軽減 税率 対象 日用品。 日用品は軽減税率の対象外!8%になる・ならない具体例【最新まとめ】

軽減税率の対象になる品目はどこまで?日用品を簡単に確認する方法は?

軽減 税率 対象 日用品

軽減税率制度って何のこと? 軽減税率制度とはどんな制度のことなのでしょうか? この制度は、特定の消費税率を一般的な消費税率よりも低く設定する制度のことです。 複数税率とも呼ばれていますが、それは一時的に消費税が2種類存在するようになるからなんですね。 なぜこのような制度ができたかというと、低所得者などへ経済的な配慮をすることが目的とされています。 軽減税率が導入されると、もちろん私たち消費者や小売店に影響が出てきます。 消費税率が一定でないために、買い物をしながら計算していくのも大変になりますよね。 お店側としても、予算が立てづらいですし、スタッフの教育も必要になってきます。 レジなどの設定も細かく必要になりますし、多少ならずとも混乱が生じてきそうですね。 具体的に何が軽減税率対象商品となるのか、詳しく見ていきましょう。 軽減税率対象商品は?オムツや医薬品などの日用品は? 国税庁はすでに 軽減税率対象商品を発表しています。 具体的にはどんなものが軽減税率対象商品となるのでしょうか?普段、買い物をすることが多いオムツや医薬品などの日用品は対象なのか気になるところです。 結論から言うと、オムツや医薬品などの日用品は軽減税率の対象とはなりません。 消費税増税が導入された後は、 【標準の税率10%で販売】されるということですね。 オムツや医薬品だけでなく、洗剤や化粧品、歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケア商品、ボディソープや石鹸などの日用品も軽減税率対象外となります。 intage. スポンサーリンク 軽減税率対象商品は?お菓子などの食品は? 原則として、 軽減税率対象商品は「食品」と「新聞」の2種類となっています。 もちろんお菓子も対象となるようですよ。 新聞については、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が対象となっています。 新聞が軽減税率の対象になるのは、減税することで国民がニュースや知識を得る機会を減らさないようにするという目的があります。 基本的には全国民が購入する「食品」が対象なのですが、生きるために必要な情報を入手する手段ということで新聞も対象となるようですね。 新聞の定義は分かりやすいのですが、難しいのは食品ですよね。 医薬品や医薬部外品に該当する栄養ドリンク、また酒類は軽減税率対象外となっています。 思わず迷ってしまいそうな食品のケースをチェックしてみましょう。 おまけ付きお菓子:金額とおもちゃ割合によって対象外 10% 例えばおまけの付いたお菓子はどうなのでしょうか?子供なら誰でも一度は憧れるおまけ付きお菓子。 お菓子を買えばミニカーやキャラクターグッズが付いてくるものは対象となるのでしょうか? もしおもちゃをおもちゃ屋さんで買う場合には、軽減税率対象外となりますが、 おまけ付きお菓子はあくまでもお菓子におまけのおもちゃが付いてきただけですので、軽減税率対象商品となります。 目的はお菓子ではなくおもちゃ!という子供がほとんどかもしれませんが、それでも軽減税率の対象にはなるようですよ。 ただしこの 「おまけ付きお菓子」が食品扱いになるには条件があります。 【おまけ付きお菓子が食品扱い(8%)になる条件】• 税抜1万円未満• そのため、 お菓子ではなくおもちゃが価格の大半を占めている場合など、一部のお菓子は10%に増税される商品も出てきます。 駄菓子屋さんや子供たちも混乱しそうですね。 【これはひどい】軽減税率の線引き。 ステッキ型チョコはお菓子とみなされ8%になるのに、パイプ型チョコは容器が笛になって、「お菓子とそれ以外」とみなされるため10%。 製菓会社は頭を抱えています。 なぜこのようなことになったのでしょうか。 今回の軽減税率ですが、外食は対象外となっています。 最近ではテイクアウトができるお店も増えてきていますよね。 ラーメン屋さんや牛丼屋さんでも、お店で食べる人と持ち帰って食べる人がいます。 またフードコートでハンバーガーを買って店内で食べる予定が、満席だったため仕方なくテイクアウトして家で食べる、というケースもあるでしょう。 そういった場合には「外食」扱いになるのか、「食品」扱いになるのかという問題が出てきます。 スーパーマーケットなどで売られているお弁当は食品扱いなので、それと同じように考える人もいますよね。 結論としては、店内で食べる場合やケータリングについては「外食」、 テイクアウトして食べる場合や蕎麦屋の出前に関しては「食品」ということで軽減税率の対象(8%)となります。 