千と千尋の神隠し 名セリフ。 【千と千尋の神隠し】荻野千尋の性格やモデルは?声優や名シーンも紹介

【ジブリ】千と千尋の神隠しの名言・セリフ集│名言格言.NET

千と千尋の神隠し 名セリフ

ジブリ作品らしく、作品にはメッセージがあふれていて、異世界で働くことを通じて成長する千尋の姿が印象的です。 「千と千尋の神隠し」は神話や宗教、民俗的なテイストも濃く、子どもから大人まで、多角的に楽しめる、見応えのあるジブリの名作ですね。 クイズはABCD各5問、合計20問出題されます。 出題は、映画の時系列に沿っています。 父:門みたいだねぇ。 母:あなた、もどりましょう、あなた。 千尋ぉ、もう! 父:なんだ、( )かぁ。 けっこう新しい建物だよ。 答え:モルタル製 解説:モルタルは、セメントに砂を混ぜて、水で練った材料です。 コストが高く亀裂が入りやすいため、日本でモルタル製の壁は珍しいです。 問題2: 父:やっぱり間違いないな。 テーマパークの残骸だよぉ、これ。 90年頃に、あっちこっちでたくさん計画されてさぁ、( )みんな潰れちゃったんだ。 これもそのひとつだよ、きっと。 答え:バブルがはじけて 解説:バブルの恩恵を受けたテーマパークは、バブル崩壊後、どんどん閉園していきました。 問題3: 母:千尋、すっごくおいしいよ! 千尋:いらない!ねぇ、帰ろ。 お店の人に怒られるよぉ。 父:大丈夫、お父さんがついてるんだから。 カードも財布も持ってるし。 母:千尋も食べな。 骨まで柔らかいよ。 父:( )。 母:ありがと。 答え:からし 解説:本当に柔らかそうなお肉!ジブリの食事シーンを見るとよだれがでますね。 問題4: ハク:怖がるな。 私はそなたの味方だ。 千尋:いやっ、いやっ、いやっ! ハク:口を開けて、これを早く。 ( )を食べないと、そなたは消えてしまう。 答え:この世界のもの 解説:日本神話を伝える「古事記」に、黄泉戸喫(よもつへぐい)というものがあります。 黄泉戸喫は、あの世のものを食べると、この世に戻れないというものです。 あちらの世界の住人になるためには、あちらのものを食べ、そしてこちらの世界には戻らないという契りとなるのでしょうか・・ 問題5: ハク:中に釜爺という人がいるから、釜爺に会うんだ。 千尋:釜爺? ハク:その人に、ここで働きたいって頼むんだ。 断られても、粘るんだよ。 ここでは仕事を持たない者は、( )にされてしまう。 答え:湯婆婆に動物 解説:千尋の両親のように豚にされてしまう・・・ 問題6: リン:うぅぁ、人間がいんじゃん、やばいよ、さっき上で大騒ぎしてたんだよ! 釜爺:わしの、( )だ。 答え:孫 解説:釜爺のやさしい「嘘」ですね! リンはその後「あんた、釜爺にお礼言ったの、世話になったんだろ?」と言っていることからも、察してはいたんでしょうね。 問題7: 湯婆婆:馬鹿なおしゃべりはやめとくれ。 そんなひょろひょろに何ができるのさ。 ここはね、人間の来るところじゃないんだ。 ( )が疲れを癒しにくるお湯屋なんだよぉ。 答え:八百万の神様たち 解説:日本の神さまの数は八百万(やおよろず)です。 具体的に800万人いるわけではなく、八百万は数えきれないぐらいいっぱいという意味です。 問題8: ハク:お食べ、ご飯を食べてなかったろ。 千:食べたくない・・・ ハク:千尋の元気が出るように( )をかけて作ったんだ。 お食べ。 答え:まじない 解説:千:・・・ん、ん、うわぁあん! ハク:つらかったろう。 さ、お食べ。 問題9: リン:一回薬湯入れなきゃダメだ、千、番台行ってフダもらってきな。 千尋:フダ?・・・うわっ! リン:薬湯のフダだよ! 千尋:はーい。 ・・・リンさん、( )ってなに? 答え:番台 解説:銭湯が少なくなってきた今、番台を知らなくてもおかしくありませんね。 