隕石 家族 原作。 隕石家族最終話ネタバレ感想はシュールな最後で続編に期待と話題

隕石家族の原作は?脚本・小松江里子と主演・羽田美智子の10年ぶりのタッグ再び!

隕石 家族 原作

もくじ• ドラマ「隕石家族」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! ドラマ「隕石家族」の概要 巨大隕石が接近!! 地球滅亡まで・・・あと半年!? 最後まで家族一緒に・・・って、わたし、このままでいいの!? たった今から主婦卒業。 高校時代の憧れの彼と…熱い恋をもう一度! 母のビッグバンが幸せな家族をブラックホールに突き落とす。 残念ながら軌道に変化はなく、ごめんなさい、巨大隕石止められません!世の中は大パニックです。 もうどうにでもなれと勝手気ままにピエロのお面を被って暴れたかと思えば、もうどうしようもないと全てを諦めてしまったり。 ちなみに私は、あと半年遊んで暮らすだけの貯金はないので、このドラマを作ってギリギリまでお給料をいただくことにしました。 正直やりたいことや、思い残し、あります。 このまま地球が無くなったら悔いが残りそうです。 でも、今の生活を維持して、平凡に生き切ろうと思います。 今更あれこれ挑戦するのは怖いので・・・。 ・・・本当に、それでいいんですか? 地球人として、最後にそれでいいんですか? せっかく進化してくれたネアンデルタール人に申し訳が立たないとは思いませんか? 令和の春に、全力で大真面目に人生に向き合う地球最後の家族の物語を、宇宙の隅々にまでにお届けしようと思います。 舞台は、迫りくる隕石のためにあと半年で滅亡する運命にある、地球。 主人公の主婦、門倉久美子(羽田美智子)は胸に手を当て自分に問いかけます。 このまま半年後を迎えたとき、果たして幸せだったと胸を張って言えるのか? そうよ、最期の時は家族で一緒に・・・。 嫌よ! あたしの人生まだまだ試合続行よ! 家族?主婦?いいお母さん?たった今から全部卒業します! だって、あたしの心が、高校時代の憧れの彼ともう一度って! マグマのようなこの気持ち、隕石にだって止められやしないわ! 幸せな生活を送っていたはずの家族の中に、母・久美子がもたらした突然のビックバン。 ブラックホールに落ちていく家族。 しかし、それだけでは終わらない。 長女も次女も、なんと父も、ついには祖母までも、最後の地球人として、今まで家族にさえ打ち明けていなかった心の裏欲大爆発。 脚本は大河ドラマ「天地人」、「花燃ゆ」、昼の帯ドラマ「花嫁のれん」シリーズを手掛けた小松江里子が新境地に挑んだオリジナル。 合言葉は、見やすく面白く、かつ新しく。 コミカルな会話と少し誇張したキャラクターの中で、テンポよく物語は展開します。 そして、毎回、シリアスな全力告白が。 地球最後の半年間を駆け抜ける家族の物語をふり幅大きく描きます。 あなたは、地球最後の半年を誰と何をして過ごしますか? このドラマを観終えたとき、地球人の皆さんでぜひご唱和いただきたい。 20XX年。 巨大隕石が地球に衝突するまであと半年。 終末の日が目前に迫る中、ギリギリの秩序を保つ日本の、東京・世田谷に住む、門倉家。 「あたし、好きな人がいます・・・」 ごく普通に主婦の義務を果たしてきた門倉久美子(羽田美智子)が、突然自分の気持ちに正直になりたいと衝撃の告白をして家出。 最後の時を家族一緒に迎えたいと願っていた夫・和彦(天野ひろゆき)を始め、門倉家は大混乱に! しかも家族それぞれ秘密を抱えていて・・・。 