エーユー プラン 変更。 auの最適なプラン変更タイミングは? 手続き方法や注意点も解説

【2020年】auの新料金プランと旧プランを比較|2年契約Nはどうするべき?

エーユー プラン 変更

月のデータ通信量が4GB未満が多い方 SNSを含めた月のデータ使用量が4GB未満になる方は、間違いなく「」がおすすめです。 「今月は4GB以上使ってしまった」という月があっても、他の月でデータ使用量が4GB未満の月があれば圧倒的にお得です。 月々のデータ使用量があまり多くない方はぜひこのプランに申し込んでください。 スマホの用途でおすすめ料金プランは変わる 新auピタットプラン以外のプランは、「何を目的にスマホを使用しているか」で決めるのがおすすめです。 SNSをよく使う方は「auフラットプラン7プラスN」 iPhoneの「設定」から「モバイルデータ通信」をタップし、自分がどのアプリでデータ消費を行っているか確認してみてください。 InstagramやTwitterといったSNSのデータ消費が大きければ、「」がおすすめです。 「auフラットプラン7プラスN」はSNSのデータ消費が0になるので、今までSNSの使い過ぎで通信制限に苦しんでいた方もデータ容量に余裕が生まれるでしょう。 大容量のデータ通信を行う方は「auデータMAXプランPro」 スマホを使う目的が ゲームで遊ぶためという方や動画を見るためという方におすすめなのは「」です。 データ容量に上限がないので、wi-fi環境のないところでも通信制限に脅かされることなく大容量のデータ通信が行えるのは大きな魅力です。 映画やドラマをお得に楽しみたい方は「auフラットプラン25 NetflixパックN」 Netflixやビデオパスに気になる作品がある方や、元々映画やドラマ、アニメなどが好きな方は「」がおすすめです。 作品をお得に楽しめる上に、データ容量も「auデータMAXプランPro」に次いで多いので、wi-fi環境のないところでも動画を楽しむことができます。 ただし、データ容量が無制限ではないことには注意。 wi-fi環境での視聴や画質の設定などを行い、通信量をコントロールしながら動画を楽しみましょう。 auの料金プランの種類 auの料金プランは自分の好みやスマホの使用状況にあったプランを多くの選択肢から選べるのが魅力です。 現在契約が可能なのは以下6つの料金プラン。 新auピタットプランN• auフラットプラン7プラスN• auフラットプラン20N• auフラットプラン25 NetflixパックN• auデータMAXプラン Netflixパック• auフラットプランMAXプランPro 似たような名前ですが、最新の料金プランはプラン名の最後に「N」がついています。 ここからは、各料金プランの特長を解説していきます。 新auピタットプランN 出典: 6月から受付を開始した新料金プランのうちの一つ、「新auピタットプランN」。 このプランの特徴は、利用データ容量によって料金が変わることです。 使ったデータの量に応じて定額制の料金を適用する、あまりデータ容量を使わない人がお得になるプランとなっています。 料金は以下をご確認ください。 この料金プランの最大の特徴は 「人気のSNSのデータ消費がゼロ」であることです。 【対象SNS】• Twitter• Intagram• Facebook• +メッセージ さらに、対象SNSは順次拡大予定とのことです。 動画や音楽の送受信、各SNSから外部サイトへ接続した際などはデータ容量を消費するため注意が必要ですが、普段から使用しているSNSのデータ消費が少なくなるのは嬉しいですね。 「月に7GB以上データ通信しているから、このプランは……」と思ったあなた。 先述した通り、TwitterやInstagramの通信量はカウントされません。 SNSの見すぎで毎月通信制限にかかってしまう方におすすめのプランです。 このプランの特徴は、Netflix・auビデオパスをお得に利用できることです。 Netflix ベーシックプラン の月額料金800円・ビデオパスの見放題プランの月額料金562円が無料になり、映画やアニメなどをお得に楽しめるプランとなっています。 月間のデータ容量は25GBで、割引適用時の料金は月々5,150円です。 完全定額制となっており、他プランと比べてもかなり多いデータ容量が用意されています。 「テラスハウス」「ストレンジャー・シングス」といったNETFLIXオリジナル作品が楽しめるほか、ビデオパスの特典で最新の映画作品がレンタル可能。 見逃したアニメやドラマも1話から見返すことができます。 auフラットプラン20N 出典: auフラットプラン25 Netflixパックと同じく、2018年6月1日から受付が開始された「auフラットプラン20N」。 