番台(ばんだい)は、銭湯で男湯と女湯の間にある料金を受け取ったり、見張りをしたりする高台のことです。 問題10: 千尋:うわ、すごい色・・・ リン:こいつにはさ、( )が入ってんだ。 こんだけ濁ってりゃ、こすらなくても同じだな。 答え:ミミズの干物 解説:ミミズは、東洋医学などで、病気の治療に使われていました。 ルンブロキナーゼ(通称 ミミズ酵素)は、健康食品にも使われています。 問題11: 川の主の顔が現れてひとこと「( )」 答え:よきかな 解説:クサレガミではなく、名のある川の主でした。 汚れた川がきれいになって、よきかな・・ 問題12: 千尋:ハクね、ハクでしょう?ケガしてるの?あの( )の鳥は行ってしまったよ。 もう大丈夫だよ。 わっ!・・・湯婆婆のとこへ行くんだ。 どうしよう、ハクが死んじゃう! 答え:紙 解説:陰陽師は、式神(しきがみ)や式鬼(しき)と呼ばれる、人の形をした紙を操ります。 問題13: 銭婆:そいつは妹の手先のどろぼう竜だよ。 私のところから大事な( )を盗みだした。 千尋:ハクがそんなことしっこない!優しい人だもん! 銭婆:竜はみんな優しいよぉ、優しくて愚かだ。 魔法の力を手に入れようとして、妹の弟子になるなんてね。 答え:はんこ 解説:このはんこは「魔女の契約印」です。 魔女の契約印が具体的にどのようなものかは劇中では触れられていませんが、絵コンテの資料によると、労働者を奴隷として使えるようになるそうです。 問題14: リン:電車の切符じゃん。 どこで手に入れたの、こんなの。 釜爺:四十年前の使い残りだ。 いいか、電車で( )の沼の底という駅だ。 答え:六つ目 解説:電車に乗ったときに流れる音楽のタイトルは「六番目の駅」です(久石譲作曲)。 問題15: リン:セーン!おまえのことどんくさいって言ったけど、( )!・・・カオナシぃ!千に何かしたら、許さないからな! 答え:取り消すぞ 解説:このリンのセリフは、2019年「金曜ロードSHOW! 」で放映時、視聴者が選ぶ名セリフNo. 1に輝きました! 問題16: ハク:きれぎれにしか思い出せません。 闇の中で千尋が何度も私を呼びました。 その声を頼りにもがいて、気が付いたらここに寝ていました。 釜爺:そうか、千尋か。 あの子は千尋というのかぁ。 いいなぁ、( )だなぁ 答え:愛の力 解説:しみじみ・・ 問題17: 銭婆:あたしたち二人で一人前なのに気が合わなくてねぇ。 ほらぁ、あの人( )じゃないじゃない?魔女の双子なんてやっかいの元ね。 答え:ハイカラ 解説:ハイカラは、もともと文明開化の時代に、いち早く西洋の先端文化を取り入れた人を指して使われた言葉で、今では流行に敏感でしゃれている人のことを指します。 問題18: 千尋:ハクと私、ずっと前に会ったことがあるみたいなんです。 銭婆:じゃ話は早いよ。 一度あったことは忘れないものさ、( )。 答え:思い出せないだけで 解説:千尋はハクの背中に乗ると、小さいころ川に落ちて、ハクが浅瀬に運んでくれたことを思い出しました。 問題19: ハク:千尋、ありがとう。 私の本当の名は( )だ。 答え:ニギハヤミコハクヌシ 解説:日本の神は八百万、川の神様もたくさんいます。 ハクはコハク川の水神だったんですね。 問題20: ハク:私はこの先には行けない。 千尋はもと来た道をたどればいいんだ。 でも決して( )、トンネルを出るまではね。 千尋: ハクは?ハクはどうするの? ハク: 私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ。 千尋:またどこかで会える? ハク:うん、きっと。 千尋:きっとよ。 ハク:きっと。 答え:振り向いちゃいけないよ 解説:神話には「見るなの禁止」「見るなのタブー」と呼ばれるものがあります。 見てはいけないといわれたのに見てしまったら、何か災いが起こるというものです.