地球最後のスペクタクルホームドラマ、開幕!! ドラマ「隕石家族」1話のネタバレ 1話では、地球滅亡までのカウントダウンとあって、みんながみんな思い思いに過ごしています。 暴動を起こす者もいれば、これまで通りに過ごす者・・・。 そんな中、久美子(羽田美智子)は憧れだったキャプテンこと片瀬(中村俊介)と残りの人生を過ごしたいと言って出て行ってしまいます。 しかし、久しぶりに会ったキャプテンは老けていて、憧れていた気持ちが無くなり、我に返った・・・と言って家に帰ってきます。 それを受け入れた夫・和彦(天野ひろゆき)。 しかし、久美子は嘘をついていた・・・。 家族と一緒に過ごしながらもキャプテン・片瀬とは順調に過ごしていたのだった。 そして物語のラスト、久美子の夫の和彦は、飲食店で片瀬と会う。 どうやら2人は、同じ鉄道の趣味を持つ者同士で、これまではネット上でのやり取りだけだったけど、初めて会う、オフ会のような感じだった。 片瀬は、和彦が久美子の夫だとはつゆ知らず・・・。 和彦が持ってきたレア物模型に夢中。 しかし、そんな片瀬を不穏な目つきで見る和彦・・・。 和彦は、片瀬が久美子の相手のキャプテンだという事を認識しているのか!? ドラマ「隕石家族」2話のあらすじ 久美子(羽田美智子)の家出騒動は一件落着かに見えたが、高校時代の同級生キャプテンこと片瀬(中村俊介)との仲は密かに継続。 しかも久美子の相手だとは露知らず、和彦(天野ひろゆき)も偶然趣味を通じて知り合った片瀬と親交を深めていた。 5ケ月後、隕石で地球は無くなるというのに我が家はどうなっているのだとため息の結月(北香那)。 そんな中、ゴミの分別をめぐるご近所トラブルが発生し、それを見た和彦の母・正子(松原智恵子)に、子供の頃の忌まわしい記憶がよみがえる。 「嫁は他人」と嫁姑バトルを繰り広げていた正子が久美子に語った、家族には絶対に言えない秘密とは・・・。 ドラマ「隕石家族」2話のネタバレ 2話で描かれていたのは、おばあちゃんである正子(松原智恵子)の母がメインの話です。 「悪い事をしたら埋められる」 そんな事をおばあちゃんは口にします。 おばあちゃんには、小さい頃に仲のいい友達が居ました。 そしておばあちゃんの友達は連れて行かれて、家族ともども土に埋められてしまった・・・。 埋められるところをおばあちゃんは見ていました。 そこからおばあちゃんはずっと胸につっかえを持っていました。 私は友達を裏切った・・・怨まれてる・・・と思っていたのですが、そのおばあちゃんのお友達は普通に生きていて、そんな事はすっかり忘れていました。 こうして、おばあちゃんの長年の胸のつっかえは取れたのでした。 ドラマ「隕石家族」3話のあらすじ マザコンの和彦(天野ひろゆき)は、いまだ母・正子(松原智恵子)の言いなりだ。 50歳も過ぎて情けない、となぜか片瀬(中村俊介)に相談してしまう。 と、かつて自分が片瀬に贈った「自分の気持ちに正直に」という言葉で励まし返される。 一方、長女の美咲(泉里香)は中学時代の恩師であり、現在同じ中学の教師仲間である森山(遼河はるひ)を慕い、残りの4か月を一緒に過ごすつもりでいたのだが、森山が疎開すると聞かされ・・・。 ドラマ「隕石家族」3話のネタバレ 3話で描かれていたのは、和彦のマザコンっぷりですね。 自分ではまるっきり気づいていなかったマザコンっぷりなのですが、周りからの指摘でようやく気づく。 そして、遅くやってきた和彦の反抗期が始まる・・・。 しかし、反抗期もあっという間で、すぐに正子とモトサヤ?になる。 更に、和彦は片瀬とことの経緯を話していると、今度は片瀬も悩みを吐露してきます。 