スポンサーリンク 学校給食 8% 学校や老人ホームで提供される 「給食」はどうなるのでしょうか? この「給食」に関しては、軽減税率対象商品となり、消費税は8%据え置きとなることが決定しています。 ただし学生食堂など、生徒が利用するかどうかを選択できる場合には、軽減税率対象外となります。 こちらも老人ホームの価格設定によって、対象か対象外かが異なってくる可能性はありそうですね。 酒類 基本的に10%,ノンアルは8% 酒類は基本的には 軽減税率対象外となるのですが、ノンアルコールビールやみりんはどうなるのでしょうか? この「酒」にあたるかどうかは酒税法に基づき、アルコール分一度以上であるかどうかでの判断となるようです。 酒類 みりん,料理酒,料理用ワイン含む):基本的に10%• ノンアルコールビールだけでなく、甘酒などもアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率が適用されます。 ただし「みりん風調味料」はアルコール度数が1度未満のものが多いので、軽減税率対象となる可能性は高いようです。 みりんを購入する際は、アルコール度数をチェックしてから買うといいかもしれません。 jiji. ネットで調べてみても、10%となっているところと8%となっているところがあり…やはり混乱している方は多いのかもしれません。 「消費税軽減税率電話相談センター」によると、 ミルクや離乳食は 軽減税率対象商品(8%)となるそうです。 つまり8%のまま、据え置きになるということですね。 子育て世代にとっては一安心ですね!母乳で頑張っているお母さんたちや、離乳食はすべて手作り!というお母さんたちは恩恵を受けられませんが、母乳をあげたくてもあげられない事情やどうしても離乳食を買わなければならないシーンなどに遭遇することはありますから、やはり8%のままというのは助かります。 ちなみにこの「消費税軽減税率電話相談センター」というのはフリーダイヤルで誰でも電話することができます。 ネットでも情報が錯綜していますし、もし分からないことがあれば気軽に電話で相談してみてもいいかもしれませんよ。 軽減税率対象商品以外で増税による負担増への対策はあるの? 軽減税率対象商品を設ける以外にも、増税に向けて消費の落ち込みを和らげるためにいくつかの対策が発表されています。 その対策を簡単にご紹介します。 プレミアム付き商品券 最大25,000円分の商品券を20,000円で買うことができる権利がもらえます。 つまり5,000円分もお得になるということですね。 住民税が非課税の世帯や2歳以下の子供がいる世帯が対象となります。 ただしこの商品券は税率引き上げ後の 6ヶ月間に使う必要がありますよ。 新築の場合は35万円分、リフォームの場合は30万円分のポイントをもらうことができ、家電やグルメなどの商品と引き換えることができます。 すまい給付金 現在、年収510万円以下の人が住宅を購入すると、上限30万円分までの現金が給付されていました。 この年収が775万円以下の人にまで給付されることになり、対象が拡大されます。 マイナンバーカード活用ポイント制度 マイナンバーカードを持っている人に、買い物に使える全国共通ポイントが加算されます。 この機会にマイナンバーカードも普及しそうですね!マイナンバーカードを取得するには郵便やパソコン・スマホなどで申請する必要がありますよ。 スポンサーリンク 軽減税率対象商品はいつまでの制度なの? 軽減税率対象商品は いつからいつまでの制度なのでしょうか?軽減税率制度の期間について、詳しく見ていきましょう。 まず 軽減税率制度の開始ですが、2019年10月1日の消費税増税とともにスタートすることが決まっています。 intage. ただし、今のところ消費税増税はほぼ最終決定している事案ですので、このままいくと軽減税率制度も予定通り導入されることになります。 しかしながら、 この制度がいつまでなのかについては現在のところまだ発表されていません。 今後の景気や経済状況、国民の反応などを見ながら、いつまでの制度にするかを決定していくのではないかと思われます。 今後の発表にも注意を払っていきたいですね。 そのため、オムツや医薬品などの日用品は対象外となりますよ。 難しいのはお菓子などの食品でも、一部は対象外となる商品もあるということです。 購入するシーンや商品によって、軽減税率対象商品となったり、対象外となったりする場合があるので、最初のうちは消費者やお店側も混乱する可能性はありそうですね。 いつまでの制度なのかという点についても、現在のところは発表されていません。 レジの設定や買い物の計算など、考えられる大変さはたくさんありますが、今のうちから細かく調べて対応していきたいですね。 スポンサーリンク.

