キトサンダイエット。 キトサンサプリにダイエット効果はあるの?成分や注意点など [ダイエット食品・サプリ] All About

キトサンサプリにダイエット効果はあるの?成分や注意点など [ダイエット食品・サプリ] All About

キトサンダイエット

そもそも「キトサン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 美容や健康に関心がある人であれば、1度は耳にしたことがあるかもしれません。 キトサンは、残念ながら普段の食事からなかなか摂取することができません。 なぜなら、カニやエビの殻など、普段は食べない部分に含まれている成分だからです。 カニやエビの殻中には「キチン」という不溶性の食物繊維成分が含まれています。 これがキトサンの素です。 キチンを精製してカルシウムやタンパク質、色素などを取り除くことでキトサンサプリがつくられます。 キトサンサプリを服用すると、 ヤセ体質になりダイエットに効果が期待できるといわれています。 キトサンサプリは一体何なのでしょうか。 キトサンサプリの具体的な効果や飲む量、副作用がないかなどは気になるところです。 今回は、サプリを飲む前の定番のさまざま疑問について一緒に確認していきましょう。 キトサンサプリがダイエットに効果的な理由 キトサンサプリは不溶性の食物繊維です。 不溶性の食物繊維の特性がダイエットに良い影響をもたらすと考えられています。 不溶性の食物繊維とは、簡単にいえば体内に入っても溶けて吸収されないということです。 主に2つの特性があります。 1 つ目は、高い保水性です。 不溶性の食物繊維は、お腹の中で水分を吸収し膨らみます。 すると腸が刺激されて大腸が活発に動き始め、結果快調快便になるのです。 関連記事: 2 つ目の特性は発酵性です。 腸内の善玉菌ビフィズス菌などを増やします。 善玉菌が増えれば、腸内環境が良くなり、これも快便につながるのです。 これら 2つの特性がもたらす快便は、必要な栄養分を体に吸収し、不要な分の糖質や脂質を排便によって体の外に出します。 そのため、体を太りにくいヤセ体質にしてくれるのです。 このような理由からキトサンサプリがダイエットに効果的と注目されています。 関連記事: キトサンサプリを飲むタイミング・摂取方法 「ダイエットをする際に効果が期待できることがわかったのでキトサンサプリを飲んでみたい」と興味がわいてきたのではないでしょうか? 飲むのであれば、ぜひ効果的に摂取したいものです。 そのためには、摂取量やタイミングは正しく服用しましょう。 キトサンサプリは種類豊富にありますが、ダイエットなど健康維持のためならば、 1日あたりのキトサンの摂取量は500~1,000mg、生活習慣病対策なら1日1,000mg~2,000mgほどが良いと言われています。 次にキトサンサプリを飲むタイミングです。 キトサンは胃の中に食べ物がないと不要な分の脂肪や糖質を排出できません。 そのため、空腹時の食事前に飲んでもキトサンの働きを十分に利用できないことになりますね。 ダイエットの効果を発揮するためには、食べ物が胃の中に入っている食後にすぐ服用するのが良いとされています。 胃の中で体が必要な栄養分を摂取した残りの余分な脂肪や糖質をキトサンは吸収して排出してくれるのです。 大切なのは量よりタイミングともいわれ、ダイエット効果を得るためには1日の中でいつでも良いというわけではありません。 目的に沿って、適切な摂取量を キトサンサプリに限らず、健康によいとされるサプリも過剰に摂取してもプラスにはなりません。 そのため、 指定された摂取量を守ることが大切です。 キトサンには副作用はないとされていますが、キトサンは食物繊維の一種で、多く摂取しすぎると快便を促すのではなく、 便秘になってしまう恐れがあるため注意しましょう。 また、過剰摂取以外でキトサンサプリを飲むときの注意点を2つご紹介します。 まず、1つ目が 飲み合わせの悪い薬があるということです。 特に「ワーファリン」という血液をサラサラにしてくれる薬は注意が必要になります。 もしワーファリンを飲んでいるという人は、「キトサンサプリを摂取してよいのか」について必ず医師に相談してください。 2つ目は、 アレルギーについてです。 キトサンサプリは主に、カニやエビの殻を原料にしているものが多い傾向です。 カニやエビにアレルギーをおこす人は、キトサンサプリの服用はやめておきましょう。 関連記事: まとめ キトサンサプリは副作用の心配がなく、ダイエットのために飲んでみようと思った方もいるかもしれません。 そんなキトサンサプリにはもうひとつ良い話があります。 キトサンサプリは、プラス電子を持っているため、マイナス電子の塩素にくっつき塩分を体の外に排出するという役割があるのです。 少し理科の勉強のような話ですね。 ダイエットだけでなく、塩分の取り過ぎが気になる人にとっても一石二鳥なのがキトサンサプリです。 キトサンサプリを飲むときには、たっぷりの水と一緒に服用することをおすすめします。 キトサン1,000mgに対して水200ccが目安です。 コップ1杯の水と一緒に飲むことを習慣づけてみてはいかがでしょうか? キトサンサプリは、種類豊富に販売されていて、通信販売でも気軽に手に入れることができるサプリです。 アレルギーがない人や持病がない人は、1度試してみるといいですね。