SNS利用や動画視聴が多く、毎月多くのデータ容量を使用する方におすすめのプランでした。 スマホのデータ容量をあまり使わない方は「新auピタットプラン」を、SNSを除いたデータ使用量が7GB程度に抑えられる方は「auフラットプラン7プラス」を、日頃から動画やゲームなどで大量のデータ消費を行う方は「auデータMAXプラン」に申し込みましょう。 auデータMAXプラン Pro 出典: 「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」と時を同じくして発表された「auデータMAXプラン Pro」。 2019年夏、間もなく受付開始予定のこの新料金プランのウリは、なんといっても「上限なしでデータ使い放題」であることです。 注意しなければいけないのは、テザリング、データシェア、世界データ定額でのデータ通信 海外でのスマホ使用 を行う場合のデータ容量の上限は合計20GBである点。 また、など、大量のデータ通信や長時間接続を行う場合は通信速度が制限される可能性があることも覚えておきましょう。 auの通話使用オプション auの料金プランでは通話・データ料金がひとまとめにされているので、特殊な手続きをしなくても音声通話を行うことは可能です。 ここからはauの通話使用料についてご説明していきます。 音声通話をよく使うという方は要チェックです。 基本的には「20円/30秒ごと」 オプションに申し込まない場合、 国内通話の料金は30秒ごとに20円となっています。 LINEやその他通話アプリで家族・友人との連絡は済んでしまうので、あまり電話を使わないという方は、これからご説明する「通話定額」や「通話定額ライト」に申し込まなくても問題ないでしょう。 とはいえ、急な用事で電話を使わなくてはいけなくなることもあるでしょう。 10分の通話で400円、1時間の通話になると2,400円もの料金がかかってしまうので、長電話には注意してください。 「家族割プラス」に加入している家族間の通話は、これらのオプションを使わなくても24時間無料となります。 通話定額ライト 出典: 「通話定額ライト」は1回5分以内の国内通話が24時間カケ放題になるオプションです。 基本料金は700円ですが、現在、 「通話定額ライト スタートキャンペーン」が実施中! 「通話定額ライト」適用月から1年間は 500円/月でご利用できます。 なお1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき、30秒ごとに20円の通話料が別途かかるので注意してください。 月に約13分ほど短い電話をするなら「通話定額ライト」 通話オプションに申し込まない場合と通話定額ライトを比較してみましょう。 通話オプションに申し込まない場合、かかる通話料金は30秒20円=1分40円。 通話定額ライトの月額料金は500円。 500円を40円で割ると、12. 12分30秒段階でオプションを申し込まない場合の通話料金と通話定額ライトの料金が一致します。 月に1回5分以内の通話を12分30秒以上行う場合は通話定額ライトの方がお得という結論になりました。 通話定額 出典: 「通話定額」は国内通話が24時間かけ放題になるオプションです。 基本料金は1,700円。 仕事の都合でよく電話を行う方などにおすすめのオプションとなっています。 月に約43分ほど電話をするなら「通話定額」 「通話定額ライト」と同じく、通話オプションを使わない場合と「通話定額」も比較してみましょう。 通話オプションに入らない場合の通話料金は1分40円。 「通話定額」の料金である1,700円を40で割ると、42. 通話が42分30秒になった時点でオプションに入らない場合の通話料金と「通話定額」の料金が一致します。 月に電話を42分30秒以上する場合は通話定額の方がお得という結論になりました。 auの最安プランとは?その条件って? ここからは、auで最安の料金プラン、そして最安の料金プランを契約するための条件について詳しく説明していきます。 料金は月額1,980円になります。 最安値で契約を結ぶ条件は、 データ通信料を1GB以内に収め、かつ3人以上の家族と「家族割プラス」に加入することです。 いくら最安値といってもデータ容量が月に1GB以内は厳しい、という方も多いのではないでしょうか。 この条件だと通話オプションも付けることができません。 また、「新auピタットプラン」は最大で5,980円まで料金が変動する可能性があり、場合によっては他の料金プランを契約した方がお得になることも。 ということで、ここからはスマホの使用状況別のおすすめプランをご紹介していきます! auの料金プランをお得に変更するには 料金プランは一度契約したものをずっと使い続けるというわけではなく、途中でプランを変更することも可能です。 