ハンドケア セラピスト。 ハンドメンタルケアセラピスト

ハンドケアセラピストの資格を習得して開業したいと思ってい...

ハンドケア セラピスト

これからアロマテラピー検定を受ける方 上記プラス数万円が必要。 アロマテラピー検定に1~2万円(テキストによる)、アドバイザーの取得に3~4万円といったところです。 アロマテラピーアドバイザーの取得費用についてはに詳しく書いています。 講習はどこで受ける? AEAJの認定スクールでのみ受講できます。 ほぼ全国を網羅。 最寄りのスクールは下記公式サイトで検索できます。 資格を取る目的 序盤に講師の方からアンケートが。 参加者のほぼ全員がハンドセラピストの資格を「ボランティア活動」につなげたいとのことでした。 ハンドトリートメントのボランティアは福祉施設などで需要があります。 サロンとは違いテーブルさえないことがあり、限られたモノと場所での工夫が必要になることも。 心地よい施術を心がけるのはもちろん、身だしなみや笑顔といったコミュ力も求められます。 こういった点については時間を割いて話をしていただき、大変参考になりました。 (詳しくはへ) 講習の内容 講習は5時間、1日で修了します。 前半が講義(アロマの知識のおさらい、ハンドセラピストとしての心構え、トリートメント用オイルの作り方、筋肉の解説など)後半が実習。 実習では数名のグループに分かれ、同じ施術を練習し合います。 驚いたのが人による違い。 テクニックは現段階では考えないとして、自分が感じた違いは3つ。 施術の強さ(する側)• されるときの好み(される側)• 骨格、肉付きの違い 強プッシュ好きの黒髪美人が同グループに。 「じゃあ思いっきりやるよ!」と冗談でゴリゴリ押したら「気持ちいい~もっと強くても!」と。 え、痛くないの? むしろこっちの指が死亡です。 私は「さする」くらいのソフトがよく。 強いときもちわるくなります。 そしてカタチの違い。 ひじ下は個人差が少ないかと思いきや、そんなことはなく。 手のひらが大きい人、全体的にふっくらしている人、骨ばった人などさまざま。 たった数人でもこんなに違うのかと勉強になりました。 実習大事。 資格をどう活かすか 個人的には「お金にはなりにくいけど、有意義な資格」と感じています。 ハンドセラピスト単体で飯を食うのは難しそうですが、他のスキルと組み合わせると強みになると思います。 活かせるシーンとしては• ボランティア活動• 家族や友達へのトリートメント• ネイルサロン• 美容室など ボランティア活動は上述のとおり、家族や友人~も大きくいえばボランティアかもですね。 ネイルサロンではハンドトリートメントもしてもらえるところが多く、たいていの方は専門学校や就業先で学ぶと思います。 雇われのうちはそれで充分と思いますが、独立を考えている方は精油やキャリアオイルを使ったトリートメントも学んでおくとサービスの幅が広がりそうです。 ネイルサロンでよく使われる「マッサージミルク」とアロマハンドセラピスト講習で使う「精油+キャリアオイル」では、心地よさや手に入ってくるエネルギーが数段違います。 最近はハンドトリートメントを行う美容室がありますね、美容師さんのスキルアップにも役立つかも。 どんな職種でもホームページなどに「AEAJ認定アロマハンドセラピスト」と記載できるのも強みのひとつになりそうです。 ディプロマ(資格の証明書)をお店に置くこともできます。 全身のトリートメントを行うお店で働きたい方は、この資格をとばして「アロマセラピスト」を目指すか、店舗独自の研修制度を利用するとよいと思います。 さいごに 当日は18名ほどが参加。 うち私を含め2名がインストラクター、他の方はアドバイザーまでを取得されていました。 実習のときに情報交換をすると「アドバイザーの資格を活かせていなかった、こういう資格(ハンドセラピスト)を待っていた!」と嬉しそう。 インストラクターがどういう活動をしているか気になるようで、すこし雑談も。 自分は大したことはしていませんが、すごく真剣に聞いてくれました。 同じ興味をもつ方の熱量はすごいなと。 諸々の事情でサロン開業には至りませんでしたが、アロマセミナーのついでにハンドトリートメントをしたりと活動の幅が広がり、肌に触れる仕事のことも少しわかるように。 アロマハンドセラピストは、アロマを活用したボランティアに興味がある方、家族や友達を喜ばせたい方にぴったりの資格だと思います。 私は取ってよかったです! 手の癒しを学びたい方に タッチングについて学ぶときにおすすめの本は?と聞かれると必ず答えるのがこの2冊。 ひとつは「いのちの輝き」あと5000回は読むのでは。 kindleに入れていつでも読めるようにしています。 一見難しそうですが、博士の愛と優しさにあふれる本です。

