観音 温泉。 浅草観音温泉

観音温泉

観音 温泉

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 下田市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 観光スポット周辺• 人気のある下田市の観光スポット• 入場チケット• 下田市の人気カテゴリ• ホテル周辺•

次の

浅草観音温泉

観音 温泉

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月23日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

伊豆奥下田 飲泉、自家源泉かけ流しの秘湯 観音温泉

観音 温泉

静岡県下田市の内陸にある温泉水で有名な「観音温泉」(観音プリンシパル)の日帰り入浴レポートです。 沿岸部までは直線距離で10キロほど離れており、周りには何もない静かな一軒宿です。 敷地内には4つの宿泊棟、2つの大浴場、飲泉水の工場、自家栽培の農園、ワサビ園、果てはヘリポートまで!電動カートで移動するほど広い宿です。 下田方面からは車で20分前後。 最寄りのバス停はないので、車でないと不便な場所にあります。 宿泊者は下田駅近くの姉妹ビジネスホテル前から送迎バスが出ています。 このあたりは「横川温泉」という温泉地で、観音温泉の源泉名も「横川〇〇号泉」となっています。 下田の温泉は海岸沿いにしかないものと思っていましたが、権道から林道のような狭い道に入りまさにどん詰まりにある一軒宿の秘湯です。 細い道の途中には素泊まり専用宿があります。 「観音温泉」の敷地に入ると、露天風呂付の客室がある離れ「産土亭」の建物がありました。 この離れには最初に掘削した1号泉の「ひょうたん風呂」「乙女風呂」があります(宿泊者専用)。 ペット連れできる部屋もあるようです。 更に進むと温泉水のペットボトル充填ライン工場までありました。 上を見るとガラス張りの建物が日帰り用の「観音プリンシパル」です。 日帰りで利用できるのは「観音プリンシパル」だけですが、他にも宿泊者専用の「ガラティア観音乃湯」という大浴場があります。 駐車場に到着すると正面に見える建物が「正運館」。 総ヒノキの半露天風呂付客室がメインの宿泊棟です。 日帰り温泉の入口はさらに奥の本館にあります。 自動又は手動の電動カートまであってゴルフ場のようです。 館内見取り図 こちらが日帰りの受付と売店のある本館。 駐車場からは50mくらい歩きます。 入口の横には観音像。 観音温泉の由来は、昭和38年、当主が夢の中で観音様のお告げにより温泉を掘ったところ出てきたからだそうです。 ついでに、地中から観音像まで出てきたので、よほど観音様と縁が深いのでしょう^^ 玄関前には空のケージ。 ミーアキャットの写真が飾ってありました。 まだ暑い季節だったので、涼しい場所に避難していたのかな。 本館に入ると近代的な和風旅館という感じ。 奥に進むほど豪華な感じになるのかな。 あまり奥に入ってはいけないような雰囲気でしたが、「多目的スペース」という日帰りでも利用できる休憩所があるらしいのですが分かりませんでした。 左にある売店の中に日帰り温泉の券売機があります。 初めての利用者も多いと思うのですが、あまり案内がなく日帰りの受付の仕方が分かりにくかったです。 こちらで購入してから離れの温泉「観音プリンシパル」に向かいます。 一度本館を出てさらに奥に進むと「観音プリンシパル」があるのですが、初めてだとどこにあるのか広すぎて分かりにくいです。 高い料金を取るのだから、地図を書いたプリントでも渡すくらいあってもいいのにと思いました。 途中に大きな池があったり、山を眺めながらパラソルの下で休める場所があったり。 ちょっと人工的ではありますが、広い敷地を目いっぱい活用している感じです。 ゆるい坂を下りて行くと「観音プリンシパル」の建物が見えてきました。 手前にある方が女性用。 更に降りたところに男性用の浴場があります。 入口から先は撮影禁止でした。 脱衣所入ると白木にシックなインテリア、縦長タイプと普通サイズの無料ロッカー、脱衣棚にかご、洗面台とは別にドライヤー台が5つほど、観音温泉の飲泉水にマッサージチェアがありました。 化粧水や美容液ももちろん観音温泉の温泉水で作ったもので、売店で買うと結構な値段でしたがこれが使えるのはちょっと嬉しい。 シャワー台に置いてあったシャンプーセットも自家製のものです。 ボトル入りだと1本4,000円もする高級品です・・・。 脱衣所から出ると女性用の内湯の桧風呂があります。 () 窓はガラス張りで内湯とはいえ開放感があります。 桧風呂は中ほどに仕切りがある長方形のお風呂で、計15~20人サイズの大きさです。 窓側の奥と中央、手前側にも3つ湯口があったともいます。 温度は40度弱でややぬる目。 もちろん、加水、加温なし、消毒なしのお湯です。 お湯は無色透明、無味無臭ですが、アルカリ泉とメタケイ酸のおかげか、とろみがあって肌をさするとヌルヌルします。 単純泉ですが、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」のようなふわりとした軽さのあるお湯です。 自家源泉「観音温泉3号泉(横川17号)」泉温42. 6度 湧出量 — 泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9. 4 外に出ると石造りの女性用露天風呂があります。 露天風呂は透明なアクリル板が貼ってある屋根付。 すぐ下が車で上ってきた道路ですが、あえて下を覗きこまなければ外からは見えません。 坂を下りた側に男湯があるので、そちらの方はすだれと植物で目隠しがしてありました。 平日料金で1,300円だったので、もっと大きなスパー銭湯のような大浴場を想像していましたが、日帰り用の温泉は意外とこじんまりとしていました。 もともと宿泊費もやや高めの宿なので、日帰りで利用できるだけでもいい方なのかもしれません。 宿泊者用のお風呂の方が設備も充実していて景観も良いようです。 女性用「ガラティア露天風呂」(宿泊者専用) 露天風呂からは伊豆の山々が見渡せます。 客室露天風呂一例(「産土亭」2017年1月リニューアル) 客室のタイプによって露天風呂、展望内湯、桧内湯とあるようです。 脱衣所にあった化粧水がトロトロしていて良かったので、帰りに売店に見に行きました。 ネット通販でもおなじみの金色のボトルの温泉水 20Lの箱入りも所狭しと並べられています。 こちらは化粧品とシャンプー。 化粧水は3,000円弱でした。 トラベルセットもいいなぁと思いつつ、やっぱり3,000円くらいするので断念^^ 伊豆のみかんとはちみつ入りのリップだけ買って帰りました。 なぜかアントニオ猪木と松平健のコーナー。 【観音温泉 温泉の感想】 「観音温泉」は新しくて綺麗で山の上で景色も良く、値段が値段だけに観光のハイシーズンでもれほど混まない日帰り温泉なので、静かな場所が好きな人にはいいのではないでしょうか。 お湯の方は全国屈指のヌルヌル湯を知ってしまった後だと、なるほど、確かにヌルヌルだという感想にとどまりますが、首都圏から足を伸ばせる範囲の温泉では十分ヌルヌルでした。 湯量が豊富でややぬる湯のかけ流しなのでゆっくり浸かるには良かったです。 日帰り温泉は値段からしてもっとスーパー銭湯のような施設を想像していましたが、宿泊者専用の「ガラティア観音乃湯」の方が打たせ湯や寝湯があったりそれらしい施設のようですね。 個人的には、地味なお風呂ながら最初に掘削した1号泉の「ひょうたん風呂」「乙女風呂」が気になりました。 4月の分析書 自家源泉「観音温泉3号泉(横川17号)」泉温42. 6度 湧出量 測定せず() 泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9. 基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

次の