バイアグラ 心臓。 心筋梗塞・狭心症の既往がある場合、シアリスは使えるか?

バイアグラ処方

バイアグラ 心臓

バイアグラの副作用には、 頭痛、 顔の火照り、 めまい、 腹痛、 下痢など様々な症状があります。 バイアグラの成分には、血流の流れを促進し疲労回復の手助けをする効果があります。 そのため、服用後に心臓が痛くなったり狭心症のような症状を起こすことが問題点です。 そして性行為を行うことで、運動した時のように血圧や脈拍が上昇するので、そのせいで心臓に負担がかかります。 特に持病をお持ちでなく、健康な方は特に問題点ではないかもしれませんが、高血圧あるいは低血圧など症状をお持ちの方、不整脈、現在心臓病で薬の服用をされてる方、 脳梗塞、心筋梗塞など心臓関係で病気の疑いがある方は、病院で医師と相談した上で医師の指示を仰ぐようにしましょう。 その他のバイアグらの副作用 その他、4時間以上勃起状態が続く、勃起持続症という症状を起こす場合もありますが、そういうときは泌尿器科で診察を受けると良いでしょう。 バイアグラだと副作用が強すぎて使用できないという方には、他のED治療薬を処方してくれる場合もあるようです。 やはり医薬品で、まったく副作用もなく心臓に負担もかけないということはないと思った方が良いかもしれません。 用量・用法をきちんと守り、正しい使用方法で快適な生活を送れるようにしたいですね。 即効性はあまり期待できないですが、 滋養強壮剤として身体の内面から元気にする方法でしたら 精力増強するのに副作用が心配だったら マカや クラチャイダムと言った天然ハーブのサプリメントでしたら、副作用の心配はありません。 マカやクラチャイダムには、精力増強効果の高い自然成分が含まれているので、安全に精力アップの効果を期待できます。 バイアグらのように即効性はあまり期待できないですが、その代わり身体の内面から元気にしてくれる滋養強壮効果が高いです。 日本では、 黒しょうが、 黒ウコンと呼ばれている クラチャイダムですが、精力増強には欠かせない アルギニンは、マカの2倍以上含まれているので期待できます。

