立花 nhk 裁判。 こんな人はNHKから受信料裁判をされる

受信料裁判、NHKの上告を最高裁が棄却…N国・立花氏「敗訴の事実を放送せず隠蔽」

立花 nhk 裁判

NHKでは、提訴について「立花孝志氏の参議院議員会館における放送受信契約について、受信料を請求していましたが、支払いがなかったため」と説明。 これまで、受信機1台、8-9月分の衛星契約金額として4,560円の支払いを求めており、支払いがない場合は法定手続きをとる旨の通知を発送していたが、期限までに支払いがなかったため、やむを得ず民事訴訟の提起に至ったと説明している。 損害賠償金等の支払い請求書は、NHKの勝訴で判決が確定した2件の損害賠償請求訴訟の賠償金。 損賠賠償金として108万円、遅延損害金および訴訟費用と合わせて134万7697円の支払いを求める内容となっている。 立花氏はこの債権額の支払いに応じない意向を過去に示しており、これまでに支払いが行われていないため、本日10月28日に支払い請求書を送付したという。 該当の訴訟は、立花氏が視聴者を促して、受信料の契約・収納業務のための視聴者宅への訪問を不法行為だとしてNHKを訴えさせたというもの。 2件の訴訟があり、2件ともNHKが勝訴した。 そして、NHKではこの2件の裁判の提訴がNHKの業務を妨害することを目的にした不法行為であるとして、対応に要した弁護士費用相当額の支払いを求めて立花氏と2件の訴訟の各原告を逆提訴し、これらの裁判でもNHKが勝訴し、判決が確定していた。 NHKでは、訴訟によって本来必要のない経費の支出を余儀なくされたと説明。 今回の支払請求書の送付で、2週間後の支払期限までに支払いがなければ、立花氏の資産に対する法的措置も辞さない方針だとしている。

次の

NHK、立花N国党首に受信料支払い求め提訴

立花 nhk 裁判

NHKが政治家の立花孝志氏を民事訴訟で訴えたことが明らかになしました。 防御に徹していたNHKがついに反撃に転じたといったところでしょうか。 立花孝志氏は即座に自身のyoutubeチャンネルで反論しています。 「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首はNHKから自分の身を守ることができるのでしょうか。 【発表】NHK、N国党首・立花氏を提訴 受信料支払い求め NHKは28日までに、受信料の支払いを求めて、「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志氏を東京地裁に提訴した。 — ライブドアニュース livedoornews 訴えの内容は、NHKの受信料を巡ってのもので、金額は4560円と直近の2か月分のようです。 完全に狙い撃ちの裁判ですが東京地裁はどう裁くのでしょうか。 以下NHKのコメント 「立花孝志氏に対し、放送受信料の支払いを求め、支払いがない場合は法的手続きをとる旨の通知を発送いたしましたが、期限までに支払いがなかったため、やむを得ず民事訴訟の提起に至りました。 NHKは引き続き、公共放送の役割や受信料制度の意義を視聴者・国民の皆さまに丁寧に説明してご理解いただき、受信料の公平負担の徹底に全力で取り組んでまいります」 やむを得ずと言っていますが、立花孝志の未払いはNHKにとって渡りに船だったのかもしれません。 立花孝志氏はかつてNHK社員だったこともあるのですが、こんな危険分子が入社するとはNHKも想定外だったはずです。 過去の判例 NHKvs民間人とホテル 受信料を巡っての裁判はNHKが勝利確定みたいなイメージがありますが、報道が偏っているだけで「新小岩パークホテル」との裁判ではNHKが敗訴しています。 NHK受信料裁判で敗訴、都内のビジネスホテル訴訟 NHKが東京・葛飾区にあるビジネスホテル「新小岩パークホテル」に対して受信料をめぐって訴えを起こした「受信料裁判」の判決が21日午後1時10分、東京地裁であり、NHKの請求を棄却するという判決が下され、NHK側が敗訴した。 — The daily olivenews olivenews ただしどうもこれは衛星アンテナを外したことによりBS料金は払えないという内容だったので、地上波の通常受信料分についてはお支払いとなっているはずです。 更にNHKは最高裁まで上告するはずなのでこの戦いが終わったわけではありません。 とはいえNHKが敗訴した事実は大きく、N国民党の政治家および支持者がツイッターなどで懸命に拡散していました。 またテレビ局もほぼこの裁判を報道していません。 一方東急インに対しての裁判ではNHKが勝訴しています。 NHKニュースWEB、今のところ東急インNHK受信料裁判の報道無し。 顧客が自宅でも支払っていれば二重徴収になるような気もするのですがNHK側のロジックが気になります。 上述のようにホテルに関してはNHKが敗訴した例がありますが、対個人になると現状はNHKは無敵状態です。 【社会】 受信料請求訴訟、NHKの勝訴確定…最高裁 (読売新聞): NHKが、受信料の支払いに応じない東京都や札幌市の男性3人に支払いを求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は支払いを命じた2審判決を... 私はメジャーリーグ視聴のために渋々支払っていますが、払っていない知人は少なくありません。 立花孝志とNHKはどっちが勝つのか N国の二瓶文隆議員などがこの件に触れていました。 脅迫事件の立花孝志被疑者がついにNHKから民事訴訟を提訴された。 2017年と今年のNHKとの裁判も実は敗訴していたらしく2件の損害賠償金など約134万円について、支払請求書も送付された。 支払わなければ、差し押さえに入ることになるだろう 今回の埼玉補欠選挙の供託金は差し押さえ対象になるだろうか? — にへい文隆 にへいドン NHKを正す地方議員の会会長 NiheiFumitaka 敗訴続きで差し押さえされるかもとのことです。 今回の裁判も恐らくはNHKが勝利するのではないでしょうか。 NHK受信料が義務化しているのは全く納得していませんが、だからといって払わないのは日本国民として正しい対応とは言えないです。 この件で怖いと思ったのは、NHKは気に食わない日本国民に対しては裁判で訴えて制裁というカードを手にしていることですかね。 これまでの見せしめ裁判から一歩先に進んだ気がします。 ますます受信料の滞納ができなくなってしまいました。 ネットの反応 どっちに肩入れするわけにもいかず、結果茶化すしかないとった状況に見受けられました。 正直に受信料を払って居る者を馬鹿にしてる気がします。 NHKがどんな組織だろうと決まりは決まりだと思うからです。 放送税だと思い受信契約をし受信料は払っています。 問題なのは、直近の裁判でNHKが負けたことをどのメディアも報じていないこと。 この裁判の結果も、NHKが勝たなければ陽の目を見ない。 まあ、この類は勝っても負けても立花氏が勝ったようなもの。 現在も一応政治家ですがモラル的にクリーンなイメージは最初からないので実刑やNHKと無関係のスキャンダルでもない限りさほどダメージにはならない気がします。 また議員としては落選しましたがyoutubeチャンネルは順調のようです。 NHKの受信料ですが、道理的にはスクランブル化するべきだと思います。 ただ現実化は難しいんじゃないですかね。 ただし1世帯ごとの徴収ではなく、将来的には1世帯に二人いれば2契約分の徴収など世帯人数でカウントするプランもあるようで、さすがにそれは勘弁願いたいです。 加陽麻里布という美人秘書の彼女も手に入れた立花隆志氏はNHKとどう戦うのでしょうか。

