シバター アウトサイダー。 獣神さんだぁシバターとは (ジュウシンサンダァシバターとは) [単語記事]

YOUTUBERシバターは過去に自殺教唆していたという噂│Streamerチャンネル

シバター アウトサイダー

シバターが蔵厨にスカイプ凸をかける 蔵厨があまりろれつが回っていない状態で配信している中、シバターからスカイプ凸が来る。 相手があまり言い返せない事を良い事に、どんどん発言がエスカレートしていってる。 しまいには 「死ねよ」という発言までしている。 相手の状態がまともな状態なら、こういった配信は 「プロレス」で済んだのかもしれない。 でも、明らかに 普通の状態ではない相手に対して、誹謗中傷の嵐を浴びせるのは、人としてどうかと思わざるを得ない。 じゃあこの蔵厨ってどんな状態だったんだよって思うところだよな。 少し説明する 蔵厨はOD常習で精神的にかなり不安定だった OD(オーバードーズ)とは、向精神薬や睡眠薬など薬を定められた量を遥かに超えて一度に飲む行為 手帳も持ってるほどに精神疾患があった蔵厨。 動画内の言葉使いを見てもわかる通りかなりおかしな言動やロレツが回っていない状態だ。 さらに蔵厨はこれに合わせて中毒症状もある。 蔵厨はアルコール依存症 ODに合わせて、アルコールにも頼っていた。 精神的にかなり追い込まれていたのだろう。 薬に逃げて、アルコールに逃げて・・・ もう取り返しの付かない状況になっていた蔵厨。 2011年9月30日の様子 この日も鬱症状が出てODを始める 様々な薬を大量に飲もうとしている。 実際に飲んでいる姿 薬漬けとはいったものだけど、薬に頼り過ぎると本当に恐ろしい事になるんだな。 こんなとことん追い込まれてる蔵厨だぜ。 シバターがどんな相手を攻め立てていたか、わかるだろう。 冗談の通じる相手でもなければ、そういう状態でもない。 そういった相手に死ねだの暴言を吐きまくるシバター この時はまだシバターもまさか本当に死んでいるとは思っていなかっただろう。 まさにシバターからすれば、 プロレスの範囲内だったのだろう。 でもさっきの蔵厨の状況を見たら分かるとおり、配信のネタの範疇を越えてる状態なのは明らかだ。 精神疾患を持っている相手に対してネタにし、喜んでいるシバター 一緒にいる配信者は胤舜(いんしゅん)という配信者。 悪ノリも度が過ぎると笑えなくなってくる 遺体になった蔵厨の第一発見者になったシバターと胤舜 遺体を確認しに行くといって、実際に蔵厨の自宅まで行ったシバターと胤舜。 自殺しろだの、死ねだの散々な事を言い放ち、さらには遺体を見に行くなどの皮肉たっぷりのネタ配信をしたシバター。 本当に遺体になっている姿を見てしまうとは、なんとも言えない因果を感じる。 3年後さらにネタにするシバター 完全にネタにしているよな。 本当に死んでいたら、流石にネタには出来ないと思う所だろうが、こいつはマジでネタにしている。 