オクラ の 植え 方。 オクラの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラ の 植え 方

おはようございます。 <オクラ(okra)とは> アオイ科の多年草。 日本では一年草。 高さ0. 5~2メートル。 葉は3~5裂し、長い柄をもち互生。 夏から秋、黄色い5弁花を開く。 実は角状で、若いものを食用にする。 アフリカ北東部の原産。 アメリカねり。 陸蓮根 おかれんこん。 (デジタル大辞泉の解説 より) w  ̄o ̄ w オオー! って ご存知でしたか?w( ̄o ̄)w オオー! あのネバネバの正体は、 ペクチンという水溶性の食物繊維と多糖類のひとつであるムチン。 ペクチンは水溶性食物繊維なので、コレステロールや血圧の低下にはたらき、 動脈硬化、高血圧、糖尿病の予防に効果があり、 便秘や下痢などの整腸作用も持っています。 ムチンは便秘にも効果があります。 多少収穫が遅れてしまってもサヤが固くなりにくいのが特徴です。 果皮色は濃緑色、果形はやや細身の五角形となる。 曲がり果やイボ果の発生が少なく、特に秀品率が高い。 低日照条件においても花流れが少なく着果良好。 節間はつまり低節位から着莢する極早生タイプ。 葉は小さめで、ハウス栽培・密植栽培等に適する。 側枝の発生はあまり多くない。 長さ15cmくらいになるまで収穫が遅れても、硬くなりにくい品種です。 <オクラ ビッグフィンガー > 莢長20cmでもスジが入りにくく、柔らかい五角オクラ。 播種後50日で収穫の早生タイプで低節位から着莢する。 莢径1. 8cm、莢長18cmの場合、莢重は約20gになる。 暑さに非常に強く、剛健で作りやすい。 角オクラと比べ、やわらかいので食味は良く、獲り遅れても固くならず、 スジが入りにくい。 そのため小~大果と好みの大きさ獲ることができでき、 収穫期の幅は広い。 果色は鮮緑色で莢の曲がりやイボ果は少ない。 食べ方は角オクラと同様で和えもの、煮もの、天ぷらなど。 莢ごと茹でてお好みの調味料につけてパクリと食べると美味い。 収穫が遅れてもスジが入りにくい。 <【やわらか丸オクラ】みどり丸ノ助> 角莢オクラと比べ、採り遅れても硬くなりにくい丸莢オクラです。 スジが入りにくく、小果~大果まで長く収穫できます。 育てやすく多収性で、夏の健康野菜としておすすめです。 <白オクラ楊貴妃> 山口県の北浦方面~山口市内で、昔から栽培されていた 珍しい白いオクラを選抜し育成された、山口県のオリジナル品種。 淡い緑色がかかるホワイト系の五角オクラ。 アクが少なく、通常のオクラより肉厚でねばりが強く食味良好。 20cm程度の大きさにしても柔らかく、ゆでると薄い緑色になりきれい。 通常のグリーンタイプのオクラと混ぜて調理するとそのコントラストが大変美しい。 <レッドサン> 莢色が鮮やかな赤紫色の五角オクラ。 料理の彩として利用する場合は生で、 普通の濃緑色オクラとして利用する場合は加熱する。 <赤オクラ・島の恋> 収量の多い丸莢オクラ島の唄の赤色莢タイプ。 島の唄同様に早く収穫でき、生育初期から収量が多い。 大莢になってもやわらかくスジが入りにくく肉厚で食味が良い。 料理の彩りとして利用する場合は生で、濃緑色オクラとして利用する場合ま加熱する。 <花オクラ(トロロアオイ)> ビタミン・ミネラルの豊富な健康野菜です。 8月ごろ開花する直径20~30cmほどの黄色い花を食べ、実は食べません。 味は淡白で、オクラの実と同じように粘り気があり、ポン酢、しょうゆ、塩、 ドレッシングなどであえて食べると美味しいです。 黄色・大輪の花はムクゲやフヨウとおなじく1日花ですが、 観賞用にもすぐれ、庭植えで楽しめます。 <植え付け> 本葉1~2枚になったころ、 間引きをせずそのまま植え付けます。 *一般的には、間引きをして1本立てにしてから植え付けますが~ オクラの場合、移植が苦手なので植え付け後うまく根付かない場合があるので 間引きをしないで、そのまま植え付けるのがポイント! <間引き> 植え付け後、本葉が3~4枚になったら、元気のない苗を1本間引く。 その後、本葉が5~6枚の頃、元気の苗を残し、1本立てにする。 (無理して間引かなくても~OK) <支柱たて・追肥> 1本立てにした後、支柱を立て、追肥をします。 *草丈は品種によっても様々ですが約1メートル以上にもなりますので、 長い支柱を立てて誘引してあげて下さい。 <蕾> オクラの花は太陽に向かって~早朝から咲きだします!! <開花> 順調に育ってくると・・ グングン大きくなって~綺麗な花を咲かせます。 サヤのつけ根をハサミで切りオクラを収穫します。 <摘葉(下葉取り)作業> 収穫後は、さやのつけ根にある葉とその下の葉はすべて切り取ります。 *こうすることで、栄養が集中し 上へ上へとぐんぐん伸びて収穫が長く楽しめます。 風通しもよくなり、病害虫予防にもなります。 <オクラの種の採種方法> 「サヤが茶色になってはじけるまでそのままにしておく」が基本! しかし、秋の長雨にあたると、サヤの中で種がかびてしまうことがあるので サヤが茶色になって、振るとカサカサと音がすれば収穫OK。 その後、雨の当たらないところに干しておきます。 *通常のオクラ(五角オクラ)は、乾燥でサヤが割れますが、 丸オクラはサヤが割れません。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています <カテゴリー変更いたしました!> 4月10日.

