私 の 恋 した テトリス。 私の恋したテリウス最終回あらすじネタバレ!32話感想「心配ない後ろにはテリウスがいる!」

私の恋したテリウス【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想・あらすじ

私 の 恋 した テトリス

2020. , ,• 3年前、ある作戦に失敗して恋人を亡くした彼は、事件の背後にある陰謀を暴くために姿を消した。 国家情報院はそんなボンを二重スパイと疑い、行方を追うように。 ある日、向かいに住む主婦エリン(チョン・インソン)と出会ったボンは、ひょんなことから彼女の正体を怪しむようになる。 そんな中、エリンの夫ジョンイル(ヤン・ドングン)が国家安全保障室長が殺害される現場を目撃してしまい、口封じに殺害されてしまう。 ジョンイルの死が自らが追う犯人と関連があると感じたボンは潜入捜査のため、エリンの子供のベビーシッターを買って出ることに。 人物相関図 キャスト ソ・ジソブ キム・ボン役 伝説のブラック要員 国家情報院の最高要員 チョン・インソン コ・エリン役 キム・ボンの近所に住む女性 ソン・ホジュン チン・ヨンテ役 元詐欺師であり、マルチ商法の事業を展開する悪名高い事業家 イム・セミ ユ・ジヨン役 エリンの家族 ヤン・ドングン チャ・ジョンイル エリンの亡夫、出版社会社員 キム・ゴヌ(チャ・ジュンス役)6歳 男女の双子の兄。 オク・イェリン(チャ・ジュニ役)6歳 男女の双子の妹 KIS シム・ウナ キム・ヨジン役 KIS(キングキャッスルアパート内のおばさんたちの集い)の活躍を導くリーダー。 エリの親しい近所のお姉さん1 ファン・ジア チョ・ソヒョン 12歳 ウナの娘 イ・ジュウォン チョ・カンヒョン 6歳 ウナの息子 チョン・シア ポン・ソンミ役 KISの1人 エリの親しい近所のお姉さん2 キム・タヌ ハン・ユラ 6歳 ソンミの娘 カン・ギヨン キム・サンリョル役 KISの1人 エリの親しい近所の隣人3。 パク・シウォン キム・スンギ 6歳。 サンリョルの息子 国家情報院 ソンジュ ラ・ドウ役 NIS要員、ハッカー出身 オム・ヒョソプ シム・ウチョル役 国家情報院長 愛国心が強く、リーダーシップがある ソ・イスク クォン・ヨンシル役 国家情報院次長 野心溢れるベールに包まれた国家情報院ナンバー2 チョ・テグァン ケイ ヨンテ配下の殺し屋。 イ・ヒョンゴル パク・スイル ヨンテの運転手。 Jインターナショナル所属。 アクションあり、笑いあり、ロマンスありの「ソ・ジソブ」の魅力で溢れるスパイドラマでした!ソ・ジソブが演じるキム・ボムは、過去作戦途中、恋人だった情報員の亡命し失敗したあと姿を消した伝説のエージェント。 静かだったキム・ボンの生活は、隣のマンションに住む主婦コ・エリン(ジョン・インソン)との出会いで変わってしまいます。 暗く重くなりがちなストーリーラインとは異なり、コミカルな展開と刺激過ぎない展開が、家族と共に楽しめる作品でした。 前作「オーマイ・ビーナス」以降、2年ぶりのドラマ出演となり、ソ・ジソブが見せる久々の「ソガンジ」ぶりに、ドキドキ胸が高まりました。 やっぱり、バランスの取れた綺麗なシルエットのソ・ジソブの歩きや仕草は最高!適度な孤独感を持つキャラクターを演じるのも得意で、プロフェッショナルでカリスマ溢れるエージェントの姿とは真逆の幼稚園児双子ジュンジュンのシッター役まで、メリハリのある演技が自然で、全16話でも物足りないほど、ハマっちゃいます。 様々なジャンルが一つになったドラマで、ブラックコメディのような要素もあり、映画「ある会社員」で見せたスマートなソ・ジソブのアクションまで楽しめ、明るいコメディ・スパイドラマです。 第1話から最終話まで楽しめる最高のドラマで、予想以上にウェルメイドなドラマでした。 ヒロイン役を演じたチョン・インソンは子役出身の女優で、「魔女宝鑑」、「サークル~繋がった二つの世界~」、「ウラチャチャワイキキ」などに出演し、短編ドラマ「裸の消防士」では初主演を演じるなど、演技力が認められた若手女優。 ドラマが始まってすぐは、お節介な主婦のイメージが強すぎましたが、ドラマの進行と共に予期せずスパイ活動をすることになったコ・エリン役にピッタリで、ソ・ジソブとの相性も良かったです。 また、初の悪役を演じることになったソン・ホジュンは、意外にも悪いやつではなかった!けど、これまで見せたいい人のイメージとは全く違うキャラクターを演じ、幅広い演技ができる俳優だと思いました。 ソ・ジソブとの見せるブロマンスは、おまけが当たった時のような喜びと同じで、予想外に二人が登場するシーンが面白いので、見落としがないように。。。 その他の登場するキャラクターも個性があって、期待通りのエンディングで、明るく楽しい気持ちになります。 描かれるロマンスは適度で、逆に控えめなところから、年齢層など関係なく家族で楽しめる作品だと思います。 ラブコメ、アクション、スパイドラマが好きな方にはおすすめの作品です。 あなたの運命を変えます!? 逆境の魔女〜シークレット・タウン〜.

