アルコール 消毒 液 成分。 アルボナース

アルコール消毒液 1000ml アルコール高濃度78% 手押しポンプ ボトル 介護施設 厨房や食品工場にアルコール除菌液 1L :ecoq

アルコール 消毒 液 成分

特にお酒の扱いが地域によって異なるイスラム教徒に対しては、料理など判断にも迷う部分も多くあります。 島田裕巳著『宗教別 おもてなしマニュアル』を一部抜粋・再構成し、アルコール類の利用に関しておさえておきたいポイントを紹介します。 酒を飲むか、飲まないかについては、同じイスラム教の国でも、国によって状況は異なる。 飲酒が全面的に禁止されている国もあれば、そうでない国もある。 イスラム教徒をもてなすという観点からすれば、酒を出すかどうかはさほど大きな問題にはならない。 豚肉の場合には、はっきりとわからず、それが紛れ込んでいる場合もあるが、酒だとそうはならないからだ。 イスラム教徒以外の人間のなかにも、酒を飲まない人たちがいる。 そうした人たちは、宴席ではソフトドリンクを飲む。 ところが、最近では、イスラム教の国、あるいは信者のなかに、飲酒だけではなく、アルコールを成分として含むものも禁じるという動きが生まれている。 アルコールの除菌を良しとしない人も たとえば、アルコールによる除菌もまかりならぬとする人たちがいるのだ。 飲食店だと、消毒にアルコールを使う。 それがだめだというのである。 これは、ハラール認証がはじまったことで生まれてきたもので、突き詰めていくと、いかなるアルコールの使用も排除されることになる。 そうしたことは『クルアーン』には書かれていない。 ムハンマドの言行録である『ハディース』にも出てこない。 ただ、『ハディース』においては、礼拝を行うときに、いかに浄 きよ めるかということが事細かに書かれている。 だからこそ、東京ジャーミイには清め所があり、礼拝の前にはそこで手足と顔を浄めることになっている。 浄める部分は異なるが、神社の手水舎 てみずしゃ で浄めるのと意味は同じである。 『ハディース』の「浄めの書」では、冒頭に、これに関連する神のことば、「汝ら、礼拝のために立ち上がる場合は、先ず顔を洗い、次に両手を肘まで洗え。 消毒にまでアルコールを用いてはならないということに関連して、次のような話が伝えられている。 それは、「酒やその他アルコール飲料で浄めを行うことは許されない。 アル・ハサンとアブ・ル・アーリヤはそのようなものを斥 しりぞ ける。 アターは、酒やミルクで浄めるより砂でこする方が好ましい、と言った」という話である。 ただし、これが本当に根拠になりうるかは、判断がかなり難しい。 何よりこれは、『クルアーン』や『ハディース』に出てくるものではない。 ここに登場するアル・ハサンなどは、ムハンマドの孫弟子にあたるイスラム法学者である。 その点で、イスラム法学者個人の見解だということになる。 消毒にアルコールを用いていいのかどうかについて、必ずしも明確な根拠があるとは言えない。 神の啓示ではないし、ムハンマドが言ったことでもないのだ。 したがって、消毒にアルコールを用いてはならないと考えるイスラム教徒が多いというわけではない。 問題は酔うかどうかである。 消毒用のアルコールにアレルギー反応を起こす人はいるが、それで酔うことはない。 しかし、アルコールにかんして、もう1つ問題になることがある。 それが、料理に用いられる酒である。 調理を行うときに、酒が用いられることが多い。 和食なら日本酒が、中華料理なら紹興酒が、洋食ならワインが使われる。 和食では、日本酒のほかに、味醂 みりん も用いられるが、これもアルコール飲料で、正月のおとそには、味醂が使われることがある。 なお、味醂風調味料と言われるものは、ノンアルコールである。 