バティスト ドラマ。 バティスト〜アムステルダムに潜む闇〜 ウィリアムズ兄弟が描く人の二面性

海外ドラマ テレビブログ・テーマ

バティスト ドラマ

Baptiste 2019年 イギリス カラーHD 60分 全6話 Two Brothers Pictures/BBC One スーパー!ドラマTVで放映 クリエイター:ハリー・ウィリアムス、ジャック・ウィリアムス 監督:ボルクル・シグソルソン、ジャン・マタイス 出演:チェッキー・カリョ、トム・ホランダー、ジェシカ・レイン、バーバラ・サラフィアン、アナスタシア・ヒル、ボリス・ヴァン・セーヴェレン、アレック・セキュリアノウ 「ザ・ミッシング ~消えた少年~」、「犯人はこの中にいる(真実を知る者)」、「ザ・ウィドウ ~真実を求めて~ 」などイギリス・ミステリー界で確固たる地位を築いたクリエイター、ウィルアムズ兄弟の最新作。 BBC Oneで2019年に放映された。 今回は、トルコ生まれのフランス人俳優、チェッキー・カリョが「ザ・ミッシング」シリーズで演じた刑事を退職した探偵、ジュリアン・バティストをメインに据えた物語で、「ザ・ミッシング」よりハードなサスペンスを展開する。 物語はオランダのアムステルダムが舞台。 脳腫瘍の手術からも回復したジュリアン・バティストは、本当の引退を考えこの地で妻とアパートを構えている。 以前は問題も起こした娘も、このシリーズでは結婚し、孫も生まれてどうやら家族は幸福そうだ。 しかし、そんな彼のもとに、昔馴染みのアムステルダム警察の警視マルタ(サラフィアン)から人探しの依頼が舞い込む。 アムステルダムの売春街(飾り窓)のどこかに消えた姪を探している、イギリス人エドワード・スラットン(ホランダー)の手伝いをしてやってほしいというのだ。 実は、マルタはバティストが結婚前に付き合っていた女性でもあり、この依頼を気がすすまないながら引き受けることになる。 売春婦仲間の証言から、バティストは姿を消した姪、ナタリー(アンナ・プロフニャック)を匿っているのは、地元で虐待女性の援助をしているキム(タリサ・ガルシア)だと目星をつけるのだが・・・。 ウィリアムズ兄弟の脚本は、どれもそうなのだが出だしは少々かったるい。 スロー・スタートで、面白くなるのか「?」を抱かせるが、途中から俄然面白くなる。 実は、バティストは早々とその「姪」にたどり着くのだが、スラットンの姪だというのは真っ赤な嘘で、エドワード・スラットンは彼女に固執している変態の客だと説明される。 おやおや、そういう話だったのかー!と思うと、次の回には実はそれも真実ではなく、客であることは確かだが、ナタリーとエドワードは共謀してルーマニア・マフィアの売上金を奪ったらしいとわかってくる。 無差別に家族を殺すルーマニア・マフィアに関わってしまったバティストは、ついに家族を田舎のセーフハウスに避難させねばならないことになってしまうのだ。 このドラマの面白さのポイントは、話の過程で180度変わってくる登場人物の見え方だ。 最初から、少々うらぶれたビジネスマンとして登場し、最後には驚くほど腹の据わった反撃ぶりを見せるエドワード・スラットン。 虚無的な表情を見せる彼は、実は娼婦のナタリーにソックリな娘がいたが、ヤク中になりアムスで行方不明となっていた。 それ以来自分を許せていないことが後半で語られる。 マルタが途中、バティストに打ち明ける秘密。 女性援助する地元のカフェ経営者、キム・ボーゲルの本当の素顔。 ルーマニア・マフィアの逮捕に固執する、ユーロポールの女性担当官ジュヌビエーブ(レイン)の本当の動機などなど、すべての人に表層の顔とは別の裏面がある。 相変わらずウィルアムズ兄弟の脚本には、どこか文学的な要素があると言わざるを得ない。 ただ、ミステリーとしてだけ言えば、キムのボーイフレンドが長い間、まったく「ソレ」に気づかなかったのか?とか。 最後にわかる、あっと驚く裏切り者が、犯罪に手を染めた理由が「そんなことかあ?」とか、いろいろ突っ込みどころはなくはないのだが・・。 バティスト役のカリョの存在感も充分生かされているが、演技という意味では何と言っても『プライドと偏見』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、「ナイト・マネジャー」で知られるトム・ホランダーのうまさは格別だ。 だからといってドラマの最後最後が、この2人のおじさんの会話で終わるのはちょっと???だけどねぇ。 「コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語」の初々しい新人助産婦、ジェニファー役で有名なジェシカ・レインさんの、キリキリした官僚的な捜査官ぶりもそそられる。 ともかく、最初の1回目を見て、投げ出さないで欲しい作品である。 数回見ると面白さは加速度的に倍増する。 by 寅松•

