アジア 開発 キャピタル。 アジア開発キャピタル(株)【9318】:企業情報・会社概要・決算情報

アジア開発キャピタル[9318]

アジア 開発 キャピタル

決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 現預金等 1,899 1,142 568 902 233 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 881 889 498 1,794 1,684 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 7 8 103 399 - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 9 44 27 46 43 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 592 2,643 2,585 1,005 1,351 総資産 資産合計。 3,387 4,726 3,781 4,146 3,310 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 641 1,280 668 515 612 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 0 0 0 0 0 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 2,746 3,446 3,113 3,631 2,699 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 1,724 1,684 1,455 1,374 1,411 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - - - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 47 43 39 35 23 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 1,502 1,351 1,324 797 624 総資産 資産合計。 3,606 3,310 3,126 2,482 2,255 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 558 612 575 357 381 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 34 0 20 26 21 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 3,014 2,699 2,531 2,100 1,853 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 2,541 2,744 2,253 569 1,417 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 373 378 251 176 181 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -508 -1,408 -252 -1,066 -355 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -13 -582 -215 99 -351 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 1,805 1,245 -107 1,304 58 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - -341 - -4 - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - -65 - 251 - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - -7 - -200 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -17. 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 3,257位 3,466位 3,404位 3,507位 3,351位 総資産 資産合計。 3,171位 3,085位 3,274位 3,285位 3,432位 現預金等 2,455位 2,930位 3,404位 3,287位 3,640位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 2,883位 2,808位 2,969位 2,920位 3,162位 現預金等増減 897位 2,917位 3,039位 1,658位 2,865位 2,988位 1957年10月3日生 1981年4月山一證券株式会社入社1986年10月モルガン・スタンレー証券 現モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 入社1994年7月メリルリンチ証券 現メリルリンチ日本証券株式会社 入社2002年1月同投資銀行本部長2004年4月同取締役副会長兼投資銀行本部会長2006年6月株式会社ニッシン代表取締役社長2009年8月衆議院議員2012年10月財務大臣政務官2013年5月株式会社エス・エー・コンサルティング設立・代表取締役社長2015年12月当社顧問2016年1月当社代表取締役社長 現任 2017年4月株式会社China Commerce 代表取締役会長2017年10月株式会社にっぽんインキュベーション取締役会長株式会社China Commerce 代表取締役社長2018年7月クリアスエナジーインベストメント株式会社代表取締役会長 現任 1985年5月6日生 2013年12月天安中國投資有限公司 香港 入社2015年3月当社入社2015年7月当社執行役員副社長2016年1月株式会社六合取締役2016年3月デザイア株式会社 2017年10月「株式会社にっぽんインキュベーション」に社名変更 代表取締役社長2016年5月株式会社トレードセブン取締役 現任 2016年6月当社取締役副社長 現任 2017年1月Mabuhay Holdings Corporation 取締役 現任 IRCProperties Inc. 取締役2017年4月株式会社China Commerce 取締役2017年10月クリアスエナジーインベストメント株式会社代表取締役社長 現任 2018年1月臻萃本物 福建 餐飲管理有限公司法定代表人 現任 1944年4月2日生 1985年マレーシア外務省入省駐各国マレーシア大使館に駐在1997年Mulpha International Berhad 取締役会長Mulpha Land Berhad 取締役会長Mudajaya Group Berhad 取締役2002年3月COLCapital Limited 現China Medical Health Care Group Limited 取締役 現任 2007年China Vision Media Group Limited 副社長2009年Landing International Development Limited 取締役2009年6月Mabuhay Holdings Corporation 取締役2009年11月IRCProperties Inc. 取締役2014年6月Manfield Chemical Holdings Limited 取締役2015年6月当社取締役 現任 1960年2月13日生 1991年弁護士登録1998年4月東京銀座法律事務所代表弁護士1999年4月ハドソン・ジャパン債権回収株式会社取締役2004年4月東海大学法科大学院教授2004年11月小笠原六川国際総合法律事務所代表弁護士 現任 2008年4月青山学院大学講師2009年4月一般財団法人民際センター 現公益財団法人民際センター 評議員 現任 2009年5月財団法人フォーリンプレスセンター 現公益財団法人フォーリンプレスセンター 評議委員選定委員会外部委員 現任 2012年10月東海大学法科大学院講師2016年4月東海大学総合社会科学研究所研究員 現任 2016年6月当社取締役 現任 2017年3月一般社団法人産業ソーシャルワーカー協会理事 現任 決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 従業員数(単独) 14人 10人 9人 9人 12人 従業員数(連結) 45人 40人 9人 40人 102人 平均年齢(単独) 43. 9歳 40. 3歳 44. 3歳 43. 1歳 47. 4歳 平均勤続年数(単独) 7. 9年 8. 3年 9. 6年 7. 5年 5. すべて•