片瀬が好きだった女性(和彦の妻・久美子(羽田美智子))なのですが、久美子は家族を選んだ。 そして、一人になってしまった・・・と落ち込む片瀬に、和彦は 「じゃー僕がいっしょに居ます!」 と、まさかの展開になる。 果たして和彦、久美子、片瀬はどうなってしまうのか!? そして隕石がついに!? ドラマ「隕石家族」4話のあらすじ 地球に向かっていたはずの巨大隕石が突然向きを変えた。 世間の空気はこれで助かるんだ!と、ガラリと変わり、一気に日常が戻ってきた。 つまり、定員割れのお陰でたまたまA判定だった結月(北香那)の東大受験もE判定になるわけで・・・。 疎開していた人たちも続々と東京へ戻りだした。 森山(遼河はるひ)を追って家を出た美咲(泉里香)もコソっと戻ってきたが、教師には復職せず自分のやりたいことをすると宣言する。 久美子(羽田美智子)は、前と同じ自分に戻ることなんて出来ないと、純愛と家族の二つとも手に入れることを改めて決意した。 そんな中、翔太(中尾暢樹)が働く喫茶店『イスカンダル』の店長・古代鉄郎(ブラザートム)が「あと半年、どう生きるか心を打つ作文を書けば一億円」という懸賞に当選し、大金を手にしていた事が発覚。 しかし、隕石が逸れた場合は返金の義務がある事を知らず散財、お金を返せず行方をくらます事に。 ある日、翔太から「ちゃんと話したい」という改まったメールをもらう結月。 それを知った久美子たちは「結婚では!?」と色めき立つが・・・ 「この家を出ていきます」・・・ 翔太は理由も言わず、結月と別れて門倉家を出ていってしまう。 さらに、ついに片瀬との密会が家族にばれてしまう和彦。 近づいた真意や惹かれた経緯を話し、それは隕石による一時の気の迷いで「一番愛しているのはママ」だと訴える。 しかしそんな和彦に、恐れていた事態が! さらに久美子からは、正子(松原智恵子)がボケたみたいだと電話が入り、急いで帰宅しようとする和彦の前に、追い打ちをかけるように、突然片瀬が姿を現して・・・。 ドラマ「隕石家族」6話のあらすじ 「ボクらは秘密の共有者ですね」・・・片瀬(中村俊介)の言葉に、嬉しいのか? 後ろめたいのか?複雑な心境の和彦(天野ひろゆき)は、リストラされたことを家族に言えないまま、自身の収集品を買取店に持って行ってはお金に換える日々。 その一方で片瀬は、借りたお金で久美子(羽田美智子)に食事を奢るなど密会を続け、 「君の御主人とは2度と会うつもりはない」 としれっと嘘をつき、再び久美子にアプローチしていた。 早速、会社へ行くフリをして公園で弁当を食べる和彦を美咲(泉里香)が目撃。 公然の非公開だ!!とあまりにも下手な言い訳で慌てふためく和彦にため息の美咲。 家に帰ると、正子(松原智恵子)が久美子に認知症だと思われている事が気に入らないと怒っていた。 そんな中、翔太(中尾暢樹)の父親の秘書だという木下(浜田晃)なる老人が来訪。 なんと実は、翔太が大資産家の息子で父親が急逝。 遺言として、翔太と結月(北香那)の2人分の火星移住プロジェクトを申し込んでいたことが発覚。 木下に「翔太坊ちゃまと一緒に地球を脱出してほしい」と迫られる門倉家。 尚も勧める家族に結月は「私は家族じゃないわけ?」と激怒。 静まり返る家族・・・。 一方、翔太はバイト先の『イスカンダル』へ。 一億円の借金の形に差し押さえられた店 に戻り、隠れ住む店長(ブラザートム)に結月と別れた経緯を話すも、その煮え切らない態度に店長が発破をかける。 ぐずぐずしないで結月を迎えに行け!と。 しかし一緒に地球を脱出しようと結月を説得しようとするも話さえ聞いてもらえず拒絶されてしまう。 閉じこもる結月。 