ニコニコ うんこ ちゃん。 うんこちゃん/加藤純一@wiki【6/21更新】

ニコニコ大百科: 「うんこちゃん」について語るスレ 9091番目から30個の書き込み

ニコニコ うんこ ちゃん

とは、 ・ が同作品の配信において同作品内に存在する敵の名前を取って命名したである。 内の敵のについてはへ 概要 配信上にて、作中の年1週から4年2週までの間に存命し、の配信において彼の最後のとして使命を全うした。 配信上では「 ボョク ラン」「 オレ ナ マグワウ」などといった、片言でありながらも狂気をんだ言葉を喋るとして付けされた。 攻撃の命中率を犠牲としつつもその驚異的な威をとし、体の高い敵も必殺のやルによって圧倒していく。 しかし、命中率というのは犠牲として決して安いものではなく、圧倒的なを得意としていたも段々との勝手の悪さや命中率の低さに苦しめられていくようになる。 命中率を高めるようするたちととの間に生じた轢も段々と深まっていき、配信はどんどんイのへと踏み込んでいく。 しかし、長きにる苦難を乗り越えたはついにの「 ヤマ落とし」を習得。 の消費がしいことから発動可回数は2回に限られ、両方とも回避されれば自身のが決定してしまう決死のでもあるが、生まれ変わったはこれをにあらゆる敵を一撃で打ち負かし、多くの大会でを勝ち取っていく。 しかし、次に立ちはだかった最大の敵はであった。 はが近くまで迫る極限の状態でも決して諦めず次々と強敵を一撃で打ち負かしていく。 そうした死闘の中で、やがてはS大会に出場し、次の大会を翌日に控える中で「拳を高く突き上げ絶命する」というにも雄々しい最期を遂げていった。 あまりにも劇的な展開を見せていったであったため、今でもの配信史においてから高い支持を受けている。 こういったことから、の配信を代表するとして「」ではの体が名をりを飾っている他、を題材にしてされた作品でも登場することが非常に多い。 経歴 出会い がまだ「ひやぞー」というをとして配信していた際、 CUPにて運命の出会いを果たす。 ひやぞーは敵の攻撃を避け続けるだったが、の圧倒的なを前にはその攻撃を回避することもわず、なんとものを喫してしまう。 の末にを収めたが、その「」という圧倒的な存在はの裏に強な印を焼き付けていった。 その後パレパャンにて「」と名乗ると思しきが現れたことによりは衝撃を受けるが、以降がひやぞーの前に姿を現すことは二度となかったのであった・・・ オクレイマンの誕生 ひやぞーとのから十日。 がひやぞーに代わる新たなを探していた時のこと。 のを用いた石再生の儀によりの再会を果たす。 命名「」。 く、のから預かったとのこと。 好きなものは寝ること、嫌いなものはという食べ物だった。 「 オレモ・・・イク・・・! 」 「 アナザーが今、始まる 」 Eランク その並はずれたにより、初の戦で軽々と4連勝。 そして残す最後の一戦にて、ついに敵のと対峙する。 