酒の扱いは信者それぞれで異なってくる 料理で熱を加えれば、大部分のアルコールは揮発してしまう。 しかし、すべてが揮発するわけではなく、一部は微量だが残る。 そのため、アルコールに弱い人の場合には、それで酔ってしまうことがある。 この点からすると、消毒用のアルコールとはかなり事情が違ってくる。 ケーキなど、アルコールをかなり使っているお菓子も同じである。 ただ、イスラム教が生まれた時代、それが誕生した地域で料理に酒を使う習慣はなかったものと思われるので、『クルアーン』や『ハディース』において、それを禁じることばは記されていない。 しかし今日では、イスラム教復興の動きのなかで、『クルアーン』や『ハディース』に記されていることに忠実であろうとする傾向が生まれている。 つまり、イスラム法であるシャリーアを文字通りに実践しようというわけである。 こうした傾向をさして、「イスラム教原理主義」と表現される場合もある。 立命館大学教授でインドネシアの食文化について研究している阿良田麻里子は、「宗教による食のタブーのあらまし」 『食文化誌 ヴェスタ』第105号2017冬〈特集〉宗教的タブーとおもてなし という記事のなかで、酒に対するイスラム教徒の態度の多様性について、次のように述べている。 「飲酒の場への同席さえ拒む人もいれば、自ら酒をたしなむ人もいる。 調味料への酒精添加さえ拒絶する人もいれば、酒やワインで味付けした料理を食べる人もいる。 豚への忌避感は強いが、酒はそうでもないという人は珍しくない」 豚肉と違い、酒の扱いは、個々のイスラム教徒によってかなり変わってくるのである。 ただ、阿良田によれば、東南アジアのハラール認証では、最も厳しい基準を採用するので、アルコールを含んだ料理や食品はすべて、禁じられたハラームになるという。 イスラム教徒をもてなすというとき、豚肉を避けるのは当然必要なことだが、酒や料理に含まれる酒の成分ということになれば、かなり判断が難しい。 酒をまったく料理に使わなければ、たしかに問題は生じないかもしれないが、そうなると、味に影響が出る。 せっかくの料理が完璧なものではなくなってしまう恐れがある。 相手のイスラム教徒が、料理に酒を使うことを何とも思っていなければ、せっかくの配慮が無駄になり、無意味になってしまう。 気にするかどうかを聞ける機会があれば、相手の考えを知っておいたほうがいい。 ただ、徹底的にハラールでない料理や食品を避けようとする人たちは、自分の国から食材を持参する。 阿良田の文章が載った『食文化誌 ヴェスタ』のほかの記事では、そうした実例が紹介されていた。 それからすれば、食材を持参しない人たちは、料理にアルコールが使われているかどうかをそれほど気にしていないとも考えられる。 まずは相手の考えをしっかり理解すべき 料理にアルコールを使うことをタブーと考えるイスラム教徒もいる。 それをあらかじめ頭に入れておき、後はその場その場で適切な対応をするしかないだろう。 少なくとも、イスラム教徒のあいだで、一律に決まっているわけではないのだ。 仏教の基本的な戒に「五戒」というものがある。 これは、出家した僧侶にも、在家の一般信者にも共通する戒であり、そのなかに、「不飲酒戒 ふおんじゅかい 」というものがある。 酒を飲んではならないという戒めである。 日本人の在家仏教徒のなかに、これを守っているという人はほとんどいないだろう。 僧侶の場合、かえって酒を好むという人が多い。 昔は、僧侶のあいだでは、「般若湯 はんにゃとう 」が酒の隠語として用いられた。 歌舞伎や落語などには、この般若湯が登場する。 イスラム法を厳格に適用しようとしている国では、酒の販売が禁じられていたりするが、こっそりと手に入れ、それを飲んでいるイスラム教徒もいる。 酒の誘惑はなかなかに断ち難いのである。

