正常 な 脈拍 数。 けやき坂クリニック

脈拍数が多いんですが…病気なんでしょうか…

正常 な 脈拍 数

血圧を重視する傾向がありますが、実は脈拍数にも健康への大切なキーワードが隠されています。 正常な脈拍数は性別や年齢などによって異なりますが、正常であるか否かが健康のバロメーターです。 今回は、脈拍数の正常値や脈拍数が早くなったり遅くなったりする原因、正常値に近づけるための対処法を紹介します。 脈拍数の正常値について 一般的に脈拍の正常値は1分間に60〜100回で、100回を超えることを頻脈、60回を下回ることを徐脈と言います。 脈拍数は性別によって正常値は異なり、男性の正常値は60〜70回、女性は70〜80回と女性の方が多いです。 年齢別にみると、乳幼児は100〜140回、小学生は70〜110回、中学生になると成人とほぼ同じ脈拍数になります。 高齢者は60〜80回です。 赤ちゃんの脈拍が多いことに驚くお母さんがいますが、上記のように乳幼児のうちは脈拍数が多く、年齢を重ねるごとに少なくなるので心配いりません。 またアスリート、とくにマラソン選手は競技中でも60〜70回という低い脈拍数を保つことができます。 脈拍数が早くなる原因 おもに脈拍数は緊張や興奮により、交感神経の働きが活発になったときに早くなる点が特徴。 人はリラックスしているときや就寝時は副交感神経が優位となりますが、活発に活動をしている昼間は交感神経が優位となります。 緊張したり興奮したりすると、脈拍数は増加。 また、過度のプレッシャーや強い精神的ストレスを感じたとき、運動や入浴時にも脈拍数が早くなることがあります。 病気のサインかも?安静時でも脈拍が高いときは? 安静にしているときの脈拍は、1分間に60〜100回ほどですが、環境や気分によって多少の変動も。 しかし、何もせず安静にしていても脈拍が常に高いときは何かしら病気の可能性があります。 病気は早期発見が大切なので、脈拍はチェックしておくのがおすすめ。 脈拍が高いときに考えられる病気や原因としては、熱がある、何かしらの傷を負っている、感染症にかかっているときです。 体が状態を改善しようとして、脈拍が高くなります。 緊張や不安、ストレスなど心理的な負担がある場合も同様です。 また心不全や呼吸器疾患、貧血などでも良好な状態に戻そうと心臓は早く打ち、脈拍は高くなります。 いずれの原因にしても、違和感を感じたら早めの対処を心がけましょう。 脈拍数が遅くなる原因 逆に脈拍数が遅くなるときは、リラックスして副交感神経の働きが優位になっているとき、特に就寝時や睡眠時、起床時など体がリラックスしている状態です。 また、体の不調や周囲の状況によって慢性的酸欠状態にあるときは、脈拍数が遅くなります。 この状態で放置してしまうと、命の危険にさらされることがあるので早めの処置が必要。 そのほかに、睡眠不足や過労による自律神経のバランスの乱れも原因として挙げられます。 さらに、心筋梗塞や狭心症、心房細動、心筋症、心筋炎、心臓弁膜症といった心臓の病気が引き起こす不整脈も挙げられるでしょう。 脈拍数が早くなったり、遅くなる時の対処法 普段のちょっとした工夫で脈拍数を正常値に近づけることができます。 ここでは3つの対処法を紹介。 睡眠や休養を十分にとる 睡眠不足や疲れは大敵です。 体を休ませる時間を十分に確保し、自律神経のバランスを整えましょう。 ストレスを溜め込まない 過度のストレスは脈拍を乱す原因となります。 好きな音楽、軽い運動やストレッチ、またはアロマなどでのリラックス効果を利用するなど、自分なりのストレス発散法を身につけましょう。 ストレス発散のために過度の飲酒をしてしまうことは逆効果です。 食事に気をつける 暴飲暴食をせず、ビタミンAやカルシウムなどを多く含んだ緑黄色野菜喉を積極的に摂るように心がけましょう。 脈拍も測れる血圧計を使って健康管理しよう 今回は、脈拍数の正常値と早い・遅い場合の対処法について紹介しました。 血圧と同様に、脈拍数に関心を持つことは健康管理において大切です。 最近の血圧計は脈拍数が表示されるものも多くあるため、血圧計を利用しながら日頃の管理を習慣にしてみましょう。 脈拍の計測・記録を血圧と一緒に行うなら、オムロンの上腕式血圧計がおすすめ。 使い方は簡単で、本体を腕に通してボタンを押すだけ。 チューブレスなのでスムーズに装着が可能です。 血圧が気になったときにすぐに測定できます。 視認性の良い「有機ELディスプレイ」を搭載しており、正しく巻けているかどうかや、結果をマークで表示してくれるので分かりやすいと評判。 オムロンのスマートフォンアプリとも連動しているので記録も簡単です。

次の

脈拍数が多いんですが…病気なんでしょうか…

正常 な 脈拍 数

ここで掲載する数値の範囲は、一般的な脈拍数の基準値の指標です。 測定時の状況によっても当然数値は異なり個人差がありますのでご了承ください。 尚、乳幼児〜小学生の子供の場合は、成人よりも速い拍動を示します。 例えば像の心拍数は、1分間に約35〜40回程度とかなり低い数値となっております。 人間の心拍数はおおよそ1分間で60回程度ですから、人間に比べると半分に近い数値です。 しかし、小さな小動物。 例えばネズミなどの心拍数は非常に速い事で知られております。 ネズミの心拍数の平均値は1分間に、何と300〜400回という高い数値です。 また、例えば同じ年代の成人であっても心拍数が大きく異なるケースも存在します。 その代表がスポーツアスリートの心拍数です。 中でもマラソン選手の心拍数はとても低いことで有名です。 これはトレーニングによって心臓が鍛えられ、ランニング中であっても心拍数がそれほどあがらない心臓へ鍛えられている為です。 このような鍛えられた心臓は「スポーツ心臓」と呼ばれ、運動中でも1分間に60〜70回程度の心拍数を保つことができます。

次の

血圧の脈拍の正常値一覧表 | 血圧の正常値、平均値、目標値、よくわかる年齢別一覧表

正常 な 脈拍 数

ちょっと多いような気がしますよね。 自覚症状があって不安であれば循環器科の受診がいいと思います。 規則正しく脈を打っていれば治療は必要ないかも知れません。 しかし、不整脈や心疾患が隠れていれば治療したほうがいいと思います。 女性のようですので多少は恥ずかしいと思う検査があるかもしれませんが私の行っている循環器科には女医もいますので少し勇気を出して受診して下さい。 初期の検査は胸部レントゲン・安静時の心電図・心エコー 超音波 ・採血だと思いますが、ここで異常があれば他の検査がオーダーされると思います。 心臓には夜更かしや不規則な生活は決していい事はありません。 私も心疾患を持っていますがやはり夜には心臓が疲れるのがわかりますので出来れば寝ないまでも体を横にして心臓の負担を軽くしてあげることも必要だと思いますよ。 どんな疾患でも早期発見と早期治療は基本ですから早めに受診してみてくださいね。 お大事にしてください。

次の