次の

消毒しすぎに注意!手荒れ改善に癒しのハンドケア|1日5分でできる若返り術を解説

ハンドケア セラピスト

【目次】• 手荒れの悩みを持つ人が増加 新型コロナウイルスは脂質の膜に覆われている。 石けんやアルコールは脂質を溶かすので感染の抑止に効果的だ。 しかし同時に、手の潤いを保つ脂質(皮脂)も奪う。 「4月以降、手荒れで来院されるかたが激増しました」と、手荒れ対策に詳しい銀座まいにちクリニック院長の山本悠太さんは言う。 石けんはきちんとすすぎ、しっかりと水分をふいてから、ハンドクリームを手首まで塗る。 「石けんで洗うなら、アルコール消毒は不要。 コロナ対策にはどちらかで充分です」 ハンドクリームは、保湿剤「ヘパリン類似物質」の含まれたものを選び、これにワセリンなどの油性クリームを重ねづけするのがおすすめだ。 感染予防と保湿を両立させ、手と体の健康を守ろう。 「手のお手入れの際、イラストで紹介するハンドケアを併用すると、血流やリンパの流れがよくなって肌の新陳代謝を促進します。 「余計な角質がはがれて皮脂腺が刺激されやすくなると、皮脂の分泌が適切に行われるようになり、肌本来の保湿機能も正常化します」 手の皮膚はほかの皮膚よりターンオーバーが早いため、2週間ほどで潤いが実感できるという。 ハンドケアは約5分でできるので、隙間時間などに続けやすいのも魅力だ。 ハンドケアによるさまざまな効果 ハンドケアはひとりでもできるが、夫や子供にしてあげるなど、2人で行うのもおすすめだという。 「ハンドケアのやさしい刺激は、愛情ホルモン・オキシトシンの分泌を促すため、多幸感をもたらしてくれます。 「ソーシャルディスタンスの推奨で、人との触れ合いが希薄ないまこそ、ハンドケアで大切な人を癒してはいかがでしょう。 温かい手に包まれるのは気持ちがいいですよ」 早速、ケア方法をチェックしよう! 5分でできる「癒しのハンドケア」のやり方 《STEP1》 手の甲をさすって終了 「STEP3」同様、右手のひらを、左手の甲に重ね、小指から親指方向に円を描くように2~3回さする。 心地よい回数でOK。 反対の手も同様に「STEP3」~「STEP8」を行う。 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・アレルギー科を併設するクリニック院長。 手荒れ対策に詳しい。 ハンドケアセラピストの養成校「ソフィア フィトセラピーカレッジ」校長。 植物療法に詳しい。