次の

消費税10%はいつから?軽減税率の対象品と上限金額は?

軽減 税率 対象 日用品

軽減税率とは、2019年10月1日から実施される予定の消費増税における経過措置です。 今回の消費増税ではほとんどの商品の消費税率を10%に引き上げますが、飲食料品や新聞は例外的に8%に据え置きます。 この軽減税率によって、消費者に何が起こるのか、また小売店はどのような対応が必要になるのか、図を使ってわかりやすく解説します。 【目次】• 消費税の軽減税率制度とは 軽減税率とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルールです。 例えばスーパーマーケットの場合、消費税率8%のままの商品と10%の商品が並ぶことになります。 そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれます。 軽減税率の導入は、「低所得者へ経済的な配慮をする」という目的のもとで進められています。 具体的には、所得に関係なく一律の割合で納める必要のある消費税について、生活する上で必須となる食料品などの税率を低くするというものです。 しかし、実際に低所得者対策として有効なのかという点においては一部懐疑的な意見もあり、議論の対象となっているのも事実です。 いつから施行されるの?いつまで? 国税庁は軽減税率を、消費増税と同時(2019年10月1日)に導入すると公表しています。 軽減税率は例外(経過措置)という位置づけですが、国税庁は「いつまで行うのか」「社会情勢がどのようになったら終了するのか」については言及していません。 軽減税率が導入されると、消費者や小売店などに影響が出ます。 消費者は買い物のときに、税率の計算が一律でなくなることによって、「結局、いくら支払わなければならないのか」と混乱するかもしれませんし、物品を購入するときの予算立てが複雑になります。 小売店や飲食店はさらに大きな影響を受けるでしょう。 まず軽減税率に対応したレジに変更しなければなりません。 また、店員やスタッフなどに十分な教育をしておかないと、客から受け取る消費税額の過剰や不足が起こりかねません。 また経理事務も軽減税率の導入に伴って変更が必要です。 対象品目と消費者への影響 国税庁は軽減税率の対象になる品目を公表しています。 それによると、酒類を除く食品表示法に規定されている飲食料品と週2回以上発行されている新聞は軽減税率の対象になり、消費税8%に据え置かれます。 一方で、酒類、外食、ケータリングの食事などについては軽減税率の対象とならず、消費税率10%が適用されます。 そのため、普段から自宅でよくお酒を飲む人や外食の頻度が高い人は消費増税による影響を受けやすいといえます。 それでは次に、8%なのか10%なのか混乱しそうな商品やサービス、また適用有無の線引きがややわかりづらいものについてQ&A形式でみていきます。 Q:ハンバーガーショップなどはイートインとテイクアウトで税率が変わるの? ハンバーガーショップや牛丼チェーンでは、外食として店の中で食べる(イートインする)ことも、商品を買って帰る(テイクアウトする)こともできます。 外食の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」です。 そのため、イートインの場合は外食として扱われるので消費税率は10%ですが、テイクアウトの場合は飲食料品を買ったことになり8%で済みます。 また、宅配ピザやそばの出前などは外食に該当しないため、軽減税率が適用され消費税率は8%据え置きとなります。 Q:テイクアウトの料理とアルコールのセット商品はどうなるの? 飲食店が料理とアルコールのセットをテイクアウトとして販売した場合の消費税率は、料理については8%ですが、アルコールについては10%となります。 