香典 の お札 の 向き。 香典の入れ方やお札の向きは?香典のルールをかんたん紹介

御香典、お札の向きはどっち?お金を包む時の気を付けたいマナーは?

香典 の お札 の 向き

不祝儀袋には新札?古札?どっち? 慶事(祝い事)のときは、祝儀袋に事前に用意した新札(まだ使われていなくてシワのないお札)を包んでお祝いの気持ちを表現します。 一方で 弔事(不幸事)は突然やってくるもので、事前に準備をすることができません。 「急だったので手持ちのお札で用意しました」という気持ちを表現する意味があるため、基本的に新札を使うのは好ましくありません。 新札を使うと「不幸事が起きることを見越して、以前から準備していたのか」という印象を与えてしまうことがあるからです。 とはいえ、あまりに使い古したお札を使うわけにもいかないですよね。 汚れていたり、破れていたり、シワだらけだったりすると失礼にあたります。 もし手元に新札があるなら、 一度半分に折って折り目を付けてから包むとよいでしょう。 そうすれば 以前から準備していたという印象を与えなくて済みます。 宗教によって異なる「表書き」の選び方 「御佛前」「御霊前」など不祝儀袋の表書きは何種類かありますが、どのように選べばよいのでしょうか。 もっとも一般的なのは「御霊前」ですが、故人の宗教・宗派によって変わります。 御霊前 御霊前(ごれいぜん・みたまえ)は、仏教の葬儀以外で故人の宗教がわからないときに用います。 この場合、不祝儀袋は「蓮の模様が入っていないもの」を選んでください。 仏教では四十九日の法要前に用いることができます。 ただし、宗派が「真宗」(浄土真宗ほか)では用いられません。 真宗には「即日成仏(亡くなるとすぐに仏になる)」という教義がありますので、「御佛前」「御仏前」を用いましょう。 御佛前・御仏前 御佛前・御仏前(ごぶつぜん)は、 仏教式で四十九日の法要以降に香典を持参するときに用います。 仏教では、亡くなってから四十九日後に仏になるという考え方があるため、その法要以降では「御佛前」とします。 それまでは「御霊前」とします。 真宗(浄土真宗ほか)では葬儀の時点から「御佛前」とします。 水引は一般的に黒と白ですが、関西では黄色と白を使うことがあります。 御香典 御香典(ごこうでん)は、仏教式の葬儀に香典を持参するときに用います。 焼香のためのお香に代えてお供えをするという意味で、真宗であっても使うことができます。 御玉串料 御玉串料(おんたまぐしりょう)は、神道の葬儀で弔慰金を持参するときに使います。 お花料 お花料(おはなりょう)は、キリスト教式の葬儀で弔慰金を持参するときに使います。 十字架や花の模様が入った不祝儀袋も市販されています。 表書きの下段にはフルネームを 表書きの下段には、自分の名前をフルネームで記入します。 毛筆や筆ペンを使いましょう。 葬儀当日に渡す香典については、 「悲しみの涙で墨がにじんでしまった」との意味から「薄墨」と呼ばれる色を用います。 四十九日などの法要では、「心を込めて墨をすった」との意味で普通の墨色(黒)を用います。 既に表書きが印刷されている不祝儀袋の場合、薄墨で名前を書くとちぐはぐな印象にならないか心配ですが、薄墨を用いなくても構いません。 書いた文字がはっきり判読できるように注意すれば問題ありません。 水引の選び方 二度とあってほしくない弔事は、水引が結び切りのものを選びましょう。 結び切りは「ま結び」か「あわび結び」とします。 「のし」は付けません。 コンビニや100円ショップでも販売されていますので、不祝儀袋については事前に準備しておくと慌てなくてすむでしょう。 この写真はダイソー(100円ショップ)で売られていた不祝儀袋です。 水引が印刷されているタイプですが、こういったものを用いても差し支えありません。 ただし、故人との間柄が近く包むお金が高額だと、袋と中身が不釣り合いに感じるでしょう。 印刷された水引を使う場合は、目安として5,000円くらいまで。 それ以上になると、水引が印刷でない(取り外せるタイプ)の袋を用いましょう。 これらも100円ショップやコンビニで売られています。 不祝儀袋の折り込み方 不祝儀袋で上下の折り込みが裏面で交わるタイプのものは、慶弔によって重ね合わせる方向が違ってきます。 不幸事に用いるものは、「頭(こうべ)を垂れて悲しみを表す」との意味から、裏面上部の折り返しが上になるように重ねます。 その状態で水引で固定すればいいでしょう。 ちなみに祝い事に用いるものは、「天を仰ぎ喜びを表す」との意味から、不幸事とは逆に裏面下部の折り返しが上になるように重ねましょう。 まとめ 不祝儀袋に関する話(お札の向き、新札古札、表書き)は様々な考え方があり、特に地域・風習によっても違いますので、実はこれが正解というのは一概に言い切れないところがあります。 ですが、 マナーというのは相手を思いやる心のことです。 相手を敬い、気持ちを察し、迷惑をかけないこと。 正解を探すことはむずかしくても、 故人や喪主に失礼にならないよう、お札の入れ方、表書きなどに気を遣い、敬う気持ちを持つことを忘れないようにしたいですね。 冠婚葬祭マナーのおすすめ書籍 冠婚葬祭のマナーについては、こちらの本が詳しいですよ。 三越伊勢丹のギフトサロン内「儀式110番」のカウンターに寄せられた質問がまとめられた本です。 目次は行事ごとに整理されており、知りたいことがすぐに見つけられます。 約500ページに及ぶ辞書のような本です。 一家に一冊あるとどんな場面にも対応できて安心です。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