プランによっては割引が一定期間しか適用されないというものもあるため、お得に使うには定期的に見直しを図った方が良いでしょう。 お得にプランを変更するには、2つのポイントを踏まえることが大切です。 ネット回線とのセット割りを申し込む auではネット回線も提供しており、これと組み合わせることでスマホの料金はさらに安くなります。 自宅に回線を引いているのに別の事業者と契約しているのはもったいないため、ネット回線もauに乗り換えた方が良いでしょう。 ネットとセットにした場合、割り引かれるのはスマホ料金ですが、通信費というコスト全体で考えるなら、安くなるに越したことはありません。 セットにしてまとめるだけで、難しい手続きをせずに割引は適用できるため、申し込みは早めに済ませておいた方が良いでしょう。 同時に機種変更も行う プラン変更を考えるなら、同時にauで機種変更することもおすすめです。 auでは機種変更に伴い新たに適用できる割引特典も数多く用意されており、これを使うとこれまでより月額料金を安く抑えられる場合も多いでしょう。 プラン変更は契約内容を一部改変していますが、契約そのものが変わるわけではありません。 機種変更や解約して新規で加入し直した方がお得になる場合もあるため、その時々で開催されているキャンペーン内容をチェックしておきましょう。 機種変更にしている記事もご覧ください。 auの料金プランを見直す時のポイント 契約しているプランを変更することで、よりお得に使える場合も多いですが、そもそもどの時点、どのような場合に変更すべきか分からないという人もいるでしょう。 プラン変更でコストを削減するには、まずは必要性から判断しなければなりません。 契約内容を上手に見直すためにも、チェックすべきポイントを知っておきましょう。 いらないオプションがないか確認する プランの見直しをするなら、まずは現在どのような内容で契約しているか確認することが大切です。 契約内容はショップやMy auからでも確認できます。 契約内容を確認する際には、不要なオプションに加入していないかをチェックすることが大切です。 契約時には一時的に加入することで特別な割引を受けられるとして、勧められるままにオプションに加入している人も少なくありません。 一定期間で解約するなら、本当にお得になりますが、解約を忘れて加入し続ていると、余計なコストがかかって損をします。 契約時に加入したまま忘れている場合は多いため、オプションを見直し使っていないものがあるなら、すぐに解約しましょう。 オプションの解約は契約の解除ではないため、どの時期に行っても違約金は発生しません。 また、自身で希望して加入したものでも、不要と感じるものがあるなら、この機に全て解約しておくと良いでしょう。 スマホの月間通信量を確認してプランを変更する 月額料金の大半はデータ定額プランが占めているため、これを見直すことも重要です。 月間データ使用量の上限が大きいプランほど料金も高いため、安く済ませたいなら上限を縮小する必要があります。 この時あまりに小さくし過ぎるとすぐに通信制限がかかって使い勝手が悪くなるため、適正量を把握しなければなりません。 データ定額プランの見直しを考えるなら、まずは月々どれくらいのデータ通信をしているかチェックしましょう。 通信量はMy auや設定アプリから確認が可能です。 Androidなら設定からデータ通信量を確認し、iPhoneなら設定からモバイルデータ通信を選び、現在までの合計の数値を参考にしましょう。 月々どれくらいのデータを使っているか確認し、無理のない範囲で上限を引き下げることが大切です。 毎月3GB程度しか使っていないのに、たっぷり使える30GBに加入しているようだともったいないです。 反対に毎月通信制限にかかって使い勝手が悪いと感じているなら、プランの拡大を検討するのもおすすめです。

次の

auひかりの契約プラン変更方法!料金・工事費・注意事項まとめ

エーユー プラン 変更

【2020年5月版】新規受付終了 au エーユー 旧料金プランまとめ! 公開日時 : 2020-01-18 19:00 更新日時 : 2020-06-26 17:12 au エーユー の新プランが2019年6月開始しました。 auも多くの利用者から指摘されてきた、料金体系の複雑さの解消を目指して以前からあった分離プランを更にアップデートしました。 au新料金プランで特徴的なのはdocomoやSoftbankに加え楽天も参入にし、4キャリアの中で種類は一番豊富でメインが新プラン4種と旧プラン引き継ぎ2種の合計6種類もあることです。 