函館ss 予想。 函館スプリントステークス2020特集

2020 函館スプリントステークス シミュレーション 【スタポケ】【競馬予想】 函館SS

函館ss 予想

準OPを勝ち上がり、昨年のこのレースに出走しようとしたが飼料の問題で出走できず。 その後はUHB賞2着からキーンランドCで4着、さらに京阪杯に出走して重賞初勝利を挙げた。 キーンランドCは斤量差があったがダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、ナックビーナスらと差のない競馬をしており評価出来る。 京阪杯は時計的にはイマイチだが、その後2,4着馬がOPと重賞を勝っている。 やや力のいる馬場がベターかもしれないが、UHB賞では時計の出る馬場のハイペースにも対応している。 56kgで出走できるのもプラス。 ・ シヴァージ ダートでOPに上がった所で芝に矛先を向け、阪神Cでは7着だったが1200mに短縮して淀短距離Sで4着、北九州短距離を勝って前走の高松宮記念で5着と健闘した。 ここ3走は力の要る馬場で追い込みの競馬をしており、レースラップがハイペースバランスの北九州短距離でも自身のラップバランスは35. 1-34. 前走は上がり最速だったが35. 9-33. 1というかなりの後傾ラップだった。 阪神Cでは先行して序盤3fを34秒台前半で通過し最後に伸び切れなかった所を見ると、1200の良馬場でハイペースだと忙しすぎる懸念がある。 1400くらいがベストに思える馬で、1200なら馬場の悪化が欲しいか。 OP昇級後は佐賀のサマーチャンピオンで勝ったが、JRAの芝の重賞では4,5着こそあるものの馬券にはなれていない。 2走前の阪神Cは逃げたのがダメだったのか大敗、前走のオーシャンSでは人気薄ながら上手く流れに乗ってあわやの4着だったが、斤量の条件が同じダノンスマッシュやナックビーナスらには離された。 前走の0. 7秒差はきっちり走っての力負けだと思うが、今回は1200mでなら相手関係がやや楽になる可能性があり、その場合には前進できるかもしれない。 ただし毎回安定して走れている馬ではないので、上手く力を出せないとあっさり大敗しそう。 ・ アリンナ前走のバーデンバーデンCを人気薄ながら勝利してOP入り。 高速ではなくそれほど時計の出ない馬場で差し決着に乗じた。 時計のある程度掛かるレースでは好走しているが、決着が1:08. 0前後かそれ以下になると負けており、時計に壁がありそう。 今の函館は高速馬場なので、良のままでは苦しいのではないだろうか。 3歳時はNZTで2着、ローズSでも5着などマイルくらいの距離を使われていたが、阪神Cで距離短縮に対応して3着と好走。 その後は京都金杯、京都牝馬Sと2桁着順に大敗し、前走はポラリスSでダートを使われたが15着に終わった。 阪神Cは息の入らない先行馬総崩れの展開を番手から粘ったのは評価でき、2,3走前はタフな馬場がダメだったとすれば一応言い訳は立つ。 距離短縮は競馬の内容から合っても良いと思うし、ダイワメジャーの牝馬ならソルヴェイグやナックビーナスが北海道の1200で好走しているので、良馬場でも人気を落とすなら買える要素はある。 ・ ミキノドラマー芝1200で新馬を勝って以降は千直でしか馬券になっていないという徹底した千直巧者ぶり。 ほぼ千直で10番より外を引いた時にしか走らないので、その条件まで待てば良いだろう。 ここで使ってきたのはアイビスSDに確実に出走出来るよう賞金を加算するためかもしれないが、1200の重賞で好走できるならこれまでのどこかで好走しているだろう。

