セブン ブリッジ ルール。 ポーカー|トランプの歴史・遊びかた|トランプ|任天堂

セブンブリッジのゲームルール

セブン ブリッジ ルール

セブンブリッジ ルール セブンブリッジ ルール 使用カード 52枚とジョーカー1枚 人数 3人〜6人 勝ち負け 最初に役(組み合わせ)を作った人が勝ち 難易度 普通 出せる組み合わせ 同じ番号が3枚以上、同じマークの連番3枚以上 7 セブンブリッジは、配られた7枚に山札からカードを1枚引いたあと1枚捨てることで 役(組み合わせ)を作っていくゲームです。 カードを1枚引き、その後カードを捨てることで役を作っていく• 他の人が捨てたカードも役に使うことができます(ポン、チー)• 役ができたときに公開してもいいし、しなくてもいい。 付け札は自分が役を1つも公開していない場合はできない。 ジョーカーは何にでもなれるカード• 最初に役(組み合わせ)を作った人が勝ちです。 役(組み合わせ)の種類 役(組み合わせ)は3種類あります。 他の人が捨てたカードと同じ数字を2枚持っている場合 『ポン』• 他の人が捨てたカードと同じマークで続く番号を2枚持っている場合 『チー』• 他の人が公開した役札に自分の手札からつける 『付け札』 ポンとチーが同時におきた場合はポンが優先されます。 1ポン 他の人が捨てたカードを利用して、同じ数字のカード3枚の役をつくることを『ポン』と呼びます。 『ポン』で役を出した後にカードを1枚捨てます。 2チー 他の人が捨てたカードを利用して、同じマークの続くカード3枚の役をつくることを『チー』と呼びます。 『チー』で役を出した後にカードを1枚捨てます。 3付け札 他の人が公開した役につけくわえることを『付け札』といいます。 自分が役を公開していない場合は『付け札』をすることはできません。 残ったカードを山札とします。 2 山札から1枚カードを引き、1枚カードを捨てるをくりかえす 山札からカードを1引いたあと、手札から1枚カードを捨てるのをくりかえし、役をつくっていきます。 親からはじめ、時計回りにやっていきます。 このとき『ポン』や『チー』、『付け札』で他人のカードを利用して役をつくることもできます。 3 最初に手札がなくなった人が勝ち 最初に手札がなくなった人が勝ちです。

次の

トランプ「コントラクトブリッジ」のルール解説 ー トランプforモバイル【スマホ・PCのブラウザで遊べるトランプ無料ゲーム】

セブン ブリッジ ルール

麻雀に似たゲームの系統です。 カードを引いては捨て、特定の組み合わせを作っていくゲームです。 基本用語 山札 場の裏向きに配置されたカード束。 捨て札 「手札」から出され場にオモテ向きに置かれたカード。 「山札」が無くなった場合、「捨て札」をしっかりと切って裏向きにして「新しい山札」として使います。 手札 プレイヤーのカード。 メルド 「手札」の中に、 同じ数字のカード3枚以上の組み合わせ、もしくは 同じマークで数字が連続するカード3枚以上の組み合わせがあった場合、それらのカードを「手札」場に設けられた「メルドエリア」へ移し、公開することができます。 これをメルドといいます。 また、7は1枚でもメルドすることができる。 7と同じマークの6か8があれば、2枚以上でメルドすることもできます。 1.同一数字のカードが3枚以上 2.同一マークで、数字が連続するカードが3枚以上(AとKは連続しない) 3.7は1枚でもメルドすることができ、7と同じマークの6か8があれば、2枚以上でメルドすることもできる。 付け札 メルドエリアに公開された自分や相手プレイヤーのメルドに自分の手札のカードを付け加えること。 ただし、自分がメルドしていなければつけ札をすることができない。 同一数字のセットには 同じ数字のカードを付け札することができます。 同一マークのセットには 同じマークで連続する数字のカードであればカードを付け札することができます。 ポン 他のプレイヤーが捨てたカードと 自分の手札を合わせると同じ数字のカードが3枚になる場合、 「ポン」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。 ポンをしたプレイヤーはポンで出来た役のカードをメルドエリアに置き、いらないカードを1枚捨てる。 ただし、1巡目にはポンをすることができません。 チー 右隣の人が捨てたカードと自分の手札を合わせると同マークで数字の連続する3枚になる場合、 「チー」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。 チーをしたプレイヤーはチーで出来た役のカードをメルドエリアに置き、いらないカードを1枚捨てる。 ただし、1巡目にはチーをすることができません。 また、自分がチーをしたときに同時に他のプレイヤーがポンをした場合は、ポンが優先されます。 クローズ ゲーム中に一度も「メルド」や「付け札」をしないで、 最後に手札を一気に無くして上がることをクローズといいます。 クローズで上がると他のプレイヤーのペナルティが倍になります。 攻略のワンポイント! 「セブンブリッジ」は「役」を作りながら、誰よりも早く上がる、シンプルでいて思考要素の強いゲームです。 相手よりも早く役を作って上がることがメインのゲームですが、ただ「あがる」だけならば相手のメルドに「付け札」など行い、「手札」を減らしてゆくという方法もあります。 また、「7」のカードは1枚だけでもメルドエリアに配置できるので、積極的に配置していきましょう。 「手札」を見極め、役を作るのが難しいと判断するか否かでゲームの進め方が大きく変わってくるでしょう。 メルドできるカードの組み合わせがあったら、それらのカードを選択状態にし、中央のメルドエリアをクリックすることによってメルドすることができます。 付け札をする場合は、付け札をするカードを選択状態にし、対象のメルドをクリックしてください。 最後に捨てるカードを一枚選択状態にしてから、捨て札をクリックしてカードを捨てます。 これで自分の番が終了です。 他のプレイヤーが捨てたカードでポンやチーができる時、右側にボタンが表示されます。 ポンやチーをする場合はそれぞれのボタンをクリックしてください。 ポンやチーをしない場合は「スキップ」をクリックしてください。