香典 の お札 の 向き

香典についてもそうです。 新札は避けるというのは分かるけれど、 「お札の入れ方に正しい向きってあるの?」 「中袋がない香典の袋が売っているけど、金額の書き方は違うの?」 一度疑問に思ってしまうと、気になって仕方ありません。 そこで、今回は香典について調べてみましたよ。 Contents• 香典にお札を入れる際の正しい向き 香典に入れるお札には正しい向きがあるんですよ。 正しい向きとは「裏向き」です。 つまり香典袋に入れる際は、 鳳凰(鳥)が描かれている方を表に向ければいいわけです。 このとき、お札の向きはそろえて、裏に顔が来るように、そして金額の数字を 下から読む向きになるように入れます。 N E Y 0 0 0 0 1 このようにちょうどお札の 左側を下にして入れる感じです。 ちなみに中袋の「ありなし」は関係ありません。 中袋があってもなくても この入れ方が共通となります。 香典を確認する時に気にする方も少ないので、お札の向きがそろっていれば、裏表どちらでも構わないと言われてもいますが、まだまだ年配の方も多いですので、香典は「裏」と覚えておく方がいいですね。 悲しみのために 顔を伏せていることをあらわすため 2. 葬式では、亡くなった方の着物を左前にするなど、 通常と逆のことをすることで 非日常をあらわすからお札の向きも逆向きにする 3. 袋から出して すぐ数えられるよう、使う向きにお札を入れる 1つめは最近になって言われ始めたようです。 確かに覚えるためにこじつけたような感じがしますよね。 覚えやすくて便利ですけどね。 庶民がお札を香典とするのは、 昭和初期頃からなんですって。 歴史としては浅いのに、記録にはっきりと残ってないものなんですね。 金額は中袋がない場合も書くの?書き方は? 中袋のない香典の袋は、金額を書くと人目についてしまうので、なんとなくはばかられてしまいますが、書いていいのでしょうか? はい、いいんです。 金額は必ず書きましょう! 金額を書かないと、香典返しをする際に喪主が困ってしまいます。 確かに、金額がわからないと、 「この人にいくら頂いたのかな。 いくらのお返しをしたらいいの?」 ってなっちゃいますよね。 喪主さんの手を煩わせないためにも、金額の他に住所もしっかりと記入しましょうね。 それでは書き方を説明しましょう。 【中袋がない場合の金額の書き方】 ・裏側の 水引より下の部分に薄墨で住所と金額を記入します。 ・普通は縦書きで書きますので、金額は 漢字を使います。 ・漢字は改ざんを防ぐために 「大字」を使います。 ・香典では金額の最後に 「也」はつけません。

