引越し 費用 相場 比較。 福岡の引越し料金の費用・相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し 費用 相場 比較

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

11月の引越し費用が一年で一番安いは嘘?大手3社の相場を年間比較

引越し 費用 相場 比較

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

大阪 千葉 引越し 費用 相場はいくら?

引越し 費用 相場 比較

おすすめ!• 電話がかかってこない 連絡はメールでOK 圧倒的に使いやすい!• 引越し料金最大50%OFF 安くなるのは当たり前! しかし、見積もりを安くする、というよりも 高くなってしまわないためにはこれだけでは不充分です。 というのも、エアコンの移設費用というものは 色々と分からないところで追加料金が発生して結果的に高額な見積もりになってしまうケースが往々にしてあり得ます。 「見積もりよりも全然高い!」 …なんて事態を極力避けるための対策と、移設費用を相場より安くするための方法をお伝えしてきます。 その他一括見積もりサービス たくさん比較したいなら「引越し侍」• 提携業者290社以上 大手~中小まで幅広く比較できるため、とにかく安くなりやすい• エアコンに対応する電圧のコンセントはあるか 無ければコンセントの交換や増設• エアコン自体と冷媒ガスの種類は引越し先と一致するか 合わなければ除去・再補充• 配管を通す穴はあるかどうか 無ければ穴あけ工事• 配管・ドレンホース(排水ホース)の長さ 足りなければ配管・ホースの延長料金• 室外機の取り付けは引越し先でも問題ないか 設置場所によっては追加作業• 移設先の距離による費用 市外や県外などで出張費がかかることも エアコンの移設において発生する追加料金はおおよそ上記の作業内容で発生するものですが、こんなの素人の私たちには チンプンカンプン。 これらの追加作業が必要かどうかは業者に実査定をしてもらうまで分からないため、いざ新居に設置するとなった段階で発覚し、見積もりより高額に請求されてしまった…となってしまうワケですね。 そのため、 現場の状況を見てもらう前に提示された料金は一切参考にならないってことをあらかじめ肝に銘じておきましょう。 その方が変な精神的負担も負わずに済みます。 これは「引越し業者のオプション」でも「専門業者の移設費用」でも同じことです。 そのため、引越しでエアコンを移設するなら 必ず訪問見積もりを受けて分かる範囲でいいので新居の状況を業者に伝えるようにしましょう。 要は、引越しで荷物にエアコンが含まれるのであれば、とくに エアコン移設費用だけには目を光らせておいて!ということです。 「エアコン移設パック」を利用する あらかじめ追加料金が乗るであろうと分かっていれば、 通常工事ではなくエアコン移設パックを利用するのも一つの手といえます。 内容としては、新居への設置でよく発生する 追加工事をパック料金としてまとめているプランです。 たとえば、サカイ引越センターだと 「エアコンSパック移設」というものがあって、エアコン取り付け・取り外しに加えて以下の追加工事がパック内料金で依頼できます。 作業 内容 配管無制限 配管の延長 R22ガス補充・R22ガスチャージ 冷媒ガスを適正量に調整・対応ガスへの交換 コンセント交換・延長 部屋のコンセント形状が合わない際の交換・長さが足りない際の延長 電圧切替 電圧100Vから200Vへの交換作業 タテサン 室内機取り付けの際に固定する金具 真空引 配管から空気・水分を抜く ユニオン 配管の繋ぎ目の金具 ドレンホース 排水ホースの延長 プラブロック 室外機の台座 ブレーカー交換 対応電圧の分電盤への交換 室外機工賃 室外機の特殊設置作業 料金は約2万円~が料金目安。 エアコンクリーニング(分解洗浄)は含まれません。 通常作業でエアコン移設を依頼して追加作業が色々と発生するより、 始めからエアコン移設パックを利用した方が見積もりは安くなります。 ワンポイントアドバイス 引越し業者・専門業者問わずエアコン移設パックを用意しているところも多いですが、施工内容や料金は業者によって様々。 各社で見積もりをとって比較してみて、 パックの施工内容と料金が自身のエアコン移設条件に合うかどうか、つまり費用対効果が優れている業者を選ぶようにしましょう。 エアコンを移設するか、買い換えるかの目安 エアコンの移設費用が高額になりそうなら、いっそのことエアコンを処分し、新しく買い替えてしまった方が総合的に安くなる場合も。 ただし逆の場合もあって、購入して1年とかのエアコンを買い替えるってなると損ですよね。 と、いったようにエアコンを 「業者に依頼して移設する」か、それとも思い切って処分して 「新しく買い替えるか」の判断目安を立てましたので、参考にどうぞ。 