そんな結月に久美子は・・・。 大混乱の門倉家に、なぜか和彦がさらなる追い打ちをかける。 「さ、どうぞ、狭いうちですが・・・」 何と片瀬がやってきた!? どうなる門倉家!その時隕石の動きに再び変化が? ドラマ「隕石家族」7話のあらすじ 会社の倉庫からマッサージチェアを盗んで売っていたとして逮捕された和彦(天野ひろゆき)。 家族は俺の無罪を信じているはず!と思っていたが、そのころ門倉家では、久美子(羽田美智子)、美咲(泉里香)、結月(北香那)が 「絶対にお父さんはやっている・・・」 と盛り上がっていた。 盛り上がるそばでは静かに眠る正子(松原智恵子)の姿が・・・。 いよいよカウントダウン。 門倉家はどう過ごすのか?そして地球の運命は? スペクタクルホームドラマついに完結! ドラマ「隕石家族」最終回のネタバレ予想 この物語は隕石の落下が確定してパニックになった世界を描きましたが、その中に小さな一つの家庭の話に着目した物語です。 最終回結末までにBL展開や、確定路線だった隕石の落下が、まさかの逸れたり・・・そしてまた軌道を修正してきたりと色々とありました。 人類滅亡、地球の最後の日を前に、人類、そして家族はどのような愛を見出すのか・・・。 最終回結末では、その究極の愛の形が示されるのかもしれません。 最終回の放送を楽しみにしましょう! ドラマ「隕石家族」の原作 ドラマ「隕石家族」の原作はとくになく、脚本を務める小松江里子さんのオリジナルになります。 宇宙とか地球とか枠を越えて、やっぱりみんなで愛を共感して、愛でこの宇宙をいっぱいにしようみたいな、時を越えても寄り添える魂はずっと寄り添えるんだ、みたいなその歌詞の内容がすごくドラマに通じていて。 』と語り、PassCodeのメンバーは大感激。 対する天野さんは、撮影帰りの車の中で流し聴きしてしまったと言いつつも、 『いや、本当に嬉しかった。 PassCodeが(主題歌を)やってくれるんだ、って。 』 と語った。 また、 『私たちに本当にこんなに素敵に曲を書いていただいたんで。 』 『本当に全身全霊でドラマを作っておりますんでね。 』 『昨日もね、ワタクシ、泣くシーンでね、泣きすぎてですね、溺れて死んじゃうかと思いましたよ。 』 『隕石が当たる前に死んじゃうんじゃないかと思ってね、大変だったんですよ。 』 『絶対ドラマ見てね!どんどんいっぱいツイートしてください。 』 とドラマ撮影への意気込みをメンバーに伝えた。 また羽田さんは天野さん演技について、 『天野さんが普段の天野さんではない・・・お芝居めちゃくちゃ上手なんですよ。 』 『それでなんかね、既存の役者さんには出せない表情とか、感覚の掴み方とかがあって、すごくハっとさせられるんですよ、いつも。 』 『普段の天野さんじゃない、門倉家のパパを演じている天野さんもすごく見どころの一つですし。 』 と天野さんの演技を賞賛した。 それに対して、天野さんは『この魅力をどんどん出してね。 ウド鈴木のことを忘れたいと思います(笑)』と皆を笑わせた。 ドラマ「隕石家族」の動画配信 ドラマ「隕石家族」はフジテレビで放送されますし、いつものようにFODで配信されます。 また、見逃し配信は、これまたいつも通りTVerで配信されます。 見逃し配信はもちろん、我らがTVerで良いんですけど、スマホで観るとなると、TVerでさえFODのアプリインストールが必要になります 笑 アプリをインストールするだけなら無料なんですけどね 笑 それではこの「SEDAI WARS」っぽさも感じるドラマ「隕石家族」を楽しんでいきましょう! 【関連記事】.

