み たら いけ 炎上 する ネタバレ。 炎上!そのとき絶対やっちゃいけないこと

【御手洗家、炎上する】のあらすじ&ネタバレ!しずかは皐月の秘密を調べようと・・・

み たら いけ 炎上 する ネタバレ

【漫画 圧勝】マンガ「圧勝」とは?あらすじとストーリー マンガ「圧勝」の炎上のお話をする前に、「圧勝」について知らなくてはいけません。 簡単にざっくりとした内容ではありますが、「圧勝」についてお話ししたいと思います。 マンガ「圧勝」とは? まず、「圧勝」という作品はコミックアプリ・「マンガワン」と小学館の「裏サンデー」で連載中の作品です。 作者は「小虎」。 ジャンルは一応ラブサスペンスということになっています。 2019年7月現在9巻まで刊行されており、Amazon商品紹介の担当編集者さんのおすすめ情報には「ちょっとゾクッと、ざわつく大学生たちの恋愛模様が連載開始当時から大反響!」や「コミックアプリ・マンガワンで月間100万人が読んだナンバーワン作品」となっています。 しかし、マンガ「圧勝」についてネットで調べてみると意外な意見や声がたくさんあることがわかりました。 マンガ「圧勝」のあらすじ では、「圧勝」がどんな内容なのかあらすじを紹介したいと思います。 多少ネタバレも含まれていますので、未読の方はご注意下さい。 と1巻のあらすじにはこう書かれています。 しかし、この文だけを一見しただけでは、内容がわからないあらすじとなっています。 そのため、少しだけ「圧勝」の物語(ストーリー)をご紹介したいと思います。 マンガ「圧勝」の詳しい物語(ストーリー)を紹介 「圧勝」のストーリーは連載の序盤と中盤以降では話の毛色が変わっています。 結構キツイ内容になっていますので、詳しいストーリーは割愛させていただきますが、ストーリーをかいつまんで簡単にご紹介すると、 といった内容となっています。 「圧勝」は衝撃のラブサスペンスがテーマとなっているのですが、少し内容が混雑しているように感じました。 【漫画 圧勝】「圧勝」のネットでの反応・評価・炎上の理由は? ストーリーが少し混雑していることもあり、展開が意味不明になっていると感じる読者も多いようです。 そのため、かなり炎上しています。 アマゾンでの評価やTwitterでの読者の感想や反応がとても顕著なため、何件かご紹介したいと思います。 「圧勝」が炎上したわけ:ネットでの評価 マンガ「圧勝」は「マンガワン」や「裏サンデー」で掲載されていますが、本としても既刊されているため、Amazonでも注文することができます。 2019年7月現在、9巻まで既刊されており、それぞれの評価は高くても「2. 6ポイント」、一番低いモノだと「1. 1ポイント」となっており、平均でも「1. 7ポイント」とかなりの低評価です。 Amazonのユーザーコメントには「表紙買いをしない方がいい」や「作者の設定が甘い、中途半端」といった声もあり、結果、「途中まで読んでいるので惰性で買い続けています」という辛辣な声まで見かけました。 読み手側からしたら漫画の内容があまり良いとは言えないようです。 「圧勝」が炎上した理由:ネット・Twitterでの反応 「圧勝」がTwitterなどのネット上で炎上しているもう一つの理由に、2018年当時、マンガアプリ「マンガワン」のアプリ内において、「看板漫画」として扱われていたことがあげられます。 批判的なコメントなども多く、どうしてこの作品が推されているのかがわからない。 なんて言葉も多いのです。 マンガアプリ内で推されている作品は読者にとって「面白い」「次をはやく読みたい」と思わせる作品が来ることが多いのですが、「ここまで公式で推されていると面白いって思い始める人もいるよね。 自分は数話できったけど」というコメントまである作品が……と思う人も多かったと思います。 また、「作品の異常性(ヤンデレ・殺人・自殺・修羅場・鬱などなど)の設定がてんこ盛りで胸糞悪いのに続きが気になる。 内容が出来過ぎでやばい」という受け取り方によっては皮肉じみたTwitterでのつぶやきまで。 更に、上記のAmazonでのコメントにあった「表紙買いをしない方が良い」というコメントがありましたが、Twitter上でも表紙の可愛い絵柄・帯の目の引くコメントに惹かれて購入した人が「表紙が可愛くておすすめのPOPに惹かれて買ったんだけど読み進める度にHPが削られる……」や「ほのぼの系だと思って買ってみたらドロドロ系だった……」と表紙とのギャップに精神力が削られている読者もいました。 【漫画 圧勝】マンガ「圧勝」の公式サイトでのコメント欄での反応。 肯定的な声も 「圧勝」のマンガアプリ「マンガワン」上での読者の反応は、とても炎上しており、かなりのお祭り状態になっています。 毎週の漫画の更新があるたびに、コメント欄が炎上している状態です。 少なくとも内容によっては作品が炎上することはありますが、毎週となると、異常な状態になっている、ということがわかります。 その炎上コメント欄の一部と肯定的な声もご紹介したいと思います。 「圧勝」が掲載されている公式サイトの大荒れ状態のコメント欄 これからご紹介するのは、2018年8月当時のコメントです。 現在はコメント欄での炎上がひどいためコメント欄が閉鎖されていますので、書き込みや覗くことができないのでご注意ください。 また、一部レビューコメントでは肯定的な意見もありました。 こんな否定的なコメントが炎上を起こしていたこともあり、現在では読者の直接的なレビューや乾燥はAmazonやTwitterを見る形になっています。 たまに書き込みがあるようですが、それもすぐに消されてしまうようです。 「圧勝」にも肯定的な声・反応はあります 逆に、「圧勝」にも肯定的な声・反応をする読者のレビューやコメントがありました。 こちらはTwitter上でのコメントが主になっています。 現在も好意的な声を見ることができますので、少し紹介させていただきます。 というハマる人にはビビット来るものがあるようです。 批判的な声が多いので手が出にくいかもしれませんが、一読して見てハマるかもしれないので、食わず嫌いしないでお試しで読めるところで読んでみるのも1つかもしれません。 【漫画 圧勝】マンガ「圧勝」炎上についてネットに上がっている声を覗いてみたらわかったこと、まとめ ネットに上がっている声・炎上している意見のあるマンガ「圧勝」の覗いてみたら 「圧勝」の表紙は実はとても男性の目に留まる表紙になっています。 Twitterネット上での反応の項目でも少しお話ししましたが、「表紙買い」で買って痛い目に遭ったという声が多かったこと。 作品自体の異常性に精神力が削られたり、恋愛模様があまり描かれていなかったり。 といった売り文句と作者側、読者側とのずれがあるために炎上が発生しているようです。 それでも、内容が特殊なため面白いと感じる人もいるので、一概に面白くないとは言えない点もあります。 似たような状態の漫画も確かに多いと思いますが、それでも評価が高い作品もありますので、もしかしたら化けることがあるかもしれません。 が、それは作者・編集者次第なので、それこそ「神のみぞ知る」状態かもしれません。 実際にこの炎上騒ぎがあって気になって読んでいる読者もいるからです。 これを機に一読してみて、ネットでの評価があっているのか自分の目で確かめてみるのも一興かもしれませんが、自己責任で「圧勝」をお読みください。 当方では責任を取りかねますので、悪しからず。