次の

バティスト

バティスト ドラマ

バティスト~アムステルダムに潜む闇~を無料で見るには! このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見 予告編(英語 Season1 エピソード 第1話 貝殻 元刑事ジュリアン・バティストはアムステルダムで暮らす娘家族と共に、平穏な生活を送っていた。 脳腫瘍の手術後は仕事から遠ざかっていたが、元恋人で地元警察の警視マルタから失踪した娼婦ナタリーの捜索を頼まれる。 捜索願を出したナタリーの叔父エドワード・ストラットンは、ルーマニア・マフィアの一員ドラゴミル・ゼリンクが姪の失踪に関わっていると言う。 第2話 人間の本質 ナタリーのいるハウスボートに到着したジュリアン。 そこで彼女から、エドワードは叔父ではなくナタリーの客であることを知らされる。 その後、ジュリアンの不注意によりナタリーは命を落としてしまう。 彼女の死の責任を感じたジュリアンはマルタに協力を要請し、ウソをついたエドワードの人物調査を開始する。 第3話 血を分けた者 エドワードはナタリー失踪までの経緯をジュリアンに語り始める。 3ヵ月前、ナタリーの妹クリスティーナが故郷を飛び出してアムステルダムへやって来たが、セルビルの連中に連れ去られてしまった。 セルビルの金の移送計画を立ち聞きしたナタリーは、妹奪還の交換条件にするためにその金を奪おうと、エドワードに協力を求めたらしい。 第4話 信頼 エドワードはバラクーから24時間以内に金を取り戻せと脅迫され、絶望的になる。 何としてもバラクーを捕まえたいテイラーは、そのエドワードに強引な態度で捜査協力を迫る。 言われるままに指示に従うエドワードだが、絶望の淵にいる彼は暴走して作戦を台なしにし、激怒したテイラーからホテルに半ば監禁状態にされてしまう。 第5話 ルーシー セルビルの元で監禁されているクリスティーナは、脱走を試みるが失敗に終わる。 一方、エドワードに金を奪われたジュリアンとテイラーは彼の捜索に乗り出す。 エドワードはイギリスに向かいクレアとその恋人カールを伴いキャンプ場に身を隠していた。 しかしジュリアンが居所を突き止め、バラクーとの交渉役を自分に任せるよう彼を説得する。 第6話 浜辺 エドワードは、刺客のニコライからクリスティーナの居所を聞き出そうとするがニコライは何も知らない。 代わりにゼリンクとキムが同一人物であることを知り、手掛かりを求めてアムステルダムへ戻る。 キムの遺品から謎の数字が書かれた紙を見つけたエドワードは、重要な証拠だと考えそれをジュリアンに渡す。 検索 検索 閉じる pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

バティスト~アムステルダムに潜む闇~を無料で見るには?

