ウインドウズ 10 軽く する。 PC版 フォートナイト 軽くする方法まとめ【フォートナイトTIPS】

Windows 10 を軽くする 簡単にできる10の方法

ウインドウズ 10 軽く する

1/7 Windowsが快適に動作するには、起動ドライブに十分な空き容量が必要となる。 従って、 システムが不安定な場合は、まずは起動ドライブの空き容量からチェックするといい。 もし空き容量がほとんどない場合は、しばらく使う予定のないファイルを別のドライブに移動したり、不要なアプリを削除したりして、空き容量の確保に努めよう。 Windows10の場合は、デフォルトのファイル保存場所を「設定」メニューの「システム」にある「ストレージ」で変更できる。 例えば、「ドキュメント」の保存先などを、起動ドライブとは別のハードディスクなどに設定しておけば、起動ドライブにファイルをため込むことも少なくなるはずだ。 次に、試してほしいのが「アプリの削除」と「ディスククリーンアップ」。 不要なアプリをアンインストールすれば、手っ取り早く空き容量が増やせるし、ディスククリーンアップなら不要なファイルを自動的に洗い出して、そのまま削除できるので手間もかからない。 ただし、これまで保存したファイルは以前の保存先に残ったままなので、あとから新しい保存先に手動で移動する必要がある。 1 Windows8から採用された 「高速スタートアップ」機能を有効にすると、シャットダウン状態からパソコンを素早く起動できるようになる。 もし電源オフからの起動が遅く感じるなら、本機能が無効になっている可能性があるので、念のため設定を確認してみるといい。 もし「高速スタートアップ」のチェックボックスが外れている場合は、高速スタートアップが無効になっているということだ。 OS起動を高速化したいのなら、必ずチェックしておこう。 改善策 「高速スタートアップ」をオンにする 「電源オプション」のサイドメニューから「電源ボタンの動作を選択する」をクリック。 その最たる原因として考えられるのが「スタートアップアプリ」の増加だ。 スタートアップアプリとは、パソコン起動時に自動的に起ち上がるアプリのこと。 パソコンを使い始めたばかりで数が少ないうちはさして影響はないのだが、数が増えすぎるとシステムに負荷をかけてしまい、起動時間を長引かせてしまうことがある。 こうしたアプリの多くは、常駐アプリとしてタスクトレイにアイコンが表示されているが、なかには完全にバックグラウンドで動作していてタスクトレイからは確認できないものもあるから始末が悪い。 ただし、なかにはスタートアップを停止させると、アプリの動作に不具合が生じてしまう場合もある。 基本的には、明らかに不要なアプリから無効化していったほうがいいだろう。 これで起動速度をある程度は短縮できるはずだ。 1/7 ウィンドウズには、ウインドウの最大化や最小化などを滑らかなアニメで表現したり、写真ファイルのアイコンをサムネイルで表示したりなど、目を引くエフェクト効果が多数用意されている。 しかし、こうした演出は見た目は華やかなものの、システムに大きな負荷を掛ける原因にもなりがちだ。 パソコンのパフォーマンスを少しでも改善したいなら、こうした視覚効果は思い切って無効化してしまうのも手だ。 次に、画面が開いたら「パフォーマンス」欄右下にある「設定」を開いて「パフォーマンスを優先する」をチェックしよう。 あとは「OK」ボタンをクリックすれば設定が適用される。 正直なところ、画面の見栄えはかなり悪くなるが、そのぶんシステムへの負担が減ってレスポンスも良くなるはずだ。 もちろん、元の視覚効果に戻すことも可能で、その場合は「パフォーマンスを優先」から「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」に変更しよう。 改善策 視覚効果を「パフォーマンス優先」にする 視覚効果の変更は、設定から行える。 まず設定の「システム」を表示し、サイドメニューから{バージョン情報}を開こう。 1/7 文書や写真、動画など、目当てのデータを手間なく探し出せる「ファイル検索」。 パソコンならではの非常に便利な機能だが、ストレージにアクセス速度が遅いHDDを使っていたり、大量のファイルを保存したりしていると、検索に時間が掛かるのが困りもの。 そんなときに試してほしいのが「インデックスの作成」。 パソコンの索引ともいうべき「インデックス情報」をあらかじめ作成しておけば、検索速度を飛躍的に向上させることが可能だ。 インデックスの作成は、「コントロールパネル」の「インデックスのオプション」から行える。 初回のインデックス作成には少々時間が掛かるが、検索にかかる時間は見違えるほど短縮化されるはずだ。 改善策 「インデックスの作成」でファイルの「索引」を作る まずコントロールパネルを開いて、画面右上の「表示方法」から「小さいアイコン」を選択。 次に、画面の「インデックスのオプション」をクリックしよう。 