アンゴラ チンチラ 値段。 動画 チンチラ アンゴラ(長毛)が入荷しました!! 吉祥寺店 » 熱帯倶楽部

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

アンゴラ チンチラ 値段

特徴 アンゴラウサギの最大の特徴は白くてもこもこと広がる長毛の被毛であり、その見た目から「動く毛玉」とも称されます。 この被毛を服飾に利用するため、アンゴラウサギは品種改良され現在の姿となりました。 しかし、その被毛の刈り方は生きたままむしり取るという残酷極まりない方法で行われるため、近年はアンゴラ被毛の利用反対に対しての声が多く上がっています。 ウサギ全般にいえることとして、 長毛のほうが短毛より飼育難易度は高くなります。 アンゴラは典型的な長毛のウサギなので、飼育は普通の毛の長くないウサギに比べると難しい面があります。 温度管理なども必要なので、ある程度上級者向けかつお金に余裕がある人向けのペットです。 性格 アンゴラウサギの性格は、おとなしく従順で我慢強く、動きも大変のんびりとしています。 飼育方法と必要なアイテム 使用するケージ アンゴラウサギは中型のウサギであり、被毛も大変長いため、飼育ケージは通常のウサギ用ケージよりも広めのものを使用しましょう。 また、長毛のアンゴラ種に限り、排泄物が下に落ちやすい金網タイプのケージの方が向いているとされています。 短毛種の場合、金網タイプは「ソアホック」を招く原因となってしまいますが、全身を長く量の多い被毛でおおわれているアンゴラは「ソアホック」の心配もほとんどいらないので安心して金網タイプを使用できます。 温度や湿度について アンゴラは 暑さに弱いウサギです。 そのため室温にも十分注意する必要があります。 適温はだいたい 14度~21度の間ぐらいなので、室温を適温の範囲に保てるように調節してあげてください。 また、高湿度にも気を付ける必要があり、特に夏場はエアコンで除湿するなどして調節しましょう。 その他注意点• 被毛が長いアンゴラは、排泄物などの汚れがこびり付き、最近が繁殖したのが原因で皮膚病、特に皮膚炎を引き起こす場合があります。 そのため、皮膚病を防ぐためにも ケージ内の清掃はこまめに行うよう気を付けましょう。 また、汚れがついてしまった場合には、お風呂でぬるま湯につけて洗ってあげたり、濡れ布巾でふき取ってあげましょう。 アンゴラが自ら毛繕いをした際に、大量の毛を飲み込んでしまわないよう、毎日 丁寧にブラッシングをしてあげる必要もあります。 毛を飲み込み過ぎると毛球症という病気に繋がるので注意が必要です。 毛球症は毛がおなかの中で固まる病気で、そのままにしておくと死に至る恐ろしい病気です。 この病気のサインとしては、食欲がなかったり排泄が少なくなったりといったことが挙げられます。 換毛期には特に毛が抜けるため、1日に2、3回はブラッシングが必要となります。 毛が伸びすぎてしまった場合には飼い主自らカットしてあげる必要も出てきますので、 トリミング用品は必ず揃えておきましょう。 カットを行う際、バリカンは音によってアンゴラにストレスを与えてしまうため、ハサミを使用しバリカンは控えてください。 アンゴラはちょっとしたことでストレスを感じてしまい体調を崩しやすい品種であり、他のウサギよりも下痢をしやすい特徴も見られます。 下痢を起こしてしまっている場合は、必要に応じて乳酸菌サプリを与えてあげることもおすすめします。 げっ歯類のウサギを飼育する際には、歯の伸びすぎを防止する齧り木が必ず必要となりますので、忘れずに用意しましょう。 以下のページも参照してください。 アンゴラウサギの餌 アンゴラの餌は朝夕2回、牧草を中心としてペレットを1割ほど加え与えてあげます。 副食として野菜や果物を与えてあげると栄養バランスが整います。 また、アンゴラのお腹にたまった長い毛を排泄するため、パパイヤサプリを使用するとより良いでしょう。 健康管理には十分気をつけ、愛情をもって育ててあげてください。 アンゴラウサギの寿命 平均寿命は基本的に 約5年とされますが、上手に飼育すれば10年生きることも可能と言われています。 アンゴラウサギの値段 アンゴラウサギは希少価値の高いウサギで、血統書がついたものだと値段は 10万円程度です。 安ければ5万円程度で入手することも可能ですが、あまりに安いものは裏がある可能性があるので注意が必要です。 扱っているショップも多くないので、探すのに苦労するかもしれません。 里親サイト経由で譲り受けたり、 ブリーダーから直接問い合わせて入手するなどの方法もあります。 アンゴラウサギの場合は、むしろそちらの方が入手しやすいかもしれません。

