簡単蒸し器。 蒸し器がなくても大丈夫! 自宅で簡単に蒸し料理を楽しむ方法

100均の蒸し器12選!ダイソー・セリア別!使い方についても!

簡単蒸し器

100均の蒸し器は、もちろん100円(税抜き)とリーズナブルなので気になるものを見つけたらすぐに試すことが出来てとても便利です。 最近ではパワーサラダやサラダチキンなどサラダが注目されていることも多く、生の野菜を使ったサラダだけではなく蒸した野菜と生野菜を一緒に食べることも多くあります。 蒸し器というと昔はとてもおおがかりなもので、鍋の上にせいろをのせて使うようなイメージでした。 最近の蒸し器はとてもコンパクトで使い方が様々なものもたくさんあります。 100均にも使い方が様々な蒸し器がたくさん販売されていますので、シーンごとに使いやすいものを選べるように、いくつか準備しておきましょう。 手軽に100均で新しいタイプの蒸し器を手に入れて、美味しく簡単に栄養価が高いものを食べることができるので、お財布にも身体にもとても優しいのでどんどん試してみましょう。 100均の蒸し器は種類が豊富で選べて使い方も簡単! ダイソーのオススメ蒸し器2つ目は、ステンレス製の折り畳み式蒸し器です。 この蒸し器の特徴は、じゃばら式で大きさが調整できるところです。 ダイソー製品ですが、こちらはなんと250円!100均ではなかなかお高い商品です。 ステンレスなので熱にも強く、真ん中に取っ手がついているので取り外しも便利です。 この蒸し器の使い方は、鍋もしくはフライパン等に水をはってその上にこの蒸し器を置くだけです。 少し小さめの鍋でもじゃばら式で、調整することができます。 フライパンを使えば蒸し器のスペースが広くなりますので、一度にたくさんの野菜を蒸すことができてとても便利です。 こちらの蒸し器も裏側に脚が付いているので、なべ底に直接蒸し器が付くことはありません。 250円なので100均製品の中では少しお高めですが、サイズを調整することができてとても便利なのでオススメです。 100均商品で美味しい茶わん蒸しが、せいろの蒸し器をわざわざ使わなくても電子レンジで出来てしまうという便利な蒸し器です。 この蒸し器をあけてみると、フタ、容器、こし器と3つに分かれています。 使い方は、まず卵2つ、水150ml、白だし2杯を混ぜて卵液を用意します。 容器にこし器をのせて、その上から先ほど用意した卵液を流してこします。 フタをして電子レンジで加熱したら3分ちょっとで完成です!具は別途調理をしてから、卵液と一緒に電子レンジで加熱します。 なかなか自宅で手作りすることが少ない茶わん蒸しですが、電子レンジで出来るならたまには作ってみても良いですね。 工程も簡単で温め時間も短いので、あと1品欲しい時や急なお客様へのおもてなしにも使えます。 通常チルドの中華まんを買ってきて、お皿に入れてラップで覆い、少し水をかけてレンジで温めたりしますよね。 そうすると、水がうまくかからず皮がベチャとなったり乾いてしまったりと、上手くいかなかった経験は誰にでもあるでしょう。 この蒸し器は、中華まんに水が触れないので、いままでのそういった失敗は全くなく美味しい中華まんができあがります。 使い方は、大さじ1杯の水をいれて中華まんを置き、フタをしてレンジに入れたら1分50秒待つだけです。 熱々美味しい中華まんがすぐに食べられる、中華まんに特化した便利な蒸し器です。 価格は200円と、100均商品の中では少し高めですが温野菜などを調理してそのまま食卓に出せてしまうのがとっても便利です。 シリコンスチーマーと言えば、ルクエがとても流行ったのをきっかけに品薄状態になったことがありましたね。 使い方は、温野菜なら野菜をいれて少し水を振りかけて電子レンジでチンするだけ。 野菜やお魚を入れて、調味料をかけてチンしてもOKです。 出来上がったらそのまま召し上がれますので、時短で便利。 他の電子レンジ用蒸し器と違って中子が無いため、こういった調理をすることが可能です。 シリコン樹脂でできていて、耐熱温度も230度。 大きさは横幅20センチ程度あるので、いくつかの種類の温野菜を作るにも十分な大きさです。 カラフルな色を揃えているので、お料理が楽しくなること間違いなしです。 水をはった鍋の上にのせて蒸気を出して使う、中華街などでよく見るあのせいろです。 そこまで大きなものではありませんが、家庭で飲茶を蒸すにはちょうど良いサイズです。 100均のセリアでとても安く手に入る竹製せいろですが、竹は抗菌性や調湿性に優れていて強度が高くとてもコストパフォーマンスの良い商品と言えます。 しかしながら、傷まないようにお手入れと保管には十分注意してしっかりと行ってください。 レンジで簡単に蒸すことができる蒸し器がたくさん出ていますが、やはりせいろで蒸す飲茶も良いですね。 蒸しあがって湯気が上がるのを見るだけで食欲がそそられます。 