次の

【函館スプリントステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

函館ss 予想

おはようございます。 本日は日曜の函館メイン、函館スプリントステークスに出走を予定しているエイティーンガール、フィアーノロマーノ、メイショウショウブの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。 今週もG1はありませんので、今日はいつもとは更新内容を少し変えて適当に余談などを挟んでいきます。 すみません。 馬券は馬連とワイド勝負だったので2着があればという結果でしたが、もう少し印を上手く付けていれば爆発もあったかもしれません。 ただ、悔しかったのが適当に追加で買った馬券。 単勝も買えなかったのは痛恨、いつもの下手くそでした。 大穴だったトーラスジェミニは消す要素は全くなかったですが、おそらくダイワキャグニーを軸に出来ていても点数の関係で消していたと思うので、これはこれである意味セーフだったのかもしれません。 そして先日需要があるなら注目新馬でも挙げていこうかな、と書いたので、今週は練習がてら日曜の新馬 3 本を軽く購入。 ゲートでやや立ち遅れてしまった事と内枠を活かせなかった事が着順に反映されたようなレースだったので、次走はまともなら確勝級でしょう。 この母の産駒は下が 3 頭新馬勝ちしており、 2 歳戦に強い父キズナときたら買うしかないでしょう。 乗れていた鞍上も魅力でした。 予想していた展開とは少し違った形になりましたが、最後は馬場を味方に何とか差し切ってくれました。 因みに土曜は外へ出ていたので購入していませんが、おそらく函館のリンゴアメや阪神のヨカヨカは買えていたと思います。 ただ、その他はスカっていた可能性が高かったので、人気を考えるとやらなくて正解だったかもしれません。 基本的に単勝の一本釣りを狙うことになると思うので、ブログ更新時間に実際のオッズを確認出来ないのは痛いですが、需要がありそうなら毎週各馬場の本命を公開していく事も考えていこうと思います 仮に先々週も買っていればおそらく打率はイマイチだったと思うので、もう少し印の打ち方を工夫する必要もありそうですが …。 馬場の影響なのか、脚を取られる場面もみられ、頸を出すリズムも何度か崩れてしまっているので、まずはまともな馬場で負荷をかけられた動きを確認してみたい。 馬体もギリギリで筋肉の張りも物足りないだけに、当然今週の動きだけならとても手を出す事は出来ない。 フィアーノロマーノ まだ少し追われてからの反応が鈍い気もするが、力強い走りと広い可動域はそれなりに目立っており、スピードに乗ってからの走りにも全く無駄がなかった。 良い頃の動きと比較するとまだまだ足りない気もするが、それでも前走を使えなかった影響はほぼないと思っていいと思うので、ここにいつもの軽さが加わってこればまず仕上がるのではないだろうか。 メイショウショウブ この父にしては動きが軽く、馬体も少し薄い気もするが、脚捌きは軽快でフォームにも乱れはない。 ただ、調教パートナーに並んでからの反応がイマイチで、いつものように前へ出ようとする姿勢を感じられなかった点はちょっと引っかかってしまう。 それでも最後に追われた時の伸びだけは素晴らしく感じたので、最終追い切りでいつもの負けん気が戻れば最低限の走る態勢は整うのでは。 予想オッズ 1 ダイアトニック 3. 9 2 ライトオンキュー 6. 2 3 フィアーノロマーノ 8. 7 4 シヴァージ 9. 9 5 エイティーンガール 10. 1 最後に 函館SSの注目馬をあげておきます。 最後に連対したのがロードカナロア、勝利したのは前年のカレンチャンと、このレベルのGI馬でなければ好走できていない、1番人気にとって鬼門のレースだ。 特大万馬券決着もしばしば、荒れるのが恒例となっているのは、何も偶然ではない。 洋芝の小回りコース、別定戦かつ3歳馬の参戦で、上から下の斤量差が大きくなり、純粋な能力だけで図れない条件が揃いも揃っている。 そこに、サマースプリントシリーズの第1戦、スプリンターズSの前哨戦してココを使う馬も出走することもあり、陣営の思惑は多岐にわたる。 人員不足の一般マスコミや、一般ファンが入手できるレベルの情報では馬券攻略は極めて困難、頭を悩ましていることは、過去の配当がハッキリと示している。 こんな難解なレースでも、本物の関係者情報を入手することができる弊社シンクタンクは、2017年には5万5520円的中、2018年にも1万1690円的中など万馬券的中を仕留めている。 今週は特別に函館スプリントSで、弊社が入手している関係者情報、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。 馬券を買う予定がある方は、ぜひとも新聞やSNS、ネット上で入手できる情報のみに頼らず、この情報を見ることを強くオススメする。

次の

函館スプリントステークス2020出走予定馬予想オッズ(ダイアトニック・フィアーノロマーノ・ライトオンキュー3強) =競馬ナンデ=

函館ss 予想

ブック想定 アリンナ 54. 0 丹内 エイティーンガール 54. 0 坂井 グランドボヌール 56. 0 城戸 シヴァージ 56. 0 藤岡佑 ジョーマンデリン 54. 0 丸山 スリーケープマンボ 56. 0 松田 ダイアトニック 58. 0 武豊 ダイメイフジ 56. 0 菱田 ティーハーフ 57. 0 国分優 ビリーバー 54. 0 藤岡康 ホープフルサイン 56. 0 松田 マリアズハート 54. 0 大野 ミキノドラマー 56. 0 勝浦 メイショウショウブ 54. 0 池添 ライトオンキュー 56. 0 古川 リュウノユキナ 56. 10人気、9人気と。。。 この馬を選んで高配当とか勉強になります。 そして12日 日 はマリーンステークスが無料公開!3連複買い目ということで、まずはここに乗っかって腕試しですね。 厳選された情報がレース前夜1鞍公開!函館で高配当だしてるので期待大です!.

次の