エクセル 含む 検索。 [EXCEL]名前の一部であいまい検索VLOOKUP(5)|EXCEL屋(エクセルや)

指定した文字列が含まれるかどうかを判断する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセル 含む 検索

Q 複数の文字列のいずれかが含まれていたらTRUEを返す方法について調べていたら、 教えて!gooで次の方法を見つけました。 goo. SUM の関数で例えば SUM "5", 15, TRUE の結果が21になることも分かります。 どなたか、教えてください。 goo. Q 左画面(Book2)のようなシートがあります。 Book2の中で列D・列F・列Iの3列を参照し、別シート(Book4)のA1セルに入力した文字列と一致する文字を含む行全体を、Book4のA3セル以下に抽出するための関数を探しています。 画像の例は、「北海道」という文字列を3列のいずれかに含む行だけを手動で貼り付けたものなのですが、この処理を関数を用いて自動で行いたいのです。 参照したい文字列(北海道)は、3つの列にランダムに含まれている状態です。 元データ(Book2)を更新すれば、別シート(Book4)がリアルタイムに自動で生成されるようにしたいので、関数を使った方法で行いたいと思っています。 ご教示お願い申し上げます。 A ベストアンサー こんばんは! 一例です。 元データは「Book2」のSheet1にあり、表示するのは「Book4」のSheet1とします。 Book4・Sheet1のA1セルに検索したい文字列を入力し、そのデータを表示させます。 xlsx]Sheet1! xlsx]Sheet1! A:A,SMALL [Book2. xlsx]Sheet1! 一つのエクセル内で複数 50個ぐらい の文字を検索し、 ヒットしてくれれば 後はヒットした文字列を手動で 削除していくので、検索できるだけで構わないです。 もちろん 贅沢を言えば、ヒットした文字列の 文字色or文字列の枠内か枠が色付きになってくれると ひと目でヒットしている場所が分かり、助かるのは 事実ですが、簡単に できる方法ってありますか? 複雑なマクロを使うことになるのでしょうか? どなたかご存知のかたがいらっしゃれば 教えていただけないでしょうか? なにぶん無知なほうなので、面倒かと思いますが、 具体的に教えていただけると幸いに思います。 どうぞよろしくお願い致します。 A ベストアンサー No2 merlionXXです。 」と書いておいたのですが、意味が伝わらなかったのでしょうか? A1からA50まのの各セルに設定してください。 なお、検索範囲はマクロ実行前に選択(セレクト)しておいてくださいね。 Interior. FindNext c '連続検索 Loop Until c. ", vbInformation, " ( ̄ー ̄)v" End Sub No2 merlionXXです。 」と書いておいたのですが、意味が伝わらなかったのでしょうか? A1からA50まのの各セルに設定してください。 なお、検索範囲はマクロ実行前に選択(セレクト)しておいてくださいね。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 説明が難しいのですが、以下のようなAとBの2つのシートがありまして、BシートのA列にある条件がAシートのA列の歯抜の状態で入力されてます。 これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 Q ただいまエクセルと格闘中の初心者です。 関数等はオートSUMくらいしか使ったことがなく、必要時にいちいち調べているような状態です。 今回は文字列を含むとカウントするところで躓いております。 表の中から特定の文字列を含むとカウントするようにしたい時COUNTIFを使うと思うのですが、この場合正確にその言葉じゃなければカウントされませんよね? 例えば「ボールペン」「サインペン」「シャープペン」のようなペン類をまとめてカウントしたい時、ペンだけで認識してくれるようにすることは可能なのでしょうか? COUNTIF関連で探してみているのですが、中々思うような検索ができていません(もしくはわからずに見逃しているのかも?) エクセルにお詳しい方、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願い致します。

次の

[EXCEL]名前の一部であいまい検索VLOOKUP(5)|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル 含む 検索