アルコールは軽減税率の対象外であるため、スーパーマーケットで買っても、外食(イートイン)で飲んでも消費税率は10%です。 ただしノンアルコールビールは軽減税率が適用される飲料に該当します。 そのため、テイクアウト料理とセットにした場合は、料理もノンアルコールビールも消費税率は8%になりますが、レストランなどで飲めば、「外食、イートイン」に該当するので10%になります。 Q:なぜ新聞に軽減税率が適用されるの? 新聞は軽減税率の対象となり、消費税率は8%に据え置かれます。 ただし軽減税率の対象になるには「週2回以上発行して、政治、経済、社会、文化などの一般社会的事実を掲載していること」「定期購読契約に基づくもの」の2条件に合致していなければなりません。 つまり、自宅に配達される日本経済新聞などの全国紙や都道府県ごとに発行されている地方紙、スポーツ新聞などは「新聞」に該当するので、消費税率は8%に据え置かれます。 一方で、駅のキオスクやコンビニで売られている新聞の購入は、定期購読契約に基づいていないので、消費税は10%になります。 また、企業が自社製品のPR目的で「新聞」と名付けて不定期に発行するものやインターネット回線を利用する新聞の電子版は「新聞」に該当しないので、これらの消費税率も10%になります。 新聞が軽減税率の対象になるのは、消費税を減額することで国民がニュースや知識を得るためのコストや負担を減らすためです。 消費税は文字通り「消費行動」に課す税ですが、新聞の購入は単なる消費行動ではないと考えられています。 生きるために必要な情報を入手したり、知的好奇心を満たしたり、活字文化を楽しんだりする行動であるとされるため、軽減税率の対象になったのです。 Q:イチゴ狩り園で食べるイチゴと持ち帰るイチゴは税率が違うの? イチゴ狩りやリンゴ狩りは、入園料を支払った果樹園内で飲食が提供されることになるので、消費税率は複雑になります。 例えばある果樹園でイチゴ狩りをするとき、果樹園への入園料の消費税率は10%です。 この果樹園の料金設定が「園内で収穫してその場で食べるイチゴは無料(入園料に含まれている)」となっている場合、イチゴは食料品でありながら、果樹園への入園料にかかる10%の消費税を支払うことになります。 また、「園内で食べるイチゴは有料」となっている場合でも、園内でイチゴを食べることは「外食」とみなすこともできるので、この場合もイチゴにかかる消費税率は10%となります。 しかし「果樹園内で収穫したイチゴの持ち帰り料金が入園料と別料金」と設定されている場合、消費税率は8%になります。 軽減税率の対象となる食品を買ったことになるからです。 Q:学校給食は外食ではないの? 学校や老人ホームなど介護関連施設で出される「給食」は、軽減税率の対象となり消費税率は8%据え置きです。 対象となる学校給食は、全児童・生徒に対して提供されるものであり、学生食堂のように利用が児童・生徒の選択制の場合は軽減税率の対象外となります。 老人ホームなどの場合は、一定の入居者に対して行われる食事の提供で、食事代が1食あたり640円以下、1日の合計が1920円までであれば軽減税率の対象となります。 以上のように、軽減税率の導入は、普段の生活の中のさまざまなシーンに影響があり、導入からしばらくは混乱してしまうことも多いかもしれません。 小売店の対応 軽減税率導入による影響は、当然のことながら消費者だけでなく、商品・サービスを提供する企業側にも及びます。 実店舗の小売店を保有する会社はレジやPOSシステムの改修が必要になるでしょう。 またネット小売(EC)を展開している企業でも、軽減税率の対象商品を販売していればシステム変更が必要になります。 