モンハン アイスボーン最強装備。 モンハンアイスボーンのティガレックス亜種の装備は最強と聞いたのですがそ...

アイスボーンおすすめ最強装備&最強太刀「滅尽の一刀【絶】」「ネロ・トルナリア装備」ラスボス前とクリア後に何を作るべきか?おすすめ最強装備をご紹介【アイスボーン】

モンハン アイスボーン最強装備

最強武器ランキング 1位:太刀 特殊納刀で連携が強化 太刀は特殊納刀により、攻撃の切れ間がより少なくなり、連携が強化されました。 居合斬りが練気ゲージ0では無敵にならないなどの弱体化も受けましたが、アイスボーンでも変わらず高水準でまとまった武器種です。 関連記事 2位:ライトボウガン 徹甲榴弾の速射が強力 ライトボウガンは徹甲榴弾を速射できる武器が強力で、KO術や砲術を積むことでスタンを取りつつ火力を出せます。 新パーツの回避装填パーツで回避しながらリロードができる点も強力です。 関連記事 3位:大剣 強化撃ちとの相性が抜群 大剣は新アクション「強化撃ち」で真溜め斬りを素早く出せるようになり、より効率的にダメージを稼げるようになりました。 一撃の威力が高く、傷ついた部位に攻撃することで更に大ダメージを出せるようになった点も優秀です。 関連記事 4位:スラッシュアックス 斧状態でも戦いやすくなった スラッシュアックスは斧強化状態が追加され、斧状態でも火力が出せるようになり、戦いやすくなりました。 また、属性解放中にクラッチクローが発動できるようになり、属性解放の大きな隙を減らすことができます。 関連記事 5位:ガンランス 竜杭砲で火力アップ ガンランスはアイスボーンで追加された「竜杭砲」による砲撃の火力アップが強力です。 竜杭砲を当てた部位に砲撃を当てる必要があるため、立ち回りは難しいですが、使いこなせば高い火力を出せます。 関連記事 6位:操虫棍 ひるみ軽減の強化が追い風に 操虫棍はひるみ軽減の効果にエキス効果の強化が付いたことで、3色エキス取得時に振動や風圧、咆哮を軽減できるので、アイスボーン前よりも安定した立ち回りが可能です。 関連記事 7位:ハンマー 頭部へのクラッチクローが強力 ハンマーは溜め攻撃からのクラッチクロー派生が増えたことで、頭部への攻撃機会が増え、よりスタンを狙いやすくなりました。 溜め攻撃直後以外ではクラッチクローに派生できない点は注意が必要です。 関連記事 8位:ランス カウンタークローが優秀 ランスは新アクション「カウンタークロー」で他武器以上にクラッチクロー攻撃を狙いやすく、簡単に傷をつけながら戦えます。 狙った部位へのクラッチは難しいですが、1部位は常に傷つけられます。 関連記事 9位:ヘビィボウガン 安定して火力が出せる ヘヴィボウガンはアイスボーン前から変わらず、散弾特化が強力な武器です。 クラッチクローからの武器攻撃で傷がつけやすい点も散弾と相性が良く、安定して火力が出せます。 関連記事 10位:狩猟笛 響音攻撃で火力も出せるように 狩猟笛は新アクションの響音攻撃で火力も出せるようになり、サポートだけの武器ではなくなりました。 また、笛吹き名人にLv2が追加されたことで、旋律効果時間がさらに延長されるようになり、旋律維持がしやすくなりました。 関連記事 11位:双剣 属性補正の低下が痛手 双剣はアイスボーンアップデート時の属性補正の低下がかなり厳しく、火力が大幅に下がってしまいました。 新アクションの使いづらさや相性の良い防具の少なさなど、扱いづらい武器種です。 関連記事 12位:チャージアックス 大きな変化が無くやや弱い チャージアックスの新アクション「斧強化状態」は強力ですが、強化までの手順が多く使いづらさも気になります。 斧強化状態以外はそこまで大きな変化が無く、やや弱く感じます。 関連記事 装備• おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【MHW】アイスボーン:モンハンワールド攻略レシピ