次の

飲酒に厳しいイスラム教徒「消毒液」使用の是非

アルコール 消毒 液 成分

日本在住の外国人が増える中、彼らが信仰する宗教によっては生活習慣などに配慮する必要があります。 特にお酒の扱いが地域によって異なるイスラム教徒に対しては、料理など判断にも迷う部分も多くあります。 島田裕巳著を一部抜粋・再構成し、アルコール類の利用に関しておさえておきたいポイントを紹介します。 酒を飲むか、飲まないかについては、同じイスラム教の国でも、国によって状況は異なる。 飲酒が全面的に禁止されている国もあれば、そうでない国もある。 イスラム教徒をもてなすという観点からすれば、酒を出すかどうかはさほど大きな問題にはならない。 豚肉の場合には、はっきりとわからず、それが紛れ込んでいる場合もあるが、酒だとそうはならないからだ。 イスラム教徒以外の人間のなかにも、酒を飲まない人たちがいる。 そうした人たちは、宴席ではソフトドリンクを飲む。 ところが、最近では、イスラム教の国、あるいは信者のなかに、飲酒だけではなく、アルコールを成分として含むものも禁じるという動きが生まれている。 アルコールの除菌を良しとしない人も たとえば、アルコールによる除菌もまかりならぬとする人たちがいるのだ。 飲食店だと、消毒にアルコールを使う。 それがだめだというのである。 これは、ハラール認証がはじまったことで生まれてきたもので、突き詰めていくと、いかなるアルコールの使用も排除されることになる。 そうしたことは『クルアーン』には書かれていない。 ムハンマドの言行録である『ハディース』にも出てこない。 ただ、『ハディース』においては、礼拝を行うときに、いかに浄(きよ)めるかということが事細かに書かれている。 だからこそ、東京ジャーミイには清め所があり、礼拝の前にはそこで手足と顔を浄めることになっている。 浄める部分は異なるが、神社の手水舎(てみずしゃ)で浄めるのと意味は同じである。 『ハディース』の「浄めの書」では、冒頭に、これに関連する神のことば、「汝ら、礼拝のために立ち上がる場合は、先ず顔を洗い、次に両手を肘まで洗え。 消毒にまでアルコールを用いてはならないということに関連して、次のような話が伝えられている。 それは、「酒やその他アルコール飲料で浄めを行うことは許されない。 アル・ハサンとアブ・ル・アーリヤはそのようなものを斥(しりぞ)ける。 アターは、酒やミルクで浄めるより砂でこする方が好ましい、と言った」という話である。

次の

ビオレu手指消毒液の成分にエタノールは入っているが添加物扱いだった-生活お役立ちブログ

アルコール 消毒 液 成分

アルコール消毒液の選び方 手指の消毒用としてアルコール消毒液を選ぶときは、 エタノール濃度(アルコール濃度)60%以上のものを選びましょう。 70~80%の濃度が一番消毒効果がありますが、 肌が弱い方は60%前後のものがおススメです。 50%以下になってしまうと、消毒の効力がなくなってしまいます。 手ピカジェル 適量を手に取り、手指全体に伸ばして乾燥するまで擦り込みます。 ワンプッシュで適量が出るので、使いやすいです。 エタノール濃度:76. 9~81. 9~81. 9voL% 添加物・・・ヒアルロン酸Na、グリセリン、酢酸トコフェロール、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミン ビオレu 手指の消毒液 デザインがかわいいので、子どもが喜んで使ってくれそうですね。 ハンドソープもビオレにして統一するとインテリア感もアップ! エタノール濃度:50~60%と、少し低めなので、 お肌の弱い赤ちゃんも安心して使えます。 05w/v% 添加物・・・エタノール、グリセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、乳酸Na スプレー式消毒用エタノール スプレー式になっているので、持ち運びがしやすく便利です。 エタノール濃度:76. 9~81. 9~81. 4voL%含有 アルボナース 肌荒れがしにくく、さらさら、すべすべ感があります。 他に比べてちょっと価格が高めですが、その分、安心して使えます。 キレイキレイ泡で出る消毒液 泡で出てくるタイプです。 小さいお子さんでも使いやすいですね。 指定医薬部外品の手指用消毒剤(有効成分:ベンザルコニウム塩化物)。 専用容器から泡で出てくるので、お子様やご年配の方でも手指にのばしやすく、使いやすい。 低アルコール処方でアルコール臭が少ない。 手に擦り込みタイプのハンドジェルです。 速乾性で、サッパリし、べたつきません。

次の