Q 複数の文字列のいずれかが含まれていたらTRUEを返す方法について調べていたら、 教えて!gooで次の方法を見つけました。 goo. SUM の関数で例えば SUM "5", 15, TRUE の結果が21になることも分かります。 どなたか、教えてください。 goo. Q 左画面(Book2)のようなシートがあります。 Book2の中で列D・列F・列Iの3列を参照し、別シート(Book4)のA1セルに入力した文字列と一致する文字を含む行全体を、Book4のA3セル以下に抽出するための関数を探しています。 画像の例は、「北海道」という文字列を3列のいずれかに含む行だけを手動で貼り付けたものなのですが、この処理を関数を用いて自動で行いたいのです。 参照したい文字列(北海道)は、3つの列にランダムに含まれている状態です。 元データ(Book2)を更新すれば、別シート(Book4)がリアルタイムに自動で生成されるようにしたいので、関数を使った方法で行いたいと思っています。 ご教示お願い申し上げます。 A ベストアンサー こんばんは! 一例です。 元データは「Book2」のSheet1にあり、表示するのは「Book4」のSheet1とします。 Book4・Sheet1のA1セルに検索したい文字列を入力し、そのデータを表示させます。 xlsx]Sheet1! xlsx]Sheet1! A:A,SMALL [Book2. xlsx]Sheet1! 一つのエクセル内で複数 50個ぐらい の文字を検索し、 ヒットしてくれれば 後はヒットした文字列を手動で 削除していくので、検索できるだけで構わないです。 もちろん 贅沢を言えば、ヒットした文字列の 文字色or文字列の枠内か枠が色付きになってくれると ひと目でヒットしている場所が分かり、助かるのは 事実ですが、簡単に できる方法ってありますか? 複雑なマクロを使うことになるのでしょうか? どなたかご存知のかたがいらっしゃれば 教えていただけないでしょうか? なにぶん無知なほうなので、面倒かと思いますが、 具体的に教えていただけると幸いに思います。 どうぞよろしくお願い致します。 A ベストアンサー No2 merlionXXです。 」と書いておいたのですが、意味が伝わらなかったのでしょうか? A1からA50まのの各セルに設定してください。 なお、検索範囲はマクロ実行前に選択(セレクト)しておいてくださいね。 Interior. FindNext c '連続検索 Loop Until c. ", vbInformation, " ( ̄ー ̄)v" End Sub No2 merlionXXです。 」と書いておいたのですが、意味が伝わらなかったのでしょうか? A1からA50まのの各セルに設定してください。 なお、検索範囲はマクロ実行前に選択(セレクト)しておいてくださいね。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 説明が難しいのですが、以下のようなAとBの2つのシートがありまして、BシートのA列にある条件がAシートのA列の歯抜の状態で入力されてます。 これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 Q ただいまエクセルと格闘中の初心者です。 関数等はオートSUMくらいしか使ったことがなく、必要時にいちいち調べているような状態です。 今回は文字列を含むとカウントするところで躓いております。 表の中から特定の文字列を含むとカウントするようにしたい時COUNTIFを使うと思うのですが、この場合正確にその言葉じゃなければカウントされませんよね? 例えば「ボールペン」「サインペン」「シャープペン」のようなペン類をまとめてカウントしたい時、ペンだけで認識してくれるようにすることは可能なのでしょうか? COUNTIF関連で探してみているのですが、中々思うような検索ができていません(もしくはわからずに見逃しているのかも?) エクセルにお詳しい方、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願い致します。

次の

「○○を含む」のカウントをセル参照で−COUNTIF関数:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/統計