次の

N国党・立花孝志党首の裁判履歴|モンキーポッド|note

立花 nhk 裁判

関連裁判3連勝の「NHKキラー」が教える受信料お断りノウハウ 「NHK受信料」の不公平と分かりづらさ まずは 「NHK受信料」の制度とその問題点について、みんなが正しく知っているようで、実は NHKの職員ですら正しく理解している人は少ないので、簡単に説明しましょう。 この受信料の支払いは、テレビ1台ごとに何円(定額)支払うというのであれば、とても分かりやすい制度なのですが、実際にはそうではありません。 受信料は、テレビ1台ごとではなく1世帯ごとに支払うことになっています(放送法64条と日本放送協会放送受信規約2条)。 たとえば、 4部屋世帯のすべての部屋にテレビを設置するとテレビは4台になりますが、支払う受信料は 1契約分で済みます。 一方、 ワンルームの一人暮らしで1台しかテレビを設置していなくても、 4台設置している世帯と同じ料金となります。 また、 衛星放送が受信できるテレビか、 地上放送しか受信できないテレビかによって、料金が異なります。 さらに、 単身赴任などにより、家族と別の家に住んでテレビを設置すると、 2契約分の受信料の支払いが必要となります。 そして、会社や官公庁やホテルといった事業所は、 1事業所ごとではなく、1部屋ごとに受信料を支払わなければなりません。 加えて、 ワンセグ機能付き携帯電話や レオパレスのようなテレビ付きの物件に住んでいる方に関しては、 NHKは受信料を支払えと主張しています。 ただ、 地方裁判所はワンセグやレオパレスの住民は受信料を支払わなくてもいいと判決しており、現在混乱しています。 この混乱は、最高裁判所の判決が出る5年後くらいまで続くと思われます。 つまり、 NHK受信料制度はとても分かりづらく、また不公平な制度なのです。 また、契約しているのに受信料を支払わなくても、これまた罰則がありません。 罰則のない法律は、守らなくても問題がないので、 NHKに受信料を支払わない人が大勢いるのが現状です。 では、受信料を支払っている人と支払っていない人の割合(支払い率)はどうなっているかと言うと、 NHKは支払い率を約75%と公表しています。 しかし、私がNHKに在籍していた時に、NHK職員で弁護士資格のある後輩に実際の支払い率を尋ねたところ、「 だいたい半分くらいですね」と言っていました。 ちなみに私は、昨年まで市議会議員(特別公務員)をしていましたが、NHKに受信料を支払っていません。 また、私の知っている弁護士や市役所職員や国会議員や警察官、そしてなんと NHK徴収員の中にも、受信料を支払っていない人を大勢知っています。 このように、 受信料を支払わなくてもなんら日常生活に問題はないのですが、ごくまれに NHKから民事裁判を提起される場合があります。 もしNHKに訴えられたら、どのように対処すればよいのでしょうか?.

次の