さらにはご丁寧に自身のインタビューが載っている雑誌の宣伝までする始末。 炎上系をウリにしているとはいえ、ここまで人を馬鹿に出来る人間も珍しい。 この動画を見てもわかるように一切自分には関係ないといった様子。 あれだけ自殺教唆のような事をしておいて、実際にシバターは警察に捕まってもいないし、第一発見者として事情を聞かれた程度だ。 それには理由がある。 蔵厨の死因は窒息死 彼が死んだ理由は、自分から死んだ自殺ではなく、 あくまで事故死 つまり、シバターが追い込んだから死んでしまったとはならなかったわけだ。 さらにこの死因を詳しく説明する OD後に稲庭うどんを食べた蔵厨 この食べたうどんが原因だった。 というのもこうだ。 睡眠時に嘔吐し喉を詰まらせる 睡眠薬や向精神薬を多量に摂取すると、筋力がかなり緩む。 シバターとスカイプしていた動画を見てもわかると思うけど、脳の回転もかなり鈍ってしまっている。 通常の量でも成分の強い薬であれば筋力が緩むと言われているけど、彼の場合はそれをODしてしまっている。 結果、睡眠時に昏睡状態に陥り、嘔吐物を吐き出す事が出来ずにそのまま窒息してしまったとされている。 つまり意図して死のうとしたのではなく、結果的に死に到ってしまったというのが警察の見解だ。 しかし良く考えて欲しい。 シバターの責任は無かったのかどうか 事故死であるなら、もちろん直接的な責任はシバターにはなかっただろうと思う。 でもだ、精神的にどう考えても弱っている相手を攻め立てる行為は精神的に追い込んでいるのと同義だと俺は思う。 そうとは知らずにプロレスをしかけているのならわかる。 しかし、シバターは相手がOD常習でかつアルコール中毒で、もうどうしようもない状態になっている事を前々から知っている。 つまり、知っててわざと追い込むような発言を相手に直接行った事になるよな。 これは、症状を悪化させる行為だし、ODの助長やアルコール中毒の助長にも繋がった可能性が大きい。 そう考えれば、シバターも全く責任の無い話ではないという事だ。 もしシバターに責任がなかったとしても、 死んだ相手をネタにするのはどうかと思うけどな。 最後に 配信を見ていると、本当にどこからどこまでやっていい事で、どこからどこまでがやってはいけない事かの線引きというのはわからなくなってくる。 シバターの場合は特に炎上系でのし上がったユーチューバーだから、特に感じる。 彼は今となってはかなりの額を稼いでいるユーチューバーだ。 彼にとっては動画配信というのは、「遊び」 ではなく「仕事」 炎上系ユーチューバーの先駆者的なシバターのネタの範疇の線引きがこれからのユーチューバーにはどう映っているのだろうか。 彼のように炎上系でと考える者も中にはいるだろう。 今度どのようになっていくのか心配でままならないが、注意深く見ていこうと思う。 では今回はこの辺で!またねーー!•