メインの新プランは、月額4,480円 2020年2月1日~ からご利用いただけてMNOとして日本初の月間データ容量に上限がないスマートフォン向けの料金プラン au データMAX プラン Pro と、 2019年9月13日から受付開始した月額4,880円からご利用いただけて月間データ容量に上限がなくNetflixベーシックプランまでコミコミの au データMAX プラン Netflix パック と、 最低月額1,980円から利用できる月間データ容量が1GBからデータ量に応じたプラン 新 ピタットプラン N と、 Twitter ツイッター やInstagram インスタグラム 、Facebook フェイスブック 、+メッセージを利用する際そのデータ通信量を数えない カウントフリーにして、月間データ容量を7GBまで使用できる au フラットプラン7プラス N の4種類があります。 他には以前からある、月額5,150円からご利用いただける「auフラットプラン25 Netflixパック N」と、月額4,000円からご利用いただける「auフラットプラン20 N」の2種類です。 プランに関しては豊富という見方もあれば、わかりづらいというかたもいらっしゃると思います。 くわしくわかりやすく解説していきます。 そこで今回の新料金プランにより、 全て分離型となりました。 では、従来の一体型とはどういったものだったのでしょう? 一体型の特徴 以前はプランを選んでいただくと 一緒に端末の料金を値引きします、というプランでした。 auでいうところの「毎月割」ですね。 しかし、プランによったり端末によったり割引額が異なるので、わかりづらく本当にお得なのか料金が明朗会計に感じられませんでした。 分離型の特徴 そこで登場したのが、今回の分離型です。 auでは、既に2017年に「auピタットプラン」「auフラットプラン」を出していましたが、この度の電気通信事業法の改正による「完全分離」の義務化を受けた新プランとなりました。 端末の値引きなどをなくして分離 単純にiPhoneなどの端末代金は別料金 にすることにより明朗会計になるということになりました。 その方々は最安で端末さえ変えなければ、データ通信量を1GB未満という条件から1,980円からと安い料金で使用できるようになりました。 加入なしも可能。 音声プランってなに? 以前の音声プラン名は?• カケホという国内通話24時間無料・家族間通話無料のプラン• スーパーカケホという国内通話5分以内無料・家族間通話無料のプラン• シンプルプラン:家族間通話無料 通話をする際のプランのことです。 以前はプランによってセットになっていましたが新プランからは個別に組む必要があります。 新しいプランは?• どういうひとに向いているの?• 電話の頻度は多くてかけ放題が必須なひと、または 5分 以上の通話を月に18回以上はするというひとは、 通話定額• あまり電話はしないけど、 5分 以内の通話を月に18回以上はするというひとは、 通話定額ライト• 月額の料金が700円を越えるようなら翌月に通話定額ライトに変更することも可能です。 ISPってなに? 以前は、LTE NETのように、スマートフォン向けプロバイダ(ISP)のことをいいます。 月額300円かかっていたものも、新プランからは音声プラン同様コミコミでの料金となります。 新プランは共通して全てコミコミとなります。 既存プランユーザーは変えないといけないの? ご安心ください。 既存ユーザーについては2019年6月以降も引き続き旧プランを利用できます。 ただし、旧プランのかたが新プランへのプラン変更を行った場合は、「毎月割」の適用は終了となります。 現行のプランは機種変更やプラン変更しなければ、 そのままご利用いただけます。 旧プランから変更する場合の注意点• 2019年9月30日以前機種変更後12ヶ月以内にauの新プランに機種変更をした場合、「 au購入サポート」を利用していて規定利用期間を過ぎておらず新プランへの変更を行うと 解除料が発生してしまいます。 au購入サポートは2019年9月30日をもって終了• 2019年9月30日以前に分割で機種変更後24ヶ月~36ヶ月以内にauの新プランに機種変更をした場合、「 毎月割」を利用していて規定利用期間を過ぎておらず新プランへの変更を行うと割引が効かなくなり、 端末の残債がまるまる発生する場合があります。 新 ピタットプラン N は従来から変わらぬ特徴ですが、使用した データ通信量に応じての従量課金制になり、使用する容量によっては高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。 家族割プラスとは? 対象プランに加入のご家族の人数に応じて、月々の料金を割引く新たなサービスです。 2回線以上で各回線の料金から月額500円引き、3回線以上で1000円引きとなります。 光固定回線の割引スマートバリューと併用も可能です。 