでなく、ゲストのために色々尽くされた俳優ファンもいるのだ。 折しもゲストは小澤さん…はまだ良い。 それより定本さんのファンの方々。 推しの作り上げた神埼というキャターをこれから踏みにじられるかもしれないキャスト なめ介 が目の前にいるのだ。 怒り狂っても私は仕方ないと思う。 むしろ怒るしかないだろこれ。 そして、熱心な原作ファンで神埼推しの方。 やはり同じく怒り狂っても良いと思う。 分かっていたけど怖い。 回りの虚無を感じるのも、怒りを感じるのも、何もかも空気を肌で感じ取れてしまって怖い。 そして、まぁ当然の如く司会の方は新しいキャストさん一人ずつに言葉を求めた。 鬼龍さん役の人、蓮巳さん役の人… そして、古畑さん。 先の二人と同じようにきちんとご挨拶をしていた、と初見の私は思っていた。 のだけど、どうやら出演された全挨拶で同じ言葉を述べていたらしい。 それも一字一句変えず。 古畑さんが話し出した途端、前に座っていた人が泣き出した。 隣の人はとても険しい顔つきで古畑さんを睨んでいた。 彼が話してる最中、会場のあちこちからすすり泣きの声が聞こえた。 そして、何より怖かったのは後ろの人達の圧だ。 振り向かなくても分かる。 もうね、後ろの人達の視線の向け方が痛いんですよ。 悲しみの圧がすごい。 ここはお通夜か??告別式か?? というくらいのあの独特の空気が劇場に溢れていた。 いやこれマジですからね。 すごい。 本当にお通夜疑似体験ってくらいの経験をしました。 その後、fineのキャストさん達が挨拶を続けられてましたが、fineのキャストさんは本当に頑張られてました。 あの空気の中、役の方はよく次の挨拶をされたと思います。 渡邉君も頑張ってたよ…高校生なのにこんな雰囲気に放り込まれてさ…。 しんどいよ…。 いやぁ、地獄でした。 これは確かに前方席のが地獄だわ。 逃げ場が無いもん。 特に、推しが旧キャストさんの方なんて本当にね、生き地獄だよね。 や、新キャストさん推しにも地獄だわこれ。 推しが歓迎されていない空気に放り込まれるとか私無理だ。 最後、司会の方が「新キャストの皆様に大きな拍手を!」とテンプレな挨拶をされ、仕方なくパラパラと拍手が上がりましたが、前方席ね、ほっとんど音しなかったよ。 最後まで全てが上滑りの、恐ろしい現場でした。 ……………はい。 これ1月に書き始めてたんですけどね。 本当にね、運営は悔い改めて欲しいよな。 ここに書いたことは本当に全て事実です。 私自身嘘だろと思いたかったですよ…。 もうこんな悲しいことが起きないでほしいな。 riisuke.