1 「自動メンテナンス」は、毎日決められたスケジュールでシステムスキャンやソフトウェア更新などを自動で行ってくれる、いわばパソコンの見守り役ともいえる頼もしい存在。 しかし、その反面、メンテナンス実行中はどうしてもOSの動作が重くなる。 特に、文書作成やゲーム中などに自動メンテナンスが動き出すと、パソコンのスペックにもよるが、まともに操作すらできない状況に追い込まれることもある。 したがって、なにか 重要な作業をするときには、念のため自動メンテナンスをあらかじめ無効化しておいたほうがいいだろう。 1/7 「メモリー」とは、アプリを実行する際にストレージからいったん取り出して記憶しておくための記憶装置のこと。 ざっくりと説明すれば、いわば「アプリのために用意された部屋」のようなものだ。 そんなスペースに「やたら場所を取るアプリ」が入ってきたとしたら、いくら広い部屋でもぎゅうぎゅう詰めで、他のアプリがまともに動けなくなってしまう。 心当たりが特にないのにパソコンの操作が遅いときは、起動中のアプリにこうした「重いアプリ」がある可能性が高い。 そんな 重いアプリは、「タスクマネージャー」を使って探し出すがベスト。 タスクマネージャーの「プロセス」からは、起動中のアプリがどれだけメモリーを使用しているのか簡単に調べられる。 重いアプリを特定できたら、作業中のファイルをいったん保存して終了することで、メモリーの空き容量を増やすことができる。 簡易表示で立ち上がった場合は、画面左下の「詳細」をクリックして詳細モードに切り替えよう。 1/7 データのコピーや移動など、ファイル操作に欠かせないのが、他ならぬ「エクスプローラー」だ。 初期設定ではビギナーでも利用しやすいように、アイコンの代わりにサムネイル画像を表示してくれたり、アイコンにマウスカーソルを重ねると簡単な説明をポップアップで出してくれたりなど、さまざまな配慮が施されている。 ただし、こうした手厚いフォルダー設定は、少なからずメモリーを消費する。 使い勝手よりパソコンの動作速度を重視するなら、思い切って無効化してしまったほうがいい。 改善策 システムに負荷を掛ける「フォルダーオプション」を無効化する まずエクスプローラー上部のリボンから「表示」を選択。 あとはOKボタンをクリックして、設定ウィンドウを閉じれば設定完了。 エクスプローラーの機能はシンプルになるが、そのぶんメモリーの消費を抑えてシステムを高速化できるはずだ。 1/7 普段、パソコンを使用していて、もし本来の処理性能が出し切れていないと感じる場合は、「電源オプション」でPCパフォーマンスを変更するといい。 というのも、ウィンドウズの初期設定では、消費電力と性能のバランスを取ってほどほどの速度で動作するようになっているからだ。 従って、処理速度優先でパソコンを利用したい場合は、「電源オプション」の設定を変更して最大パフォーマンスを出すようにすればいいというわけだ。 ただし、当然ながらパソコンを最大パフォーマンスで動作させれば、消費電力も応じて増大する。 据え置き型のデスクトップ機なら特に問題になることもないが、ノートパソコンの場合はバッテリー持続時間が短くなるという代償を払うことになる。 やや諸刃の剣ともいえるテクニックでもあるので、使用する際はくれぐれも注意してほしい。 改善策 「電源オプション」を変更してPCのパフォーマンスを向上させる まず「コントロールパネル」を開いて、「システムとセキュリティ」をクリック。 こうしたときは不具合を特定して、適切な方法で解消するほかないが、こうした作業はパソコン上級者ならともかく、ビギナーには荷が重いというものだ。 しかし、だからといって諦める必要はない。 実はWindows10には「デバイスのパフォーマンスと正常性」という、不具合特定にうってつけの機能が備わっている。 この機能を活用すれば、パソコンにはあまり詳しくない初心者でもトラブルの原因を特定し、適切な対策を取ることが可能だ。 「デバイスのパフォーマンスと正常性」が対応するのは、ストレージ容量やデバイスドライバー、バッテリー寿命、アプリとソフトウェアなどに関連した不具合となる。 どれも基本的なシステムトラブルではあるが、ビギナーにとっては心強い助けにはなってくれるはずだ。 まとめ パソコンが重くなる原因はユーザー環境によって千差万別。 システム設定やストレージの空き容量など、怪しい点をくまなくチェックして動作の改善を図っていこう。 もし、どうしても原因を特定できない場合は、上記で紹介した「デバイスのパフォーマンスと正常性」を利用するといいだろう。 また、 パソコンのメモリーが極端に少ないときは、8GB以上に増設すると劇的に動作が改善する場合が多い。 システムドライブのストレージがHDDの場合は、データ転送速度の速い「SSD」へ換装するのも極めて効果的だ。 専門分野はパソコンやスマホ、タブレットなどのデジタル家電が中心で、初心者にも分かりやすい記事をモットーに執筆活動を展開中。

