ご 相談 させ て いただき ます。 照明と住まいの設備・建材お客様ご相談センター

「ご相談」の正しい敬語の使い方【ビジネスマナー】

ご 相談 させ て いただき ます

例文「ご相談 いただいた件ですが、ご対応することが極めて困難でございます」• 例文「ご相談 いただいた日程でのご予約は難しい状況でございます」• 例文「ご相談 いただきました通りに手配を進めております」• 例文「ご相談 いただいておりました件、ご参考データを添付にて送付いたします」• 例文「ご相談 くださいました通り」 のようにしてメールに使うと、上司・目上やビジネスパートナーに使えるすばらしい敬語フレーズになります。 使い方は依頼・お礼メールなどいろいろあり。 どちらをつかっても丁寧な敬語であり使い分けの必要はありません。 その根拠については本文にて。 ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではメール例文をまじえながらくわしく進めていきます。 この記事の目次• 意味・敬語の違い まずは「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」の意味と敬語における違いについて簡単に。 ようは「相談 してもらう vs 相談 してくれる」ということなのですが、あまりに乱暴なのでもう少しくわしく解説します。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご相談いただく」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 こうすると「ありがたくも相談して もらう」というようなニュアンスになります。 したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ちなみに「ご相談」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「自分が〜してもらう」というように自分を主語にしているため謙譲語としての使い方です。 依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。 もちろんお礼などにも使えます。 「ご相談くださる」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 こうすると「ありがたくも相談して くれる」というようなニュアンスになります。 ちなみに「ご相談」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「相手が〜してくれる」というように相手を主語にしているため尊敬語としての使い方です。 違いと使い分け ここまで意味と敬語についてみてきました。 さて「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」の違いにお気づきでしょうか? どちらも結局のところ言いたいことは同じ。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご連絡 くださいますようお願い申し上げます」 「ご連絡 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださる」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし何度もしつこいのですが…• 謙譲語は自分の動作を低めて相手を敬うため、基本は自分の行為にしか使えない• 正しい敬語である根拠 まずは結論だけ述べますが「ご相談いただく」は間違った謙譲語ではありません。 「ご相談いただく」は 「私が相手に相談してもらう」という意味。 もっとかみ砕くと 「ありがたくも私が相手に相談してもらう」というようなニュアンスになります。 自分が上司・目上・取引先など相手に「〜してもらう」の主語は自分であるハズ。 したがって自分を低めて上司・目上・取引先をたてる謙譲語「いただく」をつかいます。 ちなみに尊敬語をつかって相手の行為をたてるのであれば… 「ご相談くださる=相手が相談してくださる」をつかえばOK。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。 謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、• お(ご)〜する お(ご)〜します• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 言いたいことはどれもおなじく「相談してもらう・相談してくれる」なのですが… よりかしこまったビジネスシーンでは「賜る」を使います。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使いますね。 ただし普段のビジネスメールでは必要のない敬語フレーズ。 【現在形】ご相談します/(ご)相談いたします/ご相談がございます• 【過去形】ご相談しました/(ご)相談いたしました• 【進行形】ご相談しております/(ご)相談いたしております• それぞれの意味や敬語の使い方など、くわしい解説は本文の一番最後にあります。 すべての使い方を例文で紹介しているとそれだけで日が暮れるため、少しだけにしておきます。 さて、私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により退職することといたしました。 突然のご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます。 これまで公私にわたり本当にたくさんのご指導とお力添えいただき、心より感謝いたしております。 ご指導いただいたことを胸に、精進を重ねてまいる所存でございます。 このたびのこと心苦しい限りではございますが、どうかご了承いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 私のWEBスケジュールをご確認の上、空いている日に顧客訪問アレンジをお願いいたします。 ご不明な点がありましたらご相談ください。 宜しくお願いします。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご相談 いただく vs ご相談 くださる」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「ご相談」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご相談くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご相談くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご相談いただければ幸いです」 例文「 どうかご相談いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご相談くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご相談くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご相談いただければ幸いです」 例文「 何卒ご相談いただければと存じます。 「ご相談」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご相談〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご相談〜」 「たびたび恐縮ではございますがご相談〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご相談〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご相談〜」 「たびたび恐れ入りますがご相談〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご相談〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご相談〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご相談〜」• 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご相談いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。