2019年9月3日 火曜日 より受付スタートしました。 2019年9月以前にauスマートバリューにご加入の場合は、対象プランへのご加入で「家族割プラス」の割引が自動適用されます。 夫:新プラン-1,000円• 妻:新プラン-1,000円• 子:新プラン-1,000円 家族割プラス スタートキャンペーン 2019年7月26日(「 au データMAX プラン Pro 」受付開始日)~2019年9月30日ご利用分は、「家族割プラス」「auスマートバリュー」未加入の場合でも、1,000円/月割引となります。 2019年9月30日をもって新規受付終了 au光やケーブルTVの割引は?新プランでどうなるの? 「auスマートバリュー」は継続して適用されます。 au フラットプラン7プラス N と、 au データMAX プラン Pro ・ auデータMAXプラン Netflixパック は、月額1000円引き• 新 ピタットプラン N は4GB以上の利用で500円引き 期間限定キャンペーンは?どんなものがあるの? au データMAX プラン の料金を、6カ月間月々1,000円割り引く、「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」が実施されます。 2019年9月30日をもって新規受付終了 auデータMAXプラン Netflixパック の料金を、6カ月間月々1,000円割り引く、「スマホ応援割プラス」が実施されます。 ご自宅のインターネットも見直しが必要かも知れません。 実は ノジマグループ niftyでも、スマートバリューに対応した光回線サービスを提供しております! auスマートバリューを適用するなら! ざっくり新プランはどれがいいの? ざっくり言って・・・ ほとんど使わずに通信量が毎月4GBで充分たりるひと 毎月変動はするけど、 4GBを超えることはないと言い切れるひとは、 新 ピタットプラン N 毎月SNS以外7GBを越えないひと 毎月 SNS Twitter・Instagram・Facebookなど の使用が多いけどそれ以外は 7GBでおさまるひとは、 au フラットプラン7プラス N 毎月20GBで収まってNetflixも興味がないひと 毎月7GBは辛いけど、 20GBならおさまるひとは、「auフラットプラン20」(20GB) Netflixは観たくて毎月25GBでおさまるひと Netflixが観たくて毎月データ通信量が25GB以内のひとには、「auフラットプラン25 Netflixパック」(25GB) Netflixも観たいし沢山パケットを使いたいひと Netflixも観たいけど25GBでは足りなくてもっと制限を気にせずに観たい!というひとは、 auデータMAXプラン Netflixパック 毎月通信制限に悩んでしまっているひと Netflix観なくていいけど、明らかにデータ通信量を使うので極力安く使いたいひとは、 au データMAX プラン Pro もし、毎月指定した容量を過ぎてしまうと、通信制限というネットが月末までものすごく遅くなってしまい、それを解除するには 1GB毎に、1,000円を課金しないといけません。 そういったリスクを考えて自分自身の適正な料金を選ぶことをオススメします。 定期契約とは? 2年更新は継続です。 2年定期契約がないと違約金はないですが、その代わり月額料金が高くなります。 2年定期契約ありの場合は、途中で解約すると9,500円の解約金がかかります。 いわば、2年縛りは継続と思ったほうが良いでしょう。 今までは2年更新なしの場合は、契約期間内での解約・定期契約のない料金プランへの変更などの場合は9,500円の解約金がかかります。 いわば、 2年縛りですね。 しかし、2019年6月に総務省が期間拘束のある契約の契約解除料を「1,000円」までとするといった規定整備案を作成しました。 これにより解約金が1,000円未満となり、2年契約ありとなしの価格差も170円に抑えられました。 今回の新たな料金プランに適用された2年継続割引サービス「2年契約N」も他社に先駆け、この規制案に準拠しました。 関連記事はこちら 新プラン、どんなひと向け? 以前からauを利用していて端末料金を完済しているひとは、プランを見直してもいいのではないでしょうか。 ただし、 端末が使えるし不満がないという方が対象です。 機種変更した場合は端末代金が別になるので、当然料金は高くなります。 あとは他社で毎月高いというかたも端末代金含めてMNPなどで乗り換えてしまえば安くなる場合もあります。 新プラン、既存プランを変えないほうがいいひとは? MNPなり機種変更なり、でau購入サポートという、1年間はその端末を使わないと、プラン変更でも違約金がかかってしまうひとは、うっかりプラン変更してしまうと、 多額の違約金が発生してしまう可能性があります。 