ピンク下地。 ふんわり肌をゲット!「ピンク下地」がオススメのワケ&おすすめアイテム4選!

【プチプラ】おすすめピンク下地10選♡のせた途端に血色感アップ!

ピンク下地

崩れないピンク化粧下地BEST3! テスト、検証項目として• 仕上がり(トーンアップ度、ナチュラルさ、ムラになりにくさ)• 崩れにくさ(人工皮膚に人工皮脂をスプレー) 上記の2点を乗り越え崩れにくさを検証した素晴らしい下地です! 人工皮脂で崩れやすかったのはオーガニック系の「ナチュラグラッセ」という下地です。 もし使っている方がいたらオススメできませんね…。 検査項目は「トーンアップ度」「ナチュラルさ」「ムラになりにくさ」「仕上がり」の4項目。 トーンアップ度 ナチュラルさ ムラになりにくさ 崩れにくさ 普通 良い 良い 良い 価格:6480円 とちょっとお高めですが実力はバツグン!(Yahooだとお得に買えるかも) パール入りでシアーな仕上がり。 保湿効果もあり自然なツヤ感がありますが、ナチュラルすぎてトーンアップ感はそこそこ。 崩れにくく、シミやくすみを隠してくれます! 総合的にバランスの良い下地と評価できそうですね。 トーンアップはファンデーションでカバーしましょう! サンプルメモ。 3月発売のSUQQUブルーミンググロウプライマー。 2年前のSUQQUのラベンダー下地も愛用してたんだけど今年のも良いぞ…!ラベンダーというよりピンク下地。 くすみの気になる日は絶対使いたい。 顔色良くしてつるんてなった。 価格はプチプラなので、SUQQUが高いと感じる方はこちらを。 崩れにくさは普通ですが、 トーンアップが素晴らしい! みずみずしいジェルが目元のくすみ、色ムラ、毛穴もバッチリ隠してくれます! 黄み肌、ピンク肌のどちらにも合うなじみカラーで正直、SUQQUより評価が良い印象です。 トーンアップ度 ナチュラルさ ムラになりにくさ 崩れにくさ 普通 良い 普通 良い 価格:1296円 有名なメイベリンニューヨーク!プチプラ! こちらは保湿系下地で、夏でも乾燥しやすい方にオススメになっております。 ほどよいツヤとクリームが自然なツヤに仕上げてくれます。 色味はベージュベースのピンクの印象です。 紫外線対策もSPF35。 7%!!! これが1000円以下で叶うなんて…素晴らしい…! しかも崩れにくい!言う事なしですね! このシリーズは以前から評判も良かったですが、テスト結果も素晴らしいようでした。 話題のラベンダーベースが肌の色味も綺麗に見せてくれます。 身体用としては汗への耐性はイマイチの様です。 ファンデを重ねると下地としては優秀! 私のおススメ下地PickUp ここからは私が使ってて良いと感じたピンク下地です。 ずっと使っているやつなので効果はバツグンのはず! 参考にどうぞ! ソフィーナ プリマヴィスタ.

次の

SUQQU(スック)下地|おすすめの保湿トリートメント下地&口コミで人気のピンクも✓

ピンク下地

ピンクの下地の特徴 ピンクの下地の特徴は、血色感のある肌に仕上げることです。 コントロールカラー系の化粧下地はたくさんありますが、比較的使う人を選ばない下地が、ピンクです。 血色感は誰もが持っている色なので、下地として仕込むことによって自然な肌のトーンアップが叶います。 ピンクの化粧下地は、肌を明るく見せてくれますが、白浮きすることがないので、どんな肌色の人でも使うことができるカラーです。 化粧下地として使われるものの場合は、ほとんど色味がつかないので、ナチュラルに肌色を補正することができます。 ピンクの化粧下地は肌なじみが良いので、化粧下地としては非常に人気のあるカラーになります。 イエベとブルベのピンク下地の選び方 ピンクの下地は比較的肌なじみが良いカラーだといわれています。 では、パーソナルカラー的にはどうなのでしょうか。 ブルベとイエベに似合うピンクの化粧下地の選び方についてご紹介します。 そのためピンクの化粧下地はとてもなじみやすいです。 自分が本来持っている血色感と混ざり合うことで、ナチュラルに顔を明るく見せることができます。 しかし、ここで注意が必要なのは、赤みが元々強い肌の場合です。 ブルベの肌の中でも赤みが強いカラーの人は、その上にピンクの下地を重ねてしまうと、より赤みが目立ってしまう場合があります。 赤みが目立つ人がピンク系の化粧下地を使う場合は、テクスチャーがゆるめのものを選ぶと、色味があまり目立たないのでおすすめです。 肌にあるくすみを飛ばしたり、トーンアップさせたりすることで、自然な血色感のある肌を作り出すことができます。 顔色が悪く見えてしまっている肌でも、ピンクの化粧下地を取り入れることで黄ぐすみを取り払う効果が期待できます。 イエベの人にこそ、ピンクの化粧下地はおすすめのアイテムです。 ピンクの化粧下地の使い方 ピンクの化粧下地の使い方についてご紹介します。 ピンクをコントロールカラーとして使う場合は、ピンポイントで使います。 そういった場合、日焼け止めを塗らない部分が出てきてしまうので、あらかじめ日焼け止めを塗っておいた方が日焼けの心配がないのでおすすめです。 ピンクの下地は、肌の色ムラを目立ちにくくする効果が期待できます。 そのためカバーする部分とカバーしない部分を作った方がより色ムラが目立ちにくくなります。 ピンクの下地を塗る部分は、くすみが気になる部分や血色感が欲しい部分です。 目の周りや頬の高い位置など、明るく見せたい部分にだけピンポイントに乗せていくと良いでしょう。 顔全体に塗ってしまうと、せっかくのピンクのカラー効果がなくなってしまうので、ポイントで塗ることをおすすめします。 コントロールカラーをファンデーションの前に仕込んでおいたので、ファンデーションは薄く乗せるだけでも十分です。 必要最低限の量のファンデーションを乗せて仕上げれば、素肌感のある美しい肌を作ることができますよ。