小売店が軽減税率の対応を円滑に進めるポイントと、対策費の軽減を図ることができる補助金制度についてご紹介します。 円滑に対応するためのポイント 軽減税率の導入を円滑に進めるために、ここでは「商品の税率の確認と価格表示の変更」「帳簿や請求書の記載方式の変更」「軽減税率対応レジ・新システムの導入」「従業員教育」の4つのポイントについて解説します。 商品の税率の確認と価格表示の変更 まず小売店の経営者や店長は、自店で取り扱っているすべての商品について税率を確認しておいたほうが良いでしょう。 消費税率が8%に据え置かれるのは「酒や外食以外の飲食料品と週2回以上発行されている定期購読の新聞」だけですが、例外がたくさんあります。 その例外を正確にとらえ、価格表示を変更していく必要があります。 また価格表示の変更にあたっては、2019年9月30日の夜に一斉に行うことも考えられるため、スタッフの確保が必要になるかもしれません。 帳簿や請求書の記載方式の変更 軽減税率が導入される2019年10月1日以降、小売店などは帳簿づけや請求書の発行などの経理事務を大幅に変更する必要があります。 軽減税率に対応する請求書のことを「区分記載請求書」といい、軽減税率(8%)対象のものと標準税率(10%)対象のものを、別々に記載しなければなりません。 軽減税率対応レジ・新システムの導入 軽減税率が導入されると、消費税率8%と10%に対応していないレジやPOSシステムは小売店などで使うことができません。 また受発注システムを導入している場合も、複数の税率に対応しているのかどうか確認する必要があります。 小売店の経営者などは、レジ、POSシステム、受発注システムのメーカーに問い合わせて、• すでに軽減税率に対応しているタイプなのかどうか• 非対応タイプの場合、改修できるのかどうか• その場合の費用はいくらになるのか• 改修期間はどれくらいになるか といったことを確認しておいたほうが良いでしょう。 2019年10月1日が近づくと、レジメーカーやシステム会社が混雑することが予想されますので、早めの対応をおすすめします。 従業員教育 小売店の場合、客が軽減税率を理解していないことが想定できます。 そのため従業員やスタッフを教育して、客の質問や苦情に対応できるようにしておいたほうが良いでしょう。 新システムの導入には補助金がある 軽減税率に対応するため、受発注システムを改修したり、新たなレジを購入したりする場合、公的な補助金(軽減税率対策補助金)を受けることができます。 軽減税率対策補助金にはA型とB型の2つのタイプがあり、最大で費用の3分の2が補助されます。 A型は新しいレジを購入したり、レジのシステムを改修したりする場合を、B型は受発注システムの入れ替えや改修する場合を対象にしています。 国は軽減税率対策補助金事務局を設置しているので、詳しく知りたい場合など問い合わせすることをおすすめします。 【軽減税率対策補助金】 URL: ここまでご紹介してきたとおり、軽減税率は対象品目の線引きが難しく、誰もが正しく理解するには時間がかかるものと思われます。 が、2019年10月の開始に向けて社会の仕組みはどんどん変わっていきます。 特に消費税を支払う消費者は、社会の変化に取り残されて困ることがないように、今後も新しい情報を敏感に察知し理解するようにしましょう。 また軽減税率の導入直後からしばらくは、小売店や飲食店などで混乱が生じることが考えられるため、特に小売業に関わる方は、軽減税率の対象になる商品の把握のほか、システムや経理業務への対応、補助金の手続き、従業員や店員への教育など事前の準備が欠かせません。 本記事も参考にスケジュールを組んで進めていくことをおすすめします。 おすすめのコンテンツ: 増税の消費者影響を調査したい、といった市場調査・ネットリサーチのご相談はコチラから.