竹製のシンプルなせいろが一つ家にあっても、楽しいですね。 このシリコン製のザルは、黒と白の2色展開でとてもシンプル。 揃えて持っているととてもオシャレな雰囲気です。 そして、もともと蒸し器ではなくザルなので野菜の水切りに使用するのですが、シリコン製のため更に絞ることができます。 収納する時にもてもコンパクトに折り曲げることができるので、場所を全くとりません。 更にこの商品は、ザルにお野菜をのせたまま洗った後そのまま水を少し入れた鍋にザルごと入れてフタをすれば、蒸すことができてしまうのです。 耐熱温度は230度までですが、できればあまり強火でかけないようにしましょう。 100均でここまで便利かつスタイリッシュな商品があるなら、是非使ってみたいですよね。 セリアでは販売開始からかなりの人気で、入荷待ちのこともありますのであらかじめご了承ください。 この商品は、おもちをカリカリに焼くのではなくしっとり柔らかもちもちに仕上げることができます。 おもちを冷凍保存していた場合は特に柔らかく仕上げることができるので、嬉しいですね。 もちレンジの使い方は、まず容器におもちと水を指定の量入れて電子レンジで温めます。 温まったら、湯切りフタを付けて横の湯切り口からお湯を流して完成です。 つきたてのような、柔らかもちもちなお餅が完成です。 つきたてのようなお餅なので、きなこやあんこなどまとわせるのが良いでしょう。 100均商品と電子レンジを使って、手軽につきたてのようなふわふわのお餅を食べられるのはとても有り難いですね。 100均(ダイソー)の蒸し器活用法~時短&洗い物をを減らす使い方 100均の蒸し器で時短の使い方 蒸し料理の良いところは、野菜本来の甘みを引き出してくれて美味しくなる上に、栄養価もたっぷり残してくれるところです。 野菜不足になりがちな現代ですが、ダイソーの電子レンジ調理器「温野菜」を使っての蒸し料理ならお手軽にできますよね。 そんな時に一緒にやってしまうと便利なのが離乳食作りです。 離乳食と言えば、手作りで何かと時間が必要となります。 そんな時、夕飯の蒸し野菜を作りつつ離乳食用のお野菜も一緒に投入して一緒に作ってしまいましょう。 100均商品であっという間に2つ同時に出来上がり時短になります。 お子様にも甘くて美味しい野菜の味を、伝えてあげてください。 離乳食だけでなく、翌日のお弁当にも温野菜を入れていけるように夕食を作る際に一緒に温め、そのまま蒸し器をタッパー代わりにすることも可能です。 朝のバタバタした時間の中で、お弁当の具材が1つでも出来上がっているととても助かります。 是非試してみてください。 100均の蒸し器活用で洗い物を減らす使い方 100均(ダイソー)の電子レンジ調理器「温野菜」を使って洗い物を減らすことができます。 毎日の食事作りで、繰り返し行うのが野菜を洗う事。 そんな時に大きなザルを使わずに、蒸し器の中にある中子を使って水切りをすればザルを洗わずに済みます。 更に温野菜を作って、夕食の1品ができあがり。 夕食後に余ったおかずやご飯は、蒸し器の中子を外して冷蔵保存する保存容器になります。 1セットで何度でも複数のパターンで使えてとても便利な蒸し器、少しずつ洗い物を減らしてくれています。 使い終わってしまう時は、3つコンパクトに重ねて片付けることができるのでとても優秀な100均商品と言えます。 日々の家事で疲れがたまってしまいますが、こういった活用法を使ってお得感を味わいながら楽しくお料理できたら素敵ですね。 様々なキッチン用品から、面白い活用法が見つかるように色々アレンジしてみてください。 色々なタイプの100均蒸し器を使ってみよう! 色々なタイプの蒸し器をご紹介してきましたが、皆さんがお持ちのものはありましたでしょうか?電子レンジを使用するタイプや、鍋に敷くタイプ、せいろもありました。 また、茶わん蒸しや中華まんなどに特化した蒸し器もあり、セシリコンザルのようにもともと蒸し器ではないものが蒸し器として活躍するような物もありました。 普段食事を作るには、なるべく時間をかけないように電子レンジ調理器。 友達を呼んでバーニャカウダパーティーをするのに、たくさんの温野菜を作りたい時は鍋に敷くタイプで一度にたくさん調理。 美味しい中華まんを買ってきたから、たまにはせいろで香りを楽しみながら蒸す。 日々の様々なシーンで使い分けができるように、いくつかのタイプの蒸し器を持っていても悪くないでしょう。 しかもそれが、100均で全て叶うならとてもリーズナブルで嬉しいですよね。 セリアのような、シンプルでおしゃれな商品を集めてみても楽しいです。 それぞれの100均(ダイソー、セリア、キャンドゥ)ではどんどん新しいタイプの蒸し器が増えていますので、見つけて是非試していきましょう。 また別の活用法が生まれるかもしれません。