次の

キトサンの効能と効果と副作用

キトサンダイエット

キトサンとは? キトサンダイエットの キトサンとは、カニやエビ、イカなどの甲殻類の殻やきのこに多く含まれる食物繊維の一種であるキチンを加工したもの。 キチンはそのままでは摂取しても消化・吸収されませんが、それを消化・吸収できるように酸やアルカリなどで化学生成したものがキトサンになります。 そして、このキトサンを配合したサプリメントを摂取するのが、 キトサンダイエットになります。 キトサンダイエットは飲むだけで手軽なダイエット方法と言われるのは、サプリメントを摂取するだけだからです。 なお、キチンを加工しても出来上がったものは100%キトサンというわけではないので、サプリメントの成分表にはキチン・キトサンと表示されている場合が多いでしょう。 キトサンの効能・効果 飲むだけのお手軽ダイエットであるキトサンダイエット。 キトサンが食物繊維の一種であるキチンを加工したもの、ということはわかったものの、ではそれがどうしてダイエットによいのでしょうか。 そこでここでは、キトサンの効果や効能についてご紹介したいと思います。 整腸作用 前述している通り、キトサンは食物繊維の一種です。 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありますが、キトサンは不溶性食物繊維に該当します。 不溶性食物繊維はその名の通り水に溶けず、腸内に溜まった便や老廃物を吸着して膨らみ、腸壁を刺激して排便を促す作用があると言われています。 コレステロールの吸収を抑える キトサンには、コレステロールの吸収を抑える働きがあると言われています。 これにより血中のコレステロールを低下させる作用があると言われています。 デトックス効果 キトサンには腸に溜まった便の排出を促すとともに、有害物質を吸着して体の外に出すデトックス効果が期待できると言われています。 有害物質は食物の他に、呼吸などでも知らないうちに体の中へ取り込んでしまうものですが、キトサンの分子はプラスの電気を帯びており、マイナスの電気を帯びた化学物質などと結び付いて排出する作用があると言われています。 美肌効果 デトックス効果や整腸作用によって、体に不必要なものが排出されると血液の流れがよくなって、細胞に酸素や栄養が行き届きやすくなります。 そのため、肌のターンオーバーが整い、潤いのある綺麗な肌を作ることができると言われています。 美髪効果 キトサンには髪をなめらかにしたり、静電気による髪のダメージを緩和する作用があると言われています。 こうしたことから、キトサンが配合されやヘアケア商品も増えています。 なぜキトサンでダイエット出来るの? キトサンが一躍、ダイエットで注目されるようになった理由には、 「食べた物の脂肪の吸収を抑える働きがあるから」と言われています。 キトサンは食物繊維の一種であり、腸内の老廃物を体外へ排出する働きがあると言われていますが、その際に余分な脂質や糖質も吸収して一緒に排出してくれると言われています。 つまり、 ダイエットには天敵と言われている脂っこい食事や甘いお菓子を食べても、同時にキトサンを摂取していれば、全てが吸収されずに排出されるため、ダイエットに役立つというわけです。 また、お通じがよくなることで血行が促進されると、新陳代謝がよくなって痩せやすい体質に変わると言われています。 ダイエットに効果のあるキトサンの飲み方やタイミング「食前・食後」 キトサンは、カニやエビなどの殻の部分やきのこに含まれる成分ですが、効果を得るためには相当量を摂取する必要があり、またこれらに含まれているのはキトサンに生成される前のキチンであるため、例え相当量を摂取したとしても同様の効果を得ることは難しいと言えます。 