次の

チンチラの生態、値段、飼い方

アンゴラ チンチラ 値段

5キロ~4. 5キロ アンゴラウサギは、 ウサギの中で最も長い被毛が特徴です。 また、最も古いウサギの品種とも言われています。 採毛を目的として世界各国で品種改良された過去があるので、一口にアンゴラウサギと言っても、種類によってサイズや被毛に違いがあります。 原産国はアンゴラではなくトルコです。 撫でて貰ったり抱っこが好きな個体が多く、ぬいぐるみの様な見ためそのままです。 動きものんびりとしているので、スキンシップがとりやすいです。 ただしストレスに弱い生き物でもあるので、過度なスキンシップは避けてください。 アンゴラウサギは自宅で飼える? トリミングも必要なので、飼う前にアンゴラウサギのトリミングを行ってくれる店舗を探しておきましょう。 また、 室温の管理も重要です。 アンゴラウサギは特に暑さに弱いため、春先からはエアコンが必須になります。 大人しくてぬいぐるみのような見た目そのままの生き物なので、飼った後に大きなギャップを感じる事はないでしょう。 まったりとした時間を過ごしたいという方にオススメのペットです。 基本的に他のウサギに使用できる飼育グッズを用意しておけば問題ありませんが、ケージは床が金網になっていて大きなものを選びましょう。 金網タイプは糞が金網の下に落ちてくれるので、アンゴラウサギの長い毛に絡まって汚れの原因になる事が少なくなります。 ペットシーツは引き出しトレイの下に敷くことで、金網から落ちた糞を掃除しやすくなります。 ブラシはいろんな種類がありますが、長毛種用のものが使いやすいです。 給水機はボトルタイプのものが汚れにくいので便利です。 食器は補助食用に必要で、食器も牧草入れも固定式のものがおすすめです。 水は新鮮なものを飲ませられるように、前に与えた水が残っていても交換します。 牧草はチモシーという葉っぱで、これを食べる事によって歯の病気の予防になります。 チモシーはウサギがいつでも食べられるように多めに入れておいてあげましょう。 ラビットフードはペレットと呼ばれる牧草と栄養剤を練った特製のごはんです。 ペレットは与えすぎると肥満の原因になるので気を付けましょう。 基本的にはチモシーを主食にして、足りない栄養素はペレットで補う形です。 毛球症対策として、おやつにドライパイナップルを与えるのもおすすめです。 具体的には、清潔な飼育環境で適度に運動させる事です。 2日1回はトイレやトイレシーツの掃除と交換を行い、1週間に1回ケージを丸洗いしてあげてください。 床が汚いとお尻の部分がどんどん汚れていきます。 アンゴラウサギの体が汚れてしまった場合、お風呂に入れる必要はありませんが、ぬるま湯で絞ったタオルなどで拭いてあげましょう。 放置すれば皮膚病の原因になります。 アンゴラウサギの運動不足を防ぐために、1日に1度ケージから出してお部屋の中で散歩をさせてあげましょう。 ウサギは本能的に噛む習性があるので、電気コードや誤飲に繋がりそうなものは事前に片付けておいた方が良いです。 齧り癖に困った時は、折り畳み式のペットサークルを使うとお散歩が楽になります。 野菜や果物はおやつとしてたまに与える程度にしましょう。 肥満になってしまうと病気になるリスクも上がるので、おやつの与えすぎには注意してください。 いざという時に備えて、アンゴラウサギを診てくれる動物病院をいくつか探しておきましょう。 かかりつけの病院があるとスムーズに診察をして貰えます。 温度管理は必ずエアコンで行ってあげてください。 ケージ周辺に温度計を設置しておくと、より確実に室温の管理ができます。

次の

激かわペット「チンチラ」の種類まとめ!値段、販売店、注意点は?│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

アンゴラ チンチラ 値段

チンチラちゃんは人馴れやすく、小動物の中では比較的飼いやすい生き物ですが、いざ迎えるとなると、 どんな種類がいるのか、いくらするのか、どこで手に入るのか、どんな個体を選べばいいのか、どんな病気があるのか、かなり重要ですよね。 10年前後連れ添うことになるかもしれないわけですから、どのコでもいいというわけにはいきません。 どのコも可愛いんですけどね うちは自分の働いていたペットショップで購入したので、自分で問屋に足を運び、選定してじっくり性格を見極められましたが、一般に購入するときには、そんなことはできません。 この記事では購入するときに、選ぶために知っておくべきこと、飼った際に知っておくべきことも合わせてご説明します! ベージュはシナモンの色で、目の色が黒です。 ブラックベルベット 出典:PIXTA お腹を除いた部分がブラックで、お腹にかけて少しずつホワイトが混じってくる色です。 値段は ¥30,000~¥60,000という感じです。 値段は ¥40,000~¥60,000くらい。 ¥45,000~¥65,000くらい。 全身ホワイトなので、黒い目がより大きく見え凛々しく感じる色です。 パールパイドやシルバーパイドなど、交配によって色々バリエーションがあるみたいです。 どこで売ってるの?販売店は? 基本的にはペットショップ、ホームセンターのペットブースで販売しています。 マニアックなカラーになると、ペットショップや、チンチラ専門店、直営のブリーダーから入手できます。 ここで気を付けたいのが、「健康な個体か」。 どんなに可愛いコでも下痢をしていたり、ストレスや皮膚病で一部禿げていたりしたら、飼うにはリスクが高いものになってしまいますよね。 また、人を極端に怖がってないか、ちょっと手を差し出しただけで異常なほど警戒していないかも気を付けて見てください。 いくら健康な個体でも、極端に人を警戒しているコを選んでしまい、なかなか懐かないなんてこともあるので要注意ですね。 このことを確認するため、 具体的には次のことに注意してみてください。 1、 毛艶を見る 出展:123rf 健康体では 毛艶がイイです。 また砂浴びをしているコは毛艶がいいので、させてるかどうかの判断材料にもなります。 2、飼育環境を見る 衛生管理が整っているお店かを見てください。 チンチラは皮膚の病気になりやすいので衛生管理は大切です。 3、触ってみる 触ってみて、 傷はないか、下痢はしていないか、痩せていないかは必ずチェックしてください。 また、寄ってくるか、触って極端に抵抗しないかも、今後馴らしやすいか否かの目安にもなるので確認してください。 4、餌を見る 出典:123rf どんな餌を与えているか、餌の量はどうか見てください。 どんな餌をどのくらいの量与えているかで、肥満等の健康チェックもできます。 5、飼育しているスタッフを見る スタッフがそのチンチラちゃんに対し、 どんな感じで接しているか見てください。 もし可愛がっているようなら、自然と馴らしやすい個体になっているので、より飼いやすいと言えます。

次の