次の

法事のお香典を準備。お札の向きや表書き5つのマナー

香典 の お札 の 向き

新札は避けてお札を用意しましょう まず、香典を準備する際は硬貨ではなくお札を準備しましょう。 会社の同僚などと複数名でお金を出し合い合同で香典をお渡しする場合でも、集めたお金をそのまま入れるのはよくありません。 必ずお札に両替をして香典袋に入れてお渡しするようにします。 また、お札の新しさにも気をつけましょう。 結婚式などの慶事ではご祝儀袋には新札を入れるのがマナーですが、香典には新札は使わないようにします。 これは、新札を準備しておくということは亡くなるのを待っていたとも受け取れるためです。 相手を不快にさせてしまうこともあるので気をつけましょう。 とはいうものの、香典としてお渡しするお札がかなり使い古しのものであったり、汚れているというのも良くありません。 そのため、なるべく綺麗なお札を準備するか新札に一度折り目を付けてから香典袋に入れるようにしましょう。 adobe. com 香典の金額 香典にいくら包めばよいのかは多くの人が悩むところです。 香典は故人との関係性や付き合いの深さによっておおよその相場がありますが、必ずその金額という決まりはなく相場を参考にしながらいくらにするかを決め構いません。 もし、いくらにすればよいのかを迷う場合には、自分と同じ立場の人に相談して同じ金額にするというのも良いのではないでしょうか。 お札の枚数 お札の枚数にも注意が必要です。 香典として入れるお札の枚数にもマナーがあり、一般的には1枚、3枚、10枚のいずれかの枚数にするのが良いとされています。 逆に「死」や「苦」を連想させ縁起が悪いと考えて嫌われる数字の4や9は避けるようにします。 ほかにも、偶数枚は故人とのつながりが切れると考えられ、特に高齢者ではこのようなことを気にする方もいます。 そのため、香典に入れるお札の枚数はこれらの数字にならないように気をつけましょう。 なお複数枚のお札を入れる時はお札を同じ向きに揃えるようにします。 お札の上下・裏表 香典袋にどのような向きでお札を入れるのが正しいのか迷う事があります。 お 札には表裏があり、肖像画の描いてある方が表面になり、人物の書かれていない面は裏面です。 また、お札には上下もあります。 肖像画のある表面には左右に金額が書かれていますが、左側の金額が書かれている方が上、肖像画の書かれている方が下です。 このようにお札には表裏や上下があるため、香典袋にお金を入れる前には向きを確認するようにしましょう。 中袋(封筒)へのお札の入れ方 香典袋の中にはお金を入れる白い無地の封筒がついていることがあり、これを中袋と言います。 中袋の表面には香典の金額を書き、裏面には自分の住所、氏名をフルネームで書くようにします。 この時の筆記用具は筆ペンまたは毛筆を使用しますが、中袋に書く時には必ずしも薄墨である必要はありません。 中袋の氏名や住所は遺族が誰から頂いた香典かをわかるようにしたり、香典返しを送ったりする際に必要になるため必ず記入する必要があります。 adobe. com お札の上下 中袋にお金を入れる際にはお札の上下をどのように入れるかに気をつけましょう。 お札の上下に関しては明確なルールが決められているわけではありませんが、一般的には肖像画の描かれている方を下にして中袋に入れるようにします。 香典では中袋の裏側がお札の肖像画の描かれている方になります。 したがって、中袋を裏返しにしてお札を入れると上下を間違えずに入れることができます。 お札を入れる向き お札を入れる向きも不祝儀袋と慶事で用いる祝儀袋では入れ方が異なるため注意が必要です。 香典を包む不祝儀袋では表面を上にした時に、お札の肖像画の書かれている方が裏向きになるようにして入れます。 慶事の場合にはこの逆にするのが一般的なルールになりますので覚えておくようにしましょう。 中包みへのお札の入れ方 中袋ではなく中包みを使う場合もあります。 金額や名前の書き方などは中袋と代わりませんが、封筒ではなく一枚の紙となっているため、中袋よりも入れ方がすこし複雑です。 adobe. com お札の向き 香典袋には中袋ではなく中包みになっているものもあります。 中包みとは中袋のように封筒条になっているのではなく、和紙にお札を包んで外袋に入れるようにするものです。 香典は中包を正面に向けた時にお札の裏側が前にくるようにお札を包まなければなりません。 