次の

私の恋したテリウス|韓国ドラマ【フル動画全話】U

私 の 恋 した テトリス

もくじ• 私の恋したテリウス 作品情報 放送:韓国MBC 2018. 27-11. スポ見てそのシュールな様子にちょっと吹き出すと同時にユルくギャップ萌えしました 笑 冒頭あらすじ キム・ボンは伝説の情報部員コードネーム・テリウス。 数年前、ポーランドでの作戦中保護対象だった協力者を暗殺され、彼女からの情報が入ったUSBを奪われるという事件があった。 テリウスは裏切り者の容疑者とされてしまい、真犯人を捕まえるために身を隠して生きていた。 ある日、あの時の殺し屋Kが国内で暗殺を行った。 テリウスは同じ日に殺害されたお向かいのエリンのご主人が何か関係してる可能性があると判断。 エリンがさがしてたシッターを引き受け近づくのだった。 放送時の予告編 ここで 本国MBCの予告編を二つご紹介したいと思います。 本作はシリアスとコミカルが合体したタイプのストーリーでした。 そのバランスはちょうどこれくらいだったといえる予告編をまずご覧ください。 テリウス=キム・ボンは、暗殺されてしまった保護対象の女性協力者を愛していたようです。 テリウスの執念ともいえる目的は、自らの潔白を晴らすと同時に彼女を殺害した者たちに罪を償わせることでもありました。 この主婦たちは携帯のグループでつながっていて、その連携は国家情報院のごとく密で機動的。 通称KIS(キングキャッスル・インフォメーション・システム)とよばれ、子どもを守るためには手抜きなしの見事な情報力を発揮します。 シリアスなNIS(国家情報院)とコミカルなKISが対になっていて、やがて協力し合う様子も楽しいところでした。 私の恋したテリウス とは 国家クラスの巨悪に立ち向かいつつ日常に生きる人々に癒されていく伝説のスパイテリウス。 コミカルテイストのサスペンス ハマり度は 2でした~ごめんなさい 韓国ドラマのコメディ入りスパイ・情報部ものは私には 黄色サイン 要注意)なんです。 コミカルサスペンスである本作は、 家族で多少突っ込みながらも楽しく見られるエンタメ度に仕上がっています。 登場人物それぞれの個性が光っているので 私のハマり度はひとまず置いといて、ぜひ一度見てみてもらいたいと思います。 今すぐ見られる主なVODサービス (2020. 4現在 2020. 4現在、U-NEXTで本作が配信されていますがまだ全話会員見放題ではなく、おそらく段階的に見放題になっていくのではないかとおもわれます。 *本記事をご覧のタイミングで、配信状況などが変化している可能性があります。 あらかじめご了承ください。 ここから後半はネタバレしています ご注意ください ネタバレあらすじ・感想 物語は、テリウスが追っていた暗殺者Kが現れたことから動き始めました。 Kはテリウスの愛した女性を殺害し、テリウスを逃亡者にした男。 