次の

千と千尋の神隠しのハクと千尋は恋愛関係?その後再会はあるのか考察

千と千尋の神隠し 名セリフ

ジブリ作品らしく、作品にはメッセージがあふれていて、異世界で働くことを通じて成長する千尋の姿が印象的です。 「千と千尋の神隠し」は神話や宗教、民俗的なテイストも濃く、子どもから大人まで、多角的に楽しめる、見応えのあるジブリの名作ですね。 クイズはABCD各5問、合計20問出題されます。 出題は、映画の時系列に沿っています。 父:門みたいだねぇ。 母:あなた、もどりましょう、あなた。 千尋ぉ、もう! 父:なんだ、( )かぁ。 けっこう新しい建物だよ。 答え:モルタル製 解説:モルタルは、セメントに砂を混ぜて、水で練った材料です。 コストが高く亀裂が入りやすいため、日本でモルタル製の壁は珍しいです。 問題2: 父:やっぱり間違いないな。 テーマパークの残骸だよぉ、これ。 90年頃に、あっちこっちでたくさん計画されてさぁ、( )みんな潰れちゃったんだ。 これもそのひとつだよ、きっと。 答え:バブルがはじけて 解説:バブルの恩恵を受けたテーマパークは、バブル崩壊後、どんどん閉園していきました。 問題3: 母:千尋、すっごくおいしいよ! 千尋:いらない!ねぇ、帰ろ。 お店の人に怒られるよぉ。 父:大丈夫、お父さんがついてるんだから。 カードも財布も持ってるし。 母:千尋も食べな。 骨まで柔らかいよ。 父:( )。 母:ありがと。 答え:からし 解説:本当に柔らかそうなお肉!ジブリの食事シーンを見るとよだれがでますね。 問題4: ハク:怖がるな。 私はそなたの味方だ。 千尋:いやっ、いやっ、いやっ! ハク:口を開けて、これを早く。 ( )を食べないと、そなたは消えてしまう。 答え:この世界のもの 解説:日本神話を伝える「古事記」に、黄泉戸喫(よもつへぐい)というものがあります。 黄泉戸喫は、あの世のものを食べると、この世に戻れないというものです。 あちらの世界の住人になるためには、あちらのものを食べ、そしてこちらの世界には戻らないという契りとなるのでしょうか・・ 問題5: ハク:中に釜爺という人がいるから、釜爺に会うんだ。 千尋:釜爺? ハク:その人に、ここで働きたいって頼むんだ。 断られても、粘るんだよ。 ここでは仕事を持たない者は、( )にされてしまう。 答え:湯婆婆に動物 解説:千尋の両親のように豚にされてしまう・・・ 問題6: リン:うぅぁ、人間がいんじゃん、やばいよ、さっき上で大騒ぎしてたんだよ! 釜爺:わしの、( )だ。 答え:孫 解説:釜爺のやさしい「嘘」ですね! リンはその後「あんた、釜爺にお礼言ったの、世話になったんだろ?」と言っていることからも、察してはいたんでしょうね。 問題7: 湯婆婆:馬鹿なおしゃべりはやめとくれ。 そんなひょろひょろに何ができるのさ。 ここはね、人間の来るところじゃないんだ。 ( )が疲れを癒しにくるお湯屋なんだよぉ。 答え:八百万の神様たち 解説:日本の神さまの数は八百万(やおよろず)です。 具体的に800万人いるわけではなく、八百万は数えきれないぐらいいっぱいという意味です。 問題8: ハク:お食べ、ご飯を食べてなかったろ。 千:食べたくない・・・ ハク:千尋の元気が出るように( )をかけて作ったんだ。 お食べ。 答え:まじない 解説:千:・・・ん、ん、うわぁあん! ハク:つらかったろう。 さ、お食べ。 問題9: リン:一回薬湯入れなきゃダメだ、千、番台行ってフダもらってきな。 千尋:フダ?・・・うわっ! リン:薬湯のフダだよ! 千尋:はーい。 ・・・リンさん、( )ってなに? 答え:番台 解説:銭湯が少なくなってきた今、番台を知らなくてもおかしくありませんね。 番台(ばんだい)は、銭湯で男湯と女湯の間にある料金を受け取ったり、見張りをしたりする高台のことです。 