マイ ナンバーカード メリット デメリット。 マイナポイント制度が始まる前にチェック!マイナンバーカードのメリットと作り方

【マイナポイントで5,000円獲得】マイナンバーカードのメリット・デメリット、作り方

マイ ナンバーカード メリット デメリット

伸びない普及率、そのワケは? 平成27年10月にマイナンバー通知、平成28年1月から運用開始されたマイナンバー制度。 この名前を聞いてピンとこない方は少ないと思いますが、イマイチ使い道にピンとこない方は多いのではないでしょうか。 かくいう私も割と最近までマイナンバーの「通知カード」を「マイナンバーカード」だと思い込んでいたクチです。 執筆現在の最新更新は令和2年4月1日現在のもので、交付枚数は全体で20,332,415枚、普及率16. 0%とされています。 ちなみに都道府県別での交付率トップは東京都の20. 8%、市長村別では新潟県岩船郡粟島浦村の61. 0%(人口351名に対し、交付214枚)となっています。 さらに世代別で見ていくと、75~79歳が26. 2%のトップで、70~74歳(25. 1%)、80~84歳(23. 9%)と続き、20代~40代の13~15%とは大きな開きがあります。 制度が始まって4年以上経つ今でも、なぜ全国的にこうも普及が進まないのか。 マイナンバーの提示と本人確認を同時に行えるという部分では唯一無二の存在。 こちらは市区町村によってサービス内容が異なりますので、下記サイトからご自身のお住まい、勤務先などで調べてみてください。 こちらは、主に確定申告をご自身で行うという方にとっては大きなメリットだと思います。 ちなみに私もe-Taxを利用するためにカードを発行しました。 また、冒頭で触れた特別定額給付金のオンライン申請も、このカード所持者のみの特権です。 今後も国民に対して一律に行うようなもののオンライン申請に関しては、同様にマイナンバーカードを介した手続きとなるでしょう。 現在はすでにマイナポイントの予約受付中となっており、上限数に達するまでは2万円のチャージで5,000円相当のプレミアムマイナポイントが国から付与されます。

次の

結局どうなの?マイナンバーカードのメリットとデメリットとは?

