ソフトバンク メリハリ。 ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」を3月12日に開始 メリハリプランは容量次第で“1500円引き”

ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ソフトバンク メリハリ

ソフトバンク新料金プラン メリハリプランとは メリハリプランはウルトラギガモンスター+と比較して、 基本プランやデータプランの料金は変わっておりません。 ではメリハリプランで何が変わったのかというと3点• 半年おトク割• 2GB以下だと1,500円の割引が適用される• 通話オプションが高くなった 半年おトク割 ウルトラギガモンスター+は1年おトク割が適用され、 1年間は1,000円の割引が適用されるようになっていました。 しかしメリハリプランでは半年おトク割になり、 半年しか1,000円の割引が適用されません。 ワイモバイルの割引も1年から半年と改悪されていたので、 ソフトバンクは永年割引以外は半年にするつもりなのでしょうね。 2GB以下だと1,500円の割引が適用される 旧プランと比較して大きな変化といえばこちら。 メリハリプランでデータ使用量が2GB以下だと、 自動的に 1,500円の割引が適用されるようになります。 ですからすべての割引を適用すれば 1,980円で利用可能に。 後で紹介するミニフィットプランは1GB以下で1,980円なので、 4人以上の家族ならメリハリプランを選んだ方がお得というわけです。 このうちソフトバンクでは低用量プラン自体がなくなりそうですね笑 通話オプションが高くなった 通話オプション 月額 準定額オプション+ 800円 定額オプション+ 1,800円 旧プランの通話オプションより 300円ほど高くなっています。 しかし通話オプションに下記のサービスがつくようになりました。 留守番電話+ 300円• 割り込み通話 200円• グループ通話 200円• 一定額ストップサービス 100円 そのため上記のサービスを使わない人には値上げ、 使っていた人たちはお得に使えるようになったというわけです。 通話サービスの押し売りなので、使わない人には悲報ですね。 ソフトバンク ミニフィットプランとは ミニフィットプランでも割引が少なくなり、 通話オプションが高くなっているのでこれは省きます。 半年おトク割• 通話オプションが高くなった ではミニモンスターとミニフィットプランの違いは、 4段階の定額プランから 3段階の定額プランに変わったことです。 ただドコモ・auは基本料金が2,980円に対して、 ミニフィットプランは基本料金が 3,980円になっています。 また永年割引がおうち割光セットしかないため、 他社より 1,000円高くなってしまうプランとなっている。 そのためドコモやauで家族割や光回線の適用をできるなら、 そっちで契約したほうが安く使い続けることが可能です。 ミニモンスターもひどいプランでしたが、 それが更に改悪されたのがミニフィットプランというわけですね。 まとめ ソフトバンクの新料金プランである メリハリプラン・ミニフィットプランは微妙。 割引の減額と通話オプションの値上げがありました。 ただメリハリプランはライトユーザーからヘビーユーザーまで 使える便利なプランなので、家族で契約するならメリハリプランがおすすめです。 通信料金の値下げはいつになったらくるのでしょうか。

次の

ソフトバンクの「メリハリプラン」なら月の使用量が2GB以下で1500円割引だってよ

ソフトバンク メリハリ

サービス・契約・料金 2020. 27 スマホサポートライン編集部 ソフトバンクにメリハリプランとミニフィットプランが登場!料金内訳や通話料について。 旧プランの違いは? ソフトバンクは、新料金プランとなる「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」の提供を2020年3月12日より開始することを発表しました。 それに伴い、旧プランにあたる「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の受付が3月11日を持って終了することが発表されています。 この記事では、メリハリプランとミニフィットプランの料金内訳や通話料などの詳細内容について、終了する旧プランとの違いについて解説していきます。 これからソフトバンクを契約中の方はもちろん、契約を検討されていた方、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。 終了する料金プランとオプション これまで提供されてきた料金プラン「データプラン50GB+(ウルトラギガモンスター+)」と「データプランミニ」、「定額オプション」「準定額オプション」が3月11日を持って終了します。 その代わりとして登場したのが、今回発表された新料金プラン「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」、オプションサービス「定額オプション+」と「準定額オプション+」です。 メリハリプランの詳細内容 基本プランとデータプランメリハリの料金体系を「メリハリプラン」と呼びます(次項の料金内訳参照)。 データプランメリハリは、データ容量50GBに加え、対象のSNS・動画配信サービスはデータ容量の消費なし(ノーカウント)で利用できます。 2GBのカウントはノーカウント対象のSNSや動画配信サービスなどの容量も含みます。 メリハリプランの料金内訳 半年おトク割、おうち割光セット、みんな家族割+を適用した場合の料金内訳です。 メリハリプランの場合はみんな家族割+を適用できるため、2人以上の割引が適用できる場合はメリハリプランの方が安いです。 ウルトラギガモンスター+との違いは? メリハリプランは、従来のプランで言う「ウルトラギガモンスター+」の代わりとなる位置付けです。 データ容量50GBと対象のSNSや動画配信サービスをギガノーカウントで利用できる点、基本料金6500円であることは同じです。 違うのは、メリハリプランの月間データ使用量が2GB未満の場合に限り、基本料金が1500円割引される点です。 使用量が少ない月は、自動的に1500円割引が適用されるため、ウルトラギガモンスター+よりも好条件と言えます。 あとは適用できる割引にも違いがあって、ウルトラギガモンスター+は1年おトク割を適用できましたが、メリハリプランでは半年おトク割をいう割引サービスを適用できるようになっています。 いずれも基本料金から1000円しますが、期間が半年間か1年間かの違いがあります。 ミニフィットプランの詳細内容 基本プランとデータプランミニフィットを組み合わせた料金体系を「ミニフィットプラン」と呼びます(次項の料金内訳参照)。 月間のデータ使用量が1GBまで、2GBまで、5GBまでの3段階で料金が自動的に変動するプランです。 5GBを超えた場合は、通信速度が最大128kbpsに制限されます。 低速化するため、快適な通信速度で使えるのは5GBまでとなります。 例えば、2月のデータ使用量が1. 5GBだった場合、1GB以上2GB未満のため、2GBまでの料金となります。 上記表で言うと合計3980円となります。 毎月2GBを超える場合は、料金・条件面はメリハリプランがおすすめです。 2GB以下であっても、みんな家族割+の適用状況次第でメリハリプランの方がお得になる場合があります。 ミニモンスターとの違いは? データプランミニ(ミニモンスター)は、1GBまでは3000円、2GBまでは5000円、5GBまでは6500円、50GBまでは7500円と4段階になっています。 ミニモンスターやミニフィットプランは、基本的にはライトユーザー向けの料金プランであるため、間違えて使いすぎた場合などは上限が安いミニフィットプランが良いように思います。 3段階までの料金は同じであり、良し悪しは付け難いです。 ただし、ミニモンスターは1年おトク割で、ミニフィットプランは半年おトク割になるため、割引期間が6ヶ月短くなるので、こちらはミニモンスターの方が優れていました。 割引額はいずれも毎月1000円。 ミニフィットプランとメリハリプランの通話料について いずれも通話料は30秒20円が発生します。 通話が多い方は、次のどちらかのオプションに加入するのがおすすめです。 定額オプション+(1800円):国内通話24時間無料• 準定額オプション+(800円):5分以内の国内通話無料 これらのオプションには、無料通話に加え、留守番電話プラス、割込通話、グループ通話、一定額ストップサービスも付帯しています。 適用できる割引サービス 適用できる主な割引サービスです。 基本料金から6ヶ月間1000円割引。 ・おうち割光セットは、ソフトバンク光やSoftBank Airなどの対象のインターネットの契約がある場合に適用できます。 条件を満たしている限り、永年1000円割引。 ソフトバンクユーザーは適用しておきたい割引のひとつです。 ・みんな家族割+は、ソフトバンクで対象のプランに加入している同一家族グループの回線数に応じて割引額が決定します。 メリハリプランの場合は、家族2人で500円割引、3人で1500円割引、4人以上で2000円割引が適用されます。 こちらも条件を満たしている限り永年。 ミニフィットプランは割引が適用されませんが、回線数としてのカウントはされます。 公式サイト:.