次の

手から伝わる心!ハンドケアセラピストになろう

ハンドケア セラピスト

Contents• ハンドケアセラピストの技 最近、誰かの手に触れましたか? 大人になった今、人の手に触れる機会はごくまれで、ほとんどの方が最後に人の手に触れたのがいつだったのか、思い出すこともできないという現状があります。 私も、子供の頃、繋がれた手からどんどんと安心感があふれ出したのを覚えています。 親になってからも、子供が小さい頃は、その小さい手を優しくつないでいました。 いつのころからか、人に、手にすら触れなくなってしまった私達。 そんな時代だからこそ、手に触れ心を緩ませ人を癒す、ハンドケアが注目されています。 ハッピーホルモンのオキシトシン大放出 先に述べたように、人の手に触れるて、安心感がどんどん広がります。 それは科学的にも証明されていて、触れることにより、オキシトシンが放出されることが分かっています。 オキシトシンとは、幸せホルモン、ハッピーホルモンとか絆ホルモンなどという別目があるこのオキシトシン。 実に素晴らしい効果があります。 ハッピーホルモンなので幸福感を感じるのはもちろんのこと、意欲ややる気がでたり、信頼感が増したり、なんと免疫も上げてくれることがわかっています。 世界中の医学界で注目され研究がどんどん進んでいるこのオキシトシンホルモン、どんどん分泌させて幸せを感じながら毎日をおくりたいものです。 ソフィアフィトセラピーカレッジにてハンドケアの講師補助をしていた時に、たまたまNHKの取材が入っていました。 オキシトシン特集でハンドケアが取り上げられたんです。 オキシトシンはスキンシップで分泌されることが分かっているので、恋人がいる方は相手との触れ合いによってオキシトシンが大放出されます。 恋人がいなくても、家族とたくさん触れ合いましょう。 でも、私たち日本人は、人に触れることがとても苦手な民族。 こんな時に役立つのがハンドケアなのです。 私も子供たちが思春期の時は、「ハンドケアの練習させて~!」と、手に触れる機会を作ったものです。 ハンドケアなしに、思春期の子供に触れる機会なんてないですものね。 ハンドマッサージ・ハンドリフレなどにも共通する よく、ハンドマッサージとか、ハンドリフレとか言いますが、もちろんハンドケアはすべてのケアを網羅します。 手のひらには足の裏と同じく、各身体の器官につながるたくさんの反射区があります。 その反射区を刺激することによって、各器官にその刺激を伝え、抵抗力や免疫力を上げていき、自然治癒力を向上させます。 だから、手をケアしているようで、身体全体のケアもしていることになるんです。 ハンドケアが活躍する現場 ハンドケアは、いつでもどこでもできる一番簡単な癒し法です。 家で家族にケアすることから始めて、職場で同僚にケアすることも簡単にできます。 カフェでちょっと手を触らせてもらってケアしたり、最近ではその手軽さから、マルシェやイベントでも大活躍のハンドケアですね。 やはり、一番の現場は介護や医療現場でしょう。 入院されている患者さんをすこしでも癒したいという看護師や、 介護の現場で活用したいと多くの介護士さんが、ハンドケアの技術を習得しにいらっしゃいます。 そして特徴的なのは、施術相手が患者や入所者に限った事ではなく、患者や入所者の家族、そして同僚にセラピーしたいと皆さんがおっしゃいます。 それだけ、医療・介護の現場は過酷で、少しでも力になりたい、という皆さんの気持ち表れがハンドケアという形になっているのだと思います。 ハンドケアを生かして仕事をする ハンドケアを習得しようとした動機には様々あります。 いつもみなさんに訪ねるこの動機ですが、家族や大切な方を癒したい、介護や医療の現場に生かしたい、などいろいろです。 そんな中でも、今ある仕事に生かしたいという方もいます。 例えば整体師の方。 オイル施術はしたことがないという方がほとんどで、メニューのオプションに加えたいという方が多いです。 同じ理由でネイリストや美容師の方々も。 美容院やネイルサロンで腕までマッサージしてくれたらうれしいですよね! そして、月に何度か、介護施設に出向くハンドケアセラピストもいます。 その場合、ボランティアであったり、時給や日給が出たりと契約で変わってきますが、介護の現場では求められている技術であることは間違いないです。 介護施設で、職員を講座に派遣してくるところもあります。 ハンドケアセラピストになるには ハンドケアがとても良い!ということが分かったところで、どうやったらハンドケアができるようになるのでしょうか。 やはり、人にケアすることですから、知識と技術はしっかりと身につけたいものです。 よく、ネットとかで検索したり、みようみまねでケアをしているという方もいらっしゃいますが、ご自分のケアではなく、他人にケアするということと考えれば、やはり資格があると一番いいですよね。 ハンドケアセラピスト認定講座は、1日の受講で技術と知識が身につき、ハンドケアセラピストの資格が取得来ます。 私は山梨県と茨城県で開催しておりますが開催要項はこちらとなっております。 以前から関心を持っていたハンドケアについて学ぶ、良い機会を得ることができました。 あっという間の一日でしたが、とても楽しかったです。 先生のお話も楽しく、分かりやすい説明をしていただき良かったです。 また、一緒に学ぶ方とも、楽しくお話させて頂きながら過ごす事のできた、ステキな時間でした。 今日学んだことを即実践していきたいと思います。 まずは、身近な家族から。 父母や子供の手に触れることで、心にも触れていきたいと思っています。 相手を癒すだけではなく、施術させて頂くことで、自分自身も癒やしていけたら・・・と思います。 本当にありがとうございました。 さらに色々な講座があるようなので、機会がありましたら、またお勉強させてください。 植物からの抽出したオイルにて、気軽にできるハンドケアを学ぶことができ、日々の生活の中で、家族、友人、職場にて行かせて行きたいと思います。 化学物質等が入っていない純粋な安全なオイルなので、ハーブから自分で作ってみたいと思います。 少しでも癒やされた毎日を送りたいと思います。 また、子供に対してもコミュニケーションとしても、大事に使っていこうと思います。 最終的にボランティアなど、人の為に役に立てたら幸いです。 楽しく一日学ぶことができました。 ありがとうございました。 欧米人のように人との触れ合い方も違うので、ハンドケアで多くの人とのふれあいが出来たらいいなと思いました。 また、ハンドケアを通して、言葉では伝わらない感情なども伝え合えたらいいなと思いました。 今日はありがとうございました。 午後はハンドケアの実践がとても楽しく、有意義な時間を過ごす事ができました。 最初は覚えるまでに時間がかかりそうだと思いましたが、何度も練習していくうちに、自然と身についてきたので嬉しかったです。 忘れないように練習して、近しい人たちにしてあげたいと思います。 ありがとうございました。 思っていたよりもずっと気持ちよくリラックスできたので、周りの人にもしてあげたいと思います。 使用したオイルも、よくオイルマッサージで使ってもらう精油を希釈したものより優しくて、とても良かったです。 自分でも作って使ってみたいと思います。 何かの役に立ちたい。 私に何かできるだろうか。 そんな風に考えている方がすごく多くいらっしゃること。 そして私は、そんな風に思っている方の役に立てたらと考えています。 まずは小さな一歩から。 ハンドケアはそんな初めの一歩になると信じています。

次の