バティスト ドラマ

バティスト~アムステルダムに潜む闇~|登場人物(キャスト)・全話あらすじ・感想・予告動画 2020年4月17日 2020年6月23日 6分 海外ドラマ 「バティスト~アムステルダムに潜む闇~」(全6話)についてまとめました。 現役を引退した元刑事ジュリアン・バティストが引き受けたのは、行方不明になった娼婦の捜索。 アムステルダムの妖美な街並みの中に潜む闇とは……。 英国ヒットドラマ「ザ・ミッシング」シリーズのスピンオフを独占日本初放送!! スーパー!ドラマTV公式サイトより 第72回ゴールデングローブ賞にノミネートされたミステリードラマ「ザ・ミッシング」シリーズのスピンオフ。 「ザ・ミッシング」は以前WOWOWで放送されていた時に見ました。 よくできたドラマで、シーズン1、2ともにかなり面白かったです。 で見られるので、よかったらぜひ。 今回は、その「ザ・ミッシング」シリーズで事件の捜査を担当した元刑事ジュリアン・バティストが主人公。 脳腫瘍の手術後は仕事から遠ざかっていましたが、ある事件をきっかけに再度行方不明者の捜索を開始することに。 本家のダークな雰囲気はそのままですが、国際的な犯罪組織が絡むスリラー要素の濃い作品になっています。 放送局:スーパー!ドラマTV• 放送時間:2020年5月15日(金)から毎週金曜22時~ほか• 製作国:イギリス(2019年)• 原題:Baptiste• 脚本:ハリー・ウィリアムズ/ジャック・ウィリアムズ• 監督:ボルクル・シグソルソン• 音楽:ドミニク・シェラー あらすじ 元刑事ジュリアン・バティストはアムステルダムで暮らす娘家族と共に、平穏な生活を送っていた。 脳腫瘍の手術後は仕事から遠ざかっていたが、元恋人で地元警察の警視マルタから失踪した娼婦ナタリーの捜索を頼まれる。 捜索願を出したナタリーの叔父エドワード・ストラットンは、ルーマニア・マフィアの一員ドラゴミル・ゼリンクが姪の失踪に関わっていると言う。 スーパー!ドラマTV公式サイトより 予告動画 登場人物(キャスト) 主要人物 ジュリアン・バティスト(チェッキー・カリョ) 冷静沈着で腕の立つ元刑事。 フランス人。 行方不明者の捜索を得意とし、あらゆる手段を講じて難事件を解決してきた。 脳腫瘍手術後は娘夫婦とともにオランダ・アムステルダムで暮らしている。 エドワード・ストラットン(トム・ホランダー) ナタリーの叔父。 失踪したナタリーを捜すため、イギリスからやってきた。 ジュリアンと共にナタリーの捜索にあたるが、どこか怪しい。 マルタ・ホルフナー(バーバラ・サラフィアン) アムステルダム地元警察の警視。 ジュリアンの元恋人。 経験豊富なジュリアンに娼婦ナタリーの捜索を依頼する。 息子に関するある秘密を抱えている。 ニールズ・ホルフナー(ボリス・ヴァン・セーヴェレン) マルタの息子。 アムステルダム地元警察の刑事。 特捜班に属し、セルビル兄弟率いるマフィアを追っている。 ガンの治療中。 テイラー(ジェシカ・レイン) ユーロポールの合同捜査チームを率いる捜査官。 ジュリアンを捜査から閉め出し、ストラットンに協力を求める。 ナタリーと関係者 ナタリー・ローズ(アンナ・プロフニャック) 失踪した娼婦。 当初はストラットンの姪と思われていたが、本人が否定。 キムに保護され、ボートハウスに隠れ住んでいる。 クリスティーナ(Freya Kingsley) ナタリーの妹。 故郷ポーランドを飛び出してアムステルダムへやって来たが、マフィアに連れ去られてしまう。 ヘルマン(ハイス・デ・ラング) ナタリーの義父。 愛犬カスパーと田舎町で暮らしているが、ある日札束が入った鞄を見つける。 