次の

あんステの当日抽選の応募について質問です。

あん ステ 当日 券

お久しぶりです。 久しぶりなのに愚痴ばっかりです。 多分怒りやらなんやらで拙い文章になると思います。 ごめんなさい。 早速本題ですが、 自ジャンルで炎上してます。 はぁぁぁあ何回炎上すれば気が済むのか。 私はあんスタを円盤はもちろん、TSF 4作目 からは劇場で観劇しました。 TYMの時にあんスタを本格的にやり始め、で初めて2. 5界隈を知り、円盤を買い、チケットが当たらなかったり予定が合わなかったりでTSFで初めて生で観たのですがブログやを見たり追っかけをしていたのできちんと作品、キャストを理解してると自分で思っています。 以外の2. 5も現場で見たり、円盤買ったり、を追いかけてる上で言います。 って本当にキャスト間の仲の良さや、キャター愛が凄いんですよ。 ある意味オタクに対する営業とも取れるようなものも幾つかありますがそれでもやっぱり愛がすごい。 そんな中での卒業発表。 ここからおかしな方向に向かい炎上ばかり。 卒業キャストはキャストで「納得出来てない」とブログで想いを綴っていました。 他の舞台でもキャス変はよくあること。 実際刀ステ、刀ミュ、弱ペダ、薄桜鬼など思いつく限りの2. 5舞台はキャス変をしています。 ただ、重要なのはそこではなくて、ファンが受け入れがたかったのは「キャストも納得いっていない中での卒業」って所なんですよ。 ただ少し時間が経ち、「納得する努力をする」ということ、「最後の舞台は今までで1番良いものにするために全力でやる」という決意を伝えてくれました。 それを見て、ファンは彼らがそう言うならと最後まで全力で応援することを決めたんです。 実際卒業公演となった「ステフェス」は本当に素晴らしいものでした。 横浜、会2回見ましたがどれも本当に素晴らしかったです。 ただ本当に運営が悪かった。 物販・当日券・会についての詳細の遅さ、急な物販抽選制度、そして無い在庫。 好きな知人は仕事などの関係で2時間しかない申し込み時間のせいで抽選すら参加出来ず、私自身も会が先着順だったので一旦トイレに行くふりしてチケット取りましたよ。 運営さんは何かと「ファンの方達のために」と言いますが会場て物販出来ないことくらい会場発表をした2月のTSFの時点で気づかなかったのか?という疑問しか残りませんし、ペンライトは20分も持たないし、横浜1日目ソワレ前に3日間ある横浜公演分のミニペンライトが完売。 個数制限をしていたにも関わらず。 抽選している時点で来る人数は把握しているはず。 それなのに無い在庫というのは新人に運営をさせてるんじゃ?とか手作りでグッズ作ってるんじゃ?とか言われても何も言えませんよね。 大量にトレブロを出しておいてトレーディングスペースもなく、近隣でトレーディングしていると「物販が出来なくなります」と言われ、じゃあどうすれば良かったんですかね?あれ。 私はブロマイド40枚しか買ってないけど半分は絵柄被ってるし推しは1枚も出てないんですがね? ステフェス本編の話に少し戻りますが、今回卒業メンの2つのユニットの6人は本当に素晴らしかったし、アイドルとして、そして役者としてそこに立っていてくれました。 そんな彼らを見て納得言ってたはずの卒業だけどやはり悲しいものは悲しかった。 そして投下された会前に新キャスト発表という爆撃。 しかも問い合わせが来てからお知らせするという対応。 それだけならまだよかった。 よかったんたけど…… 新キャストが一部登壇。 しかもこないだ卒業したメンは私服参加だけれど新キャストは扮装登壇。 これ1番辛いのキャスト側じゃん。 卒業を納得したって言ってたけど少し未練があるのは見てるこっちは分かってたから。 尚更見てられなくて。 新キャストも本編で旧キャストの公演を見てボロボロに泣いて休憩10分挟んで旧キャストの想いを聞いてまた涙してる私たちの前に放り出されるのが本当に可哀想で。 実際私が見た公演はお通夜でしたよ。 それか。 ここら辺から運営がキャストを人間だと思ってるのかどうか疑問でしかなかった。 そして公演日程、会場、キャスト発表。 で日程が12月〜2月の時点で動揺しかなかった がそんな長いスパンでやったことないから し、会場も多くて2箇所だったのが5都市になってたからびっくりしたけど、調べてみたら客席は倍以上。 ほぼほぼ新キャストが占めるという状態で大丈夫?って思ってたら1人がサイレントキャス変されていた。 サイレントキャス変されていたのは1作目から4人ユニットなのに1人で頑張ってくれていたキャストでほぼほぼ皆勤賞の方でファンがざわつく。 この1作だけキャス変だとしても、新キャストの方が可哀想だし、どうなってるんだ?ってところに公式ではなく降板した役者さんのブログの更新。 そして「実は前回で卒業でした」という。 え?あんなに大々的に卒業公演みたいなことを他の6人はしたのに? なんでこの子だけ事後報告?しかも公式からではなく本人から? しかも日程てその子は他ジャンル公演があり、もともと出れないと思われていたからそのキャラ自体が出ないと思われていたし、こないだ卒業公演をしたばかりだからこっちは完全に油断していた。 なにより、卒業キャストの子達が新曲を歌って、私達が別れを惜しんで泣いて、「ありがとう」「大好き」って言ってる中、彼はどんな気持ちだったのか……そう考えると本当に辛い。 でも「」「キャス変」がトレンド入りするくらい炎上。 こういう経緯があり、誤解されがちだが民は「キャス変が許せない」んではなく、「キャストが納得していない卒業宣言、会での新旧キャストの対応、物販などで信用ガタ落ちのところに大々的に卒業公演をした後のサイレントキャス変、そしてそれが卒業だったということを公式からではなくキャストから発表される」という公式からの不手際なんですよ。 自分のジャンルに当てはめてみてください。 これ許せますか?まぁ許せると思う方とは価値観が違うというだけなので別に理解はしなくてもいいんですけどここにここまで書くくらいこっちは怒ってるってことなんですよね。 そしてそんな中に投稿された新キャストの発言。 経緯としては、 民が会の新キャストお披露目の時のあるキャストの挨拶に対してのツイート。 私も実は役者を目指すものとして、役者さんが言っていた「同じクオリティのものを届ける」はまぁ分かります。 でもこれは舞台寄りというより声優寄りな気がしなくもないですが。 舞台ならその日その日で良くしていこうと思うし、良くしていけるのがメリットだと思います。 でも大前提として、挨拶を同じクオリティで出す意味はあるのでしょうか? 自己PRの時に言われるのが、「一生懸命考えた言葉じゃなくて君の素の部分を知りたい」って言われることの方が多いです。 だからこそ、ファンは少し言葉は悪かったとは思いますが「届かなかった」と言っているんだと思います。 そんなことで、と思われるかも知れませんがファンの大抵は「自分の好きな物を侮辱された」ような感じなんですよ。 そしてキャラと役者は別物、それも分かります。 役者の世界は人前に立つ以上、いろんなレッテルを貼られることも多い。 そう叫びたくなるのも分かります。 なら何故2. 5というジャンルに入ってきたんでしょうか? このジャンルはキャラに寄せないと行けないし、キャラ愛がある方がファンが付きやすい現場でもあると思います。 実際私もキャラ愛がある役者さんが好きです。 自分が好きな物を好きと言ってくれる、キャターのことを理解してくれる役者さんがいいと思うし、自分もそうなりたいと思います。 そのために役者はプライベートでも色々努力をしています。 対して興味が無かったとしてもゲームをしたり、グッズとの写真を撮ったり、ブログやでキャラのことを語ったり……。 それが出来ないのなら、いくら演技が上手くても、歌やダンスが上手くても、少なからず2. 5の役者は向いてないのかもしれません。 「なめんな」発言は真っ二つに意見が分かれています。 彼を知るファンからは「あれは自分を鼓舞するため」、彼のことを知らない人からは「ファンを馬鹿にしてる」と言われています。 まぁこれはそれぞれの目から見るとこうなりますよね。 でも推し俳優がこんな発言したら私だったらファン辞めてますけどね。 当の本人があれからこの件について発言が無い為、完全にファン同士の冷戦状態となっています。 別にこっちとしても喧嘩したいわけでもなんでもないんで、本人から何かしらのアクションがほしいとは思いますけどね……。 そんなこんなで離れする人が多いと思います。 運営から円盤先行は発売日だともう公演始まってて間に合わないから円盤先行応募券欲しけりゃ店行って全納金して来いって言われましたしね。 本当にこんな感じの文章だった そんな約2万5千円をこんな運営にポンっと出す人いるんですかね? 多分キャストも客も人間だと思われてないと思います。 うるせぇATMぐらいに思ってるんでしょう。 全ての発端は運営からなので私も運営にお金を入れたくないと思いますし、新キャストで炎上した彼に対しては応援しようとも否定しようとも思ってない もともとあまり興味が無い ので、旧キャストの言葉を受け止めて頑張りますと言ってくれた他の新キャストの皆さんと新たに加わるキャラを演じてくださる役者さん、そして「観てほしい」「末永く続けてほしい」と言ってくださった卒業したキャストさんの為に足を運ぼうと思います。 好きの反対って無関心って言いますよね。 まさにその通りだと思います。