「記録にも記憶にも残るになる、は。 を倒してな・・・おめばぶっ倒してなぁ!!」と気迫を見せ、どちらが本物のかを勝敗によって決めようとする。 懸命に努するが、努は報われなかった。 Dランク 2大対抗戦への出場を賭けたドD選抜大会に向け、 「デル」と一言に出場の意思を固めただったが、結果は敗退。 4年後の大会でのを心に誓った。 ルという強な技を修得し、戦では全勝によってを修め、Cへと駒を進めるのであった。 Cランク 、1歳を迎える。 気のせいか、大きくなっているように思えた。 C初の戦第2試合、・ レックネンと拳を交える。 結局、惜しくもという結果となってしまった。 一度はを逃した戦だったが、により新技・ を引っ提げ再チャ。 再び・ レックネンと戦うが・・・。 また、今大会もという結果。 さらなる技をめ、は過酷なに身を投じるのであった。 の末、 ロー逆を会得し、体も強化されたは見事3度にして戦を飾った。 が、そこにはの姿はなかった・・・。 Bランク ここで、2歳のを迎える。 またその直後、により ルを修得。 「命中が低くても当てればいい」というをし始める。 戦でもそのポリ通りの戦いを見せたのだった。 「A行こう。 Bとか弱すぎるわ」 Aランク へとに赴く。 そこに待ち構えるは姿を消した の霊であった。 新技・ を駆使し、事にその魂はしたのであった。 そんな折出場した戦だったが、あえなく敗退。 はAの洗礼を受ける。 「、オレニ タリナイ モノハ チカラ」 3歳になり、成長期によりグングン成長する。 ただひたすら純に、だけをめる姿がそこにあった。 その後2回の戦敗退を経て、最終義・ ヤマ落としを修得し、足りなかった最後のピースがった。 「うーん・・・・・・」「 どうも最近が悪いみたいなんだ」「ちょっとのことも考えてみないとね・・・」 「そんな悲しいこと言うんじゃねえよ!!まだやれるんだよ!!!」 「絶対は殺さない・・・!」 ヤマ落としの圧倒的攻撃でAは一掃。 はへと突入する。 2大大陸対抗戦~Sランク は遂に4歳を迎える。 4年越しの・2大対抗戦への出場を考えるが、のは残りわずか。 はを提案するが、は頑なに拒否。 その想い通じてか、は事に選抜大会に出場。 ヤマ落としによる一撃必殺はSでも健在。 全勝でS代表に選抜される。 対抗戦、2勝2敗で命運は・に託された。 対戦相手はと名高いレールだったが・・・ 「、オレ イケル」 2大対抗戦も終わり、はS戦を最後のにすることを決意。 そこに・ オルドーフが待ち構えているとも知らずに・・・。 「、レハ デナイ」 は最後のきを見せた。 別れ 「、来週だからな!」 を開けるとそこにあったのは死してなおングをとり続けるの姿だった。 4歳7カ。 「・・・クイイ・・・!」 当初彼の好きなものは「寝ること」だったが、いつしか「 」に変わっていた。 最績は 勝・ 敗・ 、 Sであった。 関連動画 関連項目•