次の

セブンブリッジ|トランプの歴史・遊びかた|トランプ|任天堂

セブン ブリッジ ルール

内容は「ブリッジ」とはまったく違っているのですが、ルールも覚えやすいので、誰でも参加できるトランプゲームです。 残ったカードは、テーブルの中央に山札として、裏向きにして重ねておきますが、一番上のカードを1枚とって、 表向きにして山札の横に場札 として置いておきます。 3枚以上の同じ数字のセットをつくる 例えば、 のような感じです。 4枚のセットなら のようなものです。 3枚上の同じマークの続き数字をつくる 例えば のような感じです。 4枚のセットなら のようなものです。 但し、この場合は、AとKをつなぐことは出来ません。 既に出来ているセットに付け札をする 例えば、既に が出来ていて、自分の持っているカードの中に があれば、これを 付け加えることができます。 また、 が出来ていれば、 か を持っていれば、どちらかを付け足すことがで きます。 ただし、この場合は2枚を付け足すことは出来ません。 以上が手札を減らす方法なので、覚えておいてください。 さて、いよいよ具体的なゲームの遊び方ですが、最初にプレイする人は 順番なんかは適当に決めてください 、テーブル中央の山札から1枚をとるか、最初に出ている場札のどちらか1枚をとって、 自分の持っているカードと照らし合わせてみます。 もし、3枚以上の セットが出来ていたら、それらのカードを揃えてテーブルの上に 置きます。 この時、カードは表向きにして、プレーヤー全員に見えるように公開します。 セットが出来ないときは、とったカードはそのまま手札として持っておきます。 最後に、自分の手札の中の 1枚を場札として、山札の横に表向きにして差し出します。 但し、場札からとったカードは、そのまま差し出すことは出来ません これで、この人のプレイは一旦終わりで、次の人の順番に移ります。 次のプレーヤーも同じように、山札か場札のどちらか1枚をとって、自分のカードと照らし合わせてみます。 セットが出来ていたら、それを全員に公開して、自分の持ち札を減らしていくようにします。 また、自分の順番のときに、既にセットが出来ている場合は、テーブルの上に公開する事が出来ますが、そのまま持っていてもOKです。 セットがつくれなかった場合は、自分の持っているカードの中から1枚を場札として差し出して、順番を終わります。 但し、この場合も、場札からとったカードは、そのまま差し出すことは出来ません。 これはこのゲームを通して同じルールです。 このようにしてゲームを進めていきますが、付け札が出来るのは自分に順番が回ってきたときで、テーブルの上にセットが出来ていれば、 何枚でも付け札することが出来ます。 また、付け札できるのは、テーブルの上に公開されているセットなら、どのセットにも付け札することが出来ます。 最後の1枚がなくなった人の勝ちになりますが、最後の1枚は場札に差し出しても、付け札にしても、どちらでもOKです。 ゲームが終わらないうちに、ストックしている山札がなくなってしまった場合は、捨て札を集めて、再度山札をつくってゲームを進めていきます。 順位を決める場合は、手持ちのカードの得点などで決めるようにしますが、ふつうは A 1点 KQJ 10点 数字のカードはその数がそのまま得点となります。 この時の順位は、カードの合計が少ない人から上位になります。 以上が「セブン・ブリッジ」の基本的な遊び方ですが、このトランプゲームは広く行われているので、ルールや遊び方などにもバリエーションがあるようです。 付け札の枚数を制限してみたりするなど、皆さんも独自の遊び方を工夫して楽しんでみてください。

次の