次の

「ご相談」の正しい敬語の使い方【ビジネスマナー】

ご 相談 させ て いただき ます

誤用が多い「ご相談」の表現 ビジネスシーンでは「ご相談」という言葉を耳にしますが、この「ご相談」というのは間違った敬語なのでしょうか。 実は「ご相談」は正しい敬語です。 しかし、「ご相談」のあとに続く言葉によって敬語の種類が変化するので、注意が必要となります。 謙譲語と尊敬語の違いは? 敬語で間違えやすいのが、一人で状態をつくる「なる」と、相手の動作を表す「する」です。 例を挙げると、「なる」は「元気になる」「成長して大きくなる」などひとりの動作によってできた状態を表します。 「する」は「相談する」「連絡する」というように相手にも影響を与える動作を表します。 「ご相談」という言葉はへりくだって表現している謙譲語にあたります。 他にも似たような言葉に「ご説明」「ご返信」「ご報告」「ご足労」「ご利用」などがあります。 「ご相談」を使った表現と例文 へりくだった表現の謙譲語には「させていただきます」「ございます」「申し上げます」のような丁寧語を続けると良いでしょう。 では「ご相談」のような謙譲語には、どのような丁寧語を付け加えるべきでしょうか。 いくつか例文をご紹介します。 【例1】「ご相談させてください」 短くシンプルで使いやすいフレーズです。 敬語としても問題ないので、まずはこの「ご相談させてください」というフレーズをおすすめします。 こちらの表現を基本として、表現の幅を広げるために少しずつ他のフレーズを覚えていくとよいでしょう。 【例2】「ご相談申し上げます」 「ご相談」という謙譲語に「申し上げる」という謙譲語をあわせた表現となり、とても丁寧な言い回しとなります。 主に目上の方などに使うフレーズです。 一見、二重敬語のようにも感じてしまいますが、2つの単語が別の動作を表しているので、問題ありません。 【例3】「ご相談させていただきます」 言い方は使う上で注意が必要です。 なぜかというと「すでに相談させていただく」ということに了承をもらっている状態でつかうフレーズだからです。 事前に了承がないのに、いきなり「ご相談させていただきます」と伝えては、一方的にお願いする言い方になってしまいます。 事前に了承がない場合は、こちらのフレーズを使うのは控えましょう。 件名と本文前半で使われる「ご相談」 実はメールの件名や書き出しの部分で使う「ご相談」と、本文でお願いする「ご相談」では、言い方が変わるケースがあります。 例えば書き出しに使う場合では、「相談」が「ある」という言い方に変化する場合があります。 田中です。 よろしければ山田様のご意見をお聞きしたく、ご相談させてください。 知っておきたい「ご相談」の言い換え 「ご相談」のあとに続く丁寧語がとっさに思い出せない、自信がない場合には、同じ意味で別の表現も覚えておくと便利でしょう。 また、何度も「ご相談させてください」と繰り返すよりも表現の幅が広がります。 いくつか例文をご紹介しますので、ぜひ覚えておきましょう。 【言い換え例】 「ご助言いただけないでしょうか」 「ご教示願えませんでしょうか」 「お教えいただけますでしょうか」 「ご意見をお聞かせいただければ幸いです」 「お知恵を拝借できれば幸甚です」 まとめ いかがでしたか?よく使われる「ご相談」というフレーズも、使い方次第で便利にも失礼にもなります。 正しい使い方を覚えておくと同時に、同じ意味の他の言い回しも覚えておくと、表現の幅も広がり便利でしょう。 ぜひポイントをチェックして、日々の業務にも活用してください。