次の

モーニングスター [ PTS価格 アジア開発キャピタル株式会社 ]

アジア 開発 キャピタル

この方法のメリットとリスク メリット1 経済の影響を受けない これだけ米中関係や日韓関係などが不安定なのにアジア開発キャピタルは急に下がることも上がることもせず動きはほぼ一定です。 6円7円の間をウロウロしています。 下がるところまで下がっている雰囲気ですので、倒産しない限りはこの株は大丈夫だと思います。 メリット2 時間を取られない やることは単純です。 今の状態なら指値で6円で買いを入れて7円で指値で売り抜ける。 それだけですので、普段仕事をしていて株を見ている暇がないという方でも指値をいれてほっておけばあとは勝手に処理してくれるので、時間を取られないです。 メリット3 低資金でも出きる 値段が6円で100株から買えるので600円持っていれば買えます。 笑 ただそれだと売り抜けたときに100円しか儲からないのであまり意味がないので、1万株くらい買えるような資金になればありかなと思います。 メリット4 4. 5年に一度爆発的な上昇をする アジア開発キャピタルの10年間の株価の推移ですが、三回ほどバンと伸びた時間帯があります。 その時々に出たニュースによってバンと瞬間的に上がることがこの株はあります。 なので辛抱強く待っていればドカンと利益が出る可能性があります。 実に夢のある株だとおもいませんか? リスク1 たまに下がることがある 良いことばかりではありません。 例えば7円8円くらいで動いていた時に7円で買って8円で売り抜けようとした時に、急に6円に下がることがあります。 今僕が持っている株がまさにそうです。 リスク2倒産する可能性 実際アジア開発キャピタル会社の経営の利益は赤字が続きいつ倒産してもおかしくない状態です。 ただこれだけ赤字続きなのに、株価には影響が少ないのでそれもこの会社の株の強みかなと思います 株を買った際の注意点 これは僕が買っているアジア開発キャピタルですが、平均取得単価が8円となっています。 ただこれは7円で指値で入れて10万株買った株です。 どうも指値で買った額の1円上がっ多額で表示されるようです。 ですが、減った額を見てみるとちゃんと7円で10万株買った計算になっていたので、気にしなくても大丈夫です。 倒産した時の株 仮に倒産した時株価がどうなるかというとマネーゲームになりやすいです。 ギャンブル性が高くなり株価が一時的に乱高下するため、今のうちに買っておけばそうなった時に莫大な利益も上がりやすいかなと思います。 この方法の本質は根気です 只このような事を考える人はたくさんいるので、中々買えないし、売れないです。 なので結構時間がかかるのですぐに稼ぎたいなあと思う方は向かない方法かもしれません。 7円、8円で動いていたのに6円に下がった場合にパニックになって売ってしまう人も少なくありません。 ここまで下がっているのだから少し下がってもまあまた戻ってくるでしょと楽観的な発想の人の方が向いてると個人的には思います。

次の

アジア開発キャピタル

アジア 開発 キャピタル

74 36,587,000 3. 59 7,530,000 1. 58 7,462,000 1. 06 5,000,000 1. 01 4,770,000 0. 91 4,290,000 0. 88 4,138,000 0. 76 3,592,000 自社 自己株口 0. なお、持ち株比率の増減矢印は0. 1%以上の変動があった場合に表示します。

次の