次の

プランターでオクラの育て方と栽培のコツ

オクラ の 植え 方

オクラの育成条件• 日当たり:日なた• 土壌酸度:弱酸性• 株間:25〜40cm オクラはどうやって育てるか? 上記の通りオクラを育てるには 株間が25〜40cm必要となり、また、それなりの高さに成長しますので、普通に庭先などで栽培する場合は、あまり多くの株数を植えるというわけにもいきません。 更に、後ほど、収穫に関する項目でも触れますが、収穫が遅れると育ち過ぎて固くなり食用に適さなくなってしまうため、それなりの株数に留めておく方が賢明かと思います。 となると、少し手間のかかる種からでは無く、園芸店などで 苗を購入して育てる方がロスが少ないかも知れません。 スポンサーリンク オクラの種類 野菜として市販されているオクラは サヤの形が五角で緑色の物が多いですが、丸や八角の物もあります。 丸サヤの代表例は沖縄を中心に栽培されている 島オクラで、比較的長くなってから収穫してもやわらかい特徴があります。 色も緑、赤、黄色の品種があります。 種苗会社により、様々な品種があるので、そこはお好みで。 【オクラグリーンジュエリー1000粒 トキタ種苗】 オクラの苗づくり 種まきから苗づくりの過程は、少しややこしいです。 オクラは、アフリカ原産なので暑さには強いのですが、 寒さにはかなり弱い植物です。 盛夏期に収穫をする事を考えると、 種まきは4〜5月には完了していなければなりません。 発芽した後も低温では苗立枯病を発症するので、冷涼地では露地での育苗はオススメしません。 種から栽培する場合、オクラの種は「硬実種子」と言って種皮が硬く給水に時間がかかるため、 播種の前日からぬるま湯に浸しておきます。 6cmのポリポットに、市販の「種まき培土」などを入れ、1鉢あたり4〜5粒をまき、発芽適温を確保できる場所で管理します。 発芽したら、本葉1枚の段階で1鉢あたり2本に間引きます。 育苗15〜20日程度、本葉2〜3枚の段階が定植の適期となります。 植えつけ 露地でもプランターでも大丈夫ですが、それなりの高さに育つのでプランターの場合は、弱い風でも転倒する…なんて事などが無いように深めの物を選んだ方が良いでしょう。 定植の2週間以上前までに、 1平方メートル当たり約150gの苦土石灰を散布して耕します。 1週間前に約3kg、 化成肥料約100gを施してよく耕します。 オクラは給肥力が強く、元肥が多いと草勢が強くなり過ぎて、「いぼ果」や「曲がり果」が発生しやすくなるので注意して下さい。 特に元肥のチッ素分が多いと、実つきが悪くなるので、成分バランスの適した肥料を適量施しましょう。 30cm程度の株間を確保して、ポット苗の根鉢を崩さないように定植します。 オクラの開花までの管理 オクラは基本的に高温と乾燥には猛烈に強い植物なので、露地植えの場合にはそれほど 潅水に気を使う必要はありません。 乾燥が激しい場合のみ、たっぷりと水やりします。 水やり回数の目安は 2〜3日1回程度でかまいません。 ただし、プランター植えの場合にはそれなりに水やりをして下さい。 強風などによる倒伏防止のため、支柱を立てるのを忘れないようにします。 なお、各種作業や収穫の際、茎や葉、莢の「毛じ(もうじ:毛ですな)」によって、かゆみやかぶれを起こす事があるので手袋は忘れずに着用しましょう。 ちょっとした作業だからと横着をすると、いつまでもかゆくて後悔する事になりますので気をつけて。 スポンサーリンク オクラの病気と害虫 病気について 病気としては、前記した様に低温時の「苗立枯病」をクリアすれば大丈夫です。 あとは「うどんこ病」程度ですが、これは、 風通し良く管理すれば、ほぼ発生を気にする事は無いレベルです。 害虫 アブラムシ 害虫は、 アブラムシが蔓延ると厄介ですので、予防と初期段階での迅速で徹底的な防除を心がけます。 