次の

フォローされたら終わり3話ネタバレ感想とあらすじ!2人目の被害者!美人がゆえに炎上?

み たら いけ 炎上 する ネタバレ

『M-1グランプリ2017』決勝の舞台で2人が披露した漫才ネタ「変な校内放送ゲーム(ピンポンパンゲーム)」。 「ピンポンパンポン」という学校のチャイム音の最後に一節を足して「ピンポンパンポンピーン」と言ったり、逆に減らして「ピンポンパン」と叫んだりして、「(音が)1個多いな」「少ないな」と、ひたすらツッコミを入れていくという内容だ。 怒涛のスピードと軽妙なテンポで言葉遊びが繰り広げられ、「これは漫才なのか?」と困惑も呼び、視聴者に強烈なインパクトを与えた。 「ピンポンパンゲーム」は当時のジャルジャルの"最高傑作"。 福徳は、 「誰も傷つけなくて、老若男女が楽しめる。 平和で、誰もが笑うネタができた」と話している。 福徳「僕ら14年間お笑いをやっていて、ネタが8000個あるんですけど。 正直言って、やっぱり全部のネタが誰かをどこかで傷つけてるネタで。 多分お笑いっていうのは、基本的に人を傷つけるものなんやと思います。 僕らのネタを笑う人がいる一方で、絶対にどっかでは笑わん人もおる。 ピンポンパンゲームは、その8000個のネタの中で唯一、誰ひとり傷つけてないネタだった」 後藤淳平「まぁ、内容がしょうもなすぎるんで、傷つきようがないんですよね。 2人が褒め合って笑いが起きるという不思議な形式にもなっているので」 文字通りゲームのような漫才で「誰も傷つけない笑い」を見せたジャルジャルのネタに、審査委員長のダウンタウン・松本人志は最高得点をつけた。 それでも結果は6位敗退。 感情をむき出しにして悔しがる福徳の姿は、多くの人の心を動かした。 <ジャルジャルのコント「すごい展開」。 公式YouTubeチャンネルより> 「気を遣いすぎたらなんも出来なくなってしまう」 M-1後にジャルジャルへ向けられた世間の反応は、かつての「大バッシング」とは対照的だ。 2011年、ジャルジャルはフジテレビ恒例の特番「FNS27時間テレビ」放送後、激しい批判にさらされた。 めちゃイケメンバーや中居正広、アスリートたちがバスケの試合をするコーナーで、出演者がナインティナインの岡村隆史にボールをぶつける演出があり、「集団いじめに見える」などネット上で非難の声が噴出したのだ。 一連のやりとりはスタッフや出演者間で事前に打ち合わせされたものだったが、福徳は 「あのイメージ、思いのほか引きずりましたね。 多分世間的には、6年ぐらいは引きずった」と振り返る。 炎上から数年経ったが、今でもバラエティにおける「いじめ」と「いじり」の境界線など、テレビが現実世界に与える影響についてさまざまな意見が交わされている。 そんな中、ジャルジャルが2017年のM-1の舞台で颯爽と披露した「誰も傷つけない笑い」。 この時代だからこそ、かつて「大炎上」を経験したからこそ、"優しい"笑いを追求したくなったのでは?そう聞くと、2人は「そうではない」と否定する。 福徳「これは本当に、ネタができてから考えついたことです。 ある意味では、後付けですよね。 これは人を傷つけてないなってふと気づいただけです」 後藤「結果として、出来上がったものが誰も傷つけなくて、たくさんの人が笑ってくれるだろうなって思えるネタだった。 人を傷つけない笑いを作るとか、そこを目指して作ったわけではないですね。 傷つけないってことをモットーにしてネタ作るのはなかなか難しい。 誰がどこでどう傷つくか、わからないじゃないですか。 自分たちは、『これをやったらこういう人が傷つくやろうな』と思ってネタを作ってませんし、気を遣いすぎたらなんも出来なくなってしまう。 