ドラクエ 11s ストーリー。 【ドラクエ11】希望の旅芸人シルビアの攻略チャート|追加ストーリー【DQ11S】|ゲームエイト

【ドラクエ11S】スイッチ版の追加ストーリーについて【DQ11S,PS4,3DS,スイッチ】

ドラクエ 11s ストーリー

自分(主人公)は勇者として産まれた。 なぜ勇者が嫌われているか解き明かすため、生命の大樹に行く際に必要らしい。 怯んでいるうちに国王(ウルノーガ)が伝説の剣を奪い、悪魔の剣へと変えてしまう。 そして生命の大樹を壊し、ロトゼタシアを半壊させ、魔城を築く。 グレイグが仲間になる。 (第1エンディング) 時を戻すことで、ベロニカが生きているところまで戻れるかもしれないと判明。 プレイヤーに委ねられるが、おまけ要素というわけではなく、しっかりと話に組み込まれている。 ウルノーガを倒すために作った伝説の剣は過去に行くことで悪魔の剣と化し、ホメロスの攻撃を防いだことで破壊される。 ウルノーガが憑依した国王は面を喰らう。 宴と称し城に招き入れ、剣を奪おうとするが失敗。 現れたウルノーガ(通常ラスボスと違い元の姿のまま)を倒し、ベロニカが生きたまま世界に平和が訪れたかに思えた。 邪神が復活を企み、勇者の星を落とそうとするが、それを防ぐ。 ゲーム内で時折出てきた、もののけ姫の精霊のようなキャラクターは、時間戻しや勇者の星の関連の要素で絡んでくる。 バッドエンドをトゥルーエンドへ。 ドラゴンクエスト11はロトシリーズの前日譚ということだった。

次の

ドラクエ11「ストーリー」の予想と考察。竜王はあの人なのか?

ドラクエ 11s ストーリー

魔王バラモスの討伐へ赴き、帰らなくなった父「オルテガ」の意志を継ぎ、は16歳になったその日、アリアハンを旅立つ。 キャラメイクが可能になり、さらに職業・転職の概念が登場した作品。 6つのオーブを集めると復活する「不死鳥ラーミア」で、空を旅することができるようになった。 見事バラモスを倒しただったが、世界の災いの元である大魔王「ゾーマ」から地上侵攻の宣言をされる。 ゾーマのもとへ向かうため、ギアガの大穴に飛び込むたち。 その先に広がっていたのは、ドラクエ1や2の舞台となったアレフガルドの大地だった。 「たいようのいし」「あまぐものつえ」「せいなるまもり」を集め、儀式を経てもらえる「にじのしずく」で虹の橋を架け、ゾーマの待ち構える城へ乗り込む。 見事大魔王ゾーマを打ち倒したに、アレフガルドに古くから伝わる「まことの勇者」という意味の「ロト」の称号が授けられる。 しかしは行方をくらまし、誰もその後は知らないが、彼の残した武具は「ロトの装備」、せいなるまもりは「ロトのしるし」として、後世に伝えられる。 その他説明 時系列• ドラクエ1の世界、およびドラクエ2、ドラクエ3で登場する大陸。 ドラクエビルダーズの舞台にもなった。 アレフガルドに古くから伝わる称号。 「まことの勇者」の意。 ロト三部作とのつながり ドラクエ11のロゴ• ロトシリーズの舞台となったアレフガルドは、「精霊ルビス」という存在が創り上げたものでした。 ルビスは、魔の島に渡るための「にじのしずく」システムを作った人でもありますし、そもそも後のロトのしるしである「せいなるまもり」は、ルビスが3主人公に授けてくれたものでした。 ルビスはドラクエ2と3で登場したのち、世界を見守る者としてドラクエ6の世界にも現れました。 ドラクエ11でも、ドラクエ6のように世界を巡る旅の末にこの世界に来たとも考えられますが、舞台が「ロトゼタシア」と呼ばれる大地なので、見守る者というだけではないと思われます。 物語終盤でひょっこり顔を出すかも知れません。 ロトの剣が登場• ドラクエ過去作でも、ゲスト登場していたロトの剣が、正式にOPで登場しています.

次の

ドラクエ11 忙しい人必見!ネタバレストーリーガイド ラスボス後 真のエンディング 感想評価も

ドラクエ 11s ストーリー

魔王バラモスの討伐へ赴き、帰らなくなった父「オルテガ」の意志を継ぎ、は16歳になったその日、アリアハンを旅立つ。 キャラメイクが可能になり、さらに職業・転職の概念が登場した作品。 6つのオーブを集めると復活する「不死鳥ラーミア」で、空を旅することができるようになった。 見事バラモスを倒しただったが、世界の災いの元である大魔王「ゾーマ」から地上侵攻の宣言をされる。 ゾーマのもとへ向かうため、ギアガの大穴に飛び込むたち。 その先に広がっていたのは、ドラクエ1や2の舞台となったアレフガルドの大地だった。 「たいようのいし」「あまぐものつえ」「せいなるまもり」を集め、儀式を経てもらえる「にじのしずく」で虹の橋を架け、ゾーマの待ち構える城へ乗り込む。 見事大魔王ゾーマを打ち倒したに、アレフガルドに古くから伝わる「まことの勇者」という意味の「ロト」の称号が授けられる。 しかしは行方をくらまし、誰もその後は知らないが、彼の残した武具は「ロトの装備」、せいなるまもりは「ロトのしるし」として、後世に伝えられる。 その他説明 時系列• ドラクエ1の世界、およびドラクエ2、ドラクエ3で登場する大陸。 ドラクエビルダーズの舞台にもなった。 アレフガルドに古くから伝わる称号。 「まことの勇者」の意。 ロト三部作とのつながり ドラクエ11のロゴ• ロトシリーズの舞台となったアレフガルドは、「精霊ルビス」という存在が創り上げたものでした。 ルビスは、魔の島に渡るための「にじのしずく」システムを作った人でもありますし、そもそも後のロトのしるしである「せいなるまもり」は、ルビスが3主人公に授けてくれたものでした。 ルビスはドラクエ2と3で登場したのち、世界を見守る者としてドラクエ6の世界にも現れました。 ドラクエ11でも、ドラクエ6のように世界を巡る旅の末にこの世界に来たとも考えられますが、舞台が「ロトゼタシア」と呼ばれる大地なので、見守る者というだけではないと思われます。 物語終盤でひょっこり顔を出すかも知れません。 ロトの剣が登場• ドラクエ過去作でも、ゲスト登場していたロトの剣が、正式にOPで登場しています.

次の