ありさじパワプロ。 気になる(仮)

気になる(仮)

ありさじパワプロ

どなどなどーなーどーなー 今回はミキサー候補と本当にミキサーはするべきか考察しました。 ミキサーガチャとは? ミキサーガチャとは、同レアリティーのキャラを5枚まぜ、他のイベキャラを引くガチャのことです。 自分のいらないキャラを5枚混ぜて欲しいキャラを狙う時に使います。 ちなみに、イベントガチャの影響も受け、限定キャラも排出されます。 また、ミキサーガチャイベントも開催されることがあり、女性排出率アップや男性排出率アップなどもあります。 ミキサーガチャ候補とは? 強いキャラは入れないのが、鉄則です。 弱い使えないキャラを混ぜます。 ミキサーガチャにかけられたキャラランキングでは1位でした。 強いところも使いところもないのでミキサー行きです。 その他ミキサー要員 嵐丸、左京、右京、蛇島、ブロンコリー、大西、茶来、桜ノ宮など ミキサーガチャはするべきなのか? ミキサーガチャはするべきなのでしょうか? 結論から言うと しないほうがいいです。 その理由を説明します。 別バージョンで有能になった例としては友沢や志藤などがいます。 それにより、金特が変わったり、イベント経験点が増えたりし、思わぬキャラが有能に変わることがあります。 どこまで強くなるかはコナミさんのさじ加減なのでわかりませんが、期待できるのでおいておきましょう。 イベントを有利に走るためにも、1枚は必ずおいておきましょう。 強いキャラだと勿体ないので、ミキサー候補になるような弱いイベキャラできらめきを作りましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回はミキサーガチャについて考察しました。 意外とミキサーをするメリットは少ないのですので極力しないようにしましょう。 筆者は、欲しいキャラがいるのに石がなく、SRチケットもなく、最後の手段としてミキサーをやっています。 いつ、輝くかわからないのでとっておいて損はありません。 ガチャに関してはこちらも参考にしてみてくださいね! 人気記事• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に新登場予定の逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字東高校~についてのシステム解... カテゴリ: ,• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場予定のサクセス最新高校である逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字高校~お... カテゴリ: ,• RKです。 今回は捕手 キャッチャー デッキについての記事です。 捕手には専用の金特が多数あり、扇の要となる重要なポジションになります。... カテゴリ:• どうもティーケーです! この記事ではパワプロアプリ5周年記念で実装された「能力割り振りメカ」について解説していきます。 「能力割り振りメカ... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場予定のサクセス最新高校である逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字高校~お... カテゴリ: ,• どうもMTRです。 パワプロアプリでは、引き継ぎ設定をしっかり行うことで機種変更をした場合や、スマホ端末が壊れてしまった場合でも、新しいスマホ端... カテゴリ:• どうも、テトラです。 弱いキャラや、狙いじゃないキャラがでるとがっかりしますよね... 弱いキャラの処理はどうしてますか? やっぱり... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場しているサクセス最新高校であるアンドロメダ学園における野手育成での立ち回り、テンプレデッキを中心に解... カテゴリ: ,• どうも、テトラです。 パワプロのロマンの1つは、やはりオリジナル変化球ですよね。 しかし、オリ変の種類が多すぎてどれが、実際に有効なのかあ... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場しているサクセス最新高校であるアンドロメダ学園における投手育成での立ち回り、テンプレデッキを中心に解... カテゴリ:.

