フェイル セーフ 例。 エラープルーフ化の設計・計画と安全管理の例

フールプルーフ[foolproof]とフェイルセーフ[fail

フェイル セーフ 例

フェイルセーフとフールプルーフの違い みなさんは「フェイルセーフ」と「フールプルーフ」といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか。 「フェイルセーフ」「フールプルーフ」とも安全確保に関する用語ですが、語感も似ていることから混同しているビジネスマンも見受けられます。 フェイルセーフとフールプルーフの違いについて、具体例と共にまとめてみました。 フェイルセーフとは? まず、フェイルセーフとは、機械装置やシステムに故障やエラーが発生した場合に、被害の拡大を防ぎ、安全が維持できるように工夫することです。 産業分野においては、日々あらゆる機械装置やシステムが取り扱われています。 しかしながら、それらも何らかの誤操作・誤作動・故障などで思わぬ事故を引き起こす可能性があります。 フェイルセーフはそのような「機械装置やシステムは必ず故障する」という考えを前提といた設計手法なのです。 例えば、異常を検知した電車の自動緊急停止システムや、天災などで急な停電になった際に電気の供給が止まらないように手術室で自家発電を行うことなどが挙げられます。 フールプルーフとは? 一方、フールプルーフとは、ヒューマンエラーを想定して人為的な事故を未然に防げるように工夫することです。 フールとは英語で「愚か者」という意味を指し、日本語で「ポカヨケ」や「バカヨケ」と呼ばれることもあります。 仮に機械装置やシステムの操作に精通していない老人や子供が誤った行動をとってしまった場合もそれを阻止するなど、誰が使っても安全に動作する仕組みを指します。 空焚き防止のため水が入っていない状態では作動しない電気ケトルや、蓋が閉まっていない状態では作動しない洗濯機などが例として挙げられます。 フェイルセーフとフールプルーフの違いのまとめ 要するに「フェイルセーフ」は機械システムに着目した安全機構、「フールプルーフ」は人間に着目した安全機構という違いがあります。 フェイルセーフとフールプルーフは、どちらも事故を防止し、安全を確保するために重要な概念です。 どんなに高性能な機械も故障する可能性があり、それを操作する人も誰しもが間違えてしまう可能性を持っています。 個々の努力だけでは確実に事故を防ぐことができるかというと、決してそうとは言い切れません。 そのため、現場で起こりうる誤動作やミス、故障から生まれる危険を予め想定し、環境整備や設計の段階において、事故を防止するための対策を組み込むことが必要なのです。 日本のモノづくりの技術が世界中で信頼されているのも、この「フェイルセーフ」と「フールプルーフ」といった安全確保における考え方を追求し、具現化されているからこそでしょう。

次の

職場のあんぜんサイト:フェールセーフ[安全衛生キーワード]

フェイル セーフ 例

フェイルセーフとフールプルーフの意味と事例 フェイルセーフとはなにか? フェイルセーフ fail safe とは 製品やシステムに故障あるいはエラーが発生しても安全が維持できるように工夫することです。 つまり、ミスやエラーが発生しても、安全側に向かうような工夫です。 フェイルセーフには以下のような例がある ・ 自動車のスライドドアに身体が挟まれそうになったらドアが停止する ・ 異常を検知した列車が自動的に緊急停止する 医療のフェイルセーフには以下のような例がある 【医療におけるフェイルセーフの例】 ・ 自然災害が発生して病院が停電になっても自家発電によって電気の供給が無くならないようにする ・ 医療機器を誤った使用法で操作しようとした場合に自動的に機能を停止する フールプルーフとはなにか? フールプルーフ fool proof とは 人間が誤った行為をしようとしても出来ないようにする工夫のことです。 フールプルーフには以下のような例がある ・ 洗濯機は蓋を閉じなければドラムが回転しない ・ 自動車はブレーキを踏んでいなければエンジンをかけられない ・ 電気ケトルで湯を沸かそうとしても水が入っていなければスイッチをONにできない 空焚き防止のため 医療のフールプルーフには以下のような例がある 【医療におけるフールプルーフの例】 ・医療用ガスの接続部が同じピン数だとつながらない ・輸液ラインのコネクターに輸液用シリンジをつなごうとしてもサイズが違うためつながらない ・ 名前やパッケージが似ている薬剤を別々の場所で保管して取り違えないようにする スポンサーリンク フェイルセーフとフールプルーフの違い フェイルセーフとフールプルーフの違いは、そもそも エラーを起こさせないようにするのか、 エラーが起きても事故につながらないようにするかにあります。 そのため、まず設計や計画段階で考慮すべきはフールプルーフの方になります。 つまりエラーそのものをさせない設計と計画です。 いわば フェイルセーフはフールプルーフの次善策といえます。 ヒューマンエラー対策の原則は「 エラーできない方法」を検討することです。 そのため、まずはフールプルーフを考慮すべきだということになるのです。 以下の図はヒューマンエラーが事故につながるのを防止するために検討すべき手順です。 この図から理解できるように、まずは「できなくする」というフールプルーフを先に検討すべきです。 しかし、状況的に「できなくする」ということが困難な場合もあります。 そのため、フェイルセーフにおいてエラーが起きても安全になるような設計、計画あるいは対策が必要になるのです。 フェイルセーフはフールプルーフのように「できなくする」というような一義的な概念ではなく、安全のための防護壁を二重、三重に設けるべきものです。 つまり、安全対策のすべてで考慮すべき概念です。 そのため、フールプルーフが困難な場合は、安全側に導かれるような施策を設ける「フェイルセーフ」が必要となるということです。