次の

バイアグラは心臓に悪いのか?【浜松町第一クリニック】

バイアグラ 心臓

心臓病とED|EDとは【浜松町第一クリニック】• 心臓病にもさまざまな疾患がありますが、主にEDとの関連性が高いのは、狭心症や心筋梗塞などの「虚血性心疾患」です。 平成20年の厚生労働省の調査によると、 虚血性心疾患の患者数は80万8千人も存在しています。 狭心症や心筋梗塞は、何らかの原因によって心臓に酸素を送り込んでいる冠状動脈がふさがれ、心筋が血液不足になることで起こる病気です。 狭心症では一時的な虚血ですが、心筋梗塞では冠動脈に血栓がたまり、完全に血液の流れが遮断されてしまいます。 放置しておくと細胞が壊死し、そのまま突然死につながるおそれがあるため、発作が起きた場合は一刻も早い処置が必要です。 冠状動脈がふさがれる原因としては、動脈硬化によって内腔が狭くなることが大きな原因の1つです。 心筋梗塞・狭心症とEDは同じメカニズム EDの中でも、血管が原因となる器質性EDと虚血性心疾患は、どこの血管で起こったかという違いはありますが、上述のように動脈硬化や血流の低下、血管の詰まりなど同じ症状によって起こっています。 心臓の冠状動脈で血管の詰まりが起これば、心筋梗塞・狭心症などに、陰茎動脈につながる血管で詰まりが起こればED【勃起不全】となるわけです。 血管の詰まりやすさは、動脈の太さが1つのポイントとなります。 動脈硬化によって起こる血流の悪化は、体内の細い動脈から始まり、やがて太い動脈へと広がっていきます。 動脈の太さは場所ごとに異なり、たとえば脳周辺では直径5~7ミリメートル、心臓周辺では3~4ミリメートルありますが、陰茎動脈では1~2ミリほどしかありません。 つまり陰茎動脈は非常に細いため、動脈硬化の影響を真っ先に受けやすいといえます。 また、他の動脈は拡張したとしても15パーセント程度が多いのですが、陰茎動脈は勃起時になると80パーセントも拡張します。 これも障害が発現しやすい理由の1つです。 さらに、他の部位の動脈では血流の低下が起こっても、他の血管を介して代わりに血液を各臓器に流してくれるのですが、陰茎動脈にはその代替回路がありません。 そのため、加齢による軽度の動脈硬化によって、一番はじめに発症しやすいのがEDといえます。 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患と診断されると、症状によって冠状動脈の拡張効果があるニトログリセリンと呼ばれる内服薬が処方されることがあります。 これらは、バイアグラやシアリス、レビトラといった「PDE5 阻害薬」との相性が悪く、降圧効果が増強されるため使用禁忌薬となっています。 併用は絶対に控えましょう。 また現在ニトログリセリンの処方を受けていない場合でも、狭心症や心筋梗塞を起こしたことがある人で注意を要するのは、ED治療薬を服用後に心臓の発作が起きた場合の対処方法です。 (ED治療薬の服用で、心臓発作の発生リスクが高まることはありません。 ) ED薬服用後の治療では、ニトロ製剤を使用出来ませんので、主治医にED治療薬の服用をしていることを伝え、発作時の対処方法を必ず確認し、性行為のパートナーとそのことを共有しておくことが重要となります。 発作時には、言葉を発することが出来なくなるためです。 同じ心臓病では、不整脈の治療に使われる「塩酸アミオダロン」などの薬も、ED治療薬との併用が禁止されています。 最近ではジェネリック医薬品が次々と販売されて、薬剤名が成分名となっていますので、注意が必要です。 必ず主治医に確認しましょう。 なお、処方の可否に付きましては、お電話でもご質問をお受けしております。 気になることがございましたら、一度お電話にてお問い合わせください。 浜松町第一クリニック 代表電話番号:0120-23-7722(フリーダイヤル) 【受付時間】平日:10時~22時 土曜:10時~20時 日曜・祝日:10時~18時 性行為そのものは運動ですから、心臓に負荷をかけ、虚血性心疾患を誘発することもあります。 性行為は早足で3階まで階段を登るのと同程度の運動負荷とされており、この程度の運動で極度の息切れや動悸がある場合には、性行為もリスクがあるとみなされます。 ただし一部のハイリスク群を除き、 信頼関係のあるパートナーと落ち着いた環境でおこなう限りは、性行為によって発作を起こす確率はそれほど高くありません。 一方、不倫などの婚外性交では、心拍数が上昇しやすいことから、発作のリスクが高まるとされています。 心疾患をもつ人は、通常とは異なる性行為には気をつける必要があるでしょう。 またバイアグラの発売後、突然の心疾患で性交中に亡くなる、いわゆる「腹上死」が増えたとして、ED治療薬に対する誤ったイメージが広まったことがありますが、腹上死の原因のほとんどは心筋梗塞であり、もともと心臓に基礎疾患をもっていた人がほとんどであると考えられます。 腹上死とED治療薬との関連性は認められていません。 バイアグラをはじめとするED治療薬を服用している・いないに関わらず、心臓病がある方や極度の動脈硬化がある場合には、飲酒・性交時の相手や環境・興奮度合・運動の程度など複合的な要因によって心筋梗塞や狭心症発作が起こることがあります。 薬で性機能が改善しても、無理をしすぎず、パートナーと穏やかに行為を楽しむことが大切といえるでしょう。 【】 【】 【】.

次の

心筋梗塞・狭心症の既往がある場合、シアリスは使えるか?