次の

「ご相談」の使い方と例文集 ビジネスメールでの相談の仕方テンプレート

ご 相談 させ て いただき ます

確かに、気になりますよね。 それにややこしいですよね。 ビジネスマナー講師をしております。 その立場よりご回答します。 「ご相談」のほうが、より丁寧で望ましいといえます。 この「ご」(お)ですが、 相手と関係をもつことで成り立つもの(こと)には、つけた方が良いとされています。 以上の例のように、相手の存在があって成り立つコミュニケーション(ツール)は、「お」や「ご」をつけると良いでしょう。 よって、今回は、相談する相手がいて成り立つ関係、ということで、相手に丁寧な表現を使った方が良いです。 「〇〇先輩、ご相談がございます。 ただいまお時間、よろしいでしょうか」等のフレーズが望ましいでしょう。 ・「ご相談がございます」・・・大変丁寧 ・「相談がございます」・・・・丁寧 ・「ご相談があります」・・・・丁寧 ・「相談があります」・・・・少し丁寧 ・「相談がある」・・・・丁寧ではない という丁寧レベルの違いです。 相談相手が、同僚なのか、先輩や上司なのか、といった、相手に合わせて使い分けると、良いでしょう。 A ベストアンサー 謙譲語として「ご相談」を使うことには問題ありません。 「相談」という動作が相手へと及ぶためです。 「お願い」「お礼」「お手紙」「ご報告」などと同様です。 しかし、「ご相談がある」という表現にもちょっとおかしさを感じます。 その違和感は、後の動詞の「ある」が敬語表現になっていないことからきています。 前と後ろの調和が取れていないのです。 このように、複数の箇所に敬語を使いたくなった場合は、前も後ろも敬語にするか後ろだけを敬語にするかしないといけないのです。 一般的には、後のほうだけをするのがスマートです。 「ご相談がある」よりも「相談いたす」「相談申し上げる」「相談に上がる」のほうがいいのです。 尊敬の場合でも「お手続をしたあとで」と「手続きなさったあとで」とをくらべてみればすぐにわかりますよね。 このことは、もっと長い文にするとよくわかります。 「先生は先日ご出版なさったご自身のご論文のおできばえを大変ご心配なさっていらっしゃいました」 どうでしょう? ギトギトにクドイでしょう。 これは「先生は先日出版された自身の論文のできばえを大変心配していらっしゃいました」と最後だけを敬語表現にすることで十分なのです。 これを逆に最初だけ敬語にしてみてください。 かなり失礼な感じになるはずす。 また、「相談申し上げる」や「ご相談いたします」は謙譲表現ですが、「ご相談があります」はただの丁寧表現です。 謙譲表現にくらべて敬意はかなり軽くなります。 謙譲語として「ご相談」を使うことには問題ありません。 「相談」という動作が相手へと及ぶためです。 「お願い」「お礼」「お手紙」「ご報告」などと同様です。 しかし、「ご相談がある」という表現にもちょっとおかしさを感じます。 その違和感は、後の動詞の「ある」が敬語表現になっていないことからきています。 前と後ろの調和が取れていないのです。 このように、複数の箇所に敬語を使いたくなった場合は、前も後ろも敬語にするか後ろだけを敬語にするかしないといけないのです。 一般的には、後のほうだ... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー はじめまして。 ご質問1: <ご相談お願いいたします> これは「ご相談をお願いいたします」の「を」が省略されたものです。 1.理由は、ご質問文を「常体」にしてみると分かり易いでしょう。 (常体)「相談願う」 となり、これは「相談を願う」の省略だとわかります。 2.漢語+動詞が、助詞なしで使われる場合も確かにあります。 助詞抜きは、通俗的な表現に堕してしまいます。 例: 診察願います。 診察を願います。 診察をお願いします 診察をお願い致します ご診察をお願い申し上げます。 (下にいくほど敬意の高い表現になります) 4.従って、ご質問文のように「を」抜きの敬語は、他の場所で敬語を使っているのに、通俗的な語法になっているという点で、バランスがとれず違和感のある敬体になっているのです。 ご質問2: <「ご」と「お」をくっつけて使うのは二重敬語になるんでしょうか?> なりません。 1.敬語は、過剰でない限り、いくつ使っても数の制限はありません。 2.使う数が多いほど敬意の高い表現になります。 3.ご質問文は以下の2つに文意にとれます。 (1)相手に相談にのってほしい場合: この意味では、「ご」は相手の「相談にのる」という動作についた尊敬の接頭語になります。 この場合の「お願いする」とは、「相談に乗ってくれることを願う」という意味になります。 (2)相手の相談を今から聞く、という態度: この意味では、「ご」は相手がする「相談」内容に対する、つまり相手の持ち物に愛する尊敬の接頭語になります。 この場合の「お願いする」とは、「あなたの相談をお聞かせ下さい」という意味になります。 4.ご質問文「ご相談(を)お願い致します」の敬語は 「ご」:尊敬の接頭語 「致し」:「する」の謙譲語 「ます」:丁寧語 と3つの敬語が使われていますが、バランスが取れており、過剰とは思われません。 むしろ、「を」抜きにする方が違和感があります。 ご質問3: <どっちか省いてやればいいのでしょうか?> 1.「相談お願いいたします」「ご相談ねがいます」: どちらかと言えば後者が適切です。 (1)「お願い」の「お」は自分の動作につけられる謙譲の接頭語です。 (2)一方「ご相談」の「ご」は、相手の動作につけられる尊敬の接頭語です。 (3)どちらかをとるのであれば、相手の動作に敬意を表す「尊敬語」をはずしてはいけません。 (4)従って、「ご相談」はそのまま使われる方がいいのです。 (5)相手に相談にのってもらうことを依頼する表現であれば、「を」を入れた方がいいでしょう。 2.「査収お願いいたします」「ご査収願います」: 上記と同様、後者が適切です。 (1)なお、この表現では「を」が使われない場合が多いようです。 (2)理由は、「査収」とは「金額・書類受理などの確認」を言い表した熟語で、事務的・ビジネス上の場面で一般に使われています。 (3)事務的な場面では、「感情」をあまり出さない語法が好まれます。 つまり、最低限の敬意を用いるだけで十分で、特に丁寧な語法にする必要はないのです。 (4)従って、この語法では、 「ご査収お願い致します」 でも、特に違和感はありません。 (5)なお、「~を」の代わりに使われる「~の程」は、「~の方」という対象を明示する丁寧な言い方になります。 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問1: <ご相談お願いいたします> これは「ご相談をお願いいたします」の「を」が省略されたものです。 1.理由は、ご質問文を「常体」にしてみると分かり易いでしょう。 (常体)「相談願う」 となり、これは「相談を願う」の省略だとわかります。 2.漢語+動詞が、助詞なしで使われる場合も確かにあります。

次の