だから、基本は自分たちがおもしろいと思ったもの、目の前のお客さんが笑ってくれると思うものをやるしかない、っていうだけですよね」 <コント「男か女かわからん奴」。 公式YouTubeチャンネルより> 「そのうち世界中のテレビが同じような番組になっていく。 そうすると、余計つまらなくなる」 「バスケットボール」の一件のように、ネット社会で多くの情報が拡散されるようになり、テレビに映されたワンシーンが「炎上」する騒動は次々と起きるようになった。 「日本のお笑い文化」と、「差別問題」との衝突もその一環だ。 直近では『ガキ使』の「黒塗りメイク騒動」があった。 2017年大晦日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しSP! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時! 』で、ダウンタウンの浜田雅功が顔を黒く塗ってエディ・マーフィーのモノマネをした。 この「黒塗り」が人種差別的でタブーな表現ではないかと、ネット上で物議を醸した。 ジャルジャルの2人はこの騒動をどう受け止めたのか。 後藤は、 「そういう時代なんやなって思います」と冷静に分析する。 後藤「アメリカの歴史の文脈であの表現をタブー視するんだとしたら、そのうち際どい表現はすべてなくなっていって、世界中のテレビが同じような番組になっていきますよね。 そうなると、余計テレビがつまらなくなって、テレビ離れも進んでいくんじゃないですかね」 福徳「自分らがコントをやる上で、もし黒塗りのが、おもろいってなったら、普通に黒塗りをすると思います。 プロデューサーさんが止めたらやめますけど、もし誰も止めへんのやったら、きっとやりますよ」 後藤「アメリカ人を笑かそうと思ってやるんやったら、しないかもしれない。 それで笑ってくれないだろうとわかるから。 でも、目の前にいる日本のお客さんを笑かす上で、黒塗りの方がおもしろいんやったら、した方がいいですよ。 批判が起きたとしても、『そっちに向けて作ったネタではない』って話なんです。 それがもうテレビでは通用しない時代になるとしたら、ほんまに濃くておもしろいお笑いは、ネットとか舞台の方に流れていってしまいますよね」 お茶の間のテレビを見て育ったジャルジャルにとって、テレビは何よりも輝いている場所だ。 自由さと、お客さんとの一体感を味わえる舞台を大切にしつつ、 「食卓を囲みながら見てほしいし、見られる存在になりたいので、お茶の間にはこだわっていたい」と福徳は話す。 <コント「友達のこと信用してない奴」。 公式YouTubeチャンネル【JARU JARU TOWER】より> 2018年は、ジャルジャルにとって勝負の年だ。 レギュラー番組のめちゃイケが終わり、M-1はラストイヤーを迎える。 3月には公式サイトをリニューアルし、ネタのタネを含む8000本の持ちネタすべてを1日1本ずつ公開する「」を開設した。 福徳「今がすごく大事な時期やなと思いますね。 けど、わくわくはしますけどね。 たまにわくわくしすぎて、『あっドラゴンボールの孫悟空ってこういう気持ちやったんや』って思います。 『オラ、わくわくすっぞ』って戦う前に言ってたから、これかと思って」 「誰も傷つけない笑い」でアンチをはね返しましたねと言うと、 「なんやったら、今度はバリバリ人を傷つけたろって思ってるくらいです」と、福徳は笑う。 「すべてのネタは誰かを傷つけている」と、表現者としての責任感がなければ到底口には出来そうにないことを言いながら、これくらいの毒を吐く。 優しいのか、そうじゃないのか、いまいちわからない。 型にはまらない、斬新なネタを作り続けるジャルジャルは、やっぱりこんな人たちなのだ。