Kを使っている組織にたどり着くことこそがテリウスの目的でした。 テリウスが追っていた組織 それは ポーランドに拠点を置く「コーナーストーン」という組織でした。 テリウスの動きが漏れていたこともNIS内に裏切り者がいる証。 テリウスはコーナーストーンのトレードマークであるゴールデンクローバーのボタンを身に着けていた副院長を疑っていました。 コーナーストーンに利用された男 本作では「コーナーストーン」に目をつけられ裏仕事をさせられていた男チン・ヨンテがいました。 初めて悪役をしたというソン・ホジュンが演じていたのですが、 根っからの悪人ではないヨンテをちょっとナルシスト気味のかわいいキャラクターにしていて、本作のバランスを分かってるな~と感心しました(上から目線www) このヨンテは利用価値がなくなり消されかけてテリウスに助けを求めました。 味方同士になってからのヨンテとテリウスのブロマンスも良かったですよ。 コーナーストーンの目的 コーナーストーンの息のかかった業者から 戦闘機などを購入させる防衛費狙いの不正組織でした。 韓国側の責任者はなんと大統領秘書。 コーナーストーンの思い通りに動かない人や邪魔ものを消すために殺し屋Kが動き、それを目撃してしまったエリンの夫が巻き込まれて亡くなってしまっていたのでした。 テリウスとエリン 二人のロマンスは? 孤独に生きてきたテリウスに普通の家庭の温かさや安心感というものを肌で感じさせてくれた無垢な子どもたちとその母エリン。 家族の一員のように接してくれる彼らを守ってあげたいという思いは愛には違いありませんがロマンスという感じではありませんでした。 エリンもまた、夫を亡くし子供を抱えて強く生きていくと決めた時に助けてくれたテリウスの存在に救われたのは確か。 邦題はロマコメをイメージさせるものに決まりましたが、 じつはエンディングで原題「私の後ろにテリウス」がつけられた意味がわかりますよ。 楽しいサブキャラクターたちKIS 本作ではエリンのマンションのママ友達KISの皆さんが明るくノリ良く、でも真剣にマンションと子どもたちの平和のために頑張っていました。 中でも、ここ最近コミカルな役はこの方に任せておけば間違いない!という名バイプレイヤーに上り詰めたカン・ギヨンさんがまたもや実力を発揮していましたよ! 初めて私がカン・ギヨンさんをみたのは「ああ、私の幽霊さま(2015)」だったので、 3年ほどで男性主人公を輝かせるレギュラー的地位を築かれたんだなぁとしみじみ感じました。 「キム秘書がなぜそうか?」などでも主人公の親友役で大活躍されていました。 いい俳優さんです。 豪華なOST 本作は有名どころの歌手の方々がOSTに参加されていたということでとても豪華でした。 中でも私が口ずさんでしまうほど好きなのが Gaho「そうやって胸がときめく」.