次の

Windows10 「動作を軽くする」最も効果的な3つの方法【高速化】 | B

ウインドウズ 10 軽く する

軽くするために行ったこと 設定の変更• 視覚効果の変更• 背景の変更• Windows一時ファイルの削除• 起動時Windowsロゴの非表示 番外編• ブラウザの変更• インターネット一時ファイルの削除• ブラウザのアドオン 拡張機能 以上のことをご紹介します!! 軽量化 高速化 の実施 まずは今回で一番効果があったと思う視覚効果の変更方法です!! 視覚効果の変更 スタートメニューから[コントロールパネル]をクリックします。 コントロールパネルの[システムとセキュリティ]をクリックします。 システムとセキュリティの[システム]をクリックします。 システムの左にある[システムの詳細設定]をクリックします。 すると以下のようなポップアップが出てくるので 詳細設定タブを押します 詳細設定タブの[パフォーマンス]にある設定ボタンを押します。 すると視覚効果を変更できるタブが開くので ラジオボタンのカスタムを選択して 下のチェックボックスから[表示する]、[表示しない]項目を選択してください。 視覚効果の項目一覧はをご覧ください 僕は次のように設定しました。 項目名 状態 Aeroプレビューを有効にする 有効 Windows内のアニメーションコントロールと要素 有効 アイコンの代わりに縮小版を表示させる 有効 ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する 有効 ウィンドウの下に影を表示させる 無効 ウィンドウを最大化や最小化するときに アニメーションで表示する 無効 コンボ ボックスをスライドして開く 無効 スクリーン フォントの縁を滑らかにする 有効 タスク バーとスタート メニューで アニメーションを表示する 無効 タスク バーの縮小版のプレビューを保存する 無効 デスクトップ コンポジションを有効にする 有効 デスクトップのアイコン名に影を付ける 無効 ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する 有効 ヒントをフェードまたはスライドで表示する 無効 マウス ポインターの下に影を表示する 無効 メニューをフェードまたはスライドして表示する 無効 メニュー項目をクリック後にフェードアウトする 無効 リストボックスを滑らかにスクロールする 有効 透明感を有効にする 無効 半透明の[選択]ツールを表示する 有効 このように設定を行うことでだいぶ軽くなりました!! なるべくデザインが気にならない程度に変更を加えました。 すこし気になったらここを変更すれば元に戻せます!! 次は背景の変更をしてみます! 背景を画像から単色背景にすることでデスクトップの読み込み、表示を速くすることができます!! 背景の変更 スタートメニューから[コントロールパネル]をクリックします。 コントロールパネルの[デスクトップの背景の変更]をクリックします。 [画像の場所 L :]の横にあるドロップボックスから [単色]を選択、下から設定したい色を選択して[変更の保存]を押してください。 これでデスクトップ背景色が選択した色になります。 Windows一時ファイルの削除 次にWindows一時ファイルの削除です。 今回一時ファイルの削除はPCに入れていた の で行いました。 