次の

蒸し器がなくても大丈夫!台所にあるもので(簡単)蒸し器の代用してみました

簡単蒸し器

『小龍包(ショウロンポウ)は蒸し器で蒸さないとだめですか!?』 と、お客様から質問をお受けする際、蒸気で調理して下さい、とお願いをしております。 蒸気での調理ですので、蒸し器がなくても大丈夫です 以前も、このブログで、今回は、どこの家庭にもある、フライパンとお皿を2枚使って、小籠包を蒸してみました。 まずは、フライパンを用意します。 (フライパンでなくても、ご家庭にある1番そこの深い鍋などでもOKです) そしてお皿を2枚用意します。 (お皿は、特になんでも大丈夫ですが、2枚重ね、蒸す物を置いた際に、蓋が閉まること。 また、下にするお皿が薄すぎてもやりにくいかもしれません。 ) 少し、厚みのあるお皿を、フライパンに逆さに置きます。 土台になるお皿は、お湯を沸騰させる前にセットして下さい。 沸騰したお湯に後からお皿を入れると、入れる際にお湯が大きくはねて、火傷の原因になりやすいです。 逆さにしたお皿に水を入れて、沸騰させます。 お湯が沸騰し始めたら、調理の準備をしていきます。 は、調理をする直前まで冷凍庫に入れ、調理の際に出して下さい。 冷凍が溶けてしまうと、皮がベチャベチャになり、調理ができなくなります。 お皿に菜葉を敷いて、を並べます。 (この日は、レタスを敷きました。 他キャベツでもキッチンペーパーでもOKですが、野菜の方が、が万が一破れても、肉汁を野菜が吸い食べれるので、おすすめです。 ) 調理には、関係ないですがは、皮を木の棒で1つ1つ伸ばして、すべて手作業で細かく包んでいます。 (どうですか~ヒダも細かく綺麗です) さて、沸騰したようです。 沸騰したら火を止め、逆さにしたお皿の上に、用意した小籠包のお皿を乗せます。 蓋をしめて、13分蒸していきます。 (しっかり、沸騰した状態で蒸して下さい) 13分後、小籠包がきれいに蒸しあがりました。 簡単蒸し器のデメリットとして、どうしても蓋に付いた水滴が、小籠包の乗ったお皿に入ってしまうことです。 今回は、お皿に溜まった余分な水分は、お皿を取り出す際に、捨てました。 (捨てたら、食べる際には気になりませんでした。 ) また、フライパンや鍋から取り出す際は、お皿などが熱々になっているので、火傷などには十分にお気をつけ下さい。 蒸し器がなくても大丈夫! ご自宅で本格中華点をお楽しみください カテゴリー: , タグ: , , , , , , , , ,.