問題10: 千尋:うわ、すごい色・・・ リン:こいつにはさ、( )が入ってんだ。 こんだけ濁ってりゃ、こすらなくても同じだな。 答え:ミミズの干物 解説:ミミズは、東洋医学などで、病気の治療に使われていました。 ルンブロキナーゼ(通称 ミミズ酵素)は、健康食品にも使われています。 問題11: 川の主の顔が現れてひとこと「( )」 答え:よきかな 解説:クサレガミではなく、名のある川の主でした。 汚れた川がきれいになって、よきかな・・ 問題12: 千尋:ハクね、ハクでしょう?ケガしてるの?あの( )の鳥は行ってしまったよ。 もう大丈夫だよ。 わっ!・・・湯婆婆のとこへ行くんだ。 どうしよう、ハクが死んじゃう! 答え:紙 解説:陰陽師は、式神(しきがみ)や式鬼(しき)と呼ばれる、人の形をした紙を操ります。 問題13: 銭婆:そいつは妹の手先のどろぼう竜だよ。 私のところから大事な( )を盗みだした。 千尋:ハクがそんなことしっこない!優しい人だもん! 銭婆:竜はみんな優しいよぉ、優しくて愚かだ。 魔法の力を手に入れようとして、妹の弟子になるなんてね。 答え:はんこ 解説:このはんこは「魔女の契約印」です。 魔女の契約印が具体的にどのようなものかは劇中では触れられていませんが、絵コンテの資料によると、労働者を奴隷として使えるようになるそうです。 問題14: リン:電車の切符じゃん。 どこで手に入れたの、こんなの。 釜爺:四十年前の使い残りだ。 いいか、電車で( )の沼の底という駅だ。 答え:六つ目 解説:電車に乗ったときに流れる音楽のタイトルは「六番目の駅」です(久石譲作曲)。 問題15: リン:セーン!おまえのことどんくさいって言ったけど、( )!・・・カオナシぃ!千に何かしたら、許さないからな! 答え:取り消すぞ 解説:このリンのセリフは、2019年「金曜ロードSHOW! 」で放映時、視聴者が選ぶ名セリフNo. 1に輝きました! 問題16: ハク:きれぎれにしか思い出せません。 闇の中で千尋が何度も私を呼びました。 その声を頼りにもがいて、気が付いたらここに寝ていました。 釜爺:そうか、千尋か。 あの子は千尋というのかぁ。 いいなぁ、( )だなぁ 答え:愛の力 解説:しみじみ・・ 問題17: 銭婆:あたしたち二人で一人前なのに気が合わなくてねぇ。 ほらぁ、あの人( )じゃないじゃない?魔女の双子なんてやっかいの元ね。 答え:ハイカラ 解説:ハイカラは、もともと文明開化の時代に、いち早く西洋の先端文化を取り入れた人を指して使われた言葉で、今では流行に敏感でしゃれている人のことを指します。 問題18: 千尋:ハクと私、ずっと前に会ったことがあるみたいなんです。 銭婆:じゃ話は早いよ。 一度あったことは忘れないものさ、( )。 答え:思い出せないだけで 解説:千尋はハクの背中に乗ると、小さいころ川に落ちて、ハクが浅瀬に運んでくれたことを思い出しました。 問題19: ハク:千尋、ありがとう。 私の本当の名は( )だ。 答え:ニギハヤミコハクヌシ 解説:日本の神は八百万、川の神様もたくさんいます。 ハクはコハク川の水神だったんですね。 問題20: ハク:私はこの先には行けない。 千尋はもと来た道をたどればいいんだ。 でも決して( )、トンネルを出るまではね。 千尋: ハクは?ハクはどうするの? ハク: 私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ。 千尋:またどこかで会える? ハク:うん、きっと。 千尋:きっとよ。 ハク:きっと。 答え:振り向いちゃいけないよ 解説:神話には「見るなの禁止」「見るなのタブー」と呼ばれるものがあります。 見てはいけないといわれたのに見てしまったら、何か災いが起こるというものです.