そこで、キトサンを摂るにはキトサンが配合されているサプリメントがよいと言われています。 なお、 キトサンサプリメントをダイエット目的で摂取する際には、食前・食後のどちらのタイミングで摂取しても構いません。 ただし、食事のタイミング以外で摂っても意味がなくなってしまうので、必ず食前か食後のどちらかで摂るようにしましょう。 なお、キトサンサプリメントの中にはキトサンの他にもダイエットに有効な成分が配合されていることもあり、その場合は成分によって食前に摂るのがよいのか、食後でいいのか飲み方が変わります。 効果を得るには、必ずサプリメントに表記されている飲み方で飲むようにしましょう。 キトサンダイエットの注意点やポイントや摂取量!副作用はないの? キトサンは食物繊維の一種のため、適量を摂取することで期待する効果が得られる反面、摂り過ぎるとお腹が緩くなってしまったり、逆に便秘になってしまうことがあります。 そのため、 キトサンサプリメントを摂取する場合は、パッケージに表記されている量を目安にしましょう。 商品によって多少差はありますが、1日1g程度のキトサンの摂取が望ましいと言われています。 また、 キトサンダイエットを行う場合は、自身にアレルギーなどがないことを確認しましょう。 カニやエビ、イカなどの甲殻類にアレルギーがある人が、これらを原料にしたキトサンサプリメントを摂ると、アレルギー症状を起こすことがあります。 さらに、病気などで薬を摂取している方も注意です。 薬の成分によっては作用を強めたり弱めたりすることがあるため、薬を服用している方がキトサンサプリメントを摂る時は、必ず主治医に相談するようにして下さい。 キトサンダイエットの口コミ ・キトサンサプリメントを毎日飲むようになってから、お腹の調子がよく、肌荒れが解消されました。 体重もあっという間に3kg落ちて、お通じがよくなったことが関係しているのかなと思います。 ・飲み始めてすぐに効果があるわけじゃないですが、ただ飲むだけなので何となく続けていたところ3ヶ月で3kg痩せました。 劇的に痩せるわけじゃないけど、ちゃんと効果があるんだと実感しました。 ・毎日摂るわけじゃなく、食べ過ぎたと思った時に摂るようにしていますが、それでも体重が増えることがなくなったので効果があると思います。 ・以前飲んだ時は体重が10kgくらい落ちました。 それでしばらく止めていたのですが、また太り始めてきたので再開しようかなと思っています。 ダイエットにおすすめのキトサンサプリ3選! キトサンダイエットを始めてみようと思っても、どのキトサンサプリメントを選んでいいのかわからないという方のために、ダイエットにおすすめのキトサンサプリメントをご紹介します。 大人のカロリミット キトサンを始め、糖質の吸収をカットしてくれるギムネマ酸や、中性脂肪を減らす作用のある桑の葉などが配合されています。 参考URL: キノコキトサン エノキタケやマイタケなどのキノコ100gから、3gしか抽出できない貴重なキノコキトサンを配合しています。 脂っこい食事が好きな方や、外食が多い方におすすめです。 参考URL: キトサンプラス キノコキトサンに、マンゴージンジャーや乳酸菌、シャンピニオンエキスなどの健康素材を配合したキトサンサプリメントです。 参考URL: キトサンのダイエット効果と飲むタイミングや口コミ!のまとめ キトサンダイエットは、キトサンが配合されたサプリメントを摂るだけのお手軽なダイエット方法です。 毎日の食事のタイミングで飲む他に、食べ過ぎた後にアフターサプリメントとして摂る方法もあります。 なお、キトサンダイエットは短期間で大幅に体重が落ちるダイエットではありませんが、食事時の脂質や糖質の吸収を抑えることでカロリーの摂り過ぎを防ぐことができるため、長く続けることで少しずつダイエット効果が実感できると言われています。

