鼻血 が 止まら ない 大人。 止まらない鼻血…病院へ行くべき?対処法や急を要する症状とは

鼻血が止まらないのは病気の前兆?!救急車を呼んでも平気?

鼻血 が 止まら ない 大人

しかし、まれに鼻腔内の奥に通っている動脈から出血している場合もあります。 この場合は出血量も多くなかなか止まらないので、すぐに医療機関へ向かう必要があります。 その他にも注意が必要な鼻血があり、原因には、、、肝臓や腎臓の疾患、血液の疾患、腫瘍などがあります。 また服用している薬が原因になることもあります。 さらに、 オスラー病という病気が原因になることもあります。 特に大人では、鼻を打ったり傷つけたりしたわけでもないのに鼻血を繰り返すようなら、何らかの病気が潜んでいるかもしれませんので、注意が必要です。 高血圧や動脈硬化 高血圧や動脈硬化によって血管がもろくなると、動脈から出血することがあります。 こうした鼻血は特にきっかけがなく、突然出てきて止まらなくなることがあります。 ドクドクとかなりの量が出て、血液がのどに下りて誤えんや窒息につながる場合もあり、注意が必要です。 肝臓・腎臓・血管の病気 肝臓には、もともと「血液を固まらせる成分」をつくる働きがありますが、などでその働きが衰えてしまうことがあり、その場合は、鼻血が出やすくなったり、止まりにくくなったりします。 腎臓の病気や、血友病・白血病といった血液疾患の場合も同じようなことが起こります。 薬 心筋梗塞や脳梗塞などの治療に使われる血栓予防のための抗凝固薬が原因で、鼻血が止まりにくくなるケースも最近増えています。 オスラー病 「オスラー病」は、遺伝性の病気で、血管がもろくなり体のあちこちから出血する病気です。 鼻血だけではなく、肺や脳などからも出血しますが、鼻血で気づかれることが多くなっています。 実は知らない!?鼻血の正しい対処法 上を向いて、首の後ろをトントン?冷やせば止まる?残念ながら、それでは鼻血は止まりません。 ティッシュを詰めるのも止血には効果がありません。 傷口を広げることもあり、逆効果になってしまいます。 また、上を向くのは厳禁。 鼻血がのどに流れて飲み込んでしまうからです。 血液は毒ではありませんが、胃の中で酸化されると吐気をもよおします。 その血液がのどに詰まって窒息してしまうことがあるのです。 では、突然鼻血が出て来た時、どうすれば良いのでしょう? 次のような場合は、危険な鼻血の可能性があります。 たかが鼻血と侮らず、大量に出る場合や止まらない場合は迷わず医療機関を受診しましょう。 押さえても止まる気配がない• 出血量が明らかに多い• 顔色が青ざめている• 歯茎など他の部位からの出血• 10分経っても止まらない なお医療機関では、まず止血剤を染み込ませたガーゼや、血液を吸収することで膨らむスポンジのようなものを詰めるなどして処置します。 それでも止まらない場合は、止血用の バルーンカテーテルを入れて破れている血管を圧迫します。 このように、医療機関の処置も、まず鼻の出血部位を押さえることになります。 突然の鼻血は、慌てずに鼻を抑えることが大切です。 詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2020年3月号に詳しく掲載されています。

次の

鼻血が止まらない9つの原因【正しい止め方も】大量に出るのは病気?