リナ(マルタ・カンガ・アントニオ) ナタリーの同居人。 次に狙われるのは自分だと怯え、キムに助けを求める。 キム・ヴォーゲル(タリサ・ガルシア) ナタリー失踪の鍵を握る女性。 娼婦の組織を運営し、女性が自立して働けるよう支援を行っている。 ある秘密を抱えており、恋人グレッグからのプロポーズを断り続けている。 ストラットンを脅迫し、ナタリーを捜索するジュリアンを監視している。 ドラゴミル・ゼリンク ルーマニアのマフィア。 2011年から2015年の間にアムステルダムで複数の物件を買収した後、忽然と姿を消した。 そのほか セリア・バティスト(アナスタシア・ヒル) ジュリアンの妻。 イギリス人。 夫が事件の捜査に出るたびに家族を二の次にすることにずっと耐えてきた。 ジュリアンよりも洞察力が鋭く、人の感情への理解力もあるため、たびたび彼の捜査の助けになっている。 クレア(クレア・カルブレイス) ストラットンの元妻。 5年前に19歳の娘ルーシーを薬物依存で亡くしている。 各話のあらすじ(ネタバレ有) 元刑事ジュリアン・バティストは、娘夫婦が住むアムステルダムに移り住み、平穏な生活を送っていた。 脳腫瘍の手術後は仕事から遠ざかっていたが、元恋人で地元警察の警視マルタから協力を依頼され、失踪した娼婦ナタリーの捜索にあたることに。 捜索願を出したナタリーの叔父エドワード・ストラットンは、ルーマニアの組織を仕切っているドラゴミル・ゼリンクが姪の失踪に関わっていると言う。 ジュリアンはストラットンとともに歓楽街の風俗店を訪ね歩き、ナタリーを探し始める。 娼婦を支援しているというキム・ヴォーゲルは、ナタリーが薬物依存症で、ルーマニア人に借金をしてドイツに逃げたと話す。 誰にも正体を口外しないとキムに約束し、ジュリアンはナタリーの居場所を聞き出す。 ハウスボートに隠れ住んでいるナタリーを見つけ出したジュリアンだったが、ナタリーはストラットンを「叔父じゃない」と言い、「あいつの見かけに騙されないで」と言う。 一方、帰宅したストラットンは、自宅の地下室に切断した男性の頭部を隠し持っていた。 ナタリーはストラットンを叔父ではなく客だと説明。 「彼にはルーマニア人の仲間がいる」と言い、ストラットンに関わるなとジュリアンに忠告する。 ジュリアンはストラットンと会い、ナタリーがドイツへ渡ったのは本人の意志で、彼女は発見されることを望んでいないと告げる。 だがストラットンはジュリアンの車のキーを盗んでナビの履歴を確認し、ナタリーのいるボートハウスを突き止める。 ストラットンが寄越したマフィアの男がボートハウスに現れ、ナタリーは海に潜って隠れるが、ロープが足に絡まって抜けなくなり溺れ死ぬ。 ナタリーの遺体を発見したジュリアンは、自責の念に駆られる。 マルタの息子ニールズはストラットンを調べるが、犯罪記録は見つからない。 ニールズはストラットンを危険視するジュリアンを考えすぎだと笑う。 ジュリアンはストラットンの人間性を知るため元妻クレアに連絡し、彼らの娘ルーシーが19歳で亡くなっており、その後ストラットンが心を閉ざしてしまったことを知る。 イギリスの知り合いから届いたメールには首のない男の遺体写真が添付されていた。 ジュリアンはストラットンの自宅に侵入し、地下室で男の頭部を見つける。 そこへストラットンが帰宅し、「ここへ来てはいけない」と告げる。 チューリップ畑で札束が入ったバッグを見つけた老人は、バッグを警察に届けようとするが、そこでナタリーが遺体で発見されたニュースを見る。 彼は家に届いていた手紙を読み、デ・ボーアの息子が入院している病院へ向かう。 ストラットンはこれまでの経緯をジュリアンに打ち明ける。 