次の

消費税10%はいつから?軽減税率の対象品と上限金額は?

軽減 税率 対象 日用品

ただし、飲食するものでも、 10%になるものもあります。 何故、口に入れるものなのに、軽減税率対象外にしたのか、理由があるかもしれませんが、 「 水道水」や「 医薬品・医薬部外品」などは、8%にして欲しかったです。 家庭の水道水は、飲料用や料理で使われる量より、トイレや入浴、洗車などで使われるほうが圧倒的に多いので、 食料品ではないとされるのが原因のようです。 そもそも、軽減税率は、消費者が痛税感の緩和を実感できる、家計の負担軽減が目的なので、生活必需となる「水道水」は、ドイツなど海外では対象になっている国もあります。 整理して見てみましょう。 飲食料品の軽減税率8%と10%の対象品目 飲食料品の軽減税率8%と10%の対象品目の違いを見てみましょう。 スーパー・コンビニで扱うものでも飲食品10%の品目があります。 よく知られているのは、外食、アルコールが10%。 これは、大丈夫でしょう。 わかりにくいのは、一体資産という普段使わない言葉です。 持ち帰りは、 8%なのですが、 店内飲食は外食と同じ扱いになっています。 原則は「お持ち帰りですか?」とお客様に伺い、店内飲食だった場合、店内に掲示してある 10% の 価格で販売することになっています。 「 店内飲食」と「 持ち帰り」販売がある各社の対応をいくつか見てみましょう。 マグドナルド 「店内ご飲食」と「お持ち帰り」の税込価格は、これまで通り統一 税込の価格表示を継続 税込価格は全商品で10円単位を継続 日本ケンタッキー・フライド・チキン 税抜き価格を調整して店内と持ち帰りの 支払額を統一する 吉野家 本体価格を表記し、持ち帰り(税率8%)と店内飲食(同10%)の 支払価格を別にする方針 すき家 店内での飲食と持ち帰りの場合での 税込価格を統一 引用元:すき家 セブンイレブン 店内でお買い上げになった軽減税率対象商品をお客様がイートインスペースにおいて喫食する場合は、 税率10%が適用される ローソン 持ち帰りの食品の税率は 8%、イートインを利用した店内飲食の場合は 10%。 会計時にイートインの利用の有無を従業員に告げて欲しい旨を伝える。 従業員から、イートインスペースの飲食の有無は確認しないオペレーションで対応する 上記のように企業によって、店内飲食と持ち帰り価格が同じ場合と異なる場合があるので注意しましょう! お店の値札やレシートはどうなるの? 食品で8%が売り場でも分かりやすくしてほしいものです。 お店でも何か工夫は、するのでしょうか? 財務省から指針は出ているけど、各企業で少しずつ対応は違うのよ! 代表的な小売業のセブンイレブンの例を見てみましょう。 おにぎり等のデイリー商品については、裏面シールの商品名の後ろに『*』マークを表示。 引用元:セブンイレブンジャパン 他社動向 ローソン:軽減税率対応商品については、新たに「軽」のマークを入れる。 尚、明らかに食品であることが分かりやすい弁当・サンドイッチ・おにぎりなどのデイリー商品に「軽」はつけない。 引用元:セブンイレブンジャパン 他社動向 ローソンは「軽」の文字を税込金額の後ろに印字 2019年9月10日時点で、他の小売りチェーンの値札とレシートのオープンな情報は、ありませんでした。 準備は進めていると思いますが、個社対応なので、買い物の時は注意が必要です。 実は、製造元の経費は 10%なので値上がりするかもしれないのよ! 食品は、「カップヌードル」「明治のおいしい牛乳」「コカ・コーラ」などが相次ぎ、2019年4月から6月にかけて値上げしています。 理由は、原材料、人件費他経費の高騰が見込まれ、これを消費税前におこなってしまった場合に 消費者からの反発が出るのを避けたいためだったと言われています。 では、値上げしていない商品は、そのままの価格が維持されるか見ていきましょう。 袋・容器など各経費が10%なので値上げは避けられない? 今は、値上げしていない商品も、2019年10月以降には、メーカーの各経費(物流費、広告費等)の消費税が10%となるので影響は避けられません。 商品の内容量が減るか、2%以上の値上げなどを覚悟しましょう。 特に小売業の自社ブランドは、その企業の体力が試されるので注目です。 イオン:トップバリュー イトーヨーカド・セブンイレブン:セブンプレミアム 一方でスターバックスは、「本体価格(税抜価格)の変更は予定していない」としています。 その時の政府が法案さえ通せばいいので、まだまだ消費税は上がりそうです。 将来、軽減税率が8%から上がる可能性もあります。 まとめ 消費税10%増税でいつから食品の値段が上がるか調べた結果は、一部の商品を除き 8%です。 ただし、飲食するもので 10%の商品を買ってしまったときに、あわてないようにしましょう。 また、食品メーカー製造の商品、スーパーの肉・魚の生鮮品などは、原材料以外は、 経費(包装費、物流費など)が消費税10%となるので多少の値上げは覚悟しましょう。 少子高齢化が進み、社会保障財源4経費の財源である消費税は、ますます不足していきます。 みなさんのお子様やお孫さんの代にツケを残さない制度が必要です。 この10%増税のこの機会に 消費税 の使い方と 消費税率が 何%が適正なのか考えてみましょう! 人気記事.

次の