他の品種の植物を栽培する際にもほとんどの場合、頭を悩ませるのがアブラムシ対策ですが、薬剤の散布の他に、バジルなどをコンパニオンプランツとして植える方法や、「トルシー」シリーズなどの粘着式の捕虫紙を用いるなど、さまざまな方法があります。 逆に「これをやっておけば万全!」なんて決定打は無いのだと捉えなくてはならないと言う事です。 例えば、特定の薬剤に耐性をもつアブラムシなんてのも出てくるわけで、そこら辺は様々な方法を組み合わせたり、薬剤の系統を変えてみたり、臨機応変に対処して行くしかありません。 ハスモンヨトウ 主に葉を食害する害虫に ハスモンヨトウが知られています。 ハスモンヨトウは、ヨトウガに似た蛾で、葉の裏に卵塊状に産卵し、幼虫が猛烈な勢いで葉を食べつくします。 漢字で「斜紋夜盗」と書く通り、夜間に活発に食害し昼間は土の中に潜む個体も多いので、「葉は虫食いになっているけれど、虫は鳥にでも食われたのだろう…」などと考えてはいけません。 また、老齢期の幼虫には、ほとんど薬品は効かなくなるので、早い段階で「 STゼンターリ顆粒水和剤」などを散布します。 「STゼンターリ顆粒水和剤」は、有機JAS規格(オーガニック栽培)対応の薬剤で、バチルス・チューリンゲンシス(BT)菌の持つ殺虫性たん白を鱗翅目(チョウ・ガの仲間)害虫の幼虫が食べると、消化管内で芽胞から発芽したBT菌が体腔の中へ侵入感染し死亡します。 BT菌自体は自然界でも広く存在し、特にカイコの病原細菌としても知られています。 ネコブセンチュウ ネコブセンチュウはいったん発生すると防除できませんので、連作を避ける事で対処します。 ネコブセンチュウが嫌う マリーゴールドをコンパニオンプランツとして植える方法もありますが、変に固執せずに来年はマリーゴールドの咲き乱れる花壇にしてしまうと言うのも良い選択肢かも知れません。 開花から収穫まで 定植後約1か月位から開花が始まります。 開花後収穫までの日数は、 6月で7日間、7月で4日間、8月で3日間を目安とする感じです。 品種により違いがありますが、莢の長さは五角オクラで7〜8cm、丸オクラで15cm程度が食べ頃です。 特に五角オクラの場合には、収穫が遅れると、莢が固くなりネバネバも失せ「勘弁してよ!」と言う食感になるので、若どりを心がけます。 逆に極端に若どりと言う事で、蕾の天ぷらもなかなか乙な味なのでチャンスがあったら試してみて下さい。 なお、果梗は硬いのでハサミを用いて収穫しましょう。 また、オクラは乾燥に強いと前記しましたが、 梅雨明け後からは積極的な潅水を心がけます。 これは、植物としては確かに乾燥に強いのですが、水分が不足すると莢の発育が遅くなり、固くなって食味が低下するためです。 1番果を収穫する頃から追肥を行い、 肥切れにならないように管理します。 7〜14日に1度を目安に速効性の肥料を与えます。 週に1度、潅水の際にかなり薄めの液肥をジャブジャブやると言う手もあります。 収穫と同時に摘葉を行います。 摘葉は、通常、収穫する莢の下1〜2枚の葉を残して、それから下の部分についた葉を取り除きます。 摘葉する事により水分の無駄な蒸散を防ぎ、養分を莢や新たな蕾に集中させます。 更に風通しも良くなるので、病害の発生も少なくなり、また、収穫時の作業性も向上します。 なお、摘葉の際、茎が細く葉色が薄いなど草勢が弱い場合には、少し多めに葉を残し、逆に、かなり逞しく育った草勢が強い株の場合には、収穫する莢のすぐ下まで葉を取り除くなど、適宜、判断して作業を行って下さい。 おわりに 寒さが残る時期の管理で失敗しなければ、後は一般的な害虫対策だけなので、比較的簡単に栽培できる部類に入ると思います。 花もキレイなので楽しんで下さいね。 以上、オクラの育て方をまとめてみました。