次の

衛門暦4年目の筆者がおすすめ!うんこちゃんの面白い動画5選|公式放送編

ニコニコ うんこ ちゃん

とは、 ・ が同作品の配信において同作品内に存在する敵の名前を取って命名したである。 内の敵のについてはへ 概要 配信上にて、作中の年1週から4年2週までの間に存命し、の配信において彼の最後のとして使命を全うした。 配信上では「 ボョク ラン」「 オレ ナ マグワウ」などといった、片言でありながらも狂気をんだ言葉を喋るとして付けされた。 攻撃の命中率を犠牲としつつもその驚異的な威をとし、体の高い敵も必殺のやルによって圧倒していく。 しかし、命中率というのは犠牲として決して安いものではなく、圧倒的なを得意としていたも段々との勝手の悪さや命中率の低さに苦しめられていくようになる。 命中率を高めるようするたちととの間に生じた轢も段々と深まっていき、配信はどんどんイのへと踏み込んでいく。 しかし、長きにる苦難を乗り越えたはついにの「 ヤマ落とし」を習得。 の消費がしいことから発動可回数は2回に限られ、両方とも回避されれば自身のが決定してしまう決死のでもあるが、生まれ変わったはこれをにあらゆる敵を一撃で打ち負かし、多くの大会でを勝ち取っていく。 しかし、次に立ちはだかった最大の敵はであった。 はが近くまで迫る極限の状態でも決して諦めず次々と強敵を一撃で打ち負かしていく。 そうした死闘の中で、やがてはS大会に出場し、次の大会を翌日に控える中で「拳を高く突き上げ絶命する」というにも雄々しい最期を遂げていった。 あまりにも劇的な展開を見せていったであったため、今でもの配信史においてから高い支持を受けている。 こういったことから、の配信を代表するとして「」ではの体が名をりを飾っている他、を題材にしてされた作品でも登場することが非常に多い。 経歴 出会い がまだ「ひやぞー」というをとして配信していた際、 CUPにて運命の出会いを果たす。 ひやぞーは敵の攻撃を避け続けるだったが、の圧倒的なを前にはその攻撃を回避することもわず、なんとものを喫してしまう。 の末にを収めたが、その「」という圧倒的な存在はの裏に強な印を焼き付けていった。 その後パレパャンにて「」と名乗ると思しきが現れたことによりは衝撃を受けるが、以降がひやぞーの前に姿を現すことは二度となかったのであった・・・ オクレイマンの誕生 ひやぞーとのから十日。 がひやぞーに代わる新たなを探していた時のこと。 のを用いた石再生の儀によりの再会を果たす。 命名「」。 く、のから預かったとのこと。 好きなものは寝ること、嫌いなものはという食べ物だった。 「 オレモ・・・イク・・・! 」 「 アナザーが今、始まる 」 Eランク その並はずれたにより、初の戦で軽々と4連勝。 そして残す最後の一戦にて、ついに敵のと対峙する。 「記録にも記憶にも残るになる、は。 を倒してな・・・おめばぶっ倒してなぁ!!」と気迫を見せ、どちらが本物のかを勝敗によって決めようとする。 懸命に努するが、努は報われなかった。 Dランク 2大対抗戦への出場を賭けたドD選抜大会に向け、 「デル」と一言に出場の意思を固めただったが、結果は敗退。 4年後の大会でのを心に誓った。 ルという強な技を修得し、戦では全勝によってを修め、Cへと駒を進めるのであった。 Cランク 、1歳を迎える。 気のせいか、大きくなっているように思えた。 C初の戦第2試合、・ レックネンと拳を交える。 結局、惜しくもという結果となってしまった。 一度はを逃した戦だったが、により新技・ を引っ提げ再チャ。 再び・ レックネンと戦うが・・・。 また、今大会もという結果。 さらなる技をめ、は過酷なに身を投じるのであった。 の末、 ロー逆を会得し、体も強化されたは見事3度にして戦を飾った。 が、そこにはの姿はなかった・・・。 Bランク ここで、2歳のを迎える。 またその直後、により ルを修得。 「命中が低くても当てればいい」というをし始める。 戦でもそのポリ通りの戦いを見せたのだった。 「A行こう。 Bとか弱すぎるわ」 Aランク へとに赴く。 そこに待ち構えるは姿を消した の霊であった。 新技・ を駆使し、事にその魂はしたのであった。 そんな折出場した戦だったが、あえなく敗退。 はAの洗礼を受ける。 「、オレニ タリナイ モノハ チカラ」 3歳になり、成長期によりグングン成長する。 ただひたすら純に、だけをめる姿がそこにあった。 その後2回の戦敗退を経て、最終義・ ヤマ落としを修得し、足りなかった最後のピースがった。 「うーん・・・・・・」「 どうも最近が悪いみたいなんだ」「ちょっとのことも考えてみないとね・・・」 「そんな悲しいこと言うんじゃねえよ!!まだやれるんだよ!!!」 「絶対は殺さない・・・!」 ヤマ落としの圧倒的攻撃でAは一掃。 はへと突入する。 2大大陸対抗戦~Sランク は遂に4歳を迎える。 4年越しの・2大対抗戦への出場を考えるが、のは残りわずか。 はを提案するが、は頑なに拒否。 その想い通じてか、は事に選抜大会に出場。 ヤマ落としによる一撃必殺はSでも健在。 全勝でS代表に選抜される。 対抗戦、2勝2敗で命運は・に託された。 対戦相手はと名高いレールだったが・・・ 「、オレ イケル」 2大対抗戦も終わり、はS戦を最後のにすることを決意。 そこに・ オルドーフが待ち構えているとも知らずに・・・。 「、レハ デナイ」 は最後のきを見せた。 別れ 「、来週だからな!」 を開けるとそこにあったのは死してなおングをとり続けるの姿だった。 4歳7カ。 「・・・クイイ・・・!」 当初彼の好きなものは「寝ること」だったが、いつしか「 」に変わっていた。 最績は 勝・ 敗・ 、 Sであった。 関連動画 関連項目•