マイ ナンバーカード メリット デメリット

制度としてデメリットだらけですね。 人間として 良心があるなら マイナンバーカードにメリットがあるなど口が裂けても言えないでしょう。 コンビニで住民票がとれる程度の話はメリットとは言いません。 住民票を取るなど 職場をクビになり 転々と職を移しているなどでもない限り頻繁に使うこともないでしょう。 素行不良で札付きのワル のような生活をしていない限りメリットに感じることなどほとんどないと思います。 マイナンバーカードは それに比べてデメリットが多すぎるんです。 まず マイナンバーカードは紛失時に悪用リスクが高く、免許証やパスポートに比べて格段に身分証明能力が落ちます。 もっと問題なのが この制度は個人資産を狙うものであると言うことですね この制度は 国民のための制度ではありません。 マイナンバー制度は海外では国民総背番号制と言われてドイツやハンガリーで憲法違反判決、イギリスやオーストラリアで撤回されるなど悪名高いものです。 強制にすると 皆猛反発するでしょうね。 香港並みの騒ぎになるのは必定でしょう。 義務強制じゃないから。 批判が高まらないで済んでいるのでしょうね。 マイナンバー制度はおぞましい利権や政治腐敗が関係していますからね 政府のマイナンバーカードのポイントですが、入金2万円に対して5千円分(25%)を提供するというのも毒饅頭でしょう 知恵袋でマイナンバーカードを持つべきだと言う人間ほど消費税増税に賛成しているんですよね。 要するにこれは毒饅頭ってことですよ。 例えば携帯電話やスマホでも端末は 数万円かかるものが 格安で提供されています。 通信会社は最初の損失を通信料で回収するわけです。 マイナンバーカードの場合は 税金で作って(その大半が天下り官僚の報酬で消えます) 料金の回収手段がないので 国の赤字が増えるだけ。 それらはみんな増税圧力なんです。 この制度を導入した方は 自分が私腹を肥やせばあとは悪用されても知らんってことです。 事実 国会では過去に山本太郎の質問に 「民間でマイナンバーカードが悪用されても 政府は国家賠償に一切応じない」と答弁しましたからね。 さて マイナンバー制度 身を切る改革を考えないで国民負担を押し付ける人間が考える手口です。 なぜならこの税金の無駄は消費税10%増税どころで留まる話じゃないから。 なぜなら マイナンバーカードには巨額利権があり 2025年までに30兆円を食い逃げする計画と 1997年から計画されている預金封鎖に計画があります。 そのことを考えるとこのキャッシュバックなんて エビで鯛を釣るどころかエビで鯨を釣るくらいの効果がありますよね? マイナンバーでどれだけ税金が無駄に使われて、それが将来どれだけ国家財政に負担をかけるか、またマイナンバーカード申請者が増えるとそれに拍車がかかるかを知っていて、かつマイナンバーを推進する政治家がどんな思想を持っているかを知っていれば、マイナンバーカード作成を勧める人は「人倫の道に反する」ことは明白です。 税金の私物化や利権を排除して増税圧力を減らして国民の負担を減らすか 利権を増やして 消費税を増税楽しいなの世界を作るか? って話がありますね。 現在 森友学園問題 加計学園問題で アベトモ優遇とか政治の私物化とか言われていますが 森友は8億円 加計は130億円くらいですか? 国民の税金が不当に使われた疑惑があるから予算委員会に持ち込まれているわけですが、 マイナンバーなんてこんなものは比較にならなんです 桁が違います 「マイナンバー」と「利権」で検索してみてください。 検索しただけで1兆円だの3兆円だの こんなのは まだまだ甘い方で 2025年までに マイナンバーの範囲拡大で30兆円の予算を確保する裏計画が練られているとも言われています。 (即ち 消費税5%の時代に3年間消費税を廃止できる金額ですよ) マイナンバーカードは悪用されるという常識があるため 現在のマイナンバーカード普及は約1割ですが 政府は 当初マイナンバーカードを 2020年までに全国民の3分の2に持たせるという計画がありましたからね 要するに マイナンバーには税金が使われ たとえば財務省や総務省の官僚などが天下りした 先のカード業界 システム受注業界などに天下りした連中が 高額報酬を受け取ってウハウハって話なんですよ。 天下りしている連中ってどんな生活しているんでしょうかね? 財務省の実態をあばいたのがこれですよ こんなのが今の日本に2万5千人近くいるわけです。 表面化している官僚など氷山の一角 先日も 「相棒」で天下りを増やす役割の悪徳官僚役をしていた石坂浩二が言っていましたが 一般の天下りとは別に 嘱託職員の肩書で天下りさせれば 組織図に乗らない 役員報酬で法的規制を受けない 情報公開義務はない だからいくらでも税金の無駄使いができる これが実態なんですよ。 マイナンバー制度で マイナンバーカードを皆に持たせようなんて こんな組織を 助長させるようなものです。 実際 天下り先で彼らが何をしているかと言えば 高額報酬をもらいながら 仕事をするでもなく 彼らは出勤はするもの、お茶飲んで新聞読んで将棋を指して 事務の女の子にセクハラ発言をしたり、上から目線で命令して優越感に浸るなどして一日を過ごし、 これで 役員報酬が数年で数億円ですよ。 こんな【貪官汚吏】がいる一方で 現在でも消費税が引き上げられようとして かつ年金などカットされたリ 医療負担比率が上がったりしているわけですね。 このような税金の無駄をするためにマイナンバーカード普及すれば 消費税負担分は10%どころで済まないのは明白です。 問題はそれだけじゃなくてマイナンバー制度って預金封鎖の準備なんですね。 1997年から預金封鎖の計画検討を始めており 当時から 国民総背番号制(マイナンバー制度)が必須と結論付けられております その内容は以下のようなものだったそうです ・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする ・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。 このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。 ・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする ある意味 ネバダ・レポートより過酷ですね。 さらにはこの制度は監視社会の布石です。 実際知恵袋でも マイナンバーカードを申請するように煽っている人は 消費税増税に大賛成だったり、 マイナンバー制度を徴兵制に転用することを言ったり、 以下のような 人権のない憲法や政治家の発言を賞賛したりしています 政治家に至ってはこんなものですよ マイナンバーカードを浸透させるべきと言っている政治家の発言だってこんなものです。 ・高市早苗 ・・・電波停止発言 ・稲田朋美 ・・・国民の生活が第一と言う考えが間違っている。 若者は自衛隊に強制入隊させろ ・片山さつき ・・・天賦人権と言う思想は憲法から消してしまえ (要するに自由や権利を求めたアメリカ独立宣言や フランス革命時のフランス人権宣言は間違っているという思想) ・磯崎陽輔 ・・・フランスの市民革命で勝ち取った「国家権力が侵すことのできない人権」と言う考えは ストーンと削った憲法改正すべき ・伊吹文明・・・体罰を否定したら教育などできない ・山東昭子・・・人権と言う美名の下に犯罪が横行しているので 犯罪をしそうな人間にGPSを埋め込むべきだ ・武藤貴也(後に離党)・・・徴兵制を拒むのは利己的な考え方だ ・中山恭子(日本のこころ)・・・ 民主主義 自由主義が普遍的なものだと思う世の中は間違い 注) マイナンバー制度はドイツでは憲法違反判決 ナチス時代の反省が背景にあるドイツ 旧東ドイツにおける過酷な経験がある。 旧東ドイツでは、すべての国民に12桁の個人識別番号を付し中央民事登録台帳で管理し、さらにはIDカード携行を義務付けていた。 しかも、社会主義国家イデオロギーに基づく国民意思の統合をはかるねらいから、監視カメラその他の監視機器があらゆる場所に設置され、 すべての人は被疑者であり得る 安全は法律に優先する、そして 重要でない情報はない、 という原則に基づき個人情報が収集された 人間としての良心があるなら こんな思想を持った人間の尻馬に乗るなど ありえないと思います.