次の

SUQQU(スック)下地|おすすめの保湿トリートメント下地&口コミで人気のピンクも✓

ピンク下地

化粧下地には透明・肌色のものの他に、色がついたものが発売されており「コントロールカラー」と呼ばれています。 肌の悩みをよりピンポイントで修正してくれるのがコントロールカラー。 発売されている主なカラーはイエロー・ピンク・グリーン・ブルー・パープル・オレンジです。 一見「紫や緑なんて顔に塗って大丈夫なの?」と思ってしまいますが、それぞれにしっかり下記のような効果があります。 ・イエロー…肌の色ムラやくすみを集中的にカバー ・ピンク…くすみをとばして肌の血色をアップしてくれる ・グリーン…赤みやニキビ跡をカバー ・ブルー…黄くすみをカバーし透明感をアップしてくれる ・パープル…血色アップ&透明感を同時に演出してくれる ・オレンジ…クマやたるみによる影を目立たなくしてくれ、茶くすみをカバー 人によって肌の悩みはそれぞれかと思いますが、コントロールカラーの中でも特におすすめなのがピンク下地。 せっかく自分の肌色に合わせてファンデーションやフェイスパウダーを選んでも、くすみを除去しなければ綺麗なしあがりにはならないんです。 そんなくすみを除去し、ふんわりと女性らしい肌に仕上げてくれるピンク下地はオススメ。 特に色白さんにはおすすめです。 内側からほんのり色付いた肌はチークやリップの色をより一層引き立ててくれます。 ニキビ跡が気になる方はその部分にグリーン下地を使用し、そのほかの部分にピンク下地を使用するなど、部分使いをしましょう。 クマやたるみが悩みの場合も同様です。 工程が増えるので少し面倒かもしれませんが、下地からこだわることによってムラやトラブルのない均一な肌を作り上げることができるので、化粧下地にはとことんこだわりましょう! ピンクの下地ということで「どうやって使ったらよいの?」と思う方もいると思いますが、通常の化粧下地と使い方は変わりません。 まずは化粧水・乳液でしっかりと肌の保湿を行います。 毛穴をしっかり引き締めることによってベースメイクの毛穴落ちや化粧崩れを防止することができます。 続いて日焼け止めクリームを塗っていきますが、下地にUVカット効果があるものであれば新たに塗る必要はありません。 スキンケアの後は必ずクリームなどがしっかり肌に浸透したことを確認してから次の工程移りましょう。 肌の表面にクリームなどが残った状態でコスメを重ねてしまうと保湿効果が半減するのと同時に化粧崩れの原因になってしまいます。 日焼け止めを塗ったら、ピンク下地を重ねていきます。 内側から外側に向かってムラにならないように丁寧に塗っていきましょう。 下地がキレイに塗れたら、普段使用しているファンデーションをいつも通りに重ねていきましょう。 ベースがしっかりしていないとどんなに質の良いコスメを使っても無駄になってしまいます。 ヨレないメイクをする上で意識するべきことは「薄付き」!カバーに必死になってついつい厚塗りをしていませんか?厚塗りをするとヨレてしまうのでかえって汚くみえてしまう上に、肌のダメージも増えるのでキレイな肌どころか肌トラブルが目立つ肌に…。 崩れないベースを作るために必要なのは時間とスポンジ。 ベースを完成させるうえで大切なのはゆっくりしあげていくこと。 時間がないからといって次々に重ねていってしまっては肌に密着せずにこの時点でヨレてしまうので、1つ塗ったらしっかり肌に馴染んだことを確認してから次の工程へと移ります。 そして、仕上げる時はスポンジを使います。 ある程度指を使ってクリームを顔全体に塗ったら、スポンジを使って広げていきましょう。 ポンポンと叩きこむようにすれば毛穴も消えてくれます。 スポンジは余分なリキッド・クリームを吸収してくれるので自然と薄付きに仕上がるのです。 均一になるまでポンポンとスポンジを使って顔全体をムラなく仕上げていきましょう!.

次の