次の

【千と千尋の神隠し】ハクの名前(本名)と年齢は?千尋とは年の差恋愛だった?

千と千尋の神隠し 名セリフ

「千と千尋の神隠し」のあらすじ 10歳の千尋(柊留美)は、両親とともに引っ越し先の家に向かう途中、森の中に迷い込んでしまう。 森の中にあるトンネルを通り、向こう側に行くと、そこには奇妙な世界が広がっていた。 そこは人間が入ってはいけない、八百万の神々が住む世界だった。 誰もいない飲食店には料理が皿に盛られており、千尋が止めるのも聞かずに憑りつかれたように料理をむさぼり食べる父(内藤剛士)と母(沢口靖子)。 しかし神が食べる料理を食べてしまった両親は、罰として豚に変えられてしまった。 千尋の体も消えてしまいそうになり、神々が乗った船が近づいてくる。 しかし、そこで突然千尋はハク(入野自由)という一人の少年に助けられる。 この世界では、仕事をしない者は動物に変えられてしまうと教えられた千尋は、ハクに言われた通り神が湯を浴びにくる油屋に行き、湯婆婆(夏木マリ)のもとで働き始めるのだった。 湯婆婆から「千」という名前に変えられた千尋は、油屋で働きながら両親を元の人間の姿に戻そうとするのだが…。 世の女性を魅了するハクってどんなキャラ? 出典:金曜ロード 「千と千尋の神隠し」では、ハクの存在が千尋の唯一の心の拠り所であり、千尋にとって大切な存在です。 そんなハクは凛とした12歳ほどの少年であり、優しさや包容力を感じさせると同時に、 女性の母性を刺激するような守ってあげたくなる雰囲気を持つ不思議なキャラクターです。 湯屋の帳場を預かる身として湯婆婆に仕えており、風のようなスピードで疾走したり、時間を僅かに止められるなど、少しの魔法を使うことが出来ます。 本当の名は「饒速水小白主(ニギハヤミコハクヌシ)」と言い、千尋が住んでいた家の近くにあった「コハク川」の主である神様だったのです。 川を埋め立てるマンション開発が進み居場所を失う前、実はコハク川で溺れていた幼い千尋を助けた過去がありました。 自分の本当の名と姿、幼い頃に出会っていた千尋との記憶。 湯婆婆の元へ弟子入りする際にそれらを奪われてしまいましたが、千尋のお陰で思い出し、記憶と本当の名を思い出すことができたのです。 いや~、本当にかっこいいですね。 ちなみに、女性を魅了するハクの声優を務めた入野自由さんは、当時 声変わりしたての15歳。 千と千尋の神隠しが2001年公開だったため「今ではもうあの声は出せない」と本人も語っているようです。 あの絶妙に艶やかな声は奇跡のようなタイミングで収録されたものだったんですね。 その貴重さに思わず入野自由さんを拝みたくなってしまいます。 ハク様の胸に沁みる名言と名シーンの数々! 彼セリフには、女性がキュンとするものから生き方の指針にもなるような奥の深い言葉まで多く登場します。 私はそなたの味方だ。 」 出典:金曜ロード 初っ端からいきなりこの破壊力!!!凄まじいですね・・・。 両親が豚に変えられ、河岸に停泊した船から神様が降りてきて、千尋も危機一髪という状況になります。 その時突然ハクに肩を抱かれ、びっくりした千尋に向かって言ったハクの一言です。 こういう出合がしらの一言に女性は弱いです。 しかも味方という言葉。 短い言葉の中に強い包容力と逞しさを感じるセリフです。 「そなた」という呼びかけ方もまた、彼の品の良さが伝わってきてドキッとさせられますね。 息をしてしまったことを謝った千尋に、ハクが言った一言です。 仕方のないこととはいえ、 犯してしまった失敗を責めずに頑張りを認めてくれる。 世の中こんな紳士的な男性ばかりなら、どんなに素敵なことでしょう・・・。 尋常ではない世界に迷い込んでしまった千尋をなんとか助けようとするハクの優しさを感じる言葉です。 辛くても、耐えて機会を待つんだよ。 」 出典:金曜ロード 働かなければ動物に変えられてしまうため、湯婆婆のところに行って油屋で働けるように頼むことを千尋に教えているシーンでの言葉です。 両親を助けるためにはまずこの世界に馴染んでチャンスをうかがわなければなりません。 心が折れそうになる千尋を励ますハクのやさしさが感じられます。 」 出典:金曜ロード このセリフの直前の「忘れないで、私は千尋の味方だからね。 