次の

加藤純一

ニコニコ うんこ ちゃん

布団ちゃんとは、のの心友にして、、をに活動するである。 概要 を始める以前からいくつかやを上げていた。 が脚本を書いたもあるみたいだが、それらはされ見ることはできない。 のということもあり、配信にもかかわらず初日から数のが布団ちゃんの放送を楽しみに待っていた。 しかし、く「しあがった」状態での登場だったので、を落胆させることなく盛り上がる放送をやってのけるなど才を垣間見せる。 それと同時に歌とが多くのの感動とをよんだ。 他の多くのと同様、布団ちゃんも隣に住んでいるとの問題にで悩まされている。 やを恐れてあまりはっちゃけた放送はできないでいる。 以前していたにおいて、に勝手に名前や文句をつけていたのだが、その意味難解にしてなには心打たれた。 それらに後押しされた布団ちゃんは、の名でのを上げ、見事入りをはたした。 下記で説明する配信前日にを購入して以来、同様症に陥る。 初期の「はより」「で性欲が満たせる」発言や、の『!決めたよ!!!』で作成に集中するために一時的にするとといったにも関わらず同日19:18にとをして「からやるわ」発言をなど、驚くほどのっぷりを見せ付けている。 時代にから出ても、ではなく布団ですることで体の拭いていたことが印に残りが命名。 本当の名前は テク らしい。 の内容はにや、たまにや、絵描きなどそつなくこなす。 のに、などの友人を出演させることもある。 「、!」「」「のメン」など多くのギャクを持っている。 しかし、動きや顔を伴うギャクが多いため、には面さがいまいち伝わってこないのが残念である。 また、はをものすごく嫌っており、「これ聞くと唾が走るよー」とのこと。 が一回もできないほど筋がなく、に三本で倒されるほどらしい。 また、前が腐っており、前を隠すように笑っていたらそれがく癖になってしまったらしくがとても。 未だて心からになれたことがないらしい。 なのでとても気持ちよさそうにをする。 がない時期に喫に行き、の配信を視聴していた程のであり、を通じてとも仲良くなり、一緒に配信などしたことのある。 ゴミ屋敷 ののにて、布団ちゃんのを祝うという体で布団ちゃんのもといがされた。 中に何かが浮いている、マでよごれきったテン、とが同居している貯、異臭を放つ、コンートより硬くなったなど、予想の上をいくにはただ笑うことしかできなかった。 は綺麗なを維持していることが本人の口より伝えられたが、実際はどうなっているのか怪しいものである。 また、とは、「をこぼしても食い散らかしても大して気にならなかった前のの方がよかった」とっている。 黒布団 ばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーか 布団とは、布団ちゃんののが壊れるとき現れる、もうひとつの人格である。 黒布団の出現条件• に振られたとき• Bのでに煽られたとき• 寝たいにもかかわらずがやを壊し暴れまわっているとき• の戦を配信してる友人にをかけるも電池が切れるという理由でを切られた(というより本当に電池が切れた)とき 黒布団の生態• 一旦布団になってしまうともはやにも止める手段は存在せず• を持ち出し• 配信で散々怒鳴り散らしたあげくチョ• やのを爆破などの騒動を起こし、布団が去るまで見守るしかない。 以下が布団時にに宛てたきっついである。 酔いのた布団ちゃんはこのが本当に送られていたことを確認し、信頼する友人にこのようなを送ってしまったことをものすごく後悔する。 へ なぜ、はを付く。 配信中なら、正直にそう言えばいいだろ? どうせこんなこと言っても、心にかねぇんだろうな。 !! はへので、相談したいことがあった。 そんなときよりも、は配信に夢中なんだろうな。 !! より 関連動画 今は無き実況動画 生配信 MAD 関連コミュニティ 関連項目•

次の