次の

蒸し器のおすすめ人気ランキング10選【シリコン・ステンレスも!】

簡単蒸し器

鍋・フライパンを使った簡単茶碗蒸しの作り方 基本的には鍋でもフライパンでもどちらでも作り方は変わりませんが、一度にたくさん作りたいけど大きい鍋がない、という場合はフライパンを使うのが良いと思います。 ただしフライパンでも蓋は必須。 フライパンを使う場合は、深めで底が平らになっているものが使いやすいでしょう。 レシピに目安のだし汁の量を記載していますが、卵液は、卵:だしを1:3の分量で作るのが茶碗蒸しの基本の作り方。 余裕があれば卵の分量を測って作ってみてください。 2.卵を溶きほぐし、だし汁を入れて混ぜ、こし器かざるなどで濾す。 器に具材を入れ、泡立たないように卵液を静かに注ぐ。 お湯を沸かしておく。 鍋底にふきんを敷き、ラップかアルミホイルをかけた器を乗せて、沸騰したお湯を器の半分くらいの高さまで注ぐ。 5.蓋をして加熱し、再度沸騰したら弱火にして8分蒸し、火を消して8分余熱で蒸らす。 電子レンジを使った簡単茶碗蒸しの作り方 次は、電子レンジを使ったレシピです! 卵:だしが1:3で作るのが茶碗蒸しの基本ですが、電子レンジで作るときは加熱ムラが起こりやすいので、卵液のだし汁を少なめにしましょう。 卵:だしが1:2. 5くらいで作るのがおすすめです。 また、こまめに加熱具合を確認することもおいしい茶碗蒸しを作るためには大事。 一度に高温で加熱するのではなく、少しずつ様子を見ながら加熱して、すが入らないように気をつけてください。 2.耐熱の器に生の具材を入れ、ラップをせずに600Wで30秒加熱する。 3.卵液を注いでラップをかけ、爪楊枝で空気穴をあけて200Wで6分加熱、取り出して器を傾け卵液が流れてこないかを確認し、流れてこなければOK。 味に違いはある?鍋・フライパン・電子レンジおすすめはどれ? 蒸し器を使わない茶碗蒸し、作り方はわかったけど実際どれが一番作りやすいの? 味に違いはあるの? というところも気になりますよね。 すが入らないように加熱できれば、食感はあまり変わりませんが、電子レンジのレシピのほうがだし汁を少なくしているので、食べ比べてみると少し濃厚な味がしました。 ちなみに、我が家の茶碗蒸しはほとんど鍋で作ります! 鍋の良いところは、火加減さえ調整すれば放ったらかしでほぼ失敗なしのところ。 電子レンジは手軽に作れて洗い物が少なくてすむのが良いところですが、こまめに火の通り具合をチェックしないといけないので、他の料理を作りながらだと少し面倒に感じることも。 電子レンジによって加熱のクセがあるので、慣れるまでは加熱時間に気をつける必要があります。 いかがでしたか? 放っておくだけで簡単にできる鍋・フライパンのレシピから、手軽で洗い物が少なくてすむけれど少しコツがいる電子レンジを使うレシピまで作り方のコツをまとめて紹介しました。 どの作り方にも共通していますが、茶碗蒸しは急激に加熱すると「す」が入りボソボソとした食感になってしまうので、火加減には要注意です。 ぜひ家でおいしい茶碗蒸しを作ってみてください!.

次の