次の

【パワプロアプリ】クロスナイン十門寺東高校のオススメ野手デッキ【パワプロ】

ありさじパワプロ

この記事はなを含んだについての記事です 閲覧の際はでお願いします のもでお願いします パワプロクンポケットシリーズとは、・・において発売されたの総称である。 一般的に「」または「パワポケ」と言うとこれをさすことが多い。 表面上は全年齢対のである。 Q:はする気がないんですか? A: じゃあ難なになってもいいんですか? (のより) 概要 もともとは「」を別からみたとして1作がされたが、そのを受けてされた2作以降は、に沿ってとは異なった独自の観が作られて行くことになり、に至る。 とのの高さには定評があり、特には後述のように独特の観を持ち、も非常に多い。 やの頃は自体の性のもあり「は」的な作りであったが、それが作品を経るごとに徐々に。 に移行してからは「付き・」で、12球団の選手は顔付き、さらにはも可と、やポータブルとべても遜色のない出来になっている。 そのため、かつては「の版と思って買うと失敗する」と言われていたが、では純なとしても評価されている。 「」「」「ゲー」としても有名で、このにおける最大の特徴は「 全てのが同一時間軸で繋がっている」ということである。 他の(や、など)は途中で観がされてしまう事が多いが、このは「1」から「14」まで全てのが同じ時間軸で繋がっている。 特に「11」では今までだったり、また側からは思いもよらぬが一気に回収されるの策士ぶり。 時点での最新作は「14」だが、この作品を持って、長らく続いた表ののは区切りを迎えた。 その一方で、「最近始めたからのとか意味わからん」というもおおく、新規のにはわからなくなりがちな部分も多い。 ちなみに、「1」開始時点から「14」開始時点までの劇中の経過年数はなんと20年以上をえている。 必ず各作品に何らかのがあるのも特徴である。 内容は軽度なものから有益なものまで様々だが、中には致命的なもの、やの交換を必要とするものまである 8の登録や12の。 上最終作の14でも代走自動選択にが存在している。 は必見。 なんとの次にが少ない。 最終作を迎えたにも関わらず、のにも、「パワポケ最新作はよ」、「最新作を作ってください」 などと、されているのが多く見受けられる。 これから購入を考える人に• 多すぎ。 どれから買えばいい?• 機でがしたいだけなら最新作 14 を購入推奨。 選手の育成に関してはどの作品でも問題なし。 パワポケは間で観が繋がっているので、その繋がりを楽しみたいなら1からすると吉。 特に8以降の表のは作との繋がりが深く、しておくことを薦める。 Q4まりどういうことよ?• (選手のは当年の時点の成績を元にしているため、どの作品もだいたい中途半端) や時代のものだと、 ・ヤマンの酷いものもある。 ただ の に関しては初代から通じて『い』上に出来がよいので気にしなくても良い。 ゲームモードなど 表 本の。 まだ綺麗な方だがそれでものそれとべるととしての色が非常に濃い。 ほぼ確実に暗躍している組織などが存在し、の活躍を妨げてくる。 展開では大体がになるが、展開では悲惨な結果になることが多く、それがになるも多い。 あんまりせずに育成が進むが、裏をやると気にならなくなる。 裏・ ほぼ確実にとは関係なしに進行する。 ムリヤリをねじ込んでくるけど。 裏は表以上にがどんどん死ぬが、その辺を突っ込まないのはである。 対戦 対、対人、対戦(10~14)が存在する。 設定やなど細かく選べるが、に関しては各のではなく架のものから選択することとなる(除く、但し看は架のもの)。 ペ のペ(通称ペナ)と通常ペの2種類がある。 ペナはで育てた選手をさらに強化するためのもので、選手は使えない。 通常ペは1年間限定で、やケガ等が存在せず、基本的には純に試合を楽しむためのもの。 のようなペを期待してはならない。 なぜかって?が死ぬからである。 シナリオの特徴 は、以上に「」寄りのつくりになっている。 が多数存在する形式になっており、やもより多い。 基本的には で全てが解決す るとなっているが、が進むに連れ している場合じゃない が本筋になっている。 重要な場面でやを間違えた場合、友人やが失踪・するというを迎えてしまうこともあるほか、が心に大きな傷を負っていたり、「」ながあったり、後は「」だったりする。 なに関しては、「は明とばかりではないから。 それをでも体現した」とはっている。 最初の作品が発売されてから10年以上経過した 時代が変わった こともあり、後年の作品では露なやは極使わないようにしている。 しかし 代わりに間接的な描写にを入れている。 これはそもそもの の原が「」であることも関係していると思われる。 これにより、強い選手を作る場合は(以上に)やうろつきを駆使する必要がある。 やうろつきでを多数立てておくと、で特殊やが大量に手に入るのだ。 しかし、やうろつきばかりを行っていると今度はに割く時間が減ってしまう。 そのあたりのさじ加減が以上に難しいといえるだろう。 中には、条件等との関係から、をすためにはをあきらめなければならない、というすら存在する。 一方で開発 は偏重の選手育成を嘆いている。 ニコニコ動画でのパワプロクンポケットシリーズ 基本的にされているには「パワポケ」が付けられている。 の種類としては を含む 、、が多い。 またなやなを集めたなどもされている。 が多数される程のであるため、当然の如くや、も多く存在している。 によってはこれらの人達のせいでしく荒れていることもある。 によってされたが以前はあまり存在しなかった・・・が側の申立により、のの一部がされた。 その一方で以前のはされなかった。 でも大量にされているため、の種類によってはを喰らう可性が高い。 また「パワポケ」、「あつまれ~」は が別なこと等から、パワポケシリーズには含まれない。 1 編 --- --- --- 00. ーズ編 編 --- --- 01. 編 ドキドキ --- --- 02. 20 日の出編 編 --- --- 03. ーズ編 編 --- --- 03. 4 編 しあわせ編 --- --- 04. 2 編 冒険奇譚編 --- --- 05. 1 特命 編 冒険編 --- --- 06. 編 編 --- --- 06. 7 さすらいの 編 編 少寺編 --- 07. 6 一直線編 ディッガー 編 --- --- 08. 18 新球団 ナ編 怪奇ハタ編 編 --- 09. 3 電編 秘密結社編 編 --- 10. 逆襲球児編 冒険編 編 センシク ラッチ 11. 通常プレイ動画 彼女攻略動画 も参照 パワポケ風キャラによるもの も参照 TAS動画 CERO仕事しろ動画 も参照 その他 関連商品 はで 関連項目 ア行 カ行 サ行• タ行 ナ行 ハ行• マ行 ヤ行 ラ行• ワ行 その他• 関連リンク•