ソフトを使わなくてもWindowsのディスククリーンアップツールでも行うことができます。 まずはZEROウイルスセキュリティでの一時ファイル削除方法です!! まずトップ画面から各種ツールを押します。 各種ツールの中からWindows一時ファイル削除ツールを選択してください。 するともう一つウィンドウが開くので[クリーンアップを開始]を押してください。 一時ファイルの削除が始まります。 これだけで一時ファイルの削除ができました!! 簡単ですね!! 続いては、純正機能[ディスククリーンアップ]でやってみます!! 左下のwindowsボタンを押してプログラムとファイルの検索に「ディスク クリーンアップ」と入力し検索します。 ディスク クリーンアップが表示されたらクリックしてプログラムを立ち上げます。 プログラムを立ち上げると以下のような画面が出てきます。 クリーンアップしたいディスクを選んでOKを押してください。 大体の方は[Cドライブ]を選択すれば問題ありません! PCが特殊な構成の場合は別ドライブを選択してください。 すると、ディスクのスキャンが始まります。 環境にもよりますが結構長いので待ちましょう。 スキャンが完了すると以下のようなクリーンする項目を選択する画面が出てきます。 インターネット一時ファイルを削除するので[インターネット一時ファイル]にチェックを入れてください。 そのほかにゴミ箱に捨ててはいるが完全に削除していない場合は[ごみ箱]を選択してください。 選択が終わったら[OK]を押してください。 [OK]を押すと「これらのファイルを完全に削除しますか? 」と聞かれるので[ファイルの削除]を押してください。 すると削除が開始されます。 ブラウザの変更 Google ChromeやFirefoxなどのブラウザを変更すると動作が軽くなることがあります。 上の記事ではGoogle ChromeをVivaldiと言うブラウザに変更しました。 ブラウザのアドオン 拡張機能 の追加 ブラウザを変更したくない方におすすめのブラウザアドオンがあります。 僕のメインブラウザがChromeなのでChromeで使えるアドオンをご紹介してみます!! OneTab OneTabは開いているタブを一つにまとめて管理することができるアドオンです。 ただかなり使用量を減らすことができます!! ではインストールしてみましょう。 にアクセスします。 画面右上にある[CHROMEに追加]を押してください。 インストールが終わるとツールバーにone tabが追加されます。 one tabのマークを押すと一つのページにまとまります。 実行されます 実行前のメモリ使用率 実行後のメモリ使用率 結構違いますよね ちなみにまとめられたタブはOneTabのページに表示されます。 リンクをクリックすると新規タブでページが開きます。 すべてを復元するを押すとOne Tab内に収納されているすべてのページが開きます。 まとめ いかがでしたでしょうか? すこしでも軽くなったという方が居られればうれしいです。 Windows10搭載のパソコンを購入するのが早いんですけどね!!! 高いけど と言うわけで今回はWindows7をできるだけ高速化する方法をご紹介しました!! 役に立った。 高速化できたという方はシェア、コメントよろしくお願いします!! それではまた次回のブログでお会いしましょう!!