次の

シバターが嫌い!うざいと思う人の意見やアンチの怒りの声10選

シバター アウトサイダー

アウトサイダー初戦となった5・8「THE OUTSIDER 第16戦」ではビッグバン・シバターのリングネームで参戦。 続く7・17「第17戦」ではシバター・ウォーリアーのリングネームで登場したシバター。 ラリアット、モンゴリアンチョップといったプロレス技で会場を沸かせ、もはやアウトサイダーの人気選手だ。 謎に満ちたシバターとは一体何者!? (2011年11月11日UP) PROFILE ザ・シバター・テイカー 1985年10月18日、神奈川県横浜市出身 2011年5月8日、「THE OUTSIDER 第16戦」でアウトサイダー初参戦。 「出場しようと思った動機?? そんなんねぇよ! 血の匂いがした。 だから俺はそこに来た。 あの……ずっとこのプロレスラー口調なんでしょうか。 動画ではなくインタビューなので普通に答えてもらいたいのですが……。 「普通って何だ!? プロレスは26年。 生まれたときからリングで戦うことが宿命だった。 一番強いのは俺、一番かっこいいのは俺なんだよ。 2回目はプロレスの怖さを教えてやった。 3回目の今回はプロレスの ….

次の

シバターが嫌い!うざいと思う人の意見やアンチの怒りの声10選

シバター アウトサイダー

シバタ-は現在は動画スタイルの一つとして確立した「炎上系」の元祖である物申す系のYouTuberである。 大物YouTuber・芸能人に物申し、そして掌を返したように媚びる姿が視聴者やアンチから賛否両論を呼んでいる。 今回は、そんな炎上商法で大物へとのし上がったシバタ-の本名、年齢、年収など、プロフィール情報を紹介していこう。 シバターのプロフィールをご紹介! では、まずはじめにシバターの本名や年齢などのプロフィールについてご紹介していこう。 若かりし頃のシバター 出典: シバターは自身の本名が 「齋藤光 さいとうひかる 」であることを公開している。 皮肉にもいつも彼がイジり倒しているYouTuber ヒカキンの本名 開發 光 と名前が同じ。 これもなにかの運命なのだろうか・・・。 Stickam・PeerCast時代はシバターではなく 「しんしー」という愛称で活動しており、当時から現在のような視聴者を煽っていくスタイルが主流だったそうだ。 A post shared by jtshibata on Oct 17, 2018 at 8:13am PDT シバターは 180㎝の長身に対し体重は 85kgと、平均体重よりもやや重め。 だからといって「太っている」という体型ではなく、普段からトレーニングをしているということもあり、非常に ガッシリとしたレスラー体型である。 女子ウケはあまり良くないかもしれないが、男性からすると シマりは悪いかもしれないが 筋肉質で包容力のあるシバターの身体は「理想の体格」と言えるのではないだろうか。 シバターの出身地・現在の住所は? シバターは配信時代から引っ越すことなく 母親と静岡の実家で、2人 プラス猫4匹 で生活している。 そのため一部のネットユーザーの間では既にシバターの住んでいる家の住所が特定されており、何度か自宅にいたずらやけんま リア凸 されてしまったことも・・・。 現在はシバターがパチスロ取材で殆ど自宅にいないことからこのような事件は殆ど動画で紹介されることはなくなったが、間違っても皆さんは住所がわかったとしても家の前を張り込んだりいたずらをしないようお気をつけいただきたい。 シバターの職業はプロレスラー?「タナハシバター」「獣神さんだぁシバター」などパロディネームが話題に シバターの職業はYouTuber兼パチスロライター、そしてプロレスラーとしての一面も。 過去にはアマチュアとセミプロの格闘大会である 「ジ・アウトサイダー」の名物? また 「タナハシバター」「獣神サンダーシバター」「愛深きゆえに愛を捨てた男シバター」といったパロディの効いたリングネームを使用していたことからも一部から注目が集まっていた。 これまで様々なな試合に参加し、その様子はいつも本人の実況・解説付き・そして本人目線で撮影されたものが試合後にアップされ一部格闘技ファンの視聴者から反響を呼んでいる模様。 現在は動画・パチスロ実践で日本中を飛び回っていることもあり、殆どプロレス動画は投稿しなくなってしまったが、まだ 団体に籍を置いていることから格闘家を廃業したというわけではないようだ。 格闘家としてのシバターの強さがいまいちわからないという方は、以下の動画を参考にしていただきたい。 過去には映画監督も! また、シバターは過去に 自身が監督となり映画を作成したことも! 残念ながら映画の内容は公言禁止となっており上映会へ足を運んだお客さんだけが知る幻の作品となっているのだが、実際に映画を見た人の感想によると ・めちゃくちゃ身体を張っている ・今のテレビや映画では作れないような攻めた内容 ・想像していたよりも10倍くらいやばかった とのこと。 恐らく、かなり過激な内容であることが予想されるためYouTubeでも今後公開されることは無いと思われるが、機会があればパート2の上映やリバイバル上映にも期待をしたいところである。 炎上?爆笑!? シバターとんでもエピソード集 シバターは大手YouTuberやタレントなど、様々な有名人に 主に悪口で 物申す 「炎上系YouTuber」の元祖的存在である。 現在は過去よりもかなり丸くなったと思われるシバターだが、これまで笑える・笑えない含め様々な爪痕をYouTubeに残してきている。 ここからは、そんなシバターの印象に残る事件・エピソードを時系列順にいくつかご紹介していこう。

次の