3か月前、ナタリーの妹クリスティーナが故郷ポーランドを飛び出してアムステルダムへやって来たが、セルビルの連中に連れ去られてしまった。 セルビルの金の移送計画を立ち聞きしたナタリーは、妹を取り戻す交換条件にしようと金を奪う計画を立てた。 ナタリーに亡き娘ルーシーを重ねて見ていたストラットンは、彼女に助けを求められて計画に協力したのだった。 金の強奪には成功したものの、すぐに連中にバレてしまい、バラクーに「家族を殺す」と脅されたストラットンは、ナタリーを説得して金を返そうとするが失敗。 ナタリーは失踪し、ストラットンのもとには父親の頭部が届けられたのだった。 バラクーが妻セリアに目をつけていることを知ったジュリアンは、急いで帰宅する。 セリアがバラクーから逃げて避難し、無事だった。 ジュリアンは家族とともに森の中のセーフハウスへ身を隠すことに。 セルビルの金を返さない限り、この先も家族が危険にさらされると考えたジュリアンとストラットンは、ナタリーの同居人リナに会いに行く。 リナはナタリーに息子がいること、自分に何かあれば金は息子に渡ると話していたことを明かす。 ナタリーの息子マッティは、父親のタイスに育てられていた。 署にユーロポールのテイラー捜査官が現れ、コンスタンティンへの逮捕令状は取り下げられる。 ジュリアンは捜査から閉め出されるが、マルタは密かに捜査を続けるよう促す。 ジュリアンはニールズと病院へ行き、入院中のナタリーの息子マッティが行方不明になっていることを知る。 防犯カメラの映像は細工されており、ジュリアンは当日勤務していた看護師のアナ・ウォークを訪ねて事情を聞き出す。 その頃、ヘルマンは孫のマッティを拉致して家に連れ帰るが、車のトランクに隠していた札束の入った鞄が何者かに盗まれてしまう。 ストラットンは「24時間以内に金を取り戻さなければ殺す」とバラクーに脅される。 テイラーは強引な態度でストラットンに捜査協力を頼み、盗聴器を仕掛けてバラクーに接触させるが、ストラットンはユーロポールが盗聴していることをバラクーに教えてしまう。 ジュリアンは元恋人マルタの息子ニールズが自分の子だと知らされるが、マルタから「本人には言わないでほしい」と頼まれる。 ジュリアンとニールズはマッティを病院から連れ去ったナタリーの義父ヘルマンの家を訪ねる。 ヘルマンは便利屋のブラムに金を盗まれたと話す。 キムは恋人のグレッグに過去に犯罪に手を染めていたこと、性転換手術を受けたことを告白し、グレッグに「二度と俺に近づくな」と言われてしまう。 その後、キムは殺害される。 ジュリアンはブラムの留守中に家に侵入するが、ブラムが地下室に隠していたのは住民の生活を覗き見るための監視システムだった。 ジュリアンは監視カメラに映っていた歯科医ヤスパーを見つけ出し、盗まれた金を取り戻す。 ジュリアンから連絡を受けたストラットンは、警察の目をかいくぐってジュリアンと落ち合い、金を積んだ車を奪って逃走する。 セルビルの元で監禁されているクリスティーナは脱走を試みるが失敗に終わる。 ジュリアンはキムが殺されたことを知り、家族を別の場所へ移動させる。 ジュリアンから金を奪ったストラットンは、密かに船でイギリスに渡り、元妻クレアと恋人カールを連れてキャンプ場に身を隠す。 事情を詳しく語ろうとしないストラットンに、クレアは亡き娘ルーシーの死と向き合わなかったことを指摘する。 ストラットンは自分がルーシーを死に追いやったと自分を責め続けていた。 ストラットンの居所を突き止めたジュリアンは、彼がナタリーの妹クリスティーナを救出するためバラクーとの交渉を考えていることを知る。 ジュリアンは交渉役を自分に任せるよう彼を説得し、テイラーにあるアイデアを持ちかける。 