次の

【ソフトバンク 5G】メリハリプランとは? 割引、デメリット、注意点、プラン変更方法を紹介。テザリングはできるのか?

ソフトバンク メリハリ

ソフトバンクは3月12日から、新しい料金パック「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の提供を開始する。 割り引き前の月額料金は、メリハリプランが7480円、ミニフィットプランが3980円からとなる。 (記事中の価格は全て税別) 「メリハリプラン」の概要 メリハリプランは、「基本プラン」と「データプランメリハリ」をパッケージにした料金プランで、「ウルトラギガモンスター+」の後継という位置付け。 スマートフォンの他、タブレット、ケータイ(フィーチャーフォン)、データ通信専用端末でも契約できる。 ただし、おうち割 光セットの適用には指定オプション(月額500円〜)の契約が必要 基本プランはもので、契約種別(音声、データ)を問わず月額料金は一律980円となる。 通話プランにおける通話料金は従量制(30秒当たり20円)だが、「準定額オプション+」または「定額オプション+」を契約することで国内通話の(準)定額利用が可能となる(詳しくは後述)。 データプランメリハリの月額料金は6500円で、データ接続サービスを内包し、月間50GBまで高速データ通信を利用できる。 ウルトラギガモンスター+における「データプラン50GB+」と同じく、 動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」にも対応している。 ……と聞くと、ウルトラギガモンスター+との違いが見受けられないが、 ギガノーカウント利用分も含め、月間データ通信量が2GB以下だと月額料金が自動的に1500円引きとなる点が大きな差異となる。 その他、両オプションには以下のオプションサービスが自動で付帯する。 留守番電話プラス(月額300円)• 割込通話(月額200円)• グループ通話(月額200円)• iPhone基本パック• スマートフォン基本パック• ケータイ基本パック• ケータイ基本パック for 4G ケータイ 旧プランは新規受け付けを終了 メリハリプランとミニフィットプランの提供開始に伴い、ウルトラギガモンスター+とミニモンスターは3月11日をもって申し込みの受け付けを終了する。 同日までに契約した分は、引き続き利用できる。 また、「定額オプション」「準定額オプション」についても、同日をもって申し込みの受け付けを終了する。 ただし、2019年9月13日以前のスマホ/ケータイ向け「通話基本プラン」を契約しているユーザーは、3月12日以降も両オプションを申し込むことができる。 関連記事• ソフトバンクの宮内謙社長が、同社の5G通信サービスを3月末にスタートする予定であることを明らかにした。 何らかの形で容量無制限のプランを提供することも検討しているという。 3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。 数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。 本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。 ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」の使い放題サービスにTwitterとTikTokを追加。 4月7日まではキャンペーンで全ての通信が使い放題だが、対象の動画やSNSはキャンペーン終了後も使い放題になる。 ソフトバンクが新料金プランを発表。 一番の目玉は、指定の動画・SNSサービスのデータ通信を通信容量としてカウントしない「ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)」だ。 【修正・追記】• データ通信容量の60GBへの増量キャンペーンなどに引かれて、NTTドコモの「ギガホ」を契約した筆者。 しかし、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」や、mineoの「ゆずるね。 」も通信容量的な意味で興味深く……。 関連リンク•

次の