次の

隕石家族で次女結月(ゆづき)役の女優は誰?笑顔が可愛いと話題!

隕石 家族 原作

東海テレビで2020年4月20日スタートの春ドラマとして、 『隕石家族』の放送が決定しました! 東海テレビで毎週土曜夜23:40からの放送です。 2020年春のオトナの土ドラは『隕石家族』! 地球滅亡まであと半年という大混乱の中、生き抜く門倉家の騒動を描きます。 平凡な主婦・門倉久美子が「自分は今、何がしたいのか?」と考えて至った結論は…高校時代の憧れの彼!? 久美子を筆頭に夫、長女、次女、姑も、今まで明かしたことのなかった秘密を暴露していきます。 主演は羽田美智子が務め、世間並で平凡だった主婦が全力で自分と向き合う様子を描きます。 今回は、そんな期待のドラマ『隕石家族』をご紹介します。 発見された巨大隕石が1年後には地球を粉々に吹き飛ばし全生命が滅亡するというのだ。 とてつもない速さで宇宙を飛ぶ巨大隕石は、軌道 にある星々に衝突しては、破壊させていく。 宇宙のデストロイヤーである。 世界は大パニックのいわゆる世紀末。 しかし隕石発見から半年後、持ち前の国民性で唯一ギリギリの秩序を保っている国があった。 一見どこにでもある家族・門倉家。 朝の食卓。 主人公・主婦の久美子(羽田美智子)が 忙しく支度している。 長女で中学校教師の美咲(泉里香)と大手電機メーカー勤務・父の和彦(天野ひろゆき)が食べながら、「通勤ラッシュが懐かしい」やら「この期に及んで痴漢えん罪で捕まったりしたら目も当てられないな」、など話していると、この4月から浪人中の次女・結月(北香那)が起きてきて。 もし助かれば来年の競争率は低いはずだから東大を狙うんだと。 ひとり生き残りの大穴にかけている。 「久美子さん、スムージーにリンゴが入っていませんよ」と、着物姿の姑・正子(松原智恵子)も起きてくる。 「すみません。 日本のは高くって。 もうこうなったら外国産は入ってきません」と久美子も席に。 テレビからは今日の隕石情報が流れる。 一斉に画面に注目。 「地球に接近しております巨大隕石は残念ながら軌道に変化はなく、地球到達まで残り186日です」溜息がもれる。 「もうあと半年か…」「これで地球も終わりなのね…」 門倉家は何も変わらない、ように見える。 半年後には皆一緒に死ぬんだから、まあ仕方ない、せめて最後は家族一緒に迎えようと。 が、そんな中、「こんな時に、悪いんだけど」久美子が改まった顔で話を切り出した。 「一年前、隕石が落ちてくるってわかったわよね。 でも、そんな状況になっても、あたし、家族の世話をしてきました。 それが、妻であり、母であり、嫁である主婦の務めだって、でも……最後に自分らしく生きたいと思って……」「ん?」お母さんは急に何を言いだすのかと。 「あたしね、好きな人がいます。 その人と一緒に暮らしたいの」「す、好きな人?」「あたしが地球最後の日に一緒にいたいのは、…家族じゃなかったの」唖然とする家族。 もう誰も止められない。 引き留める家族を振り払い、「ごめんね」と、飛び出すように出て行く母・久美子。 あとには愕然とした家族が残った。 引用: 『隕石家族』の原作は? ドラマ『隕石家族』は 原作無しのオリジナルストーリー! 脚本はドラマ『天地人』、『花燃ゆ』、『花嫁のれん』などの小松江里子さんが担当しています。 コミカルでテンポの良いストーリー展開で、物語を描きます。 明るい性格で夫婦仲も良好だが、同居している姑の正子との関係は良くない。 平凡な毎日を送っていたが、地球最後の瞬間を前に「自分らしく生きたい」と決意を固める。 中学校教師。 ズバズバと言葉にスルので姉妹喧嘩が絶えないが、人一倍優しい性格でもある。 出来の良い姉にコンプレックスがあり、姉の大学を受験するも不合格に。 しかし諦めず予備校に通うことにする。 久美子のことを快く思っていない。 近頃デイサービスに通って麻雀にハマっている。 大手電機メーカー勤務で課長。 一家の大黒柱としての責任感を持っているが、母親の正子に頭が上がらない。 イマドキの若者で、隕石のことも醒めた目でとらえている。 宇宙に関しての知識が豊富な秀才。 隕石によるパニックをどこか楽しんでいる、飄々とした人物。 地球最後の半年と知り、キャンピングカーで旅をする自由な生活をしている。

次の

2020年春ドラマ「隕石家族」のあらすじ・キャストまとめ | 8ラボ(はちらぼ)