バイアグラ 心臓

『 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解。 この誤解の始まりや原因に関して日本性機能学会専門医が解説』• ・「が心臓に良くない」 というのは誤解。 ・この誤解は「心血管系障害がバイアグラ使用後に出現」という海外市販後報告から始まった。 ・しかし、この発症事例のほとんどは元々、心血管系障害のリスクを持っている人達だった。 ・バイアグラが複数の心臓専用の薬と併用できない事も誤解の原因となった。 ・しかし、これらが併用できないのは、心臓への影響と言うより、純粋に飲み合わせの問題。 ・バイアグラを使用したセックスにて心筋梗塞が起きている事も誤解の原因となった。 ・しかしセックスは元々、心筋梗塞のきっかけになり得るもの、これが本剤のリスクと混同された。 最初に申し上げますが 「バイアグラは心臓に良くない」 これは誤解です。 日本性機能学会専門医として申し上げますが、 「バイアグラが心臓に良くない」 という意見には医学的根拠があまり有りません。 「バイアグラは心臓に良くない」 = 「健康な男性でもバイアグラによって、段々と心臓が悪くなる」 これは本剤の服用を恐れる人が、抱いている誤解の一つです。 つまり本剤が心臓に毒として作用している印象です。 これは明確に誤解です。 本剤は健康な男性の心臓を徐々に蝕むようなものでは有りません。 そもそも、そんなクスリの発売には厚労省から許可が下りません。 それではなぜ、このような誤解が生まれたのでしょうか? こちらのページでは皆様にバイアグラを安心してご利用頂くために、 この 『誤解』 の始まりや原因に関して日本性機能学会専門医が解説をさせて頂きます。 <当ページの項目リスト>• 【 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の始まり、『外国市販後有害事象』 】• 【 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の原因、 『併用できない心臓の薬』 】• 【 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の原因、 『セックス自体の心臓リスク』 】 1. 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の始まり、『外国市販後有害事象』 「バイアグラは心臓に良くない」 、または 「健康な人の心臓を害する」 、 こうした誤解は、おそらく 『外国市販後有害事象』 の報告から始まったのだと思われます。 その報告の一部を抜粋しますと 「心原性突然死、心筋梗塞、心室性不整脈、脳出血、一過性脳虚血発作、高血圧などの重篤な心血管系障害が本剤投与後に発現している。 」 とあります。 これを読むと 「健康な男性がバイアグラを飲んで、何もしていないのに、いきなり心血管系障害を起こした!!」 という印象になると思われますが、実はこの事例のほとんどは、重症の糖尿病など、 心血管系障害のリスクファクターを元々持っていた患者さん達によるものだったのです。 またバイアグラは用途としてセックスの時に使う薬であり、 後述しますがセックスは心筋梗塞発症の引き金になります。 つまり、 『リスクのある人々』 が 『きっかけ』 をもって、心血管障害の発症に至っているのです。 これはバイアグラの服薬が有っても無くても、状況が変わらなかった可能性を示唆しています。 また、ほとんどの心血管障害は動脈硬化の進行にともない出現しますが、 バイアグラが 『喫煙』 や 『高血圧』 のように動脈硬化を作るかと言うと、全くそんな事は有りません。 それどころか本剤には動脈硬化を抑制する可能性が報告されているくらいです。 つまり 「バイアグラが健康な男性の心臓に良くない影響を与えて、何もしてなかったのに突然、心血管障害を引き起こした」 というのは誤解で、こうした誤解の始まりが、この 『外国市販後有害事象』 なのだと思われます。 ちなみに、この 『外国市販後有害事象』 という報告には、頻度は不明、また因果関係が不明なものを含むと記載されています。 つまり、どのくらい起きてるかわからないし、バイアグラと関係があるかもわからない、と最初から明記されているわけです。 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の原因、 『併用できない心臓の薬』 「バイアグラは心臓に良くない」 、こうした誤解を生んだ原因の一つとして、 本剤と併用できないクスリの中に、心臓の薬が複数存在する事があげられます。 また、心臓における不整脈を抑えるクスリである、 『塩酸アミオダロン』 と呼ばれる薬剤との併用ができません。 これらは併用禁忌薬剤であり、 絶対にバイアグラとの併用ができません。 このように絶対に本剤と併用できないクスリの中に 『心臓専用の薬剤』 が複数有る事は、 「きっとバイアグラがもっと心臓を悪くしてしまうからだ」 といった誤解を招く原因となってしまいました。 しかし、それは明確に誤解です。 『ニトロ』 と本剤を併用できない理由は、一緒に使う事で血圧が急激に落ちてしまい危険だからです。 また 『塩酸アミオダロン』 と本剤を併用できない理由は、一緒に使う事で重症不整脈の原因となる心電図変化が発生してしまい危険だからです。 このように 『ニトロ』 ならびに 『塩酸アミオダロン』 などの心臓のクスリとバイアグラが併用できない理由は、 純粋に飲み合わせ上の問題であり、 「バイアグラが心臓に良くない作用を引き起こすので、心臓のクスリと併用ができない」 というのは誤解なのです。 「バイアグラは心臓に良くない」という誤解の原因、 『セックス自体の心臓リスク』 「バイアグラは心臓に良くない」 こうした誤解の原因の一つとして、 セックス自体の心臓へのリスクが、バイアグラのリスクとして混同されている事が有ります。 「バイアグラを使用してセックスしている最中に心筋梗塞を起こした」 こう聞くと、バイアグラが心筋梗塞を引き起こす引き金になったという印象を受けると思います。 しかし、実は、セックスの方が、心筋梗塞の引き金としては圧倒的に一般的です。 セックスは、元々、0. 9%の心筋梗塞の発症のきっかけになると報告されています。 これはセックスが性的興奮から血圧・脈拍を上昇させるのと、 セックス自体が運動行為でもあるので、 心筋梗塞の素因がある人にとっては、セックスが心筋梗塞発症の 『最後の一押し』 になり得るのです。 実際に心筋梗塞発症後は医療指導上、セックスが禁止される場合があります。 また上述の 『外国市販後有害事象』 もそのほとんどがセックス中、 もしくはセックス直後に心血管障害を引き起こしたという報告です。 すなわち 「バイアグラを使用してセックスしている最中に心筋梗塞を起こした」 というケースも、セックスをせず、バイアグラの服用だけだった場合は、 心筋梗塞発症に至らなかった可能性が示唆されます。 このように、バイアグラがセックスの時に使用する薬剤がゆえに、 セックス自体のリスクがバイアグラのリスクと混同され、 『バイアグラは心臓に良くない』 と判断されてしまう事が有りますが、 これもやはり誤解なのです。

次の