」という一言を受けて、千尋が「なぜ自分のことを知っているのか」と尋ねたことへの答えです。 「千尋の味方だからね」というそのセリフもなかなかの破壊力ですが、それ以上に「小さいときから知っている」と言う言葉は、なぜ知っているのか分からなくともどこか不思議な安心感を抱かせてくれます。 当然、リアルで見知らぬ人に突然こんなことを言われたら 即通報モノですが、ハク様に言われるとなんだか運命を感じてしまいますよね。 」 出典:金曜ロード 湯婆婆に働くことを許された千尋は、ハクに連れられて皆に紹介されます。 その時「ハク」と呼び掛けた千尋にぴしゃりと返した一言です。 皆の前だったからとはいえ、このツンデレ感がなんだかたまらないです。 もう一度言います。 美しく凛としたハク様のヴィジュアルだからこそ、許されてしまうのです。 いつもは千でいて、本当の名前はしっかり隠しておくんだよ。 」 出典:金曜ロード 油屋で働くことになった千尋は、湯婆婆から「千」という名前に変えられてしまいます。 千になった千尋は、だんだん自分の本当の名前を忘れそうになっていました。 その時にハクにこう言われたのです。 この「千と千尋の神隠し」のテーマが、 「自分のアイデンティティを失わない」ということであることがここで初めて見えてくる一言です。 物語の後半の会話にもつながる重要な部分でもあります。 さ、お食べ。 」 出典:金曜ロード 目まぐるしく一日が終わった千尋に、ハクがおにぎりをくれるシーンです。 元気が出るようにまじないをかけたと言ってくれたおにぎりを一口食べて号泣してしまった千尋にかけた言葉です。 このシーンはとても切なくて、一緒に泣いてしまった観客も多いのではないでしょうか。 ハクの、 母性ならぬ父性が溢れ出ていて心がギュッとしめつけられるような場面です。 」 出典:金曜ロード 銭婆の呪いで傷を負ったハクが、千尋の介抱のおかげで目を覚ました時に釜爺に言ったセリフです。 ハクに助けてもらった千尋が、今度はハクを助けてあげた場面です。 傷ついたハクの姿は、守ってあげたくなるような弱々しさでした。 そのハクが昏睡状態にいる間に自分の声を頼りにしてくれたなんて… 女性にとっては母性がダダ漏れしてしまいそうな嬉しすぎる言葉です。 こんなこと言われたら、なんでもしてあげたくなります。 欲に目がくらんで、目の前の大事なものを失っていることにも気づかないことを諭すセリフは、湯婆婆にだけでなく、人間社会のなかでも通用する奥の深い言葉です。 私の本当の名は、ニギハヤミ コハクヌシだ。 」 出典:金曜ロード 銭婆の家から白竜のハクの背中に乗って帰る途中、子供の頃のことを思い出した千尋の話を聞いて、ハクも自分の本当の名前を思い出すシーンです。 ハクは琥珀川の神様だったんですね。 千尋とハクの繋がりが分かった場面でもあります。 ハクは千尋によって自分の本当の名前を取り戻せたのです。 千尋は、ひょっとすると彼を助けるためにこの世界に迷い込んだのではないかとさえ思わせます。 運命の人に出会えた、という言葉が浮かんでしまうようなシーンです。 千尋が私の中に落ちたときのこと。 靴を拾おうとしたんだね。 」 出典:金曜ロード 二人が昔のことを思い出したときの会話です。 自分が幼いころの話を誰かが覚えていてくれるって、なぜかとても嬉しくて心が温かくなります。 千尋が琥珀川に落ちたのは、落ちた靴を拾おうとしたからでした。 そしてそんな千尋ば溺れないように河岸に運んでくれたのはハクでした。 なんの繋がりもないと思っていた二人には、二人だけの思い出があったのです。 しかもちゃんとハクは覚えていてくれた。 号泣必須のシーンです。 振り向かないで。 」 出典:金曜ロード 無事に両親を助けることができ、人間の世界に戻ろうとする千尋にハクが最後にかけた言葉です。 自分の大切な思い出に出会えた千尋ですが、神様と人間とでは同じ世界に住むことはできません。 旧約聖書に出てくる、 塩柱に変えられたロトの妻の話と共通する言葉ですが、そこにプラスして、 これから前を向いて生きていきなさい、という意味も含まれているとも受け取れる言葉です。 二度と会えないけれど、きっと近くにいてくれるだろうという願いを持ちたくなるような感動的なラストシーンです。

次の