バラクーとの交渉に臨んだジュリアンは、金を使ってバラクーの名義で高性能ヨットを購入したことを明かす。 私を殺せばヨット購入の話がセルビル兄弟の耳に入り、組織の金を盗んだ男になる、と脅迫するジュリアン。 バラクーは警察に協力して証人保護を受ける道を選ぶが、ジュリアンと落ち合う前に殺されてしまう。 ストラットンのもとにも刺客が現れ、元妻クレアと恋人カールが殺される。 知らせを受けたジュリアンは、マルタが裏切り情報を流したのではないかと疑う。 ストラットンは刺客のニコライを問い詰め、クリスティーナの居所を聞き出そうとする。 ニコライは「ゼリンクが知っている」と言い、ゼリンクとキムが同一人物であることを教える。 マルタを疑うジュリアンとテイラーだったが、マルタはマフィアとの繋がりを否定する。 マルタと別れた直後、銃撃を受けるジュリアンとテイラー。 ストラットンはアムステルダムに戻り、キムの店を訪ねて彼女が殺されたことを知る。 キムの恋人グレッグから渡された箱には、彼女がゼリンク時代に行った悪事の証拠が詰め込まれていた。 監視カメラの映像で、ニールズがコンスタンティンと繋がっていたことが判明する。 ジュリアンたちはマルタにその事実を告げ、ニールズの部屋を捜索するが、マルタの裏切りによってニールズに逃げられてしまう。 その後、組織が注目されたことに怒ったセルビル兄弟がコンスタンティンとニールズの活動を打ち切り、ニールズは組織に命を狙われる身となる。 2か月後、ジュリアンとストラットンは浜辺で再会する。 ストラットンがキムの遺品の中から見つけたメモによって少女たちの監禁場所が明らかになり、警察の捜査で監禁されていた少女たちが救い出されたものの、クリスティーナは既に売られて姿を消していた。 逃亡中のニールズはマルタの裏切りによって警官たちに取り囲まれ、ジュリアンの説得を無視してマルタを銃殺。 ジュリアンも腕を撃たれて負傷する。 ニールズは逮捕される。 感想(ネタバレ有) ちょっと物足りないジュリアン 面白かったけど、やはり本編の「ザ・ミッシング」シリーズとはだいぶテイストが違っていましたね。 警察vsマフィアという構造だったので、扱う犯罪の規模が大きすぎてジュリアンの探偵としての有能ぶりが伝わってこなかったのが残念。 後半はジュリアンがテイラーと組んで完全に警察組織の一員になってしまい、やや失速した印象。 マルタに協力を頼まれたのが発端ではあったけど、ジュリアンの目的はあくまで失踪者の追跡だったはずで、せめてクリスティーナは見つけ出してほしかった…。 これほどの犠牲を出しながら全面解決していない虚しさ、犯罪を完全に絶つことができないやるせなさが残る辛口の結末は嫌いではないのですが、個人的には「ザ・ミッシング」シリーズの雰囲気のほうが好きだなぁ。 トム・ホランダーの存在感 エドワード・ストラットンを演じたトム・ホランダーの存在感はピカイチだった。 終始、何を考えているのかわからない謎めいた雰囲気をバンバン出していて、それでいて娘の死に苦悩する一面も見せる。 父親の死にも一切表情を変えず、「この人は感情がないのか」と思わせるほど不気味だったのですが、表情に出ない分、彼のとる謎めいた行動すべてに意味があり、それがわかりはじめてからは彼を見るたびに切なくなりました。 ラストシーンで、ジュリアンは「この悪夢であなたが何かを見つけてたらいい。 新しい自分になれるような何かを」とストラットンを励ましていたけど、ここから立ち直るのは時間がかかるだろうなぁ。 見つけたものがあったとしても、失ったものが多すぎる。 ジュリアンはまだまだ引退しそうにないので、これからも失踪捜査を続けるのでしょうね。 シーズン2ありそう。 でもこっちより「ザ・ミッシング」シリーズを更新してほしいなぁ。

次の