次の

プランターでオクラの育て方と栽培のコツ

オクラ の 植え 方

オクラを育てていると真夏の時は 1日取り忘れるとすぐに大きくなっちゃいますよね^^; そうならない為に実が育ちすぎて固くならない方法をお話します。 実が大きく育ちすぎる理由 オクラの実は1日で一気に大きく育ちます。 特に、真夏の頃はどんどん大きくなります。 お仕事をしながら家庭菜園をしたり市民菜園を借りている場合など なかなか収穫に行けなかったりするとは思いますが 毎日は収穫にはいけないですよね^^; ですので、2日くらいに1回収穫に行けばどうにかなる という育て方を紹介します。 オクラの実が大きく育つ理由は 季節とかのせいもだいぶありますが、 木の成長が良すぎるからだと私は考えています。 これは樹勢が良いとか樹勢が強いとか言います。 オクラは肥料があまりなくても育ちます。 そして、木が細くてもそれなりに実が付きます。 ですので、この樹勢を弱めてやれば大きくなりづらいです。 オクラの樹勢を弱める方法 オクラの成長の勢いを弱めてやると オクラの実の成長もゆっくりになります。 これをする事で、毎日収穫いていたのが少し間隔を取る事が出来ます。 具体的に樹勢を弱める方法として3つほど実践しています。 1.オクラを1か所に4本くらい植える 2.オクラを収穫した後に葉っぱを落とす 3.肥料をやり過ぎない 1.オクラを1か所に4本くらい植える オクラが大きくなりすぎるのは 地面にオクラの根っこが張りすぎていて どんどん栄養や水分を吸ってしまうからだそうです。 なので、そうならない為に 1か所にオクラを何本か植える事で 木の勢いを弱くしてオクラの実の成長をわざと遅らせます。 こちらの方法はで詳しく書いていますので読んでみてください。 1か所で4本も植えてやるわけですが、 こうしても最終的な収穫量はあまり変わらないそうです。 その代りに毎日収穫の必要があったものが 2,3日に1度で良くなるので、 家庭菜園の方にはいいのではないかと思います。 写真を見てもらうとわかるかもしれませんが 私も1株に4本とか3本立ちで育てています。 これでも結構取れてますよ^^ 毎日少しずつ取れるので産直には出しやすいかな。 2.オクラを収穫した後に葉っぱを落とす オクラの樹勢を弱くするためには 葉っぱの数は減らしておく必要があります。 なので、オクラの実を収穫した後は実の下の葉っぱは取ってしまいましょう。 オクラの実の下に葉っぱ(茎)がありますよね? その茎の部分もはさみで切ったり手で折り取ります。 これは知らない人が多いですけども、実を取った後に葉っぱを取らずにいると オクラの木も成長しやすいですし、 オクラの実もどんどん大きく育ちやすいです。 ちなみに、オクラの葉っぱは実のついていない下の部分と まだ、花が咲かない上の部分しか残らないツンツルテン状態になります(笑) 見た目は結構かっこ悪いですが、 農家の仲間に話を聞いてみるとみんなそうやっていますね。 この方法はオクラの実が大きく育ちすぎて固くなるのを防ぐ一つです。 ちなみにオクラの収穫の最後の方は結構不恰好です^^; 3.肥料をやり過ぎない オクラはそんなに肥料が必要としない野菜です。 なので、最初からそう沢山の肥料は必要としません。 そして、肥料をやりすぎると大きくなりすぎたりします。 じつは、その逆で肥料をあげなさすぎても なかなか成長してくれずに実は大きくないのに 固くなってしまう事もあるそうです。 私の経験上たぶん、これは肥料のやり過ぎではなく 水分が足りなかったからこうなるのではないかと思ってます。 肥料で成長が一気に変わるというのはありますが、 それ以上に水分の多さで野菜の発育って変わります。 なので、水も肥料も適量与えてやってくださいね。 さらに、大きく育っても固くなりづらいオクラの品種として 島オクラというものもありますので、そちらを試してもいいでしょうね^^ 以上が、オクラの実が大きく育ちすぎるときの理由と対策方法でした。 オクラは体にも良いので 夏の緑が少ない頃、夏バテ防止にもたくさん育ててみてください!.

次の