次の

フェールセーフ(1)

フェイル セーフ 例

フェールセーフ 産業の場に限らず、さまざまな場所で使用される設備、装置、機器類は、それを構成する部品の損傷や機能の低下を避けることはできません。 このためにこれらの設備等に対する点検、整備が重要なことですが、一方、こうした事態が発生したときに、設備等に要求していた機能が不全になり、例えば不良品が発生する、危険な状態が現出するといったことが予想される場合には、これを防止する機能をあらかじめ備えておくことは大切なことで、こうした考え方をフェールセーフといいます。 フェールセーフは 労働災害防止の分野においても重要で、例えば、多くの産業機械に設けられる安全装置において、これを構成する部品の損傷や機能の低下によって安全機能が損なわれる場合には、機械を緊急停止させる、代替の機能により安全装置の機能を継続させる、作業点等危険な箇所への身体の侵入を不能にする等の措置が行われます。 工作機械等の制御機構のフェールセーフ化に関するガイドラインにおいては、システム又はこれを構成する要素が故障しても、これに起因して労働災害が発生することがないように、あらかじめ定められた安全側の状態に固定し、故障の影響を限定することにより、作業者の安全を確保する仕組みをいうとしています。 また、同ガイドラインでは、フェールセーフ化の対象とする制御機構は、原則として次の表に示す制御機構とするとしています。 制御機構の区分 内容 1 再起動防止回路 急停止機構等の作動によって機械が停止したときや、停電後に機械への通電が復帰したときに、作業者が再起動操作をしなければ、機械を再び起動できないようにする回路 2 ガード用インターロックの回路 機械の運転中に作業者が危険領域内へ侵入するのを防止する回路。 機械が停止した後にガードのロックを解除し、作業者が危険領域内へ侵入するのを許可する方式と、ガードを開いたときに機械が急停止する方式の2種類がある。 3 急停止用の回路 機械側で何らかの異常を感知したときに、直ちに機械の運転を停止させる回路。 作業者がカードを開いたとき、安全装置が作動したとき、機械が何らかの故障や異常を起こしたときなどに作動する。 4 非常停止用の回路 作業者が何らかの異常を感知したときに、直ちに機械の運転を停止させる回路。 機械の運転中に労働災害が発生しかねない不測の事態が起きたときや、機械に異常が生じたとき、作業中にトラブルが発生したときなどに作動させる。 5 行き過ぎ防止用の回路 機械があらかじめ設定した位置・角度等を超えて行き過ぎないように監視を行い、行き過ぎが生じたときは直ちに機械を停止させる回路 6 操作監視用の回路 作業者が正しい操作をしたときに限り、起動信号を発生させる回路 7 ホールド停止監視用の回路 ホールド停止状態にある機械が故障や電磁ノイズ等に影響によって暴走しないように監視を行い、暴走が起きたときに直ちに機械を停止させる回路 8 速度監視用の回路 機械を低速状態で運転するときに、故障や電磁ノイズ等の影響によって機械があらかじめ定めた速度を超えて暴走しないように監視を行い、暴走が起きたときは直ちに機械を停止させる回路 9 ホールド・ツー・ランの回路 作業者が操作装置を押しているときに限って機械が運転を継続し、操作装置から手指等を離したときは直ちに機械を停止させる回路 関連資料(通達).

次の