次の

御手洗家、炎上する 25話

み たら いけ 炎上 する ネタバレ

例えば、これから観る予定の映画があったとします。 映画館に行こうと思っていた矢先に、すでに観た人から「あらすじ」を聞いてしまったら? 中には「期待と違うかもしれない」と映画館に行くのをやめてしまう人もいるかもしれません。 それでも観に行ったとして、感動や驚きが半減してしまうことに不満を抱くこともあるでしょう。 あらゆる情報がインターネットで共有されるようになったことで、このような「ネタバレ」が突然目に入ってきてしまうようになりました。 それゆえにインターネット上のコミュニティにおいては、「ネタバレ禁止」や「ネタバレ注意」などのタイトルをつけるなどの暗黙のルールが形成されています。 過去には映画の重要な部分を新聞が特集記事内に記載したことで注目を集めました。 公開中の映画の核心部分に触れることは、まだ観ていないファンに対する配慮がないと受け取られてしまうリスクがあります。 特にメディアは情報発信力の高さによって騒動に発展する事例が多くあります。 ただし、ソーシャルメディアを用いて情報発信を行っているその他の企業も他人事ではありません。 このような暗黙のルールを把握した上で、注意深くコミュニケーションを行っていくことが求められるでしょう。 ネタバレをめぐる論争 そもそもネタバレはいけないことでしょうか? この問題を考える上で、ネタバレが誰にとっての不利益かに注目するべきかもしれません。 ファンにとっての不利益 作品を楽しみにしていたファンにとって、ネタバレは許し難い行為かもしれません。 何も知らない状態で作品に触れるからこその感動や驚きがあります。 熱量の高いファンはネタバレを読んでしまっても作品を購入する可能性は高いですが、不満を感じることでしょう。 作品の売り手にとっての不利益 作品の内容を知ってしまったことで、購入を見送るファンも現れるでしょう。 その場合は売り手にとって損失となるネタバレです。 実際に訴訟に発展したケースや「法的措置を辞さない」という注意書きを加える企業もあります。 上記の理由によりネタバレはできる限り避けるべきだと考えられるかもしれません。 しかし、一方でネタバレの線引きについて議論があります。 ネタバレだと感じるレベルは人によって様々です。 その全てを網羅するのであれば、作品について全く感想を書けなくなってしまうでしょう。 作品の売り手にとっても観客が感想をSNSに書いてくれることでクチコミが拡散する効果も期待しています。 そのため一切を禁止するということはできませんが、何を書いて良くて、何を書いてはいけないという定義をすることもできないと思われます。 「ネタバレ」については、ネット上に書く人、そして読む方の双方の配慮によって成立する暗黙のルールだと言えます。 炎上の火種を作らないために 「ネタバレ」の騒動は作品の公開前後で事情が大きく異なります。 公開前の情報流出 関係者しか知り得ない「ネタバレ」がネット上に書き込まれれば、それは情報流出です。 自社でそのようなことが起これば不利益となるため避けるべき事態でしょう。 また、SNSをモニタリングすることでこのような情報流出にいち早く対応することも可能かもしれません。 公開後のネタバレ 作品を鑑賞済み、購入済みのファンが感想を書いた結果、核心部分の情報を公開してしまったケースです。 売り手の企業が過度に制限することでファンの反感を買うこともありました。 企業が情報発信する際にも話題作などを扱う場合であれば、配慮すべきことです。 自分が良いと思ったことを共有したい!というインターネットの特徴とは反対に、共有することで炎上してしまうこともあるようです。 この「ネタバレ」についての拒否反応は年々高まっており、配慮がなければトラブルに発展するでしょう。 炎上の火種を作らないためにインターネット上の暗黙ルールとして、注意しておきたいテーマです。 一緒に読みたい記事 ・.

次の