エアコンが安く買える時期 家電製品にはそれぞれ安い時期があって、エアコンだと以下の通り。 8月上旬 クーラーのシーズンを過ぎたあたりの在庫処分を狙う• 9、10月 各メーカーの新製品発売が集中する時期の型落ちを狙う• 3月 家電量販店の決算期に値下げを狙う このような時期であれば、比較的安くエアコンが購入できます。 引越しを予定する時期がエアコンが安い時期であれば、移設か買い替えかの判断基準の一つと考えても良さそうですね。 エアコンの処分に引越し業者を利用する手も エアコンの買い替えを検討する場合、忘れてはいけないのが処分のこと。 早い話、買い替えを検討する場合、家電回収まで行ってくれる引越し業者に依頼するのが手間もなくおすすめです。 エアコンは家電4品目に登録されており、 家電リサイクル法の定めで通常の家具のように粗大ゴミとして処分することができません。 また、引き取りを依頼する場合は 取り外し費用、運搬費用もそれぞれ別に発生します。 粗大ゴミとして出せない分、処分にお金も時間もかかるため、初めから「家電リサイクル回収」のサービスをやっている引越し業者を選んで、他の荷物の配送作業のついでにやってもらうのがおすすめ。 サカイ引越センター• アート引越センター• ハート引越センター• キタザワ引越センター ざっと有名どころを挙げるとこんな感じでしょうか。 ただ、一口にリサイクル品引き取りといっても 有料であったり無料であったり、買い取ってくれるところもあったり…とエアコンの扱いは業者によって多種多様。 買い替えをする場合も「エアコンの処分費用含む引越し料金」は複数社から見積もりを取って比較することで、 総合的に安い引越し業者に依頼することが可能です。 最大50%OFF! 引越し料金が安くなる• 電話番号不要! メールだけでやりとりできる 移設の依頼は引越し業者か、専門業者か 引越しでエアコンを移設するなら、• 引越し業者に他の荷物と一緒にまとめて依頼する• 専門業者にエアコンだけ個別に移設引越しだけ依頼する の2択ですね。 気になるのは、どちらが安いか?ですが、 移設費用だけなら正直どちらも大差ありません。 というのも、引越し業者に依頼した場合でも、引越し業者が下請けの専門業者を手配するためエアコンの移設費用にそれほど大きな差が出ることはないんですね。 カンタンに言えば 引越し業者を介すか介さないかの違いということです。 エアコンだけを専門業者に依頼して、エアコン以外を引越し業者に依頼するのって普通に手間だし、エアコンだけを新居に運びたい!という人でもない限りは、まとめて引越し業者に依頼でいいんじゃないかなと思います。 また、専門業者だと取り外し・取り付けはやってくれるものの、エアコンと室外機の運搬まではやってないところもあるので、エアコンだけを専門業者に依頼する場合には要注意。 一般的なエアコン引越し費用の相場料金 追加料金に関しては再三お話してきた通り。 では無事に追加工事もなく、基本作業だけでエアコンの移設を行うといくらかかるのかをまとめます。 また、室外機の設置個所や繁忙期であるか、そうでないかなど要因で見積もりが変動するため、あくまで目安とお考えください。 エアコン引越しを業者に依頼した人の口コミ評判 引越しで荷物にエアコンがあって、引越し業者、もしくはエアコン工事専門業者に移設作業をおまかせした人の口コミを集めました。 「移設」か「買い替え」か、移設をするなら「引越し業者」か「専門業者」かの微妙なラインで迷っている人は参考にしてみてください。 「引越し業者」に他の荷物とまとめて依頼した口コミ評判• エアコンの移設費用 16,000円• エアコンの使用年数 2年 値段を比較したところ、引越し業者よりも7000円ほど安くなったため専門業者に依頼。 周辺地域のみで営業されている企業だったために低価格だったが、その分大手とは違い雑な面も見られました。 まず電話対応が家族営業なのか近所のおばちゃん?風で、大手の企業にあるようなコールセンターではなかったです。 そのため契約時点で、きちんと仕事が行われるかの不安はありました。 当日来た業者の方は、ややお年を召したベテラン風の方でした。 不安でしたが黙々と作業は速く、よく聞く追加料金の請求なども無し。 対応面ではいまいちでしたが、作業内容と料金に大満足でした。 投稿日:2019年08月01日 15:27• エアコンの移設費用 35,000円• エアコンの使用年数 10年 引っ越しを決めた際に、引っ越し業者にエアコンの取り外しと取り付けを頼んだら、系列会社の専門業者を紹介されたから専門業者に依頼。 新品のエアコンを11年使用したころに引っ越しが決まりました。 あまり使用していないエアコンだったので、取り外しても壊れはしないでしょう。 と言われ新居に取り付けを頼んだのですが、取り付ける部屋の壁に穴があいておらず、取り付けに一から作業をしなければなりませんでした。 しかも、取り付け部分が二階だったので、管を延長して料金が高くなりました。

次の