次の

千秋楽ライブビューイング決定!「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」ステージ写真&キャストコメント到着

あん ステ 当日 券

予めご了承ください。 公演当日は下記の身分証明書いずれか1点をご用意ください。 お1人様1枚まで、各公演1回までお申込み可能です。 お申込には「ローソンWEB会員 無料 」への事前のが必要です• 券面に氏名を印字いたします。 公演当日、お申込時のお名前にて身分証確認を行ないます。 キャンセルが出た場合のみチケットのご購入が可能です。 当日券に当選された方• お支払いは現金のみで、クレジットカードはご利用いただけません。 公演当日、「当日抽選券」に印字された氏名とのご本人確認を実施させて頂きますので、運転免許証・保険証・学生証・パスポート・マイナンバーカード等、「身分証」のいずれか1点を必ずご持参ください。 開演の20分前までにご来場されない場合には整理番号は無効となり、キャンセル待ち分に回させて頂きます。 時間を過ぎてのご来場の場合には、キャンセル待ち整理券の列の最後尾にお並び頂くことになりますので予めご了承ください。 お連れ様とお席を連番でご用意できない場合もございます。 また、お座席はお選び頂けませんので、予めご了承ください。 キャンセル待ち整理券に当選された方• お座席のご用意が出来ない場合もございますので、予めご了承頂けますようお願い致します。 お座席はお選び頂けませんので、予めご了承ください。 お連れ様とお席を連番でご用意できない場合もございます。 お席のご用意が出来た場合に、チケット代金を受付にてお支払い頂きます。 公演当日、「当日抽選券」に印字された氏名とのご本人確認を実施させて頂きますので、運転免許証・保険証・学生証・パスポート・マイナンバーカード等、「身分証」のいずれか1点を必ずご持参ください。 開演20分前までにご来場されない場合には整理番号は無効となります。 時間を過ぎてのご来場の場合には、列の最後尾にお並び頂くこととなりますので予めご了承ください。

次の