鼻血 が 止まら ない 大人

鼻血は子どもから大人まで性別問わず経験する方が多い出血の一つです。 転倒して鼻を負傷したときや強く鼻をかんだときなど、鼻血の症状が現れる場面はさまざまですが、場合によっては血管や血液に関連する病気が原因となっていることがあります。 鼻以外の部分からも出血している• 数時間止血しても止まらない• 医師から処方された薬を飲み始めてから鼻血が出るようになった このような症状があるときはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。 注意の必要な鼻血 鼻血は数分〜数十分で止まるあまり心配のないものがある一方、症状の出方によっては医師による早急な処置が必要なものがあります。 通常の鼻血はたらたらと垂れるように出る静脈からの出血であることがほとんどですが、時には吹き出すようにして止まらない動脈からの出血が起こることがあります。 また、特に転倒など頭部や顔に強い衝撃を受けた後にさらさらとした色の薄い出血が止まらないようなときには、頭蓋底などの可能性もあります。 これらの場合では医師による早急な処置が必要ですので、症状を確認次第すぐに医療機関を受診しましょう。 病気が原因で起こる鼻血 鼻血で考えられる病気はによるものから血液に関連するものまで多岐にわたります。 鼻血が症状として現れる病気 その中でも以下は鼻血の症状が現れる代表的な病気の例です。 アレルギー性鼻炎 とは、花粉やダニ、動物の毛などの原因物質によってくしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が頻繁に出てしまう鼻粘膜に生じる疾患です。 上記の症状のほか、耳やのど、鼻の、の症状を伴うこともあります。 鼻水が出ることで鼻をかむ回数が多くなったり、で鼻腔内をいじったりすると、鼻粘膜の血管が破れて鼻血が出やすくなります。 がある方は鼻腔内を傷つけないよう、鼻水やへの対処の仕方に気をつけましょう。 抗凝固剤の内服 治療のために医師から抗凝固剤や抗血小板薬を処方されている場合は服用中、鼻血が出やすくなることがあります。 これらの薬は血液をかたまりにくくするため、服用していないときより鼻血が出やすくなる場合があることが理由ですが、自己判断で服用を中止することはやめましょう。 鼻血が気になるようであれば、まず処方を受けている医師に相談しましょう。 受診の目安とポイント 1時間以上止血をしても止まらない、痛みを伴う、通常より出血量が多い、鼻以外からも出血しているなどの状況が続くようであればなるべく早めに受診しましょう。 また、一旦止まっても鼻血を何度も繰り返しているような場合や、体のほかの場所からの出血やあざが気になるような場合にも受診が必要です。 受診科目は耳鼻咽喉科が適していますが、体の他の場所からの出血や身に覚えのないあざが目立つような場合には内科での相談がよいでしょう。 受診の際は出血し始めた時間やきっかけとなった出来事があるかどうか、服用中の薬があるか、繰り返している鼻血の場合には頻度やそのほかの症状など、できる限り詳しく医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 病気の他にも日常での行動や環境が鼻血の原因となっている場合もあります。 乾燥 鼻の中が乾燥すると鼻粘膜が傷つき、鼻血が出やすくなることがあります。 乾燥の強いときは まずは室内環境を適度な湿度に保つようにして、鼻の中が乾燥するのを防ぎましょう。 鼻の中に綿棒などで薄くワセリンを塗って保湿する方法もあります。 鼻をいじる・強くかむなどの刺激 鼻の中の粘膜は非常にデリケートなため、指でいじったり、強く鼻をかんだりすると傷ついて出血することがあります。 鼻の粘膜を守るために むやみに鼻の中をいじらないようにしましょう。 そして、鼻をかむときは息を大きく吸い込み、片方ずつゆっくり吹き出します。 力を入れずに行うのがポイントです。 よくならないときには 普段からの行動や環境を見直しても改善が見られない場合は、思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。 一度医療機関を受診するようにしましょう。