エクセル 含む 検索

エクセルの検索を使ってデータを簡単に見つけよう エクセルでデータの検索をしたいと思うことが多くありますよね。 もちろんエクセルでデータを検索することは可能です。 ショートカットキーを使って検索する方法もあれば、関数を使って検索する方法もあります。 また複数の条件を使って検索することも可能です。 関数を使う検索の方法と関数を使わない検索の方法をご紹介します。 エクセルで検索に使える関数の使い方 エクセルで検索するためには関数を使った方法があります。 検索中には文字列がどの位置にあるのか探すものから、表の中からある値を検索する関数もあります。 ここではFIND関数、SEARCH関数、VLOOKUP関数についてご紹介します。 FIND関数で検索する使い方 FIND関数は文字列を対象の中から検索します。 文字列が検索対象の何文字目にあるかという数値を表示し、無い場合は#VALUE! と表示されます。 FIND関数は=FIND 検索文字列、対象、開始位置 と定義し、開始位置を使用すれば何文字目から検索を開始するか指定することができます。 指定がなければ1文字目から検索を開始します。 以下のデータからEnglishが何番目にあるか探してみましょう。 まずB2のセルにFIND関数を設定します。 検索文字列はEnglishで対象はA2です。 A2の場合、Englishは1文字目にありますので、1が表示されています。 A3の場合は9番目です。 数えてみると確かに9文字目にEnglishが出てきています。 同じようにそれぞれのデータについても関数を設定しています。 A4、5にはEnglishがないので、エラーが表示されていますよね。 SEARCH関数で検索する使い方 文字列が何番目にあるかを検索する関数としては、他にもSEARCH関数があります。 SEARCH関数はFIND関数と違って、ワイルドカードが使えます。 以下のデータのB2のデータの中に半角のが何番目にあるのか検索してみましょう。 結果は以下のようになります。 A7は大文字なので検索に引っかかりません。 ワイルドカードを使用すればこうした検索も可能になるので便利です。 VLOOKUP関数で検索する使い方 VLOOKUP関数とは対象範囲から検索値を検索し、対象の列番後の値を取り出します。 検索方法に関してはTRUEと入力すると最も近い値というルールになり、FALSEは完全に一致する値というルールになります。 VLOOKUP関数は=VLOOKUP 検索値、範囲、列番号、検索方法 と定義します。 ここではID5の成績を表示しましょう。 検索値はIDの5を入力します。 範囲はA1:C11を入力します。 成績の列番号は3列目です。 完全一致ですのでFALSEを入力します。 検索結果は以下のようになります。 IDを変更すれば簡単に他の成績も表示することができます。 例えば以下のようにVLOOKUP関数の設定をします。 E2にIDを入力し、F2に成績を表示させてみましょう。 表示すると以下のようになります。 IDを変えると成績も変わっているのが分かりますよね。 このようにしておけば、データがたくさんある場合でも、IDを入れれば簡単にデータを抽出することができます。 関数は難しい?そんな人はショートカットキーを使って検索しよう 簡単にデータの検索をしたいと思いますよね。 関数を使うのは難しいという方もいることでしょう。 実はエクセルではショートカットキーを使って検索することができます。 ここではエクセルの検索ショートカットキーについてご紹介します。 ショートカットでデータを検索する方法 以下のデータから「English」を検索してみましょう。 ホーム画面から「検索と選択」をクリックし、検索を選択します。 A列をすべて選択します。 Englishを検索してみましょう。 下のような検索結果になりました。 Englishが入力されているセルが表示されています。 簡単な操作ですよね。 エクセルで検索したデータを置換する方法 会社の名前が変わった時など、たくさんの文字をいちいち訂正するのは面倒くさいですよね。 そんな時、エクセルは簡単に文字を置換することができます。 ここではエクセルで置換する方法についてご紹介します。 文字を置換する方法 以下の値からJapanを検索し、Germanyに置換します。 まずはA1にセルをあわせます。 先ほどと同じようにホーム画面で「検索と選択」をクリックし、置換を選択します。 以下のように置換されました。 JapanはGermanyに置換されていますよね。 置換した直後であれば元に戻すことはできますが、しばらく操作をした後で元に戻すことはできません。 データを元に戻す可能性がある場合は必ず元のデータを保存しておくようにしましょう。 エクセルでデータを比較する方法 エクセルでデータを比較したい時にどのように比較をすればよいと思いますか。 ここでは、エクセルでデータを比較する方法をご紹介します。 簡単な数値の比較の仕方 数値の場合、引き算で簡単に数値を比較することができます。 引き算で0になれば同じ数値だとすぐに分かりますよね。 数値の比較であればこれが最も簡単でしょう。 計算は簡単です。 この場合、3つ同じ数値のセルがあるということが分かりました。 EXACT関数を使って見よう 文字列が同じかどうかを確認するにはEXACT関数を使います。 こちらを使えば数値以外も比較が可能です。 早速この関数を使ってみましょう。 まずA2とB2のセルを比較します。 EXACT関数を検索し、以下のように文字列に入力してみましょう。 同じ値であればTRUE、違った場合はFALSEが返ります。 結果は以下のようになりました。 文字列でもしっかりと比較が出来ていますよね。 IF関数を使うことで自在に判定結果を表示させられるのでとても便利です。 実際に比較すると以下のような結果になります。 先程のTRUEとFALSEと比較すると同じだと分かりますよね。 エクセルで複数検索する方法 エクセルであるワードが入っているデータを検索したいという時がありますよね。 例えば住所で東京都に住んでいる人を検索したい場合は、ワイルドカードを使ってあいまい検索を行います。 ここではエクセルのあいまい検索の方法についてご紹介します。 あいまい検索の方法 先ほど扱った以下のデータからワイルドカードを使ってを検索してみましょう。 ホーム画面の「検索と選択」をクリックし、検索を選択します。 先ほどと同様にを検索してみましょう。 検索結果は以下のようになりました。 先ほどと違いますよね。 なぜこのような違いが起こったのでしょうか。 理由は半角と全角を区別していないからです。 「半角と全角を区別する」にチェックを入れると以下のような結果が表示されます。 関数を使った時と同じ結果になりましたよね。 エクセルで条件を決めてデータを検索する方法 条件に一致するデータを抽出したい時がありますよね。 エクセルではフィルターを上手に設定して条件に一致するデータを抽出することができます。 また、複数の条件に一致するデータを検索することも可能です。 ここでは条件に一致するデータの抽出方法をご紹介します。 フィルターの設定方法と抽出方法 フィルターは簡単に設定することができます。 まずA1のセルをクリックします。 そこでデータのフィルターをクリックします。 そこをクリックしてみましょう。 以下の画面が表示されるので、1を検索してみましょう。 以下のような検索結果が表示されました。 きれいに番号が1のものだけが表示されるようになりましたね。 複数の条件に一致するデータを抽出する方法 フィルターを使った際にも複数の条件に一致するデータを表示させることができます。 フィルターを番号だけでなく、対象となる文字列にも設定してみましょう。 今回は「English,,Chinese,Korea,Spanish」を検索してみましょう。 複数条件に基づき、1列のみが表示されるようになりました。 エクセルの検索を使って上手にデータを取り出そう たくさんのデータの中から、見つけるべきデータを探したい時に検索は便利ですよね。 検索の仕方としては関数を使わない方法と使う方法がありますし、データを抽出する方法もあります。 またデータを検索し、それを置換することもあります。 これらを上手に使ってデータを検索してみましょう。 そうすることでエクセルのデータを自由自在に操ることができますよ。

次の