次の

マイナンバーカードのメリットデメリットを徹底解説!これから作る方必見!

マイ ナンバーカード メリット デメリット

スポンサーリンク マイナンバーカードがポイント還元になるとは 2019年の10月から、消費税が増税される予定となっていて、10%という税率になる可能性が高くなりました。 もうほとんど増税することは間違いない決定事項のようになっているのですが、それを裏付けるのが、国の消費の冷え込みの対策として、マイナンバーカードでポイント還元を付与するという政策を打ち出しているからです。 このような対策を考えているということは、確実に消費増税が決定的だということになりますよね。 実際、タバコや、食料品などの増税に対する値上げなどもニュースなどで取り上げられていますよね。 商品自体の値上げと更に消費増税というダブルパンチで消費者の財布の紐もかなり固くなることは必須ですよね。 そのための施策として国が乗り出している 「マイナンバーカードにポイント還元」をつけたこの対策は一体どんなものなのでしょうか? マイナンバーカードにポイントつくというのはどういう事? 消費者としては、今後増税になることで、無駄な出費は避けたいのが心理になります。 しかし、国としては、消費が落ち込むことで国の経済が回らないことで、悪循環になりかねないのです。 そこで、打ち出したのが消費増税に伴って、国がポイントを付与するという仕組みを作りました。 しかし、そのポイントを受け取るためには、 「マイナンバーカードを作成する」ということが必須となっています。 未だにマイナンバーカードの普及率が低い状態に懸念している国としては、ぜひとも普及させたいという思いから、このポイント制を打ち出したと考えるのが自然ですよね。 そこで、マイナンバーカードを作成することと、ポイント還元がどれほどお得なのか? メリットとデメリットをまとめていきますね。 マイナンバーカードのポイントのメリット・デメリットは マイナンバーカードを作成して、ポイントが受けられるという仕組みを国が打ち出していますが、どれほどメリットが有るのでしょうか? ざっくりとしたまとめですが、要点を書いていきます。 まず、マイナンバーカードを作ることのメリットは、かなり高いと言えます。 ・転居など手続きがスムーズ ・公的な手続きが楽 ・身分を証明できる あらゆる公的な手続きがカード一枚でスムーズにできるというのはかなりのメリットと言えます。 実際、市役所などでの手続きはかなり面倒なものが多いので、カード一枚でできるのはかなり楽です。 ただ、今回のポイント還元がお得かといえば、そうでもないと感じました。 つまり、マイナンバーカードは作成しても良いのですが、ポイント還元はそれほどメリットを感じません。 その理由として、ポイントは自治体で使用することに特化しているために、本当に購入したい商品を買うためにはポイントは使用できないようです。 今後、商品券などの発行など使いやすさを考えてくれる可能性もあるのですが、現在のところでは、自治体ポイントは、自治体で購入できる商品に限られているようですので、かなり使い勝手が悪いですね。 更にマイナンバーカードを作成するデメリットは、個人の情報が流出してしまうと、自分の銀行口座や、自分のプライバシーな情報がすべて筒抜けになってしまうために、かなり不安を感じてしまうのがデメリットの理由です。 大手のGoogleやヤフーなどでも個人情報の流出があるのに、国のセキュリティーがそれよりも上回っているとは到底思えないわけですよね。 アメリカでは主流になっているマイナンバー制度ですが、日本では流出被害や、セキュリティーの弱さが目立つために、カード作成が遅れているということを国は知っているんでしょうか? ポイントが付くからと喜んで作る人は少ないと思いますが・・・ スポンサーリンク 自治体で購入できる商品は? 今回消費増税に伴って、国が打ち出した戦略として自治体で使用できるポイントをマイナンバーカードを作った人に対して還元するということを話していました。 しかし、自治体で使用できるポイントを付与されても、肝心の自治体で使用できる場所がない自治体もあります。 現在100の自治体ほどしか、自治体ポイントを使用できないようですので、せっかく作ったマイナンバーカードでポイントを貰っても、使う場所が無いという減少が起こる可能性が高いです。 かなり矛盾を感じる政策ですが、今現在では、企業が展開している〇〇Payの方が消費者にとってメリットが大きいサービスだと思います。 まとめ この記事ではマイナンバーカードにポイントが付与されることでメリットはどのくらいあるのか? についてまとめていきました。 実際マイナンバーカードを作ることでのメリットは、公的手続きの簡略化など多くメリットを感じると思います。 ただ、セキュリティーの問題があるので、今回のポイント付与でどれだけの人が関心を持つのかは未知数です。 しかも、ポイントを貰っても使用できる自治体が限られているという現実に、あまり今回の施策は流通しない可能性が高いですよね。 個人的にもあまりメリットを感じませんでした。

次の