次の

いつも夏になると鼻血が出る原因と対処方法まとめ

鼻血 が 止まら ない 大人

鼻血が出るメカニズムとは? 夏になると鼻血が出やすくなる原因を探る前に、まずは鼻血が出るメカニズムを把握しておきましょう。 鼻血は顔の目立つ部分で起こるために慌てがちですが、基本的にはかすり傷などと同じもので、鼻の内部の毛細血管が傷つくことで出血します。 そして、ほとんど鼻血は、鼻中隔(左右の鼻の穴を分けているところ)にある 「キーゼルバッハ部位」というところから出ます。 このキーゼルバッハ部位は毛細血管が集中しているだけでなく、表面の粘膜も非常に薄くなっているため、日常生活で起きる些細な衝撃でも出血してしまうことがあるのです。 夏になると鼻血が出やすくなる原因とは? ではなぜ夏になると鼻血が出やすくなることがあるのでしょうか?夏にだけ鼻血が出やすくなると、何かの病気なのではないかと心配になってしまいますよね。 でもほとんどの場合は病気などではないので安心してください。 夏になると鼻血が出やすくなる原因は、体温を外部に逃すために血管が拡張することです。 あまりに血管が拡張すると、キーゼルバッハ部位の毛細血管が切れて出血してしまうことがあるのです。 パンパンに膨らませた水風船が破れてしまうようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。 お風呂で鼻血が出やすいという場合も、同じような理由だと考えられるでしょう。 スポンサーリンク 夏になると鼻血が出やすくなる人の特徴とは? 夏になると鼻血が出やすくなる原因はわかりました。 でもたいていの人は夏になったからといって鼻血を出さないですよね。 夏になると鼻血が出やすくなる人には、何か特徴があるのでしょうか? 夏になると鼻血が出やすくなる人の共通点は、単純にキーゼルバッハ部位の粘膜が弱っているということです。 キーゼルバッハ部位の粘膜が弱っているために、体温を外部に逃すために血管が拡張するだけでも、鼻血が出てしまいやすいのです。 風邪・アレルギー性鼻炎などで頻繁に鼻をかんでいたりすると、キーゼルバッハ部位の粘膜が弱くなってしまいます。 また、子供はキーゼルバッハ部位の粘膜がデリケートにできています。 そのため、子供も夏になると鼻血が出やすくなります。 もしかして病気かも?危険な鼻血を判別する方法 夏になると鼻血が出やすくなるとしても、単にキーゼルバッハ部位の粘膜が弱っているだけであれば、それほど問題ではありません。 しかし、何らかの病気が原因で鼻血が出やすくなっている可能性もあります。 では何らかの病気が原因で鼻血が出ている場合は、どのように見分ければよいのでしょうか?以下のポイントをチェックしてみてください。 そして、気になるポイントがあれば、早めに病院を受診しましょう。 「特に病気ではなかった」と確認するだけでも、病院を受診する価値はあります。 特に何もしていないのに、急に鼻血が出る 「鼻をぶつけた」「鼻をかんだ」「鼻をいじった」「鼻をすすった」「くしゃみをした」など、特に何もしていないのに鼻血が出るという場合は、何らかの病気を疑ったほうがよいかもしれません。 鼻の奥から出血がある ほとんどの鼻血はキーゼルバッハ部位から出るのでした。 もっと鼻の奥から出血があるときには、何らかの病気の可能性もあります。 鼻血がなかなか止まらない どれだけ時間がかかっても、通常の鼻血は約15~20分ほどで止まります。 しかし、何らかの病気が原因の鼻血は、安静にしてもなかなか止まらないことがあります。 鼻血が30分以上も止まらないというときには、何らかの病気を疑いましょう。 全身的に出血がある 白血病や特発性血小板減少性紫斑病(ITP)などの場合は、全身的に出血が起きやすくなります。 鼻血だけでなく、歯茎からの出血があったり、アザが出来やすくなります。 スポンサーリンク 夏に鼻血が出やすいときの対策方法は? 特別な病気が原因ではないとしても、夏に鼻血が出やすくなるのは困りますよね。 ここでは運動をしているときに鼻血が出るときの対策方法をいくつかご紹介します。 鼻の内部にワセリンを塗る よくボクサーが顔や身体にワセリンを塗っているのを見かけますよね。 ワセリンには出血を予防・抑制する効果があるからです。 夏になると鼻血が出やすくなるという方は、その時期だけでも鼻の内部にワセリンを塗りましょう。 最初は鼻の内部のワセリンを塗ると違和感がありますが、だんだんと慣れてきます。 ワセリンは薬局やドラッグストアなどで購入できます。 鼻血予防に効果的な栄養素を摂る 鼻血予防に効果的な栄養素はいくつかありますが、特に頻繁に意識的に摂取してもらいたいのが、 「ルチン」というポリフェノールの一種です。 ルチンには毛細血管を強化する働きがあるため、出血性の疾患を予防する効果があります。 もちろん、鼻血の予防も期待できます。 そば、アスパラガス、トマト、ミカン、レモンなどにルチンは豊富に含まれています。 レーザー治療をする どうしても夏になると鼻血が出やすくなるという方は、病院でレーザー治療を受けるのも1つの手です。 レーザーでキーゼルバッハ部位を焼くことで、毛細血管から出血しづらくします。 レーザー治療というと大げさに感じますが、処置は約30分ほどしかかからず、入院などの必要もありません。 また、気になるの費用も片方の鼻で約3,000円前後です(健康保険適用で3割負担の場合)。 正しい鼻血の止血方法は? 上記のことを試しても、鼻血が出てしまうことはあるでしょう。 そんなときはやや頭を下げた姿勢をとりましょう。 そして、 小鼻(両側の鼻先のふくらんだ部位)を強くつまめば、数分でキーゼルバッハ部位からの出血は止まります。 脱脂綿やティッシュペーパーを鼻につめて止血をする場合は、鼻の入り口にだけつめても効果はありません。 脱脂綿やティッシュペーパーを鼻の奥に押しこみ、キーゼルバッハ部位をしっかりと圧迫します。 また、 「上を向く」「横になる」という民間療法がありますが、鼻血が口に逆流してくるだけで意味がありません。 「首筋をトントン叩く」というのも特に効果がないと判明しています。 突然大量の鼻血が出た場合、なかなか鼻血が止まらない場合などには、たかが鼻血と考えずに、速やかに病院に行きましょう。 耳鼻咽喉科を受診すれば間違いありません。

次の