隕石 家族 原作

東海テレビで2020年4月20日スタートの春ドラマとして、 『隕石家族』の放送が決定しました! 東海テレビで毎週土曜夜23:40からの放送です。 2020年春のオトナの土ドラは『隕石家族』! 地球滅亡まであと半年という大混乱の中、生き抜く門倉家の騒動を描きます。 平凡な主婦・門倉久美子が「自分は今、何がしたいのか?」と考えて至った結論は…高校時代の憧れの彼!? 久美子を筆頭に夫、長女、次女、姑も、今まで明かしたことのなかった秘密を暴露していきます。 主演は羽田美智子が務め、世間並で平凡だった主婦が全力で自分と向き合う様子を描きます。 今回は、そんな期待のドラマ『隕石家族』をご紹介します。 発見された巨大隕石が1年後には地球を粉々に吹き飛ばし全生命が滅亡するというのだ。 とてつもない速さで宇宙を飛ぶ巨大隕石は、軌道 にある星々に衝突しては、破壊させていく。 宇宙のデストロイヤーである。 世界は大パニックのいわゆる世紀末。 しかし隕石発見から半年後、持ち前の国民性で唯一ギリギリの秩序を保っている国があった。 一見どこにでもある家族・門倉家。 朝の食卓。 主人公・主婦の久美子(羽田美智子)が 忙しく支度している。 長女で中学校教師の美咲(泉里香)と大手電機メーカー勤務・父の和彦(天野ひろゆき)が食べながら、「通勤ラッシュが懐かしい」やら「この期に及んで痴漢えん罪で捕まったりしたら目も当てられないな」、など話していると、この4月から浪人中の次女・結月(北香那)が起きてきて。 もし助かれば来年の競争率は低いはずだから東大を狙うんだと。 ひとり生き残りの大穴にかけている。 「久美子さん、スムージーにリンゴが入っていませんよ」と、着物姿の姑・正子(松原智恵子)も起きてくる。 「すみません。 日本のは高くって。 もうこうなったら外国産は入ってきません」と久美子も席に。 テレビからは今日の隕石情報が流れる。 一斉に画面に注目。 「地球に接近しております巨大隕石は残念ながら軌道に変化はなく、地球到達まで残り186日です」溜息がもれる。 「もうあと半年か…」「これで地球も終わりなのね…」 門倉家は何も変わらない、ように見える。 半年後には皆一緒に死ぬんだから、まあ仕方ない、せめて最後は家族一緒に迎えようと。 が、そんな中、「こんな時に、悪いんだけど」久美子が改まった顔で話を切り出した。 「一年前、隕石が落ちてくるってわかったわよね。 でも、そんな状況になっても、あたし、家族の世話をしてきました。 それが、妻であり、母であり、嫁である主婦の務めだって、でも……最後に自分らしく生きたいと思って……」「ん?」お母さんは急に何を言いだすのかと。 「あたしね、好きな人がいます。 その人と一緒に暮らしたいの」「す、好きな人?」「あたしが地球最後の日に一緒にいたいのは、…家族じゃなかったの」唖然とする家族。 もう誰も止められない。 引き留める家族を振り払い、「ごめんね」と、飛び出すように出て行く母・久美子。 あとには愕然とした家族が残った。 引用: 『隕石家族』の原作は? ドラマ『隕石家族』は 原作無しのオリジナルストーリー! 脚本はドラマ『天地人』、『花燃ゆ』、『花嫁のれん』などの小松江里子さんが担当しています。 コミカルでテンポの良いストーリー展開で、物語を描きます。 明るい性格で夫婦仲も良好だが、同居している姑の正子との関係は良くない。 平凡な毎日を送っていたが、地球最後の瞬間を前に「自分らしく生きたい」と決意を固める。 中学校教師。 ズバズバと言葉にスルので姉妹喧嘩が絶えないが、人一倍優しい性格でもある。 出来の良い姉にコンプレックスがあり、姉の大学を受験するも不合格に。 しかし諦めず予備校に通うことにする。 久美子のことを快く思っていない。 近頃デイサービスに通って麻雀にハマっている。 大手電機メーカー勤務で課長。 一家の大黒柱としての責任感を持っているが、母親の正子に頭が上がらない。 イマドキの若者で、隕石のことも醒めた目でとらえている。 宇宙に関しての知識が豊富な秀才。 隕石によるパニックをどこか楽しんでいる、飄々とした人物。 地球最後の半年と知り、キャンピングカーで旅をする自由な生活をしている。

次の