次の

キトサンダイエット : サプリメント(ビオチンなど)通販のアメリカンビタミンシ ョップ

キトサンダイエット

キトサンて? キトサンは食物繊維の一種 原料はカニ・エビなどの甲羅や、イカの軟骨、キノコから抽出された「キチン」という 動物性の 食物繊維です。 それを、人工的に科学的に処理したのが「キトサン」です。 キチンとキトサンは、とてもよく似た物質ですが、それぞれ特徴的な違いがあります。 キチン 多くの生物に含まれる物質です。 細胞間を強く連結させ、硬く丈夫にするなどの役割があります。 水・酸性・アルカリ性の一般的な 水溶液には 溶けません。 現在、日本ではキチンを抽出する原料の多くは、カニ・エビなどの甲殻類がもっとも多くなっています。 工業製品や医療用品などに利用され、今でも研究が進められています。 食物繊維の一種として分類されています。 キトサン キチンを 化学的に 処理したものが「 キトサン」です。 水に溶けないといった、 キチンとよく 似た性質、構造をもった 食物繊維です。 サプリメントなどの表記にはキチン・キトサンと記載されている場合があります。 化学的に処理を行っても、キチン成分は含まれているためです。 そして +電荷をもつ珍しい食物繊維です。 通常、食物繊維は電荷(物質がもつ+や-の電気の量)が -電荷か 中性(+・-の電荷量が等しい状態)です。 また、キチンと同じく水には溶けませんが、酸には溶けやすい性質があります。 この2つの性質が健康上、有益だといわれている効果の原因になっています。 とくに、コレステロールを低下させるには有効だと厚生労働省にも認められ、「 特定保健用食品(トクホ)」として認定されました。 有益な成分ですが、食物からの摂取は難しいため、 通常は サプリメントなど加工した状態のものを 摂取します。 では、体内でどのように働くのでしょうか? そして食前、食後のどちらのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか? キトサンは-電荷がお好き キトサンは、まず胃酸で溶かされ、どろっとした液体になり、そのまま腸に移動します。 +電荷をもつキトサンは、腸内で-電荷の物質をくっつけ包み込み、体外に排出します。 -電荷の中には、胆汁酸など脂肪の吸収を助ける成分も分泌されます。 キトサンと結びつくと、 脂肪が 吸収されにくくなります。 このことから、 ダイエットにも 有効だといわれています。 また、ほかの食物繊維と同じように整腸作用や、生活習慣病などの予防につながります。 最大限の効果を発揮させるなら、吸収させたくないものと一緒に摂る方が良さそうです。 それなら食前?それとも胃に食べ物がある食後でしょうか? 食前か食後か?飲むタイミング キトサンは、食前に飲むほうが効果的?それとも食後? 働きからみると、食物と一緒に体内にある方が効果的です。 正解は… 食前、 食後の どちらも 正解! 多くの健康食品会社では、食前に飲むことをすすめています。 食前にキトサンを胃に入れて、ハイカロリーな食べ物たちのアタックに備えるためですね。 ですが、食後に摂取してください、と説明されている場合もあります。 これは、どいうことでしょうか? 食前でも食後でもキトサンは食べ物と一緒に! 性質上、食べ物と 一緒に 消化されることがキー ポイントです。 ですから、 食前でも 食後でも、キトサンが食べた物と一緒に 消化過程に乗ることが 大切です。 食前でも、食後でも食べ物と一緒でなければ、 効果は 発揮されません。 食前に飲んでも、時間をおいて食事を取ったとしたら効果は薄いでしょう。 それなら、食後すぐに飲むほうが効果は高くなります。 反対に食後、時間をあけて飲んでもやはり効果は薄くなります。 食前か食後か、飲むタイミングは悩みどころですが、大切なのは食べた物とキトサンが一緒に腸内にあることです。 食前が良いのか、食後が良いのかは、 サプリメントのメーカーの 指示に 従うのが一番良いでしょう。 ですが、大切なのは 食前なら飲んだらすぐに 食べ、 食後はすぐに 飲む、ということです。 