次の

【パワプロアプリ】クロスナイン十門寺東高校のオススメ野手デッキ【パワプロ】

ありさじパワプロ

この記事はなを含んだについての記事です 閲覧の際はでお願いします のもでお願いします パワプロクンポケットシリーズとは、・・において発売されたの総称である。 一般的に「」または「パワポケ」と言うとこれをさすことが多い。 表面上は全年齢対のである。 Q:はする気がないんですか? A: じゃあ難なになってもいいんですか? (のより) 概要 もともとは「」を別からみたとして1作がされたが、そのを受けてされた2作以降は、に沿ってとは異なった独自の観が作られて行くことになり、に至る。 とのの高さには定評があり、特には後述のように独特の観を持ち、も非常に多い。 やの頃は自体の性のもあり「は」的な作りであったが、それが作品を経るごとに徐々に。 に移行してからは「付き・」で、12球団の選手は顔付き、さらにはも可と、やポータブルとべても遜色のない出来になっている。 そのため、かつては「の版と思って買うと失敗する」と言われていたが、では純なとしても評価されている。 「」「」「ゲー」としても有名で、このにおける最大の特徴は「 全てのが同一時間軸で繋がっている」ということである。 他の(や、など)は途中で観がされてしまう事が多いが、このは「1」から「14」まで全てのが同じ時間軸で繋がっている。 特に「11」では今までだったり、また側からは思いもよらぬが一気に回収されるの策士ぶり。 時点での最新作は「14」だが、この作品を持って、長らく続いた表ののは区切りを迎えた。 その一方で、「最近始めたからのとか意味わからん」というもおおく、新規のにはわからなくなりがちな部分も多い。 ちなみに、「1」開始時点から「14」開始時点までの劇中の経過年数はなんと20年以上をえている。 必ず各作品に何らかのがあるのも特徴である。 内容は軽度なものから有益なものまで様々だが、中には致命的なもの、やの交換を必要とするものまである 8の登録や12の。 上最終作の14でも代走自動選択にが存在している。 は必見。 なんとの次にが少ない。 最終作を迎えたにも関わらず、のにも、「パワポケ最新作はよ」、「最新作を作ってください」 などと、されているのが多く見受けられる。 これから購入を考える人に• 多すぎ。 どれから買えばいい?• 機でがしたいだけなら最新作 14 を購入推奨。 選手の育成に関してはどの作品でも問題なし。 パワポケは間で観が繋がっているので、その繋がりを楽しみたいなら1からすると吉。 特に8以降の表のは作との繋がりが深く、しておくことを薦める。 Q4まりどういうことよ?• (選手のは当年の時点の成績を元にしているため、どの作品もだいたい中途半端) や時代のものだと、 ・ヤマンの酷いものもある。 ただ の に関しては初代から通じて『い』上に出来がよいので気にしなくても良い。 ゲームモードなど 表 本の。 まだ綺麗な方だがそれでものそれとべるととしての色が非常に濃い。 ほぼ確実に暗躍している組織などが存在し、の活躍を妨げてくる。 展開では大体がになるが、展開では悲惨な結果になることが多く、それがになるも多い。 あんまりせずに育成が進むが、裏をやると気にならなくなる。 裏・ ほぼ確実にとは関係なしに進行する。 ムリヤリをねじ込んでくるけど。 裏は表以上にがどんどん死ぬが、その辺を突っ込まないのはである。 