ご使用の端末のバッテリーの持ちや動きが重く機種変更予定の方は、機種によっては分離型は全額負担となるので月額が高くなる可能性は大いにあります。 関連記事はこちら 2019年10月から携帯料金が明朗会計になりました! 度重なるプラン発表により、なんだかんだいってもまだまだわかりづらいところはありますよね。 そこで総務省は追加要項として、契約期間の総額表示や細かい内訳を明記するようにガイドラインを改定しました。 これでよりわかりやすいをまとめられますね。 48ヶ月の分割のアップグレードプログラムEXも新規受付を2019年9月30日をもって終了しました。 2年縛りはないに等しいですが端末の分割の料金は残る形となります。 関連記事はこちら まとめ 新料金プランが発表されましたが、利用者によっては端末代など含めるとまだ高くなってしまう場合があります。 料金プランが安くなったかわりに、端末購入時には割引がない点が今回の大きな変化になります。 中古のiPhoneもノジマオンラインで販売しておりますので、ご興味あるかたは是非をご覧ください。 新料金プランに変更するにあたり、ご自身の契約内容を確認や機種変更した場合お安くなるのか?はたまた高くなってしまうのか?などなど、 ノジマの携帯コーナーにて無料でお見積りができます。 是非、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。 ご来店をお待ちしております。

次の

スマートフォン 料金プラン一覧

エーユー プラン 変更

auのスマホプランは大きく分けて 「ピタットプラン」「フラットプラン」「データMAXプラン」の3つがあります。 それぞれのプランの詳細をみていくと、合計で6つのプランがあるのでそれぞれ特徴を解説していきます。 新auピタットプランN 新auピタットプランNの料金 「 新auピタットプランN」は データ利用量に応じて自動的に定額料金が変わるプランです。 使ったデータに合わせて料金が変化するため、ムダなくスマホを利用することも可能ですが、4GB以上のデータ通信を使う場合は「auフラットプラン7プラスN」のほうが安くなります。 そのため、 毎月のデータ通信量が少なく、月によって使う量が変化する方におすすめのプランとなっています。 auフラットプラン7プラスN auフラットプラン7プラスNの料金 「 auフラットプラン7プラスN」は、 月額4,480円(スマートバリュー割引適用時)で7GBまで安定したデータ通信ができるプランとなっています。 また、「Twitter」「Facebook」「Instagram」「+メッセージ」といった人気SNSサービスにかかる通信量はフリーで使うことができます。 毎月のデータ通信量はそこまで使うことはないだろうけど、SNSサービスはよく利用する人にオススメです。 auフラットプラン20N auフラットプラン20Nの料金 「 auフラットプラン20N」は、 月額6,000円で20GBまでデータを使えるプランで、スマートバリューの割引を適用すると月額5,000円で利用可能になります。 毎月、定額で大容量のデータ通信を使えるプランなので、データ通信をたくさん使うヘビーユーザーの人におすすめのプランです。 auフラットプラン25 NetflixパックN auフラットプラン25 NetflixパックNの料金 毎月7,150円で25GBのデータを使え、特徴は「auビデオパス」「Netflix」の定額制の動画配信サービスが込みになっているプランです。 スマートバリュー割引が適用されると6ヶ月間は月額6,150円~で利用可能。 Netflixはベーシックプラン、ビデオパスは見放題プランが対象となっています。 動画サービスも検討している人におすすめのプランです。 auデータMAXプラン Pro auデータMAXプラン Proの料金 もう月末の通信制限に悩みたくないヘビーユーザーの人におすすめなのが、「auデータMAXプラン Pro」。 このプランはデータ容量の上限がないプランになります。 テザリングの上限が少なかったのですが、30GBまで使えるように改良されました。 注意点としては、動画配信・ストリーミングサービスなど、大量にデータ通信をする、長時間にわたって利用する場合、通信速度を制限される場合がある点。 長時間、動画サービスは流すような過剰な使い方ではなければ問題はなさそうですが、注意点として頭にいれておいたほうがよさそうです。 auデータMAXプラン Netflixパック auデータMAXプラン Netflixパックの料金 auデータMAXプラン Netflixパックは、データ容量は無制限で動画配信サービスのNetflix(ベーシックプラン)がセットになっているプランです。 