次の

無料占い

私 の 恋 した テトリス

本作は、2018年のMBC演技大賞で8冠を獲得した話題作! 視聴率の面でも同時間帯視聴率1位を独走したヒット作です。 主演のソ・ジソブさんにとっては「オー・マイ・ビーナス」以来2年半ぶりのドラマ主演作。 これまでに数々の大ヒット作に出演してきたソ・ジソブさんですが、2018年MBC演技大賞で最優秀演技賞と演技大賞をダブル受賞したのはキャリア初となります。 そんなソ・ジソブさんは本作で、伝説のスパイという立場でありながらベビーシッターとして奮闘することになり、シリアスさとコミカルさの両方を見事に演じ分けています。 ヒロインであるコ・エリン役のチョン・インソンさんは、夫に先立たれた双子のママ役を演じており、ソ・ジソブさんとのロマンスも披露しています。 助演陣には、初の悪役に挑戦したソン・ホジュンさんや、キム・ボンに惹かれているNIS要員役のイム・セミさん、そんなイム・セミさん演じるユ・ジヨンに片思いしているラ・ドウをUNIQのソンジュさんが演じています。 この他にも、エリンの夫役のヤン・ドングンさん、国家情報院のメンバーとしてオム・ヒョソプさん、ソ・イスクさん、北朝鮮出身の核物理学者役のナム・ギュリさん、特別出演のユン・サンヒョンさんなど、豪華な面々が出演しています。 そんの本作のOSTには、T-ARAのウンジョンによる「空に叫ぶ」をはじめ、ガホ(Gaho)、SURAN、ヤン・ダイルなどの人気実力派アーティストが多数参加しています。 今はワケあってキングキャッスルアパートに身を隠し、ある過去の事件について日夜調べていました。 そんなキム・ボンの向かいの部屋に住むコ・エリン(チョンインソン)は、双子たちの世話とイタズラに振り回される日々を送っていました。 キム・ボンは自分についてやたら詳しいエリンを不審に思っていたのですが、そんな中エリンの夫ジョンイルが不慮の死を遂げてしまい、さらには双子が誘拐されそうになってしまいます。 ジョンイルの死と3年前の事件との関連性に気づいたボンは、秘書として働くことになったエリン一家を見守るべく双子のベビーシッターを買って出るのですが・・・。 スポンサーリンク タイトルのテリウスとは? 「テリウス」とは日本の漫画「キャンディキャンディ」の男性主人公テリュース・グランチェスターから由来しています。 この漫画は韓国でも認知度が高く、「テリウス」は素敵な男性、王子様のようなイメージだそうです。 私の恋したテリウス【韓国ドラマ】みどころ サスペンスチックでシリアスなオープニングからはじまるこのドラマは、そんなヒリヒリとした雰囲気から一転してファミリーコメディへと突入していきます。 本作ではスパイとしてのクールでカッコいい姿と共に、様々な衣装に七変化するコミカルなソ・ジソブさんも見れるなどファン必見の場面が多数あるのもポイントとなります。 スパイとしてのアクションと、ベビーシッターとしてのファミリー感が同居しているのが特徴であり、そのギャップから笑いが産み出されています。 その上、スパイと双子のママとのロマンスもあり、いわば何でもありのエンターテイメント作品になっているんです。 韓国ドラマ初のポーランドロケを敢行したことでも話題となった本作は、ワルシャワの美しい風景もみどころとなりますし、そこでのアクションシーンも必見となります! スポンサーリンク 私の恋したテリウス【韓国ドラマ】視聴率・評価 初回視聴率がすでに前作の最高視聴率を超え、快調なスタートとなりました。 放送中は同時間帯ドラマ視聴率1位を安定して維持し、2018年放送されたMBC平日ドラマでもっとも高い視聴率を記録。 2018年はMBCドラマは惨敗だったと言われる中、本作は有終の美を収めました。 子役の印象も残っているチョンインソンさんがウラチャチャに続いてまた母親役を演じることや、相手俳優のソジソプさんとの年齢差が大きいことなど懸念されていましたが、それを払拭し、いいケミカルだったと言われています。 主演から助演まで俳優たちの演技が素晴らしかったとの評価も多数ありました。 普段育児とは無縁の血生臭い世界に生きてきた男が、子供という難敵を前にして右往左往してしまう様をコミカルに描くというパターンですね。 このドタバタコメディのお手本のような設定を使った作品には、シュワちゃんや、ジャッキー・チェンをはじめ、ヴィン・ディーゼルまでもが挑戦しているほか、韓国ドラマでも「マイリトルベイビー」といった作品もあります。 スパイがご近所に住んでいるという設定はキム・スヒョン主演の映画「シークレット・ミッション」などでも描かれており、これもスパイアクションとコメディが融合した作品でしたが、本作の場合はそこにベビーシッターというもう一つの要素も入ってくるので、そのスパイとベビーシッターという落差こそが本作が面白い要因だと思いました。 スパイとしては、暗殺、殺し屋、亡命、北朝鮮などのワードからシリアスさが漂ってくるのに、もう一方では悪人よりもある意味強敵な子供たちに振り回される伝説のスパイの姿があり、それをクールなイメージのソ・ジソブさんが演じているというのが最高なんです! それぞれの設定や展開などを取って見ると新しさはないのですが、これらを上手く一つにまとめ上げているというのが本作の素晴らしさであり、詰め込み過ぎでゴチャゴチャしてないのも見事ですね! 最初は子育てに苦悩するただの主婦だったヒロインが、のちにスパイとして活動するようになるというのもシュワちゃん主演映画「トゥルーライズ」のようで楽しかったです。

次の