対戦 対、対人、対戦(10~14)が存在する。 設定やなど細かく選べるが、に関しては各のではなく架のものから選択することとなる(除く、但し看は架のもの)。 ペ のペ(通称ペナ)と通常ペの2種類がある。 ペナはで育てた選手をさらに強化するためのもので、選手は使えない。 通常ペは1年間限定で、やケガ等が存在せず、基本的には純に試合を楽しむためのもの。 のようなペを期待してはならない。 なぜかって?が死ぬからである。 シナリオの特徴 は、以上に「」寄りのつくりになっている。 が多数存在する形式になっており、やもより多い。 基本的には で全てが解決す るとなっているが、が進むに連れ している場合じゃない が本筋になっている。 重要な場面でやを間違えた場合、友人やが失踪・するというを迎えてしまうこともあるほか、が心に大きな傷を負っていたり、「」ながあったり、後は「」だったりする。 なに関しては、「は明とばかりではないから。 それをでも体現した」とはっている。 最初の作品が発売されてから10年以上経過した 時代が変わった こともあり、後年の作品では露なやは極使わないようにしている。 しかし 代わりに間接的な描写にを入れている。 これはそもそもの の原が「」であることも関係していると思われる。 これにより、強い選手を作る場合は(以上に)やうろつきを駆使する必要がある。 やうろつきでを多数立てておくと、で特殊やが大量に手に入るのだ。 しかし、やうろつきばかりを行っていると今度はに割く時間が減ってしまう。 そのあたりのさじ加減が以上に難しいといえるだろう。 中には、条件等との関係から、をすためにはをあきらめなければならない、というすら存在する。 一方で開発 は偏重の選手育成を嘆いている。 ニコニコ動画でのパワプロクンポケットシリーズ 基本的にされているには「パワポケ」が付けられている。 の種類としては を含む 、、が多い。 またなやなを集めたなどもされている。 が多数される程のであるため、当然の如くや、も多く存在している。 によってはこれらの人達のせいでしく荒れていることもある。 によってされたが以前はあまり存在しなかった・・・が側の申立により、のの一部がされた。 その一方で以前のはされなかった。 でも大量にされているため、の種類によってはを喰らう可性が高い。 また「パワポケ」、「あつまれ~」は が別なこと等から、パワポケシリーズには含まれない。 1 編 --- --- --- 00. ーズ編 編 --- --- 01. 編 ドキドキ --- --- 02. 20 日の出編 編 --- --- 03. ーズ編 編 --- --- 03. 4 編 しあわせ編 --- --- 04. 2 編 冒険奇譚編 --- --- 05. 1 特命 編 冒険編 --- --- 06. 編 編 --- --- 06. 7 さすらいの 編 編 少寺編 --- 07. 6 一直線編 ディッガー 編 --- --- 08. 18 新球団 ナ編 怪奇ハタ編 編 --- 09. 3 電編 秘密結社編 編 --- 10. 逆襲球児編 冒険編 編 センシク ラッチ 11. 通常プレイ動画 彼女攻略動画 も参照 パワポケ風キャラによるもの も参照 TAS動画 CERO仕事しろ動画 も参照 その他 関連商品 はで 関連項目 ア行 カ行 サ行• タ行 ナ行 ハ行• マ行 ヤ行 ラ行• ワ行 その他• 関連リンク•

次の