そのため、最初にお札を置く位置と向きを間違えないように注意しましょう。 もし中包みがなければ奉書紙という和紙に包むようにします。 ただし、地域によっては二重に包むことで不幸が重なると連想されることを縁起が悪いと考えられ、外袋に直接香典を入れることもありあえて中包みのない香典袋が売られることも増えてきています。 中包みの包み方 香典を中包みに包むときの包み方は• 中包みの下方に肖像画が書かれている方が上にして右上がりになるようにお札を置く• 下、左、右の順番に香典袋よりひとまわり小さい大きさに折りたたむ• 左角に向かって2回折る• 右下に空きができていればよい 中包みの表面には香典の金額を書き、裏面には自分の住所と氏名を記載しておきます。 香典袋へのお札の入れ方 香典持参する時にお金を入れる袋のことを香典袋と言います。 香典袋には帯紐の水引が付いているものやあらかじめ水引が印刷してあるものなどさまざまな種類がありますが、中に入れる香典の金額に応じた香典袋を選ぶようにしましょう。 また、市販されている香典袋には中袋の付いているものと付いていないものがあります。 中袋の有無により、それぞれのお札の入れ方には違いがあることを知っておきましょう。 中袋・中包みありの場合 中袋のある香典袋では中袋の中にお札を入れます。 お札の裏表では中袋の表面を上にして、お札の肖像画の面が裏側になるようにします。 また、お札の上下は肖像画が下になるように入れるようにしましょう。 次に中袋の表面に香典の金額を漢数字を使って記入しておきます。 この漢数字は一から三までは正式の漢数字を用いるようにします。 なお、裏面の住所は香典返しを送られる際の手間を省くためにも、きちんと郵便番号から書くようにします。 中袋なし・中包みの場合 香典袋に中袋が付いていない場合には香典袋で直接お札を包むようにします。 この際には、中袋にお札を入れる時と同様に香典袋の表面を上にした場合に肖像画の書かれている方が裏側になるようにお札を包なまければなりません。 上下についてはお札の肖像画のある方を下にして包むようにしましょう。 また、香典袋を折り返す時には先に下側を折り返して、次に上側をかぶせるようにし水引をかけるようにするのがマナーです。 この場合には、香典袋の裏面に直接金額や住所を書く必要があり忘れないようにしましょう。 ふくさへの香典の入れ方 通夜や葬儀告別式に香典を持参するときは直接香典袋を差し出すのではなく、ふくさという四角い絹やちりめんの布に包みます。 ふくさに香典袋を包む事は相手に対する敬意と礼を重んじ心遣いをしているという気持ちをあらわすことになるのです。 この香典袋を包むふくさの色は決まっていて、グレーや紫色のものを使用するようにし、結婚式などの慶事で用いる暖色系のものは用いません。 ふくさへの香典袋の包み方として、祝儀袋を挟むタイプのものでは左開きになるようにして香典袋を入れておきます。 ふくさを広げて包むタイプのものでは、爪がある場合は爪のある方を左側にし菱形に広げ、ふくさの中心よりやや右に香典袋を置きます。 そして右、下、上の順に折り、最後に左の端を追って挟み込み、爪が付いている場合はそれを用いて留めましょう。 adobe. com 香典袋の上下 香典袋をふくさに包む時の上下は自分から見て文字が読める向きにしておきます。 そして受付等で香典袋をお渡しする際に香典袋をふくさから取り出し、相手に読める向きに香典袋を反時計回りに回転させるようにするのがマナーです。 香典お渡しする時には「この度はご愁傷様でございます」などのお悔やみの言葉を添えて差し出すようにしましょう。 香典袋を入れる向き 香典袋をふくさに包むときは香典袋の表面が上になるように包むようにします。 このように包んでおくとふくさを広げた時にも、香典袋の表面が上にくるため、そのままスムーズに相手にお渡しする事ができるのです。 この時ふくさを折りたたんだり、台付きのふくさの場合には台の上に乗せることでより丁寧な香典の渡し方となります。 まとめ 香典の包み方には絶対にこうしなければいけないという決まりはありませんが、一般的なマナーを守る事で相手を不快にする事がないように配慮する事になります。 香典を準備したり渡したりする機会はそれほど多いものではないため、いざという時に戸惑わないようにしっかりとマナーを身につけておきたいものです。

次の