スマートバリューの割引を適用して月額6,880円で利用できます。 データ通信をたくさん使いたい人、Netflixを使ってみたい人にはおトクなプランです。 次に料金体系のどこを見直せばお得になるのかを解説していきましょう。 新auピタットプランNの変更を検討してみる 新auピタットプランNの料金表 月々の データ通信量が4GB以下なら新auピタットプランNの方がお得です。 毎月の消費データを確認し、自分に合ったプランを選択しましょう。 プランを見直す為に、先に端末の残債額を確認しておくと試算しやすいのでおすすめです。 ネット回線とのセット割でさらに安く もっとお得にauを使いたいなら、ネット回線とのセット割りなどの割引サービスを適用するのもおすすめです。 auひかり auスマートバリューなら、ネットと電話、もしくは auスマートポートを契約すれば、 最大1,000円の割引を永年受けることができます。 毎月のスマホ料金を抑えたいのなら、auスマートバリューを上手に利用してみましょう。 auスマートフォンと対象のWi-Fiルーターを契約することで 最大1,000円OFF。 そして、光回線も同時に契約する場合はauセット割が適用となります。 BIGLOBE光など対象の光回線と契約すれば、プランによって最大1,200円もお得に。 他の割引サービスよりも、割引金額が大きいのが特徴です。 auセット割は光回線の月額から割引されるため、家族で複数auのスマホを持っている人は、auスマートバリューの割引を適用したほうがスマホの月額料金から割引されるためお得でしょう。 今回はiPhone、Androidスマートフォン、ガラケーの最安プランを計算し紹介します。 1GBで使う場合はauで最安のプランになりますが、これでは毎月足りず、4GB以上のデータ通信を使う場合は、月額3,480円~(割引適用時)の「auフラットプラン7プラスN」を利用するほうが安くなります。 もっと大容量のデータ通信が必要な人は、「auフラットプラン20N」や「auデータMAXプラン Pro」といった選択肢もあります。 上記のように、使い方によってベストな料金プランが異なるので、auで料金プランを見直すのに必須なのが、 自分が毎月どれくらいデータ通信を使用しているのかを把握することです。 ドコモ・ソフトバンクからauに乗り換えを検討している人も同様にまずは自身の契約内容を見直してみることをおすすめします。 auの最安プラン~ガラケー~ auのガラケーの最安プランは「ケータイ 4G LTE 料金プラン」から見ていきましょう。 無料通話が含まれているプラン、通話定額をつけるプランがありますが、あくまでも最安のプランを紹介します。 割引額はデータ定額サービスごとに変わるので注意しましょう。 外出時もWi-Fiを使いたい人は検討してみてはいかがでしょうか。 2回線~10回線までが契約可能、契約名義が同一もしくは家族名義であることが条件となります。 離れて暮らしている家族でもauスマートバリューに加入していれば50歳以上であれば対象となります。 これまで解説してきた料金の仕組みを参考に、自分の月額料金を振り返ってみましょう。 ちょっと高いかも・・・、と感じるのなら料金プランを見直してみるのも大切! もしかしたら、もっとお得にスマホを利用できるかも知れません。 auのサブブランド:UQモバイルに乗り換える もっともっと月額料金を安く利用したい方は、 格安SIMへ乗り換えるのも検討しましょう! 格安SIMとは、大手キャリアの通信設備を借りて利用者に提供するサービスを指します。 大手キャリアのように通信設備の維持やサポート費用がかかっていない分、キャリアに比べて安いプランが豊富です。 さらに、 au回線の格安SIMを利用すれば、わざわざSIMロックを解除しなくても、auで購入したスマホであれば、おおよそSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。。 そこで、au回線の格安SIMでも最もおすすめなのが、 auのサブブランドでもある「UQモバイル」です。 UQモバイルは、格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が安定しており、分かりやすいシンプルな料金プランが特徴で、初めての格安SIMにもピッタリです。 では、auからUQモバイルに乗り換えるだけで、どれだけ料金が安くなるのか。 両社のプランを比較してみましょう。 auは5分かけ放題ですが、UQモバイル10分のかけ放題オプションが付いても安くなるのがポイントです。 また、 制限なしのかけ放題にするか、 最大60分の国内通話を無料にするオプションから選べるため、自分に合ったほうを選べるのも魅力です。

次の