キトサンの効果・効能は? コレステロールとの関係 キトサンは+電荷をもち、-電荷の物質をくっつける性質がありました。 -電荷の物質には、胆汁酸と呼ばれるコレステロールを原料にした、脂肪の吸収を促す成分も分泌されます。 胆汁酸が足りなくなると、新たに体内のコレステロールを使って胆汁酸をつくるので、結果的に体内の コレステロールが 減少します。 食前や 食後に 飲むことで、コレステロールが高くなるのを 防いでくれる 効果が期待できます。 他の効果 キトサンは「-電荷の物質をくっつける」という性質のため、腸内の様々なものをくっつけます。 塩分・プリン体など過剰摂取になりがちな成分や、重金属など知らずに体に溜まっている成分を、 体外に 排出してくれるといわれています。 ほかに、食物繊維としての役割もあり、 便通を よくしてくれる 整腸作用があります。 こうした効果で、腸内環境が良くなり肌がきれいになる、 免疫力の 向上といった効果があるといわれています。 製品や個人の体質にもよりますが、食前、または食後にキトサンを飲むだけで。 体に良い影響があるなら試してみたくなりますよね。 ですが、注意事項もあります。 ポイントを押さえて、健康やダイエットにつなげましょう。 キトサンを飲む時の注意 キトサンは、食前・食後に飲むと、健康やダイエットに役立ちますが、 用量・ 用法はきちんと 守りましょう。 「特定保健用食品(トクホ)」でも、健康被害が報告されていますので、注意しましょう。 1.水を多めに飲む 2.薬との飲み合わせ 3.アレルギー 4.飲むタイミング 5.過剰摂取 1.水を多めに飲む キトサンを飲むときは、 水をコップ一杯くらい 多めに 飲みましょう。 性質的に水を蓄えやすく、 水分不足で 便秘になることがあります。 2.薬との飲み合わせ 以下の 薬を服用している方は、キトサンとの相性が悪いため、 医師と 相談しましょう。 抗コレステロール薬• 血液関係の薬• てんかんの薬 この他にも、薬を服用されている方は、医師に相談しましょう。 3.アレルギー キトサンの原料のほとんどは、カニ・エビといった甲殻類のため、 アレルギーを持つ方は 慎重になったほうが良いでしょう。 キノコ由来・イカ由来の製品など、体質に合わせた製品を選択しましょう。 4.飲むタイミング タイミングに 注意するのは、 食前・ 食後だけではありません。 脂溶性ビタミンA・D・E・K、ミネラル類も 排出される 可能性があるので、飲むタイミングをずらす、 サプリメントなどで 補うなど工夫しましょう。 5.過剰摂取 摂り過ぎは、 下痢・ 便秘・ 栄養素不足などの原因になります。 必ず用量は守りましょう。 まとめ 美味しい食事を目の前に、 罪悪感を持って食べる…。 そんな気持ちから、キトサンは 解放してくれそうです。 ですが、キトサンはいざというときの救世主。 健康とダイエットの 基本は 毎日の生活です。 キトサンを上手に利用して、 健康・ 美容に 役立てましょう! 1週間の人気記事• 朝や夕方に足元を見ると、右足にだけむくみがある… ということはありませんか? 女性なら冷えや立ち仕事など... むくみは日常茶飯事と、ツラいのにそのままにしていませんか? そんな方は、左右の足のむくみ方をチェ... あなたも、鼻を細く高くする方法を、知りたいと思いませんか? ・ぶた鼻 ・だんご鼻 ・平べったい顔... 足の甲がむくむ時、腫れなのか、むくみなのか迷いますね。 痛みや熱っぽかったら腫れ、指で押して元に... 疲れたときに、目がかすむことがありませんか? いつもより、ぼんやり薄く見えるのが、かすみ目の症状... あなたも、1日の終わりに足がパンパンになって靴が入らない! という経験はありませんか? 足... 「C」といえば何をイメージしますか? 眼科でCといえば、視力検査で活躍中のCマーク。 うっとうしい「目のかすみ」は、早く何とかしたいもの。 ドライアイや疲れ目なら、目薬やアイマスクを... スギ・ヒノキの時期が過ぎても、花粉症が収まらない... といったことで、悩んでいませんか? もしかした... 朝起きると、鼻がツーンとして痛い。 女性にはちょっと抵抗があるけれど、鼻くそが最近多い。

次の