モンハン アイスボーン最強装備

今後の予定• ・2020年1月10日 Steam版 PC のアイスボーンが発売予定。 のクエストも同時開催。 ・2020年2月 金冠サイズ、装飾品、大霊脈玉を入手しやすいクエストの配信。 ・2020年3月 大型タイトルアップデート第3弾 Ver13. 0 特殊個体モンスター2体の追加。 ・2020年3月20日~5月14日 USJコラボのイベントクエスト前期「USJ・無限のきらめきを」のプロダクトコード配布。 ・2020年4月 タイトルアップデート Ver13. 5 新たな歴戦王、あるモンスターのマスターランク化など。 アステラ・セリエナ祭の開催。 ・2020年5月 大型タイトルアップデート第4弾 Ver14. 0 人気復活モンスターの追加。 ・2020年5月15日~8月30日 USJコラボのイベントクエスト後期「USJ・氷刃を薙ぎ、舞え!」のプロダクトコード配布。 ・2020年6月以降 モンスターの追加などのアップデートを予定。 掲示板の書き込み一覧 最新10件ほどを表示• [モンスター] 並ハンわい、ブランハチェットとシルソル使って、4エスカトンで勝てたんでムフェトも抗菌もないって人はめげずに頑張って ちなみに痛撃・超会心とシリーズスキル以外攻撃系スキルは積んでないんで珠揃ってなくてもいけるはず 07-15 17:25• [モンスター] 龍属性ソロで行ったけど、普通に2回弱体化入れられるし、なにより角折れなかった時の心配ないからありだとは思うけどね それより属性値盛るほうが大事。 カブカカブよりムフェト使えるならムフェト使ったほうが良い でもまぁ元も子もないけどマルチで受け入れられるかは別 07-15 19:59• [モンスター] イライライライライライラ。 でき得る限りの対策をして動きにもある程度慣れてきて、腕前も皆とそう変わらないはずなのになぜ勝てない? 07-15 23:18• [モンスター] 腕前のせいだよ 無慈悲 07-16 00:54• [モンスター] 討伐の流れはわかってるけどなんかうまくいかないって人に向けて、盲点になってるかもしれないことをつらつらと。 火も氷も龍... 07-16 12:16• [モンスター] 氷アルバ、火太刀無いから龍太刀で行くんやけど安定しないんだよねぇ、素直にエスカトンでリセットした方が楽だったわ 07-16 18:09• [モンスター] 皇金火太刀コイコイ 07-16 19:35• [モンスター] 30回ぐらい連敗の連敗を重ねてようやくソロでクリアでした。 一週間かかったわ。 大剣皇金氷の腕のみカイザーのカーナ装備でダブル保険の5乙でようやくだわ(勝てばいいんだよ) こんなに敗北を重ねた雑魚のワイでも何度も挑戦してクリアできます。 本当に感謝します。 07-16 22:56 モンハンワールド:アイスボーン関連の製品情報.

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】ガンナー系最強装備まとめ(マスターランク対応)【MHWI】

モンハン アイスボーン最強装備

筆者はこの「ベヒーモス」を撃退まで成功させたものの、難易度の高さに尻込みして討伐クエストとなる「手負いの魔獣「ベヒーモス」」には挑戦していませんでした。 制限時間が35分と短めに設定されており、当時はタイムアップに苦しめられるハンターも大勢いました。 ですが、「ベヒーモス」の動きに慣れ始めた一握りのプロハンターたちはソロでその狩猟に成功。 後に登場する「極ベヒーモス」ですらソロ狩猟を達成させていました。 筆者自身にそこまでの腕前は無いものの、今回は 圧倒的に高性能となったマスターランク装備があります。 ちなみに、今回「ベヒーモス」に挑む装備はこちら。 「導きの地」の攻略や珠集めを積極的に取り組んでいないため、カスタム強化・スキルこそ理想的とは言えませんが、素の性能では『モンハン:ワールド』時代を大きく上回っています。 『モンハン:ワールド』との比較として、当時では防御力上位を誇っていた「マムタロト装備」装備の性能がこちら。 この落石をしっかりと当てつつ、本格的な狩猟をスタート。 といっても「ベヒーモス」と戦うのは久々のため、開始早々ダメージを受けてしまいました。 受けた攻撃は、「前方の地面から火炎を噴き出す」という高威力の技。 予想の遥か下を行くダメージ量に、改めてマスターランク装備の強さを実感させられました。 ちなみに、装備紹介時に比較として載せた「マムタロト装備」で同じ攻撃を受けてみたところ、半分の体力を持っていかれる結果に。 防御力約400の差はやはり大きいですね。 大ダメージによる突然死の心配も薄れたので、ここからは一気に攻勢へ転じたいところ……なのですが、やはり久々ということもあり、どのタイミングで攻撃を当てればいいのか? どの部位に攻撃を当てればいいのか? 見切り斬りのタイミングは?などを忘れてしまい、なかなかダメージを与えられない展開に。 敵視の存在すら忘れていたため、気付けばフィールドはミールストームだらけ。 思うように動けず、そのまま1乙。 その後も狩猟を続けますが結局討伐達成はならず、初戦はぐだぐだな終わりを迎えてしまいました。 ただこれは、筆者の事前準備が足りなかっただけのこと。 ネットに上がっているプロハンターの対ベヒーモス戦動画や攻略サイトの情報をチェックし、練習の意味合いも込めてここから何回か「手負いの魔獣「ベヒーモス」」に挑戦しました。 次ページ:「ベヒーモス」の動きにも慣れてきた10戦目の狩猟をレポート。 慣れればマスターランク装備で余裕に狩れるのか? 《茶っプリン》.

次の