次の

「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順について(後編)

ウインドウズ 10 軽く する

パソコンを定期的に高速化し最適化したほうが良い 購入したての頃は、 非常に快適に動作しているパソコンですが、 長く使えばつかうほど、 様々なファイルの断片や不要なフォルダー、 通常は使用することのないプログラムなど色々なデータが蓄積されていきます。 最初は問題なかったことでも、余計なモノが少しずつ少しずつ蓄積されていくとパソコンの動作が遅くなり最悪の場合、復旧不可能なレベルになるほどの打撃を受けることもあります。 そこで、定期的に行っておきたいのが システムやHDD(SSD)の クリーンアップや デフラグといった「 お掃除」になります。 お部屋と同じであなたのパソコンも定期的にお掃除しておきましょう。 しっかりと クリーンアップを 定期的に行っておけば今までは時間かかっていた処理も時間短縮することができるようになり、 動作も快適になるので是非参考にしてみてください。 ・インターネット上から侵入した悪意のファイルや宣伝用のファイル アプリやソフトをインストールすると本当は必要ないファイルやフォルダがPC内に作成されてしまうことがります。 こうしたファイルやフォルダなどを定期的に削除しておかないと今後パソコンの動作に影響してくるのでできるだけ早く対処しておきましょう。 PCの空き容量を増やすディスククリーンアップ ディスククリーンアップを行い、あなたのパソコン内にある不要なファイルを消去していきましょう。 特に操作で難しいことはないので初心者の方も試してOKです。 ディスククリーンアップ手順 1 エクスプローラーを開きます(フォルダマークのやつ) 2 対象のドライブの上にカーソルを合わせ右クリック 3 メニューのプロパティをクリック 4 「全般」タブの「ディスククリーンアップ」をクリックすると不要ファイルを検出する 5 クリーンアップする項目にチェックマークを入れたらクリーンアップをクリック 6 何をチェック入れたらいいかわからない場合は最初からチェックが入っているものでOK 7 クリーンアップを開始すれば長くても数分ほどで完了 これで、不要なファイルが消去されました。 次に動作が重いや遅いと感じた時に行うべき対処法を紹介します。 パソコンの動作が重いや遅いと感じたら行う対処法 パソコンを操作中、普段と比べて動作が重いや遅いと感じたり、処理に時間がかかっているなと思ったら行いたいのが「パソコン内のエラーチェックと最適化」です。 この方法は、エラーの元を検出し、それを消去し、改善後、最適化でパソコン内のフォルダを正しく再構成してくれるものです。 この操作は、初めての場合はかなり時間がかかる場合もありますが、定期的に行うと処理時間も短くなっていきます。 PCのエラーチェックと最適化の手順 ・エクスプローラーを開きます ・対象のドライブの上にカーソルを合わせ右クリックでプロパティへ ・ツールタブへ ・エラーチェックのチェックボタンをクリック(初めての方はここで時間がかかる場合がある) ・チェック完了後「最適化」へすすみ最適化を行う この操作を行うことで動作が快適になることがあるので、動作が重いや遅いなどと感じている方は是非試してみてください。 PCのデフラグを高速化するおすすめソフト デフラグとは、パソコン内の断片化ファイルと呼ばれるものや空のフォルダなどを整理する作業ことです。 デフラグという作業は、完了するまでに通常であればかなり時間を要することもあるのですが、この時間を少しでも高速化したいなら 「」がおすすめです。 ・ソフトを起動するとすぐに検出されドライブ選択後デフラグをを開始 ・デフラグで不要なファイルが発見されのであとはこれを消去すればOK いつのまにかある不要なフォルダを無料ソフトデまとめて削除 いつの間にか増えているフォルダですが、1つ1つ削除していくのは非常に面倒です。 そこで、今回は無料で使える、まとめて不要なフォルダを削除できるおすすめソフトを紹介します。 それが「」です。 使い方は非常に簡単です。 インストール後 ・ソフトを起動します ・「ユーザーのアプリケーションデータフォルダ」でOKをクリック ・一番上にある「参照」をクリックしてフォルダを選択する ・左下側にある「検索」をクリック ・少しまつと不要なフォルダが検出されます ・あとは削除をクリックするだけ(削除はあくまで自己責任でお願いしますw) あなたへおすすめ記事 動作が重くなった遅くなったPCを最適化高速化まとめ.

次の